イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアは、インターコースドアの生産を確立した最初の国の1つと考えられています。. したがって、ここでほとんどすべての都市で、それらの製造のための少なくとも小さな植物があります. この取引ニッチはグループに明確な分離をしており、各工場は特定の種類の製品のリリースを専門としています。.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

ビュー

すべてのイタリアのドアは3つのタイプに分けられます. 同時に、最初の2つのタイプは大量生産です。これは主に大きなイタリアの工場に従事しています。. 彼らの技術はよく知られており、今日さまざまな国の多くの企業がイタリアのライセンスで運営されています。.

  • 初視点 – ほとんどの場合、滑らかなベニヤの仕上げを持つ接着剤のブルサで作られた扉. ドアフレームはフレームを持っています、ラメラで作られていますが、その中は中空です. 彼らはいくつかの古典的な色、滑らかな表面があり、経済クラスのカテゴリーに属しています。. 比較的低コストと優れた品質の組み合わせは、この製品を彼らの故郷だけでなく、国際市場でも幅広い質量の中で人気があります。.

イタリアのドア:エレガンスとシック

  • 2番目のグループに この種の製品は、ラメル可能なキャンバス製のドアを含み、最初の種とは異なり、ここではより価値のある木のベニヤが使用されています。. さらに、それは箱だけでなく、彼とドアを中心にしています。. 体積シーラーと巻き毛の部品の使用により、製品の設計はより面白いです。. そのような製品の価格は前のグループよりもわずかに高いですが、堅実な木製のアレイからのドアよりも手頃な価格です。. 大きいマスのためにそのようなドアは最初の景色よりも耐久性があります.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

  • 第三グループ ドア – アレイから – はエリートと見なされます. アレイからの製品を製造する技術は、質量流量で適用することが非常に困難であるので、そのようなドアの生産は主要な労働が使用されている主に小さな家族企業を専門としています。. 作業前の木のバー直射日光から乾燥し、ある温度体制にさらされる必要があります。. 乾燥プロセス自体は数ヶ月かかることがあり、設計が半年に達するまで設計の設計からのそのようなドアの製造の全周期にかかることがある.

各木の図面は一意であるので、それはそれ自体の独特の設計を持っています。.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

材料

古典的なイタリアのインテリアドアの製造のために、それは主に使用され、そのすべての派生物 – ラメラ、ベニヤ、フィレット、そしてT. NS。. しかしながら、技術的進歩の発展、消費者の好みが変化し、そしてそれらと共に原料のリストがこの製品の製造のために拡大されている。.

イタリアのマスターズは、おなじみのMDFとチップボードになっているだけでなく、コルクツリー、竹、プラスチック、さらには布でもありません。. この場合、ポリマー材料は加熱され、高温の影響下で最も予想外の形態を取ります.

一つの製品では、いくつかの種類のさまざまな品種によって組み合わせることができます。. 木製およびプラスチック製のドアでは、ガラスまたは金属部品からの挿入物をよく見つけることができます. 大量生産のために、いくつかの種類の原料が使用されています。.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

MDFにはいくつかの利点があります:手頃な価格、審美的外観、さまざまな色、そして重要なことに環境の親しみやすさ. この材料の欠点の中には、迅速に点火、脆弱性、および水分に耐えることができないという彼の能力を呼び出すことが可能です。.

ベニヤは木の薄いプレート、ドアの葉と箱が装飾されています. ドア自体は貴重な原材料で作ることができます。. イタリアのドアは5 mmの厚さの天然のベニヤで覆われています. 専門家ではない、製品を自然な木材から区別することは非常に困難です.

ベニヤは通常中空のドアの葉、および積層段ボールの扉を装飾. ドアの葉を仕上げるために、ベニヤストリップは望ましいサイズの1枚のシートに売り切れました. 同時に、彼らは互いに一致しなければなりません.

この材料の不利な点 – それは非常に簡単に壊れるからです.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

アレイは中空ドアのフレームの両方で使用され、モノリシック構造を作り出すことができる。.

このタイプのドアの独特の特徴は、その結果として、より長い耐用年数を持ちます。. 耐久性があるが軽量であるが、フレームは最も頻繁に松で作られており、より大きな保存のために、それはあなたが追加的に環状を飾ることができるエナメルで覆われていることがあります.

ドアをスプライスと組み合わせた配列から区別します. 最初のケースでは、デザインは木のラメラの3つの接着層であり、外部から寄木細工のパターンに似ています. 合わせたアレイはいくつかの種類の材料から組み立てられる。. ソリッドツリーだけでなく、MDF、およびその他の材料も含めることができます.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

最近、アルミフレームを持つガラスドアがファッションに入った. このデザインは木製のオプションと比較してより明るいです。. そのようなモデルでは、安全で特に耐久性のあるガラスが使用されています。. 設置する前に、高温での特別な硬化を渡し、その強度が時々上がる. そしてそれが壊れたとしても、断片は小さくて非線茎になります.

寸法

イタリアの生産のドアブロックは、最も頻繁にはロシア室の開口部の基準を遵守するので、ヨーロッパの品質を好み、あなたは彼らがサイズに収まらないことを恐れないことができません. そして、小さな不一致が起こったとしても、これらの設計の特徴は、フレームワークが必要なパラメータのほとんど隣接する可能性があるようなものです。.

ドアフレームがドアウェブとの幅と一致するように、それは特別な板で増加する可能性があります. イタリアの扉の品質はすでに公理になっているので、彼に賛成では、ドアの開口部を変えるだけでなく、壁全体を破壊することもできます。.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

最も要求の厳しい味を満たすためには、イタリアの内装の扉の色範囲がかなり広範囲です。. 純粋に白から石炭黒まで、明るい落ち着いた色から最も考えられない色まで、純粋に白から石炭黒までのような土地はほとんどあります。.

明るいブナ、漂白されたオーク、マホガニー、灰、そして全世界で有名なイタリアのクルミ – この日当たりの良い国の一種の名刺メーカー. これらと他の多くの色が長い間古典的なジャンルになる.

スタイルの恋人のために、現代のプラスチックドアが適しています。.

ハイテクファンはガラスと光沢のある金属の厳しい色域に感謝します. 同時に、ガラスの色が変わることがあります – 中性透明からトーン化された.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

一定期間後に絵画がいくつかの層で作られています。. 同時に、マットのテクスチャや光沢のあるコーティング. あなたが望むならば、特別な塗料の助けを借りて、あなたは金属の効果さえ表面を与えることができます.

別の会話はすべての白い色合いに値する:この色は普遍的で、ほとんどすべてのインテリアに収まります. 白はモノラル壁と様々な装飾品の両方と組み合わされています. それはパステルカラーと完全に調和しています、そしてそれはまた暗闇のコントラストを見ます.

さらに、そのデザインが両方の部屋と組み合わされるように、さまざまな色でドアの着色を注文することができます。.

イタリアのドア:エレガンスとシック

デザイン

世界中のイタリアのデザイナーは、ファッション議員であると正当に考えられています。. 新しいファッショントレンドを拾う最初のものの一人です. 高いスキルと組み合わせて、1世代ではなく、経験豊富な労働者の手の中の現代の技術は不思議に働き、最も予想外の空想を実際に実現することができます.

イタリアのドアのモデル範囲はとても多様です。それはそれについて明確に言うことです。. 穏やかな古典的な人が好きな人、ほとんどの場合、木のドアを選ぶ. ほとんどの場合、それはモノラル範囲で作られたモデルです. 同時に、ドアは聴覚障害者(インサートなし)であり、ガラスや他の材料からの異なるインサートを持つことができます.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

染色されたガラスの窓を持つユニバーサルモデルドア. 彼らはほとんどすべてのインテリアに適しています – それが現代またはプロヴァンスか.

ドアは片付けられているか艶をかけられ、任意の色で描かれている – クラシックから前衛的なものへ. この場合、ドアキャンバゼの両側は異なる色合いで作ることができ、それぞれが隣接部屋の仕上げに最適に対応する。.

グレージングに関しては、それはいくつかの基本的なパラメータによって区別されます:

  • 色. これはすべての基本の基礎です. 伝統的な透明、純粋に白または着色されたメガネに加えて、イタリアのデザイナーはカトリック大聖堂に似た色とりどりのステンドグラスの窓を提供しています.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

  • 形. 右折の恋人は水平または垂直のインサートのドアを選ぶことができます. しかしながら、湾曲した抽象添加を有する挿入は洗練されていない。.
  • テクスチャ. ガラスは、シンプルかミラー、つや消し、光沢、滑らかな、滑らかな、パターンがあります。. さらに、パターン自体は平らなまたは一括実行でも可能です。.
  • 装飾. バックライトを持つガラスインサートを持つドアは、熱と快適さの内部を追加します. さらに、ドアガラスは錬鉄製のレース、ドラッグで飾ることができます. 最近では、スワロフスキークリスタルやラインストーンでさまざまな内装品を装飾するのがおしゃれになりました。. 絵画愛好家はドアの上の画像を注文することができます. それは製造業者のカタログからの標準的な絵や顧客によって提案された選択肢です – たとえば、個人的なアーカイブまたは有名な写真からの写真です。.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア自体の形は多様です. 伝統的な長方形のオプションに加えて、アーチ型のバリエーションも有名なブランドのカタログにあります。. 個々のスケッチによると、あなたは非標準的な形式を作ることができます – 丸いまたは高さの高い. イタリアの工場技術では、複雑さを注文することができます。.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

ドアは1つの方法や振り子型のみを開くタイプに膨らむことができます – それは任意の方向に開くことができます. ドアクーペにとても興味深いようです。. 彼らの助けを借りて、あなたは部屋の中のスペースを埋めることができます – たとえば、ドレッシングルームを分けることができます. 本物の検索の小型のアパートメントタイプのスタジオは折りたたみ式のドアになります.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

選択方法?

室内ドアを選ぶときは、いくつかの知識によって導かれる必要があります. すべてがここで重要です – コーティングさえ. それがペイントの場合、そのレイヤーは完全に滑らかでなければなりません. それがラッカーであるならば、高品質で、あなたが漆塗りの表面を押すと、それは痕跡を残してはいけません.

実際のイタリアのドアは、プレミアムクラスに属していなくても、チッピングと可視な欠陥なしで完全に滑らかな表面を持っています. ジョイントの関節の中のドアを正確に固定するように、すべてのシールとシーラント。. シールは柔らかく、それらの存在が必要です. イライトのような有名な企業、評判のある価値.

イタリアのドア:エレガンスとシック

箱、キャンバス自体、そしてプラットバンドは完全に存在し、色と質感の中で一致する必要があります. ノイズと断熱性を提供する鍛造品についても同じことが当てはまります.

買う前に、Fire Safety Classについて販売者に尋ねる. 彼が高いほど、より安全で購入した製品.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

長所と短所

イタリアの生産ドアの主な利点の中には、称賛することができます。

  • 生産のすべての段階で厳密な管理を提供する申し分のない品質. これは、感謝豊かな顧客の多数の熱心なレビューによって判断できます。.
  • モデルとデザインの巨大な選択、あなたが繁栄のためのオプションを選ぶことを可能にする.

イタリアのドア:エレガンスとシック

欠点は次のとおりです。

  • 他の製造業者と比較して高価格生成物.
  • ドア生産期間が遅れる可能性があります. これは複雑な製造方式、ならびに物流および輸送システムによるものです。.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

現代の例とオプション

ロシア市場では、イタリアの製品は多くの製造業者によって表されています. その中には、既知の名前を持つ比較的若い企業や企業の両方があります。. これらの製造業者のほとんどすべての製造業者は希少な木の種の働きを専門としています.

前述の会社の屋外生産のドアは独特のデザインのために有名です – 処理後のこの木は楽しい赤みを帯びた色合いを持っています. 木は湿気に耐えるので、そのようなドアは安全に風呂に入れることができます.

チューリップの木のベニヤは美しい磨かれた表面を与えます. この木は仕事がかなり気まぐれです、そしてその高コストに関連して、チューリップの木の配列は非常にまれです. 仕上げ飾りにしたときによく使われます.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

ほとんどのイタリアのドアは爪なしで取り付けられています. そのような構造は、それらの信頼性を維持しながら、より美的外観を有する。.

また、モダンな技術は、ドアのデザインを和らげ、そして外部の不可能でさえも、ドアは比較的軽量になることができます. これは軽量のフレームの使用を通して達成されます.

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのドア:エレガンスとシック

イタリアのインテリアドアが異なるものについては、このビデオを参照してください。.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する