インテリアのイタリア風のスタイル

何世紀にもわたってイタリア、数世紀の間、世界中のファッションとスタイルの恒久的な首都を考える彼女の文化を模倣するのが慣例です. そして私たちの国のインテリアデザインのイタリア風はまだ人気がありませんが、実際にはプラスさんのみです – アパートは「みんなのように」のように見えないでしょう、そしてそれはゲストについて自慢するのが簡単になるでしょう.

スタイルの起源

正式なスタイルはイタリア語と呼ばれていますが、彼はローマ帝国の古代の時代にその深い根を出るので、イタリアへの厳密な拘束力はありません – 実際にそれは現代のイタリアの州の領土の領土で結成されました. スタイルのために、時代の要素の要素の組み合わせは互いに変更されました – 古くからそしてルネッサンスからはほとんどありませんが、いずれにせよ、スタイルは古典的なままで現代のものへのバインディングを持っていません. 上記のアンティークスタイルとルネッサンスが都市により内因である場合は、常に文化の主な焦点、イタリアのスタイルはApennineの国の一種の選択肢です。.

海辺地域は最も古くなっていましたが、山の中のどこかで、文明は後ではるかに繁栄しました。. 地元のホストは、それが豊かな市民であったとしても、カントリーレジデンスを建てたとしても、お気に入りの石にはもうアクセスできず、容易に配達されず、したがって地元の森林の森や建設のために集中的に使用されていました。 、そして家具の生産のために. 同時に、可能であれば、彼らは列、アーチ、彫刻、モデリングの形で失礼と都市の過剰を受けませんでした.

スタイルの素朴な起源は、彼が一般的に家父の価値観の下で研磨され、それ自身の家族の歴史を保存することを意味します。. 古い良いイタリアの骨董品や様々なお土産はしばしば手動で作られました、それはすべて購入されていませんでした、しかしあなた自身は、この国ではないので、物語.

それがイタリア風の各建物はユニークな魅力と外観の家の快適さを持っている理由です。. 同時に、専門家はイタリアのスタイルの中でより具体的な方向を割り当てます – 実際には素朴なスタイル、地中海、トスカーナ、クラシックそして現代.

私たちの現実の中で、彼らは通常少し混ざります、私たちは彼らを1つの総合的なスタイルのためのオプションとして考えるからです。.

インテリアの発行方法?

デザインの主なスタイルで一般的に向かい合っている人には、イタリアの方向が初めて顔をしている人には、アペニーニンのスタイリックは必然的にフランスのロココを思い出させます。. それにもかかわらず、イタリアのスタイリスティスティスティスにはいくつかの特定の機能があるため、それらの間に「等しい」という符号は置くことができません。

  • イタリアでは、すべてが薄くない – ここで最高洗練された装飾はロココのための許容できない大規模に隣接しています。
  • イタリア風のスタイルは中世のフランス風のある種のミキシングとして、地中海の国とのいくつかの種類のミキシングを実際的なものではありませんが、洗練されていません。
  • 材料は純粋に自然に使用されていますが、他のヨーロッパの木材や石の領域には典型的なものに加えて、局所的な解決策も広く使用されています。ベネチアンプラスターやベネチアンガラスなど。
  • カラーパレットは自然です、主に周りに見られる色合いが使われています:青と緑、ベージュ、クリーミー、そして紫色。
  • イタリアのスタイルは、それが小さな木になるとしても、イタリアのスタイルはその領土に野菜をその領土に「指揮」するので、
  • 上記の項目によって言及された自然の侵入は、テラスの端が意図的に不均一に行われることがよくあるので、自然なので描かれているので、それは気付かないように思われる。
  • 南の典型的な美学のスタイル – 窓は寒さがないので、彼らは寒い厚いカーテンの代わりにガラス製の入り口を作ることができるので、.

私はどのように私が読者に気づいた、それは民間の家についてはむしろ民間家についてのむしろ、アパートについてのむしろ民間家についての気付いたことに気づいた, そしてそれは驚くべきことではありません – あらゆる古典的なスタイルの原則は常に邸宅に住んでいた豊かな人々を定義しました.

それにもかかわらず、あなたが正しく仕上げ材料や家具を選択するならば、アパートはイタリアの風味でも発行されることができます. これについてもっと話してください.

ベネチアンプラスターは今日の私たちの国でまだ広まっています、そして結局のところ、それはイタリアのちょうどそれが簡単にインテリアデザインに収まることを意味します. しかし、これは敷地の独創性につながらない最も簡単な方法であり、そうであれば、明るいコルクの壁紙の形で代替案に注意を払うことができます. キッチンやバスルームだけでなく、他の部屋でも偶数タイルを使用することができます.

あなたがそのような動きを決めるならば、強くぼやけた模様の大きなタイルを選んでください、しかし、陶磁器の暖かい気候には必然的に死ぬのが適切であり、私たちの条件では殺人性があるかもしれません。快適.

モザイクと絵は壁を飾るために積極的に使用されています. モザイク、一般的に、イタリアのインテリアの非常に特徴的な、それはアンティークタイムに人気があります. 単純な正方形の断片が歓迎されていないので、それは壊れたタイルになることさえできる小さな断片から得られます。. 同様に、モザイクの一部は必ずしも同じサイズを持つわけではありません. 絵画は通常アクリルベースの塗料によって行われ、それは必然的に丸みを帯びた形状とカールを持っていて、そして輪郭の役割のアイビーとブドウはほとんどすべてのプロットに適しています.

とりわけ、壁またはニッチのエンボス加工された突起は、天然石またはその人工的な対応物のいずれかによって追加的に接触させることができる。.

ポールと天井

イタリア人はどこでもモザイクを愛し、壁だけでなく、配置することができ、床. タイルは歩くときに滑りを促進しないように失礼な. 寝室やリビングルームでも、テクスチャのためマットになりますが、それは怖いものではありません – 過剰なキラキラはこのスタイルを必要としません.

寄木細工 またはそれを正常に模倣しています ラミネート また、明確な規則があります。内部にはたくさんの木がある場合、寄木板は木製の部品の残りの部分と調子によって調和しているはずです。. 寄木細工を除いて、内部の木は厚くない場合、床はテクスチャーによって光を作り、失礼に強調しました. 木の下のリノリウムを含むフローリングの残りのオプションは、イタリアのスタイルに収まりません.

天井ではるかに簡単なので、そのような「通過」からはるかに離れています – PVCパネルとマルチレベルの石膏ボードの天井だけが不適切になります。. 他のすべてが適切であるが、特にジューシーは白、ベージュ、またはクリームパフォーマンスのストレッチ天井のように見えます. そして吊り天井、そしてタイルのセットデザインも適切であり、素朴な風味愛好家は床の覆いを選ぶことを忘れずに木製の梁で天井を飾るべきです.

家具

彼らのイタリア人の美学をした人々のために、過酷な流動的な北欧形の家具 – これは完全に受け入れられないものです. それどころか、南部の南部は、輪郭の状況のほとんどの目的のほとんどの目的の光波、曲がり、偶数パターンが含まれているため、すべての中で洗練された滑らかさを愛する。. それがテーブルかクローゼットであれば、それは小さな湾曲した足を持っている必要があります – それは美しいです.

本来のイタリアの住民はいくつかの過酷なテストに慣れていないので、快適さと便利さを探しています。. 布張りの家具の概念の下で、状況の一般的な部分はここに適しています – これらは数多くのソファ、椅子、そしてパフです. ダイニングテーブルのスツールでさえも柔らかくて必然的に背中が高いはずです – これは慰めの問題です.

布で布張りの柔らかな家具、そして多くの点で眠っているヘッドセットは部屋の色域を決定します. イタリアのスタイルで歓迎されているのは、すでに話されています。その論理上の織物は、一般的なガンマの背景に対して明るいアクセントになるように選択されています.

イタリア人は退屈な灰色を受け入れません、彼女はそれらを押します、そして、この規則は保育園だけでなく、通常(私たちの理解の中で)廊下でさえも関連しています.

点灯

一方では、南部諸国の住民は真の自然光によく知られています。そのため、特に長い夜がないので、彼らは彼らの家を照らすために彼らを明るく引き離していない理由です。. その理由は、どのようにして膨大で巨大であっても、それはイタリアのスタイルの施設ではあまり光を与え、そっと輝くように思われる理由です。.

もちろん, 特定のニーズに応じて、良い照明はまだ必要ですが、この質問はライトを与えるランプによって解決されています. ほとんどの場合、これらは小さな壁の燭台で、部屋の中心を軽い半分に残します. 上記の論理によると、現代のイタリア風のスタイルの枝はさまざまなストレッチと中断された天井にとって非常に重要です – 彼らはあなたがポイントランプを統合し、壁にスペースを借りないことを可能にします.

アクセサリーと装飾

イタリアは非常に先進的な芸術を持つ国と見なされず、結局のところ、絵画の絵と彫刻の熟練した絵画の偉大な作品、豊かなヴェネツィア人の家、geneoesers、florentines. たとえ市民が本物の傑作を買う余裕がなかったとしても、マスターズが多くの遺産を残した10人の学生であることを忘れないでください。, 絵画や置物ができないことがない.

さらに、イタリアの都市 – 州はすべての地中海と積極的に取引されているので、彼らの住民は美しい輸入磁器を誇っている可能性があります.

選択された芸術作品のためのプロットは、イタリアの歴史や性質から取るのに最善です。. あなたは最も古い世紀、Rem、Remの輪、古代ローマのリング、そしてそれに密接に関連していますが、あなたはルネッサンスのイタリアの商人の貿易船を描くことができます. イタリア人自身の代替として、ブドウの国境は(写真の中で、モザイク、彫刻の形で)またはオリーブグローブを実行できます。.

さらに世界的に、装飾の役割は、ソーラーイタリアの特徴の特徴のほとんどの装飾を演奏することができます。. 一度に、ヴェネツィアでは、最もシックなマルチティア付きシャンデリアが作られました – アパートには宮殿の規模を繰り返すことはほとんどありませんが、少なくとも試みることができます. 金メッキバゲット付きの鏡は、知的に見えるもう一つの解決策です. 夕暮れが傷つけない高価な寝室の生地からの高級密なカーテン、または貴金属からのインレイとの古​​い本棚も非常によくなるでしょう。.

プロジェクト住宅

既に述べたように、アパートの場合、それはイタリアのスタイルの特定の規則に従う可能性が高いですが、その完全な実現はプライベートコテージでのみ可能です. しかし、場合によっては、国の邸宅の「正しい」修理は不可能であり、それはそれを再構築することができる.

その理由は建物のレイアウトです. 床はそれほど原則的ではありません – 家は一階になることができます、そしてより高いですが、敷地が小さいならば、敷地が小さいなら、低い天井と狭い窓がある場合.

前の章に記載されているテラスで説明されているため、通常の入り口のドアをガラスに置き換えることができますが、それでも半寸法だけなので、まだ一次元を作ることができます。.

一方、地中海のこのような明白な要素は、既に建てられた建物の中のパティオとして、うまくいくことができないことはほとんどありませんが、これはシエスタを保持するための重要な場所です。. この瞬間からの建物を立てるときは、考慮に入れる必要があります。 Patioは、すべての側面からの境界線の周りを休ませるための花と覆われたテラスを持つ内庭の中庭です。.

スタイリッシュな部屋のデザインの例

最初の写真はイタリア風のリビングルームのデザインの興味深い例です。. 配色は主に薄い色合いで選択されていますが、布張りの家具の織物の室内装飾品はアクセントとして機能し、明るく見えない介在物の両方があります。. ドアの代わりに折り目の代わりに、野外の代わりに、柵が途切れることはありません。. 壁の写真は、所有者が美しいものに無関心ではないことを強調しています.

2番目の例では、夢のリビングルームの素晴らしいサンプルが描かれています. 寒い季節には、柔らかい枕の上に座って、パノラマの窓からの良い景色を眺め、夏には広々としたテラスに行くことができ、そこにあなたがそこにあなたの時間を過ごすことができることは非常に快適です。. いくつかの場所は豊かな生活のために室内で割り当てられています.

3番目の写真はイタリアのスタイルの寝室を示しています. 床と天井が色調に影響を及ぼし、主に軽い壁とは対照的に注意を払う。. 内部にはたくさんの木があり、理論的な状況の一部は、所有者自身によって手で作ることができます。. テラスの出力はベッドに直接隣接しており、あなたが新鮮な空気の後ろを歩かないようにする.

インテリアにイタリア語スタイルを作成する方法は、次のビデオを伝えます.

記事を評価する
( 評価はまだありません )
コメントを追加する

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: