マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

プロのレベルで音を扱うことは、最も複雑な音響機器と多数の補助的なアクセサリーを備えたショー業界の全方向です。. マイクロフォンポップフィルター – これらの要素の1つ.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

マイクのポップフィルターは何ですか?

POPフィルタはシンプルですが、マイクのための非常に効果的なアコースティックアクセサリー、「生きている」スピーチまたは録音中に高い音質を提供します。. 敷地内で最もよく使われ、オープンスペースでは防風性がありますが、POPフィルターは音の品質を大幅に向上させるため、強風で空気の流れから節約されません。.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

運用の装置と原理

アクセサリーは、柔軟な締結「Goose Neck」を備えた円形、楕円形または長方形のフレームです。. フレームは伸ばされている、透過性メッシュ構造. 材料材料 – 金属、ナイロン、またはカプロン. 動作原理 ボーカリストまたはリーダーが「爆発性」音(「B」、「P」、「F」)を発声したとき、および口笛を吹き飛ばす(「C」)、演奏者の呼吸から発せられる鋭い空気流をフィルタリングすることは、メッシュライニング構造が劇場の呼吸から発生する空気流をフィルタリングすることである。 、 “sh”、 “u”)、音自体には影響しません.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

なぜ必要な必要性?

POPフィルタはサウンドフィルタリングデバイスです. 録音時の音の歪みを防ぎます. 歌唱やスピーチの間にマイクの膜に影響を与える、いわゆるPOP効果(一部の子音の非常に特徴的な発音)を遅らせる. これは、女性の声を扱うときに特に顕著です。. POPエフェクトはすべての性能を歪めることができます. サウンドエンジニアはドラムドラムと比較しています.

良いPOPフィルターがなければ、録音の専門家はサウンドトラックの清潔さを編集し、時には疑わしい成功の結果として得られ、あるいはサウンドレコーディングをキャンセルするために多くの時間を費やす必要があります。. そのほか, POPフィルタは、高価なマイクロホンを普通の塵埃や湿潤唾液マイクロキャプテルに入るのを保護します。これは不本意なスピーカーの口から目立つ.

これら最小液滴の塩組成は、保護されていない装置を著しく損傷する可能性がある.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

品種

POPフィルタは2つのメインタイプを作成します。

  • 標準, フィルタ要素が音響ナイロンで最も頻繁に作られているか、他の透過性材料、例えばカプトロンを適用することができる。
  • 金属, 薄型金属メッシュが様々な金型のフレームに取り付けられている.

POPフィルタは家庭で栽培された職人を適用するための家庭用の単純な機器であり、粒状物を習得しました. アマチュアレベルでのタスクを使えば、そのようなPOPフィルターは善に対処していますが、自家製の「Corey」ビューはスタジオスタイルの現代の定義とインテリアの美学とは合いません。. はい、そして印象的な範囲の間の費用の面であなたはあらゆる予算で非常に手頃な価格のモデルを見つけることができます。. POPフィルターの独立した生産で無駄にする時間は、家で使用したくないかもしれません?

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

ブランド

プロのスタジオのために、適切な品質のブランド機器と申し分のないデザインが購入されています. 音響装置の製造のためのいくつかのブランドについて教えてみましょう. 多くのアイテムの間でこれらの会社の品揃えでは、専門家がサウンドを扱うときに使用することをお勧めするポップフィルターがあります.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

akg。

オーストリアの音響装置の製造業者 AKG Acoustics GmbH。 現在、ハーマン国際産業の一部. このブランドの製品は、スタジオやコンサートアプリケーションで広く知られています。. マイクのためのPOPフィルタ – 多数の会社の範囲の位置の1つ. AKG PF80フィルタモデルは普遍的で、呼吸の音をフィルタリングし、ボーカルパフォーマンスを記録するときに「爆発的」の子音の音を抑制し、マイクラックと調節可能な「Goose Neck」に耐久性のあるマウントを持っています。.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

K&Mドイツの会社Konig&Meyer

同社は1949年に設立されました. 高品質のスタジオ機器の生産とそれへのあらゆる種類の付属品. 範囲の重要な部分は当社によって特許を取得しており、商標に権利があります. K&M 23956-000-000-55とK&M 23966-000-55フィルタ – これは、プラスチック製のフレーム上のダブルナイロンオーバーレイを備えた「Goose Neck」の平均価格カテゴリのPOPフィルタです。. マイクロフォンの表面を損傷から保護するラック上の耐久性のある固定用のロックネジを持っています.

二重保護を使用すると、呼吸とディスペル部外機の騒音を正常にきれいにすることができます。.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

細心の

米国株式会社株式会社プロフェッショナルおよび国内使用のための音響機器のリリースを専門とする. 範囲にはサウンド信号処理ツールが含まれています。. PS-6 POPフィルターは、マイクロフォンの「爆発性」音の影響を抑制するように設計されており、記録時に接着性の呼吸ノイズを排除. 縫製4層があります. 最初は、「爆発的な」子音からの音がブロックされ、その後のすべてのフェーズが外国の振動をフィルタリングされます。.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

タスカム。

アメリカの会社「TEACオーディオシステムズ株式会社アメリカ」(タスカム)は1971年に設立されました. カリフォルニアに基づいています. プロのサウンドレコーディング装置を設計して製造しています. このブランドモデルのポップフィルタTASCAM TM-AG1はスタジオマイクロフォン用に設計されています.

音響特性が高い. マイクラックに取り付けられています.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

ノイマン。

ドイツの会社Georg Neumann&COは1928年以来存在しています. 職業用およびアマチュアスタジオのための音響機器とアクセサリーを製造. このブランドの製品はITSで知られています 信頼性と高い音質. 音響アクセサリーの中で、Neumann PS 20aのポップフィルターモデルに注意することができます.

これは高品質のモデルで、コストが高くなります。.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

ブルーマイクロフォン。

比較的若いブルーマイクロホン会社(アメリカ、カリフォルニア州)は1995年に設立されました. さまざまな種類のマイクロフォンやスタジオアクセサリーのモデルの開発と製造を専門としています. 消費者はこの会社の本当に高品質の音響装置を祝う. ポップ耐久性と耐久性のあるオプションを短縮したこのブランドのポップフィルタ. 強化フレームと金属グリッドがあります. 「Goose Neck」の固定化により、特別なクリップを使用してマイクロフォンラックへの信頼性の高い固定が保証されます。. うんざりしていません.

これは、世界中で散らばっている音響機器の製造のための企業のスタジオアクセサリーの多数の品揃えのほんの一部です。.

選択するもの – 特定のバイヤーのニーズと財政的能力に依存.

マイクロフォン用のPOPフィルタ:それは何のために使われていますか?

マイクロフォンPOPフィルタの比較と概要下記を見ることができます.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する