ロフトの内部のコンクリート

近年、ロフトスタイルのインテリアを作るときにコンクリートの使用が非常に人気があります。. これは壁、天井、カウンタートップやその他のアイテムからのおしゃれな素材です。. 異なるサンプル決定と特別添加剤の使用は、本当に無限のその使用の範囲を作る. 産業様式のインテリアを設計する際のコンクリートの表面の長所と短所について私たちのレビューで話します.

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

賛否

産業アーキテクチャは、有利にはコンクリートのミニマルなテクスチャによって下線を引かれています. 同様のデザインはリビングルームの明るい要素で、テレビやリビングルームの本格的な壁の装飾を備えた調和のとれた背景を作り出しています。. コンクリートは台所スペースで非常に印象的に見え、すべてに起こった髪のタイルを交換します. この耐湿組成物の助けを借りて、スタイリッシュなエプロンを配置することが可能です – それは人工石のカウンタートップと調和的に見えます. コンクリートのコーティングの背景に対して非常に有益な光沢のある配管をハイライト. そして耐湿性や耐熱性のようなコンクリートの特性、バスルーム、シャワー、バスルームを仕上げるための優れた解決策.

重要! 具体的には、この方向に典型的な典型的なレンガ、金属パイプ、中断されたランプなどのすべての主要な工業用スタイルのマーカーがすべての主要な産業用スタイルマーカーを見ます.

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトのスタイルでコンクリートを適用するときは、コーティングの理想的な滑らかさを達成する必要はありませんので、建設や仕上げの経験と仕上げのための人々でさえ作品に対処することができます. コンクリート表面は化学的および機械的耐久性の高いパラメータ、ならびに湿気の作用に耐性があるので、コンクリート真菌および型には現れない. コンクリートの使用は残忍なミニマルタイプの配置を与える.

それにもかかわらず、技術的観点からのコンクリートコーティングは欠点を有する. 特に, 完成したコーティングにはパン粉と鉱物の充填剤が含まれているため、粒状の多孔質の質感があります。. 代替案は、石膏の模造品の絵を模倣することがよく使われます. しかしながら、この材料は完成した形態が毒性とは異なるので、すべての作業は保護手袋で、そして好ましくはそれぞれの仕事で行われなければならない. さらに、建物のミックスのほとんどは非常に急速に乾燥し、それは仕上げのための総時間を大幅に減らし、不適切なアプリケーションの場合には調整の可能性を省くことができません。.

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

壁仕上げオプション

コンクリートの下でロフト施設を分けるために、さまざまな種類の材料を使用する. 最も要求されているマイクロベトンとベネチアン漆喰.

マイクロベトンは、ミネラル顔料、樹脂、および他の充填剤の添加を伴うセメントに基づく複合コーティングです。. 内部および外部の仕事の履行に最適で、完全にシームレスな表面を与えます. それは圧倒的多数の壁材料との高い接着性、すなわち:

  • コンクリート;
  • 石膏ボード
  • 木材;
  • 金属;
  • タイル.

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

マイクロベトンは耐摩耗性および水道の耐性、耐衝撃性、ならびに蒸気および気密性によって区別される。. この材料は化学的に不活性であり、それは攻撃的な媒体と反応しない、滑り止めの特性を顕著にしています. 重度の消毒特性を持つ環境にやさしく安全な材料. 設置するときは、工事過程では実質的に建設ゴミはありません、コーティングは掃除が簡単です. 利点は男性に起因する可能性があります. 組成物は微妙な層によって塗布され、そこでは設計上の全負荷が増加しないため.

同様の技術的および運用パラメータはマイクセメントを持っています. 唯一の違いは、ポリマーとミネラルパン粉の不在にあります. それはMicrofinoとAquatemanの形で作られています. 後者は、水、塩および塩素に対する抵抗性によって特徴付けられるので、バスルーム、シャワーキャビン、その他の湿度のある部屋の裏地に最適です。.

Microfinoはかなり薄いテクスチャを形成しているので、それは家具、天井、漆喰壁のために使われています.

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ほとんどの場合、装飾的な石膏はコースに入ります. 様々な形状の装飾的な詳細を装備することができるように柔軟な材料です。. コンクリート効果を備えた装飾的な石膏は、ロフトの下の部屋のデザインで広く使用されていました. 材料の関連性は、コンクリートが最も「明るい」素材ではないという事実によると、石膏はそのようなコーティングはスタイリッシュで現代的でファッショナブルに見えます.

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

コンクリートの下での装飾的なパテは、実質的に特別な注意を必要としない非常に耐久性のあるコーティングを与えます。また、広い広々としたアパートメントやスタジオにも同様の効果があります。. 汚染は急速に水、スポンジ、そして最も安価な洗浄製品によって洗浄されます。. ベネチアンプラスターは普遍的なので、家の中にだけでなく外でも具体的な効果が得られる. 時間が経つにつれて、素材は日光の作用の下で燃えません、そしてその元の色合いを保持します。.

さらに、コンクリート自体は滑らかな色合いが滑らかで均質な構造を持たないため、装飾的な石膏、ひび割れ、傷、チップが特に目に見えることはありません。.

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

美しい例

ロフトスタイルでデザインする敷地内の敷地内の多くの所有者は、建築用コンクリートが独立した要素として内装の装飾を使用する価値があるかどうかを尋ねられます。. さて、あなたの家の内側の部屋を住宅の建物、すべての壁、床、そしてこの材料で完全に作られている天井の内部を提示してみてください。. 発表された? 質問はそれ自身によって消えたと思います. そのため、コンクリートは他の材料やコーティングと組み合わされることが多い理由です。. 現代のインテリアの内装のすべての要素をまとめて使用できるわけではないことに留意する必要があります。.

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

コンクリートコーティングの寒さを軽減すると、追加の木材仕上げの使用が役立ちます. これらの資料を組み合わせることにした場合は、パネルや全国の理事会を取ることが最善です – これらの材料は互いに調和的に補完されています。.

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

非常に効果的にタンデムコンクリートとガラスに見えます。. そのような解決策は部屋に容積を加え、さらに空間を視覚的に増加させる。. 具体的な壁の近くのロフトの内部は、床から天井までの窓やミラーに配置されているようなロフトインテリアが、清潔な形の支持者にとって最適です。.

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

ロフトの内部のコンクリート

    多くの人が奇妙に思えるかもしれませんが、コンクリートと非常に調和のとれたすべての症状に緑に見えます. 植物と冷たい材料を組み合わせることで、驚くべき効果を得ることができます。. 自然な鮮度はデザインを完成させます. 本当のアマチュア工業は生きている花を好む可能性がありますが、それにもかかわらず、それらの人工的な模倣も使用できます。.

    ロフトの内部のコンクリート

    ロフトの内部のコンクリート

    ロフトの内部のコンクリート

    ロフトアパートメントの概要コンクリートは、次のビデオを見てください.

    料金の記事
    ( 評価はまだありません )
    友人に共有する
    Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
    コメントを追加する