ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

ご存知のように、幅広い製品、たとえば人気があり、食べやすいキャビネットなど、現代の市場には多くの家具製造会社があります。. 一方では、経験豊富なマスターのアセンブリに委ねられた任意のストアでこのオプションを購入することができます。. 一方、独立して行われたものは、所有者と誇りにははるかに価値があります。.

ワードローブクーペを自分でやる

最大の時間と労力を費やすことができますが、家の世帯のニーズがワードローブに完全に準拠しているという事実に反対することは不可能です。.

タイプで決められています

あなたが廊下にキャビネットのインストールをデザインするならば、それは多くのアパートで小さい、長方形の形であるという事実を考慮に入れることが重要です. 従来のワードローブのスイング流出のとは異なり、クーペのスライドドアは可能な限り最良の方法で最高のスペースを提供します。.

ワードローブクーペを自分でやる

自由空間を節約するのは、廊下だけでなく、寝室でも快適な休息と秩序のゾーンであるべきです。. 高さが同時に天井を作るために、空いている通常のスペースが最大の利益で適用されます.

ワードローブクーペを自分でやる

住宅勤務の角区域では、その総面積の特性に応じて、異常で広い広々とした半径ワードローブに対応できます。. コーナーの宿泊施設は、そのような方法で設置されている家具の一部が異なるバージョンではなく、はるかに多くのものを含むことに有益です。.

しかし、それは製造においてはかなり複雑であるので、初心者のマスターは彼のために連れて行かないが、単純な長方形のモデルを制限するためにより良い.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

ニッチや店舗が室内である場合は、内蔵のワードローブを設定できます。. それは機能的に、便利で美的になるでしょう. さらに、それを完全にするよりもはるかに簡単な収納室からキャビネットを作るのがはるかに簡単です。すでに壁、天井、内部スペースがあります. 主な仕事は、そのようなキャビネットの充填を決定することで、寸法、描画、および行動方針を適切に計画することです。.

ワードローブクーペを自分でやる

材料

資材を選択すると、まず最初に強さ、信頼性、耐久性について考えることができます.

ワードローブクーペを自分でやる

木について話している場合は、ニッチや保管室では湿度レベルが部屋の中ではるかに多いため、内蔵のクローゼットを作成するのには適していません。. どんな木でもすぐに亀裂を始め、自然の美しさを失い始めます。. 極端な場合には、小さな部品や装飾要素を作成するために使用することができますが、水ポリマーエマルジョンまたはオルフォイの必須の前処理.

ワードローブクーペを自分でやる

石膏ボード

最近、非常に人気のある素材は石膏ボードです. しかし、プロの家具コレクターはそれを適用することをお勧めしません。. この材料は、脆弱性の増加と非常に重量が重いと区別されています。.

さらに、それはいくつかのソリッド基盤に取り付けられなければなりません.

ワードローブクーペを自分でやる

乾式壁から作られた棚は、物事の重症度の下で「サイン」し始め、ひび割れ、変形します. それから他の家具アイテムを作成することができますが、高品質のキャビネットの製造のために、それは絶対に適していません.

DVP、MDFおよびLDSP

ベストオプション – DVP、MDFまたはラミネートチップボード. これらの材料は、常に強度と信頼性によって区別され、それらを容易にそして単に働くだけで、そして湿度と温度の違いはそれらの影響を受けませんでした。. 市場でおよび積層チップボードのさまざまな色合いの店舗の大規模な選択により、誰でも希望の色を選択できます。.

重要な瞬間:キャビネットを作る目的では、一定のシップボード厚さ16 mmがあります。.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

合板

合板はそれほど普遍的で耐久性のないものではありません. また、耐水性と高湿度に対する区別性と区別されているその品種を見つけることも可能で、ニッチや貯蔵室にワードローブを配置する場合に重要です。.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

柔らかい木製品種で作られているので、合板は耐久性と治療へのコンプライアンスの両方を組み合わせた. それにネジをねじると、それを変形させることができますが、洗い形のパッドで使用されていれば、これは発生しません。.

家具盾

ワードローブは家具盾で作ることができます. まず第一に、彼らは外部の魅力と低コストで有名です. この素材は、オーク、アラダ、バーチなどの天然木の岩に基づいています。. 家具を作成するとき、シールドは通常、次のように合板と組み合わされます。.

標準 – 2 cmに準拠した厚さ.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

あなたの年齢に役立つ古いキャビネットから、あなたは新しいものを作成するときに必要とされるかもしれないアイテムを作ることができます. 時々彼らの年齢で提供される家具でのチップボードシートは耐久性に起こる:多くの近代的な材料とは異なり、特別な穴を作成する前にネジをねじ込むことは不可能です。. この場合、古い、しかし強いDSPパネルは耐久性のある棚としてキャビネットに完全に収まります.

適切な資料がすでに選択されている場合は、将来のキャビネットのための既製のスライドドアを購入することが残っています. もちろん、あなたは自分自身を作ることができますが、それはすでにインストールの準備ができているドアの購入よりもはるかに多く費用がかかります。. スライドドアの製造に従事している良い会社が見つけられ、その日のサイズとパネル数を指定する.

ワードローブクーペを自分でやる

スライドドアができるだけ長く働くためには、自己粘着シールを購入する必要がある。. その主な目的は、溝にプロファイルを固定するだけではありません. 良質のシーラントの場合、彼はほこりの浸透を防ぎ、キャビネットの扉は絶対に静かに動くでしょう.

図面の説明

家具アイテムの組み立ての開始前に、図面の形で特定の図を作成する必要があります。. デザインのすべてのパラメータとデザインの内部のすべてのパラメータを義務付け、各パーティションの厚さを示す寸法を慎重に確認してください。.

ワードローブクーペを自分でやる

図面を作成する際には、特定のサイズの規格に準拠することが事前に重要です。たとえば、棚間の最適な距離は30-40 – cmに残されることをお勧めし、引き出しの深さは以下のものでなければなりません。 50~55 cm.

ワードローブクーペを自分でやる

図面を作成する前に、将来のワードローブが持つ主な特性を判断する必要があります。

  • 高さ、幅、深さ。
  • アンズルールの高さ、それらがスケジュールされている場合。
  • 戸口、箱、その他の部門はいくつかのドアになります。
  • どのような充填が計画されていますか:ボックス、クロスバー、棚およびt. NS。.

その後、将来のキャビネットのスケッチが描かれています. 経験やスキルの存在下では、単に一枚の紙を使用して、図面を独立して作成することができます. 図面に強くない人のためのシンプルなソリューションがあります。. そのような図面の品質と正確性は非常に高いので、キャビネットを単独で集めるために安全に取られることができる.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

次に、小さなワードローブコンパートメントを組み込みタイプに独立して家にし、廊下の小さなニッチに配置できる、小さなマニュアルが提案されています。.

ステップバイステップの命令

部屋の対策と計算

最初は、ルーレットの助けを借りて、3つの水平のニッチサイズが外で定義されています:上下の上下. その後、同じ3つの測定値が後壁で取り除かれます。. どのサイズが将来の棚を描く必要があるのか​​を理解するために必要です。. 次に、(ニッチの前壁と後壁の​​前方とも)垂直方向から除去されます。左端、中央、右端.

一般的なサイズの絵が何になるのかを理解するのに役立ちます.

ワードローブクーペを自分でやる

測定誤差がかなり頻繁に見つかったことを覚えておくことが重要です. それは自宅の質の高い建物と壁の整列化にリストされています。. 図中に描画するには、できるだけ正確に計算するために、すべてのエラーを持つ寸法の後に続きます。.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

この段階で、あなたはついにキャビネットの詳細を決める必要があります. どのように配置されるのか、スライドファサードをどのくらいインストールすることを計画されているか、クローゼットの中に開いているコーナーシェルフがありますか、あなたはバックライト付きのバイザーが必要です。.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

私たちは廊下にある小さなクローゼットについて話しているので、すぐに何を決めるか、どこに配置することができます. ストリートシューズは、チップボードやその他の素材の棚を使用せずに、ニッチの床に簡単に置くことができます。. 内閣の内部充填も事前に検討することをお勧めします。衣服、箱、棚、ハンガー用の棒の数.

すべての測定値は、使用されるすべての材料の厚さを必ず考慮に入れる必要があります。.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

棚の間に慎重に立ち上がってサイズを大きくすることを忘れないことは重要です。. ニッチが曲線であるならば、棚は壁の寸法を確実にするための手当とする必要があります。. プラスチックエッジ(PVC、通常2 mm)を考えると、各細部の寸法を塗装する必要があります。.

まあ、不要な適合なしにインストールが迅速に発生する場合.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

カットとフィッティング

たくさんの願いを込めて、詳細を彫りても独立して彫りますが、その必要はありません。. 完成した図面は生産ワークショップを提供することをお勧めします。ここで、キャビネットのすべてのコンポーネントが指定されたサイズのケーキで作られます。. したがって、図面はできるだけ正確かつ正確に構成され、実証済みの信頼性の高い家具工場では、今後のアセンブリのためのすべての必要な要素を決めるでしょう。.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

継手に関しては、それは彼女の買収に関する問題ではないでしょう:それは大きな建設や専門店で提示された大規模な品揃えです。. これは、組み込みタイプの簡単なキャビネットの製造において必要とされ得るものの例示的なリストである。

  • デバルと無私の,
  • 自己設置ガスケット,
  • 家具コーナー(好ましくは金属),
  • 肩の海峡のためのロッド(キャビネットが小さい場合は、十分になるでしょう),
  • フック、靴棚を取り付けるためのクリップ.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

建設と設置を築く

これはケースではなく、内蔵のワードローブが壁に置き換えられている内蔵のワードローブは、棚の定義からすぐに始めることができます. いくつかのマークが鉛筆で壁に作られており、棚の留め具は取り付けコーナーを使って行われます。.

彼らが金属であるならば、プラスチックではない場合:最初と耐久性、そして非常に審美的に見える. 角は離散家と自己タッピングが付いています.

ワードローブクーペを自分でやる

クローゼットに棚がある場合、その長さは800 mmを超えると、その他の締め付けが必要です。. したがって、後壁には、棚を金属製の角に支えてください。.

ワードローブクーペを自分でやる

スハーフロッドは、特別な丸型のトロッタを使用して壁に取り付けられています. そのそれぞれには3つの穴があり、壁への取り付けはデバッグと自己引き込みによって行われます.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

下記はメッシュタイプの靴連隊を設置することができます。. その場所の予備マークの後に目的のレベルに設置された特別なフックまたはクリップが付いています。.

それからあなたは金属コーナーで側面の前壁の棚を固定する必要があります.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

このような天井やワードローブの有能な整列のために、部屋にストレッチ天井がある場合は、幅100 mmまでのタイミングの形で住宅ローンを入れる必要があります。.

ワードローブクーペを自分でやる

ガイドを使ったドアの設置

すでに述べたように、天井は常に偶然起こっているのとは遠いです. したがって、スライドドアの上部ガイドを取り付けるときの優先順位タスクは、その位置合わせと設置は明確に水平になっています。. これを行うには、ガイドとさまざまな厚さの天井裏地の間を舗装する必要があります。.

あなたはMDFからそれらを作ることができます. 結果として生じる結論のギャップは、厚さ8 mmのチップボードから作られたフリーズによって閉じられます.

ワードローブクーペを自分でやる

今、あなたはカムだけでなく床の可能な偏りを計算するために左右にニッチの高さを測定する必要があります。. サイズの違いを設定した場合は、MDFからガスケットを取ってガイドと天井の間に置く必要があります。. 現在、すべてのインストールされているガスケットを通して、あなたはついに上のガイドを修正することができます. 天井には穴を掘り、ダボを獲得した後、ガイドはついに天井に自己描画によって取り付けられています.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

Frezingの下では、インストール中にすべての部分をサイズでカスタマイズする手当を許可することが重要です。. FRYZギャップに付着し、必要な線をマークしてそれらをトリムします。. 両面テープを使ってガイドするための接着剤フリーズ. スコッチウェルが保持するためには、接着された表面がアルコールで防止する必要があります。. それから垂直スコッチストリップを表面に貼り付け、それから保護フィルムを取り除き、フリーズをトップガイドに接着します.

ワードローブクーペを自分でやる

キャビネットのドアの下部ガイドも双方向テープに取り付けられています. これは彼女の滑らかで柔らかい動きを提供します – ドアは最小のローラーウェアで静かに動くでしょう. ドア自体は、すでに使用できる上下のガイドに挿入され、それらを調整する必要があります。.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

ドアとクーペを組み立てて取り付けるための詳細な説明は、次のビデオで表示できます。.

面白いソリューション

標準の長方形の形に限定されないキャビネットを作成するには、合板のような柔らかくて燃料の素材を使用して作業する創造的な製錬所を適用できます。. 滑らかで珍しい形の棚や家具の他の要素を作り出して、合板のシートを水で湿らせ、特別な形のために設置することができます – 空白. 12~14時間以内に、シートは必要な円滑な概要を獲得し、使用の準備ができています。.

ワードローブクーペを自分でやる

さらに、最も普通の瞬間のセグメントの助けを借りてキャビネットのための棚を取り付ける最も簡単で簡単な方法があります. MDFからの台上は、金属製の継手の信頼性に劣っていないため、強度の向上によって区別されます。. 棚へのそのような締め具が目に急いでいるためには、棚の深さの3つ目の短い短い短い短いセグメントを作ることができます。.

この場合、連隊の端から遠く離れた自己タッピングねじは、ボードシェルフを通して上からねじれなければならないでしょう。.

染色装置の装飾のための適用

ワードローブのドアパネルをステンドグラスを使って発行することができます. ファサードのそのような宝石類を作る費用は異なり、それは使用される技術の複雑さの程度に直接依存します. いずれにせよ、キャビネットのステンドグラスの安価な変異体は素晴らしく見えますが、その品質の製造の対象となります。.

ワードローブクーペを自分でやる

最も頻繁に装飾に使用されているステンドグラスの主な種類は、3つです。

  • 古典的なステンドグラス. 木や金属製のフレームのフレームを見るのが最善です。. シチューは任意のパターンや異なる色であることができます. そのようなステンドグラスを製造するプロセスは、彼と名声を提供する時間がかかり、そしてかなり高い価格を提供する多くの時間がかかることを特徴とする。.
  • ティファニー. 古典的なステンドグラスとの違いは、ファサードにフレームがない場合はこのオプションを使用することが可能です。. この場合、図面はより複雑かつ元のものと取得されます. 技術的には、それは古典的なものよりも複雑ではなく、審美的に非常に美しいです. 彼の明白な脆弱性でさえも、美しさと比較して重大な欠点の形で考慮されていないかもしれません.
  • ステンドグラスの種類. それは輪郭とも呼ばれます. 大きなガラスキャンバセーズで行われた高価なティファニーの人気の模倣の1つ. そのようなステッチは、そのより単純な製造技術および低価格のために、消費者の中で最も人気がある。. それは外部の損傷に耐性があり、非常に実用的です。これは、家具の最も簡単な機能を飾るときにそれをうまく適用することができます.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

鏡のサンドブラスト図面

キャビネットの区画のファサードがミラーコーティングまたはガラスの形で作られている場合は、美しいサンドブラストパターンを適用できます。. これは、明確な空気圧下で特別な装置を使用してスプレーされた砂での研磨型の表面処理である。.

ワードローブクーペを自分でやる

そのような技術は、組み合わせとテクスチャを有する独特で現実的な図面を有する家具を提供する。. 非常にずっと前に、サンドブラスト装置がまだ古代のローマ帝国では、平らな石を使って手動で同様のガラス加工が行われました:それらはガラスの表面に海砂で粉砕された.

ワードローブクーペを自分でやる

サンドブラストは多孔質の構造によって区別され、残念ながら、簡単にぼかしができます. これが唯一の欠点で、ポリマーからのコンポーネントを含む、ワニスまたは特殊なソリューションによってパターンの表面を保護することができる唯一の欠点です。.

ビニールステッカー

ステンドグラスまたはサンドブラストを注文する金融機会がない場合は、ワードローブのファサードを飾るための優れた、最も簡単な方法. 通常、そのようなステッカーは透明な写真の壁紙を見るように見えます. 製造が特別な映画を使用しています. その透明性と1光子描画のおかげで、あなたは簡単にクローゼットの色のためにステッカーを選ぶことができます.

いつでも新しい退屈ステッカーが新しいものに変わる – それは簡単に掃除され、鏡やガラスに痕跡を残さない.

ワードローブクーペを自分でやる

したがって、現代の技術のおかげで、ワードローブの実用的な設計と美的デザインの両方にさまざまな興味深い決定を適用することが可能です。. 最小限の金融投資でさえ、創意工夫と創造的なシームレスな場合は、プロジェクトを実行することが非常に現実的になり、独立して美しい原作結果を実現します。.

そして欲望があるならば、家具の組み立てに加えて、単純なステンドグラスまたは図面を適用する技術を習得することもできます。.

ワードローブクーペを自分でやる

ワードローブクーペを自分でやる

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する