フルHDプロジェクターの選択

プロジェクター – あなたの映画館を家に創造するための現代的かつ実用的な方法. この装置は、より大きな許可を使用して、テレビ、プレーヤーまたはラップトップから異なるローラーを再現するのに役立ちます。.

特有の

フルHDプロジェクター – 彼らの本当の映画館に自宅で作成することを夢見る人のための成功した検索. そのようなモデルはより少ない接続を有し、一流のビデオ入力を備えています。. それらは分けることができます ポータブルと実行不可能. サンプルは公に利用可能で広く普及しています。 中小サイズ. 彼らの主な機能は可愛いです 簡単なインストール.

さらに、モデルが提供しています 3Dフォーマットのローラーの眺め、および任意の曲率の補正.

装置はデジタルビデオ出力HDMIを提案し、高品質のビデオディスプレイの技術的予測に基づいています.

フルHDプロジェクターの選択

フルHDプロジェクターの選択

プロジェクターの品種

現段階では、異なる種類のプロジェクターがそれらに応じて製造されています アプリケーション、品質、予定.

フルHDプロジェクターの選択

ポケットまたは呼ばれるように、携帯用プロジェクター 非常に移動が簡単です. 彼らは輸送が非常に簡単です。また、彼らの品質放送は普通の静止オプションよりも悪いことはありません。. そのようなミニプロジェクターのほとんどのモデルは、3 kg、サポート3Dフォーマットをサポートし、非常に静かに作業します。. また、フルHDフォーマットでブロードキャストを選択し、USBコンダクターを操作することができます。.

コンパクト(超陽性)プロジェクター ポータブルよりもはるかに小さいサイズが少ない.

それが彼らの主な特異性が彼らのサイズと体重指標にある理由です。.

フルHDプロジェクターの選択

フルHDプロジェクターの選択

フルHDプロジェクターの選択

フルHDプロジェクターの選択

いくつかのモデルは最大500 g、サポート3Dフォーマット、そしてフルHDを使用可能にしています。. しかし、それは強調表示の価値があります 超高周波デバイスのいくつかの欠点:高品質の再生、時には高いノイズなし.

フルHDプロジェクターの選択

フルHDの解像度を持つプロジェクター ホームシアターを作るのに最適です. これらのモデルにはいくつかの利点があります。

  • 高品質のカラーコントラストレベル。
  • もちろん、すべてのデバイスの3Dフォーマットがサポートされています。
  • 一流の内蔵サウンド。
  • 決議1920×1080。.

フルHDプロジェクターの選択

いくつかのデバイスではできるようにすることができます 中古3LCDプロジェクター 放送画像の品質を向上させるため、光平行は色の三重行列を通過する.

フルHD解像度を備えたプロジェクターの短所は、膨大な体の全体的性、大きな冷却機構、輸送および設置の複雑さによって特徴付けられます。.

フルHDプロジェクターの選択

レーザ

プロジェクターのレーザー版は、モニターに変更可能なレーザー光線を再現するプロフェッショナルまたはカスタムデバイスです。. また、このモデルは特徴的です 追加機能 (高品質の音響、ネットワーク接続など). あらゆる種類の色のレーザー光線を組み立てるためのダイクロイックミラーの存在. ほとんどの場合、そのような機器は映画館で使用されています.

フルHDプロジェクターの選択

ショートアフカス

ショートフォーカスプロジェクタの変形は、スクリーン領域から0.5から1.5 mの距離に取り付けられています. 画像がブロードキャストされる面の直上の機器の真上に位置決めまたは壁に取り付けられている.

フルHDプロジェクターの選択

ウルトラコロトカーブス

このプロジェクターはその設計に含まれています。 ミラーレンズ, これは1メートル未満の距離から画像を作成する機会を与えるでしょう. この場合、デバイスは投影の場所に非常に近い場所に配置されており、これは影の外観を避けます. この適応のためのマウントは最も頻繁に付属されています.

フルHDプロジェクターの選択

選択の基準

最近、テレビと区別する最も頻繁に割り当てられた特徴があるため、プロジェクターは非常に需要があります。. 必要かつ適切なプロジェクターを正しく選択するために、それはいくつかのパラメーターを考慮する価値があります.

  1. 食料品と輸送の容易さ. プロジェクターは異なります – 両方のデバイスの重さ2kg、大サイズのオプション. ただし、小型機器を購入することで、画質を犠牲にすることを知っておく必要があります。.
  2. 投影法と光源. 1つのマトリックス(DLP)とトリプルマトリックス(3LCD)を備えた広い分布受信プロジェクタ. 2番目のモデルには幅広い色が含まれています。. 光源に応じて、LED、レーザー、ランプ、ハイブリッドがあります. レーザープロジェクターは最もきれいな画像を提供します.
  3. 投影許可. 高品質の定義を作成するための視覚システムの許可の特性を考慮に入れる必要がある. 画像が放送されている表面の特徴.

フルHDプロジェクターの選択

フルHDプロジェクターの選択

フルHDプロジェクターの選択

フルHDプロジェクターの概要下のビデオを参照してください.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する