ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージ – あらゆる運転席、オートバイの所有者、あるいは単純なモペットの人生の非常に重要な場所. しかし、非常に理解できない理由ではなく、輸送を保管するための地域の建設や購入に限定することが可能であると信じています。.

実際、それはこのようなものではありません。ほとんどすべてのガレージはあなた自身の手で改善することができます。. そして、あなたが不都合のためにその販売についての考えによって訪問されたならば、最も簡単な勧告は適切な解決策を見つけるのに役立ちます。. 目に見える問題がない場合でも、ガレージ施設の設計への新しいアプローチが必要です。.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

特有の

ほとんどの人の意見は間違いなく – 2つの役割だけがガレージに割り当てられています:パーソナルトランスポートのリポジトリと不要な古いもののドライブ. 「残念を捨てて、家に願っていない」という最もは.

その間、状況を劇的に変えるのに数時間を過ごし、それがガレージに入るのが本当にうれしかったようにするのに十分です.

ガレージのライフハキ:面白い考え

何ができるか?

ガレージスペースを改善するためのライフハキは多様ですが、それらの中で最も重要なものは小さな道具や留め具を保管するためのオーガナイザーになるでしょう. カップケーキの形状でさえ即興駆動機として適しています.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

多くのガレージではすでにさまざまな棚がありますが、簡単に改善できます. 底部は秘密の貯水池によって調和的に配置されています。. これらのカバーはネジの上に棚自体に取り付けられ、それから銀行をねじ込む. 爪、無私無欲、その他の小さな金属の物体があります.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

この決定が嫌いなとき、またはすべてのアクセサリーを収容するのに十分ではないことが判明したとき, 壁に磁石を固定する価値があります. 彼は静かにノズルをドライバーといくつかの楽器に保ちます.

このようなドライバー固定に掛けないでください。磁化があまり便利ではない後に使用してください。.

そして、あなたが自分自身を作ることができるものに限定されないのであれば、それは穿孔パネル、フック、トレイのラックについて考える価値があります.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

いくつかのガレージの所有者が、1つのアイテムが長い間すべての問題を許可できることを発見しました。.

車両の部屋では、様々な接着剤テープとテープが常にあり、その利点が長い間認められている。. しかし、そのような装置は最も遠い角にロールバックし、様々な場所に固執しなかったので、それは同様の製品のための一種の箱を使用する価値があります。.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

追加の記憶装置

すでに知っているように、磁石はドライバーの保持には適していません. 彼らのために特別な箱をそらす必要はありません、はるかに実用的なものはあなた自身の手の棚を穴にします.

あなたも考えるべきです:

  • PVCパイプは(壁にねじ込み後、庭の道具を開くことができるようにする)。
  • 靴のためのオーガナイザーのポケット(彼らはエアロゾル缶とブラシを含むでしょう)。
  • テーブルをレイアウトした(良い作業面積、広々として快適に提供することは非常に重要です)。
  • タオルのためのホルダー(ガレージ自体に手を洗うための条件がない場合でも、それにゴミ袋を維持する価値がある).

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

どのくらいの仕事に最適です?

すべての車の所有者やオートバイが本物の職人であるわけではありません. しかし、最も簡単な秘密の効果的な秘密はそれぞれを使うことができます. 近くのおなかがないとき、きちんと注ぐ潤滑油は古い不必要なドライバーを助けるでしょう. ドライバ自体が直接的な目的に必要な場合は、十分に強くない場合は、スパナレバーを使用する価値があります. お互いのために、スパナーは忠実なアシスタントであることも判明しています。.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ワークショップでは、磁性ナイフホルダーを使用する必要があります、そこに異なるドリル、レンチなどを分解するのは簡単です。.

庭の椅子を保存しなければならない場合, 壁の木製ブラケットは貴重になります:そして空き容量は便利で、床に登山はないでしょう. ほとんどすべての庭で、手押し車が使われています、あなたが壁にピッチのペアを取り付けるならば、それをコンパクトに配置することが可能です.

ガレージのライフハキ:面白い考え

追加のアドバイス

ガレージでは、物事の種類ごとに割り当てられた場所がある必要があります. つまり、庭園のために – 1つのプロット、ワーキングツールのための1つのプロット – もう一方、スペアパーツのための – 3番目の、車の消耗品のための – 4分の1そしてリスト上で.

洗剤を使った容器のための場所を持つことは、彼らの秋と流出を避けるのを助けます, メタリックポットを適用する価値があります (自分自身と棚の上).

ガレージのライフハキ:面白い考え

すべての規則のガレージを改善する:戦略と行動

人生の中で考えられている人生を実装するためには、それが必要になることを意味します。

  • その使用の目的を決定する。
  • 特定のタスクの他のゾーンを明確に取ります(それはフルペーパーの描画に計画さえ計画するのは良いです)。
  • あなたが持っているすべてのものを探検して、それらがどのようにグループ化される必要があるか、どのストレージシステムでどのようなストレージシステムであるかを見つけ出します.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

マシンオーナーは、ワークショップとしてガレージの使用を検討するためにまず第一にガレージの使用を考慮しています. 作業のためにプロットを装備するための比較的少ないスペースが必要です。.

ガレージのライフハキ:面白い考え

空の角度を占める角表を購入または作る. 木材と金属の廃棄物の様々なトリミングからの表の上からの上の上から. すぐに これらの棚の上にランダムに物を置く習慣を取り除く, さもなければ結果は前者より悪いでしょう.

ストレージシステムは、特定のガレージでどのようにしてやるべきことをもっとよく判断していないので、自分自身について考える. ボックスや引き出しでツールやスペアパーツを配置するだけでなく、マーカーで署名することをお勧めします。 (継続的に掘られた紙のステッカーよりも信頼できます). デスクトップの上の棚に加えて、メモ、締め付け名刺、電話番号を書くのに役立つボード(コルクまたは磁気)を固定することをお勧めします。.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

倉庫としてのガレージ

ほとんどの家やアパートは他の場所に貯まることができるものでいっぱいです. ガレージでは場所があります。

  • 写真のホームコレクション。
  • 子供のおもちゃ。
  • 季節の服、靴、帽子。
  • 洗浄と洗剤を予約する。
  • 自転車、スクーター、その他のスポーツインベントリ。
  • 車のアクセサリーと修理.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

目標が「何かを保存」することの場合、ラックシステムは理想的です. プラスチックオプションは長い間役立ち、比較的安価で、未加えられた敷地内でさえ彼らの貴重な資質を維持しています. しかし、それはそれを念頭に置いて価値がある プラスチック製の連隊と底部は50 kgを超える負荷に耐えられません, したがって、ゴム、バッテリー、および重い道具のための別の場所を探す必要があります。.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

金属溶液は、それらが良好な金属でできていない限り、生活状態に発生する荷物を伝達する. しかし、水分や寒さはほとんど必然的に腐食を誘発し、これはそのような製品の適用性を大幅に制限することに注意してください。.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

PVCラック – ほぼ完璧なオプション. それらは安価で強いですが、それらは金型での感染から保護されるべきです. それが現れるならば、真菌をほとんど持ってくる可能性. 購入したラックの中で、あなたは動いているそして簡単に分解することを好みに頼る必要があります。.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

車が変わると、ガレージに加えて自転車や枢機的な順列がなされている場合、それらは他の人よりも便利であることが判明しました。. あなたはそのような構造を支援なしで移動することができます.

非常に小さいライトラックが壁に固定されています, ストレージシステム自体だけでなく、個々のことも崩壊しなかったようになるように.

ガレージのライフハキ:面白い考え

ガレージのライフハキ:面白い考え

        主題の大きさの下で厳密に作られた最高棚に必要なゴムと車のディスクを蓄積する. フォローは拒否するのが良いほうがいい、金網の保護ははるかに効率的です. そして無料の資金がある場合、貴重な買収は審美的に単純な棚を見て、任意のフォーマットのゴムを収納するために簡単に適応させることができます.

        これらのニュアンスに関係なく、車とタイヤは少なくとも1mのスペースで割らなければならず、セキュリティ要件のみが続きます。.

        ガレージのライフハキ:面白い考え

        ガレージのライフハキ:面白い考え

        次のビデオから、ガレージでさらにストレージアイデアを見つけることができます.

        料金の記事
        ( 評価はまだありません )
        友人に共有する
        Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
        コメントを追加する