現代壁掛けドアリミッサの特性

モダンな壁掛けのドアリミッターは、オフィス、ショップ、キャビネット、アパート、その他の施設の壁やドアの外観を維持するための必要な付属品です。. ストッパー(リミッターの代替名)は、不要なドア開口部の問題に対するわずかな解決策です。. 壁やペンを維持することの問題は特に関連性がありますが、多数の人々が部屋から出て行くときには戸が絶えず働いています。. 同時に、低価格はドアの近くからの製品によって区別されます。.

リミッサの分類

現代の製造業者は、そのマニホールドにはかなり大きな範囲のドアリミッターを作り出しています。.

いくつかの種類のリミッサーを区別します.

  • ストップ – 主な目的は、ドアの反転の角を制限し、正しい位置に固定することです。. 停留所は屋外と壁です。磁気、ゴム、またはプラスチックの裏地付き。金属、完全プラスチック。多色.
  • ストッパー – たとえばそれを開く必要があるとき、ある位置にドアを固定するように設計されています. ストッパーを取り外すと、それははるかに大きい角度で開きます. 最も一般的なスタッパー – ドアチェーン.
  • ライニングがあります. 彼らはドアを完全に完全に閉じることを許可していません。. 多種多様で製造されました.
  • closう – キャビネット内のオフィス内のドアを滑らかに閉じることを円滑にする複雑なメカニズム.

停止よりもはるかに高価で、常に技術的状態を監視し、メンテナンスを維持する必要があります。.

ウォールリミッサー

最も一般的な停止の1つはウォールリミッターです. それはかなり簡単なデバイスです. 停止は締結されています。. 自己粘着性の停止(最も頻繁に発生する)、自己引き込みによって固定されている.

壁掛けのリミッターは円形、楕円形、正方形です. 彼らは最も頻繁に金属とプラスチックでできています. 磁石を装備したゴム、シリコーン、プラスチック製のオーバーレイがあります.

リミッタはドアの上部の上にある壁に固定することができます. あなたは家具を考慮して、特定の部屋のサイズ、色、ビューを選ぶことができます.

磁気オーバーレイを強調してドアに取り付けられている金属の裏地もあります。. この製品は、開位置に固定が必要な場合に必要です。.

ウォールリミッタのインストールの特徴

自己接着性ウォールリミッタは設置の単純さによって有利に区別されています。. 製造者は事前に特別な接着剤の層を追加します。. 場所を選ぶのに十分です、保護ステッカーを取り除き、壁に取り付けます. 原則として、この位置に1分間保持する必要があります。減衰パッドが磁気ではない場合、焦点は使用できます。. それ以外の場合は、開位置のドアの後続の固定のために、停止と同じレベルで、金属板を停止と同じレベルに固定する必要がある。. しかしながら、自己接着性リミッタを適用する場合、壁面の特別な要求が提示されている。. それは滑らかで、貼り付けられないようにする必要があります.

塗装、ガラス壁、プラスチック製の仕切りの最適.

自己引き出しを持つ留め具を持つ停止は壁の準備を必要とします、事前に穴を開ける必要があります. ツール – ドリル、ドライバー、定規、そして他の人も必要.

壁が作られている材料を評価する必要があります. レンガ、コンクリート、CCCのブロックおよびその他の耐久性のある壁材料は、設置場所の追加強化を必要としない. それらが石膏ボードで覆われている場合、空虚さの材料を持つプラスチックパネルは、止め具を締め付ける場所を追加備えていなければなりません。. したがって、ウォールリミッターに割り当てられた主なタスクの1つ – 壁やドアの完全性を保つ.

    壁の「強化」として、あなたは強調された金属板を使うことができます. 同時に、それは壁リミッターよりも壁への嵌合の領域の約4倍大きくなければなりません.

    私たちはドアのためのウォールリミッターの主な特徴だけをレビューし、それらを固定する方法です。. これらの製品は広く分布しており、取り付けが簡単です.

    磁気ドアリミッターを単に取り付ける方法、下のビデオを見てください.

    記事を評価する
    ( 評価はまだありません )
    コメントを追加する

    ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: