Zenitカメラについてのすべて

ブランドからの写真装置「Zenit」 常に改善され、より近代的で高品質になった長年が使用されています. 専門家によると、このブランドのデバイスは間違いなくトップさまざまな評価を入力しています. 彼らは豊かな歴史、見事な仕様を持っています. 今まで、この手法はレトロなショットの生産のための多くの恋人と専門家によって購入されます。. Zenitは一層の宗教的なデバイスになりました。.

Zenitカメラについてのすべて

歴史

KMZのブランドのカメラの最初のリリース以来、長年にわたる. 以前は、大量の技術が海外にあり、そこでミラー集合体が大いに人気がありました. その外観以来、フィルム装置は多くの変化を受けています。. Zenitブランドの集約に関しては、それらは国内外の消費者のための賞賛の主題になりました。.

Zenitカメラについてのすべて

70年代後半で、Zenit-EMモデルは、ソ連とその先でも、最高のカメラとして認識されました.

kmzは戦後の時に平和な機器を解放するための最初の仕事を受けました. 製造業者は劇場双眼鏡、投影装置、ならびにカメラを作り始めました. 1947年には、科学研究用の機器が製造されている工場で拠点が作成されましたが、写真装置も製造されました。. 「Zenit」シリーズのプロトタイプは骨材「コーク」になりました、まず彼らは小パーティーによって解放されました.

Zenitカメラについてのすべて

しかし、この古典的な写真装置の実際の物語は1952年から始まり、開発者が最初のミラー小型カメラを解放することができた. 3年後、Zenit-Cはシンクカウントと改善されたシャッターを受けました. 両方のカメラでミラーのシャッターを持ち上げるとき.

Zenitカメラについてのすべて

CMZはアルミニウム合金体を有する装置を製造し、それによって力学的損傷に対する強度と抵抗を確保する. デバイスはグラッププラレティー様画像によって区別されました. 1962年に、カメラは “Zenit-ZM”という名前を着き始めました. シリーズは百万のコピーでリリースされ、輸出に行きました. ドイツは自動的なマシンの注文を受けました、特別な技術で船体を処理することが可能であったおかげで(9年度まで使用).

Zenitカメラについてのすべて

  • “Zenit-4” もっと固形の骨材になった. 彼の主な利点は幅広い抜粋でした。これは現代のデバイスで見つけるのがとても簡単ではありませんでした. このシリーズの「Zenit」はファインダーと露光計を備えていました. このブランドの写真装置の5番目のバージョンは、ソビエトだけでなく外国の写真の分野では本物のブレークスルーになりました。. 装置は交換可能な電池から供給された電気駆動装置を取り付けた. それが故障しているとき、それは定期的な交換を生み出すのに十分だった。.

Zenitカメラについてのすべて

  • “Zenit-6” – 限られた機能があったため、ブランドのいくつかの簡単なバージョン. しかし、世界中ですぐに一連のコピーに分かれている最も人気のあるカメラは、Zenit-Eになりました. この装置はそのすべての前任者の最良の品質を吸収しました。. 製造業者はシャッターシャッターを柔らかくするために管理された、露出計を内蔵していた. これらすべての技術的特徴は世界の成功のモデルをもたらしました。.
  • “Zenit-E” 初心者とプロの写真家が夢見た高品質の機器の基準となりました. 大需要はKMZの生産の大幅な拡大をもたらしました. 50年間、ゼニットブランドの下で発行されたカメラは普及し続けました. 今日市場では、この装置のいくつかの異なるアセンブリを見つけることができます。. 興味深い事実には、このブランドのカメラがさまざまな保険料の賞を繰り返し繰り返し、恋人や本物の専門家からの積極的なフィードバックを受けているという事実が含まれます。. Zenit-Eは、USSRの領土だけでなく世界中の最も人気のあるミラー集合体となっています。.

カメラの総数は15百万台目のリリースされました. 古いブランド「Zenit」は現代のままです.

主な特徴

デバイスの古典的な設計は製造されています アルミニウム隊, 下部カバーが取り除かれている. そこにある場合のいくつかのモデルでは 電池の場所. アルミニウム合金の使用は、単位の信頼性、その強度および機械的損傷に対する抵抗を確実にする. このようなカメラには35ミリメートルフィルムがあります。. フレームサイズ24°36 mm、2気筒カセットを使用できます. フィルムはヘッドと巻き戻され、フレームメーターは手動で設定されます.

Zenitカメラについてのすべて

メカニカルシャッターは1/25から1/500 sの抜粋を持っています. レンズはねじ接続された接続があるため、三脚に固定できます。. 集束画面はマットガラスで作られていますが、五重合は除去されません. 技術の開発とKMZ機器の需要の成長により、技術サプリメントだけでなく設計も含む、デバイスの設計が数回の変更を経ています。. さまざまなモデルにもかかわらず、すべての「ゼニス」は1つのタイプのフィルムをサポートします. 互換性のある目的を使用することは可能です. 多くのデバイスにはフォーカルシャッターが装備されています.

Zenitカメラについてのすべて

ゼニットカメラの成功をもたらした主な決定的な特徴は、通常のレンズ「Helios-44」となりました. 彼らは優れた信頼性と品質を持っています. レンズがユニバーサルであることは安全ですので、風景、マクロ、肖像画、そしてtを撮影することができます. NS。. このモデルには追加のアクセサリーがあります – ベルトカバーは、デバイスを確実に不利な条件と機械的な損傷から保護します。.

信頼性は、ゼニットカメラの成功に大きく影響を与える実際の特性の1つです。.

50年前にリリースされたデバイスは、彼らが悪用されていた場合には今日使用することができます. したがって、それは理にかなっています ブランドモデルの品種, 自分の特徴と特徴あなた自身のためにOtmnayaフィルムカメラを見つける特徴.

Zenitカメラについてのすべて

人気モデルの概要

“Zenit-3” 1960年にリリースされていても、良好な状態で見つけることができます. このモデルには、拡大した体とセルフタイマーがあります。. ゲートの重さを計量するにはトリガーを使用する必要があります. フィルム写真の重さは小さいので、あなたはあなたとそれを取ることができます. そのような珍しいカメラは、ソビエエト機器の愛好家、映画写真恋人の間で人気があります.

Zenitカメラについてのすべて

もっと近代的なものが欲しいなら、あなたは1988年のモデルに注意を払うことができます “Zenit 11”. これは圧力ダイヤフラムを有するミラーフィルムカメラである。. デバイスはコンパクトで、コントロールボタンはこのブランドの他のデバイスと同じように配置されています。. 人差し指は降下を押しやすく、映画を巻き戻すボタンがありますが、小さいサイズのためにすぐには注意が必要ですが.

Zenitカメラについてのすべて

Zenitからのカメラは、自然映画と大気の映画が得られることを知っている膨大な数の写真家を魅了します.

Zenitカメラについてのすべて

シングル講演

  • このカテゴリはミラー装置を含む。 “Zenit-E”. 彼は1986年まで制作されましたが、この日には手頃な価格で販売時に発見されます。. フィルムの種類 – 135. 装置はコンパクトで使用するのに便利です. フォーカスは手動で設定できます. Zenitブランドのほとんどの代表と同様に、このモデルはアルミニウム隊を鋳造しています. フレームは機械的に考慮され、セルフタイマーがあり、デバイスを三脚に取り付けるスロットがあります。. モデルにはストラップのカバーが付属しています.

Zenitカメラについてのすべて

  • カメラ “zenit-ttl” 映画の写真のファンの中では人気が低いです. 主な特性には、手動、自動モード、および長期モードで構成されている抜粋があります。. 機械的なセルフタイマー、アルミケース、耐久性があります. 装置はこのメーカーの他のモデルより少し難しいです.
  • 「Zenitは」 手動露出設定を持つ小さいフォーマットのミラーカメラです. 1995年に終了したデバイスのリリース. その主な機能には、機械的シャッターと標準レンズがあります。. どのレンズが構成内に依存しているコストが依存しており、これは特定のモデルの選択に大きく影響しました. 写真装置「ゼニット」のモデル範囲は十分に広く、各シリーズはそれ自身の特徴と利点を有する。.

Zenitカメラについてのすべて

コンパクト

  • ミラーレスフルフレームカメラはコンパクトなモデルに表示されます。 “Zenit-M”. これが有名なブランドの下でロシアの生産の最初のデジタル集約であることは注目に値します. 外観はソビエト光学系からほとんど異なりませんが、その変化は技術的な側面を経ました。. これは、追加のレンズの2色偏差によって証明されるように、距離計室である。. このモデルは写真装置のファンの間で毛皮を作りました.

Zenitカメラについてのすべて

バックリッドの下にはメモリカードとバッテリーがあります. このデバイスにはマイクがあります。つまり、写真だけでなくビデオも撮影できることを意味します。. ケース内部はマグネシウム合金と真鍮製で、湿気保護があります. ゴリラガラス技術によって保護されたスクリーンガラス. スタイルを節約するために意図的にヴィンテージを作ったデザイン.

Zenitカメラについてのすべて

  • 「Zenit-Avtomat」 また大きな関心をもたらします. ファインダーは95%のフレームを表示し、すばやく機能するフォーカルカーテンシャッターがあります. スレッドが存在するために可能な三脚を使う. この装置は、ケースのパネルがプラスチック製であるため、残りより少し軽量です。. コンパクトなカメラを探す場合は、この特定のオプションを考慮する価値があります。.

Zenitカメラについてのすべて

美しく高品質の写真を作成するための手法を拾うには、メインを決める必要があります 技術特性, 撮影条件を考慮して、誰が集約をするべきですか. 各製造業者は、自然に、それらの独特の特徴の豊富な選択を提供します.

Zenitカメラについてのすべて

ヴィンテージ技術のファンに高く評価されているブランド「Zenit」は、最初にそれがどのように撮影しようとしているのかを決める必要があることが必要です、それはレンズの選択に影響を与えるでしょう.

Zenitカメラについてのすべて

フィルムの写真は大気かつ高品質によって得られます, したがって、多くの写真家はデジタルデバイスだけでなく自分の仕事で使用するのが大好きです. マシンの手動調整の存在により、撮影対象物に焦点を合わせることができ、目的の効果が得られます。.

信頼性について話すと、1980年までリリースされたZenitカメラに注意を払う方が良いです。. ただし、このブランドによって提示された新しいデジタルデバイスは、それほど前に登場しました。これはすでに大きな関心を引き起こしています。.

Zenitカメラについてのすべて

取得したテクニックがすでに使用されている場合は、故障や障害のために慎重に検討する必要があることを忘れないでください。.

重要 検査する 集約、外部と内部の両方の整合性を確実にしてください. ブラインドはそれをチェックアウトするための労働者である必要があります、あなたはシャッターを取ることができます. 彼らが同期的に動くならば、それはすべてが順番にあることを意味します. レンズは反時計回りに緩められています、それはあなたがカーテンの状態がどの州であるか知るのを助けるでしょう.

ゼネチコスベラルーシアセンブリは時々多くのトラブルを届けます 定期的に彼らの生産が集会に惹かれている学生に従事していたという事実のために. そのような装置の品質はわずかに減少したので、そのパフォーマンスをチェックする価値があります. ミラーの位置は、カメラの動作モードと通常の両方で同じでなければなりません。. それが位置を変える場合、それは装置が焦点を合わせることができないことを意味します. あなたは抜粋の仕事をチェックすることができます、Shootory Jammingがないことを確認する. 大きな利点は私にとって暴露の健康になるでしょう、それは「ゼニス」のビンテージモデルではないことがわかっています.

この日へのフィルムカメラは関連性があり、高品質のビンテージ撮影の恋人を魅了します. 市場がそのような装置の現代モデルを提供するという事実にもかかわらず、ゼニットへの関心が以前ほど高いままであることに注意しないことは不可能です。.

Zenitカメラについてのすべて

ビデオは写真写真「Zenit」のモデルの概要を示しています.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する