暖房ガレージの特徴

Garage Spaceは特定のニーズ下のシャットダウンです. これらの必要性はガレージの加熱と一致する必要があります. しかし、いずれにせよ、最も経済的で安全な方法を決定することが重要です. 正しいアプローチは理想的な暖房システムによって提供されます。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

特有の

トラブルシューティングと失敗が発生すると、作業のブロックを提供するそのような暖房システムを選択する必要があります。. したがって、安い暖房を作成するとき、それは考える価値があり、それが深刻な問題につながるかどうか. 最も便利なことは、最小限のエネルギー支出で望ましい温度体制を提供することができる経済的なオプションを選択することです。.

ガレージ加熱は以下の機能を満たすべきです:

  • 信頼性;
  • 温度差に対する抵抗
  • エネルギーがない場合に暖房を続けることを可能にする自律.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

経済的なガレージ暖房システムの作成は、壁の断熱材、屋根、ガレージゲート、そして思いやりのある換気システムとの管轄のアプローチで可能になるでしょう. 時にはガレージ断熱材の正しい配置は、車を維持するのに十分であり、そのエンジンのタイミング打ち上げ. ガレージが依然として暖房を必要とする場合は、最初にプロジェクトオプションを決定する必要があります。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

作成する前に、特定のシステムで使用するためにどの種類の燃料が可能なかを考える必要があります。.

ガレージ暖房システムの燃料として、次のことができます。

  • 固体種(薪、おがくし、石炭)。
  • 液体種(燃料油、ディーゼル、水)。
  • ガス;
  • 電気.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

すべての種類の燃料にはいくつかの機能があり、この機器の使用を意味します。. 選択した種類に応じて、1つ以上の暖房システムを作成することができます。.

たとえば、薪や他の種類の固体燃料を走る機器を選択した場合は、安価ですぐにガレージ加熱を取り付けることができます。. ガレージの大量にある可燃物の近くに設置することはお勧めできません。. したがって、ガレージのための木材または石炭のブルギーは耐火版の暖房と呼ばれることはできません.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

ガスパイプラインが建設に供給されている場合、ガスボイラーをガレージに設置することができます. 中央ガスパイプラインがない場合は、液化ガスで動作する機器を検討することが可能です。. ボイラーは構成が異なり、まだ自動セキュリティシステムを装備しています. 唯一の必須の特徴はガスボンベをガレージの内側に保管することが不可能です。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

その機能を備えたもう一つの選択肢 – 電気での加熱.

機器の主な利点:

  • 信頼性;
  • 小寸リ
  • 煙突は必要ありません.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

各タイプの機器オプションの質量は選択を介して考えます. 彼らの詳細を考慮してください.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

ビュー

冬の暖房の暖房の暖房の暖房の経済的な暖炉の暖房の暖房の暖房の暖房の暖炉の暖炉が薪の焼き付き. そのようなオーブンを自宅で利用できる製造. 完成した機器を購入すると高価ではありません. 煙突の設置について考える必要があるでしょう. 薪、石炭またはその他の固体燃料の貯蔵方法を考慮することも重要です。. 堅い燃料の工作物に時間がかかり、煙突でさえ、煤から定期的にブラッシングされなければならないでしょう.

Bourgehogは固体燃料だけでなくディーゼルにも働くことができます. ディーゼル燃料は今日高価であるので、それはそのようなストーブによく使われていて、それは耐火的ではありません. 安全性を確保するために、国内生産者のガレージのためのボイラーを考慮する価値があります. それらはより長い燃焼によって区別され、それは自律的な仕事の期間を増加させる。. 長い燃焼ボイラーは効率、耐久性によって特徴付けられます. システムの唯一の欠点は定常制御の必要性です。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

代替装置は自家製のBourgearになることができます. それらは使用して使用されている機械油を使います. 開発は守られてフィルタリングされます. そのような機器は熱を加えるだけでなく、特定の香りも加える. 多くの人はガレージがわずかな瞬間であると信じています.

ディーゼルエンジニアリングのオプションは、販売工場タイプ. ディーゼル – 空気加熱装置は1時間あたりの燃料ガラスを使います. 同時に2kWへの熱伝達を発症します. より強力なハードウェアオプションがあります.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

サーマルガンはガレージだけでなく、産業施設のためにも使用されています. いくつかのモデルは固体燃料と電気の両方で働くことができます. 市場で提示されたモデルの費用は燃料の種類によって異なります. あなたは異なる燃料に取り組んでいるセットを買うことができます.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

ガレージに電気がある場合は、Electrocotelを接続できます。. このタイプの敷地は通常地域では小さいので、この装置はガレージの暖房に十分です。. 電気設備は信頼性とコンパクトさによって区別されます。. それは煙突建物を必要としません.

電気加熱オプションは次のとおりです。

  • ラジエーター;
  • ファンヒーター;
  • ボイラー.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

人がガレージルームにいる時間に応じて1つ以上の方法を選択してください. たとえば、まれな訪問では、十分なファンヒーターがあります. ガレージでの長い滞在で、Convectorsやラジエーターのオプションを検討する必要があります. このタイプのクリーナーの楽器は手動で製造されています. 例えば、電気ラジエータの場合、十分に適切なサイズ、そしてTAN. 機器が販売されていますが、それは過ごされる必要があります.

電気ボイラーは複雑なシステムです. それはパイプラインとボイラー自体を含みます。. 販売のための電気電子は誘導または電極です. 最初のオプションは高価です. しかし、所有者の言葉によって、コストは時間の経過とともに完全に正当化する.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

電極ボイラーはコストで安いですが、機器の性能は低いです. 電極装置の場合、不凍液が必要です. 同時に、特定の装置に適していない「非凍結」が適切ではない。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

小さなガレージを加熱するのに適した装置があります. 例えば、赤外線ヒーター. 装置はそれがアイテムを加熱するという事実によって特徴付けられ、その品目は周囲の空間に熱を与える. IR装置は多くのエネルギーを使いますので、それほど経済的ではありません.

石油ラジエーターは従来の対流器の原理に取り組む. 機器は小さな部屋を急速に暖めることができます。.

セラミック要素を有するサーマルファンも加熱源として機能する。. デバイスのコストは高いですが、加熱領域の増加により多くの正の特性があります。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

自律型電化製品を使用したガレージ加熱は、装置が専門の設置を必要としないので便利です。. 彼らは単純なアウトレットに接続することができ、それであなたはエネルギー供給団体との合意を必要としません. ガレージに加えて、これらの装置は他の経済的建物に適用することができます、例えば温室では. デバイスをオフにした後の空気の急激な冷却とエネルギーがない場合にガレージを加熱することができないことがないことの欠点.

ガレージをハイライトすることはできます. 接続方式は、ボイラー、ならびにそれなしでも可能です. システムは通常電気に接続され、冷却剤によって加熱され、それはパイプからの閉じたプロファイルを循環させる水を使用する。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

加熱された温水管は周囲の空間に熱を与える. 水の加熱は家に隣接するガレージに置かれています. 別の選択肢は、ガレージ複合体に最も適したものと見なされます。. パイプ敷設 – かなり高価なイベント. 十分な収入を持っている人はプライベートガレージで水暖房の床を使用します. 便利で、耐火性です. 暖房電池に接続されたポンプを使用して、ガレージに水加熱設備を節約します。. 自己設置のために、このシステムは複雑で、知識とスキルが必要です。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

空気加熱 – 冬の経済的で効率的.

機器のオプション:

  • 蒸気;
  • 対流物.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

どんな方法でも、有利で経済的です. 適切に設置されたガレージエアヒーターは部屋の中で最も訪れた場所に快適な気温を形成します。. 熱エネルギーはパイプとエアダクトの職場に送達されます. 温風、ティー、レギュレータなどの分布のために. 人気の方式はもっと考慮することができます.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

だから、システムは発熱器のために機能します. 装置は温度センサーを装備している必要があります. 機器はガレージに設置され、ラウンドから保護されています. 断熱材は加熱空気の漏れを除外します.

ガレージの屋根の下でエアダクトの設置が行われます. 高速道路の中心部で絶縁された亜鉛めっき鋼. 別のパイプは特定の技術によって互いに接続され、ボイラーに接続されている。. 機能的にこのタイプの加熱は暖かい空気の方向性の流れを生み出します. そのようなシステムのための機器は耐火的であると考えられています. ガレージの空気加熱はあなた自身を取り付けるのが簡単です. 対流体は通常壁に取り付けられており、エアコンの原理で運営されていることに留意すべきです。. そして仕事の過程で蒸気ストーブが冷たい空気を自分に吸い、すでに刈り取る. そしてそれに、そして他の機器に、あなたはガイドノズルのシステムを接続することができます.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

働くガレージ装置を加熱することの選択肢を考慮するためにさらに詳細になります. 使用済み油やTOSAPの炉は非常に効率的なユニットにすることができます. 装置は工場または自家製です. 両方の選択肢は、それらが簡単な作業の原理を特徴とするために人気があります。.

このような石は、デバイスが使用済みのリソースの利用を簡素化するにつれて、自動車サービスやガレージボックスで非常によく使用されています。. 時間ではなく、炉自体が自分自身ではありませんが、彼らのさらなる操作は持っていません. そのため、燃料の費用は数ヶ月の能動的な運営のために文字通りで支払われます.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

同様のストーブの貯蔵サンプルには、ピロライ燃焼室が含まれます. このパッケージはまた、燃料タンクを含み、その静電容量は連続運転日に十分である。. 生産ストーブの燃料は燃えていない油の匂いなしに燃えます. 煙突の構造のための長い環もまた含まれています.

より高価な炉のオプションは、点滴燃料燃焼方式によって区別されます。. システム内の燃料消費量は小さく、あなたは自宅にほとんど石油を使うことができます. DRIPディスペンサーは特定の力の一定の長期燃焼を提供します.

燃焼獣医やゴムの特別なボウルに加えて、ストーブの周りを燃やしています.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

第1および第2のタイプの構造職人は独立して具体化されている. 自家製ストーブアセンブリシーケンスは非常に簡単です.

第1のチャンバーは組み立てです – これは穴あけ穴があるふた付きの丸い装置です。. 装置内部は設置されているパイプ – 第2炉室. 金属の底部はこれらの詳細に溶接され、ふたが設置されています。. タンクがパイプを合わせます. 内管の部分はそれに溶接されています。. 煙突は穴のあいたパイプの上部に溶接されています.

そのようなストーブは、不燃性材料(レンガ、コンクリート)製のフラットプラットフォームに設置できます。. 鉱物または合成油を燃料として使用することができる. それは厳密にガソリン、灯油、ならびに溶媒を使用することを禁じられている.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

自家製メーカーのドリップタイプのストーブは2つのタンクを装備しています。. 一つでは燃焼プロセスがあり、可燃性ガスが蓄積する. 第2のチャンバーでは、燃焼もあるため、このようなストーブは最初のオプションと比較して効率を高めます。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

さらに、ドリップ型炉は、ストーブをコンテナに接続することを可能にする機器要素によって補完されています. それはそれで加熱されるか調理することができます.

この設計の最も簡単な設置オプション – ガスボンベから.

それは4つのゾーンに分けられます:

  • 攪拌ゾーン。
  • 熱分解帯。
  • 燃焼帯
  • ゾーンロック.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

同時に、上下のゾーンはカメラです. どちらも内部に設置されているパイプによって接続されています. 煙突はバルーンの上に取り付けられています. すべての、単純な自律型デバイスの準備ができています.

ガレージで暖かくガスベースの楽器を選ぶ場合. 同時に、いくつかの装置のために、近くに通過する中央ガス高速道路を持つ必要はない. ガス、シンプルで安価なデバイス. たとえば、最も単純なバーナー.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

デバイスの場合は、熱交換器を加熱する液化ガスが必要です。. それは熱から来て、暖かい空気の動きがファンによって提供されます. バーナーは、修理作業が行われる小さな部屋を素早く加熱することができます。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

より大きな面積で、ガス熱銃はそれ自身を示す. この装置が非常に騒々しいという事実にもかかわらず、AvtoSleryiは大きな修理ボックスで機器を楽しんでいます。.

販売時に携帯用ガス操作装置を見つけることができます。. デバイスには自動化が付属しており、さらに火災の安全違反を排除する特別なガスボン。. 機器はガレージボックスだけでなく家庭用機器としても効果的に表示されています。.

最近、液化ガス混合物が発熱体に入る触媒熱交換器によって分布が得られた。. パネルが加熱され、部屋に熱を与える.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

ガス操作機器 – ガス対変体の別の選択肢. 機器は非常に強力で、小さなガレージだけでなく、.

このタイプの暖房装置は2種類のものです。

  • オープン実行. デバイスには前面の観察穴があり、炎を見ることができます.
  • 閉回り. 装置は通常壁に取り付けられており、電気装置に似ています.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

1つまたは別の種類のデバイスを選択することは、それが耐火的であるべきだと理解することが重要です.

機材の安全性は主に運用規則に準拠しています. さまざまな種類のデバイスが特定の規格に準拠しています。. あなたがそれらを単一の全体に組み合わせるならば、最も安全なものは電気機器になります.

シリンダーまたはレジスタ付きガスヒーターはまだ動作中に大きな危険をもたらします.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

あらゆる種類の電気ヒーター

  • ソケットの能力とガレージへの接続された電気ネットワークの遵守. デバイスの電源に耐える必要があります。.
  • 湿度インジケータへの準拠. ガレージルームには湿気はありません. この現象は、例えば、負の温度から正の遷移を伴って起こり得る。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

ガスディーゼル、ガソリン、その他の種類のヒーターは、以下の基準に準拠しなければなりません。

  • 絶対的に気密になるために、そうでなければ、液体燃料の漏れは発火します。
  • 煙突を装備するために、そうでなければ燃焼製品の中毒が起こる可能性がある。
  • 換気システムを装備しているため、室内で酸素欠損が観察されます。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

デバイスの選択の基礎がセキュリティに基づいている場合は、電気オプションを好むことをお勧めします。. 選択の基盤が価格であるならば、ディーゼルユニットを選択してください.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

ヒントと推奨事項

専門家はあなたが容量に従ってガレージヒーターを選ぶことを助言します. このインジケータは、デバイスが熱心できる最大の領域です。. ほぼ要求された電力を計算するために、部屋の面積を計算し、結果の数字を8に乗算することをお勧めします。.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

正確な計算のためには、電力(KCAL / h)(N)、ボリューム(立方体)などの特別な式があるので、結果は例示的なものになる。. M)(V)、温度差(外側および内側)(DT)、熱空気分散係数(k), 次の値が受け入れられます。

  • 断熱材の存在下で0.6-0.9 –
  • 1-1.9 – ガレージとコンクリートの壁を絶縁するとき。
  • 2-2.9 – 断熱材とコンクリート壁がない場合。
  • 3-3,9 – 金属製のゲートと壁を持つ.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

式は次のとおりです.n = v * dt * k.

ガレージ7 * 4 * 3メートルの計算は、このように見えます。

V = 84キューブ. NS。

ガレージ内のマイナス20度の温度でゼロのままであるべきであると仮定します、それはDTが – 20になることを意味します。. 温められたガレージのためにkは1.5に等しくなります. 検討します。

n = 84 * 20 * 1,5 = 2520 kcal /時間.

暖房ガレージの特徴

暖房ガレージの特徴

値をWに変換するには、1W = 0.86 kcal /時間または1 kcal / hour = 1,163 w以来、別の例を解きますので、Wの値は次のとおりです。. そのような力のヒーターは部屋を1時間の温度まで加熱します. ちなみに、デバイスの価格は電力と密接に接続されています.

二次値は機能性と製造元です. 機能的には、例えば、レギュレータが存在し、そして基本的な安全な自動化システムが存在し得る。.

暖房ガレージの特徴

たとえば、2900 wの容量を持つ最も簡単なオイルヒーターは3,500~4,000ルーブルを犠牲にします. デバイスは5,000以上のルーブルを犠牲にしますが、正確に計算された指標は上書きされるべきではありません.

暖房ガレージの特徴

財務が許可されている場合は、閉鎖室タイプのガスベースの機器モデルを選択することをお勧めします。. 12,000ルーブルの価格で4Wまでの電源を入れることができます. より高価なものは同じ力のディーゼル装置を犠牲にします. デバイスは28,000ルーブルの価格で購入できます.

素早くそして安いデバイスを収集するあなたはあなた自身の手でそれをすることができます。. 機器を作る、パイプ、ラジエーター、その他の部品が必要. これらはまた支出、そしてより多くの人件費、そして必須の能力. それ以外の場合は、必要な計算を作成することをお勧めし、工場用加熱装置の購入の経済的利益を見てください。. これらの装置ははるかに信頼性が高いでしょう。.

あなた自身の手でガレージで暖房を作る方法、下のビデオを見てください.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する