リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアのための支配的な色の選択からは、雰囲気が治世があることに依存します. 結局のところ、いくつかの色が好きな、または美的見解が好きではないという事実に加えて、彼らはあなたに異なるように影響を与えることができます.

調和の創造方法?

色の正しい組み合わせは個々の概念です。. 誰かが部屋の休憩領域を作成するためにブロンドの色を選びようとし、反対の誰かが鮮やかな色でスペースを嫌く、私の気分を育てようとしています.

それを覚えておくことも重要です インテリアの色は、周囲のスペースがどのように知覚されるかに影響を与える可能性があります. いくつかの色合いは部屋を視覚的に視覚的に作る、他の人は壁の高さを視覚的に増やすのを助けます. あなたが部屋をより高く見えたいのなら、明るい色の天井を色にして、壁をより暗くする. そしてスペースを拡張するには、コールドシェードを使用します.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

7。

写真

重要な役割も果たします. 光沢のある表面はいつも明るく見え、そしてそれらの色は飽和. しかし、石膏によってトリミングされた救援壁紙や壁は、こっこいいと落ち着いたようです.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

あなたがリビングルームの壁の壁の壁の壁を探しているならば、あなたは青い色に注意を払うことができます. それは寝室に頻繁に見つけられるリビングルームデザインに使用されていません。. しかし、あなたが異なる色合いの青い壁紙と共用部屋の壁を飾るならば、 時間を過ごすのがうれしい静かな場所.

飽和青い色は部屋を貴重にします. そして薄い色合いは平和的な方法に調整するのに役立ちます. 調和のある青い壁紙は地中海風の装飾された部屋の内部に見えます. 青の飽和色合い、海の波の色、あるいはindigoさえ、ユーススタイルの広々とした部屋のインテリアに完璧に収まります. ライトブルー表面は古典主義スタイルで部屋を飾るでしょう.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

グレー

もう一つの興味深い色溶液は灰色の壁です。. 一見すると、この色は退屈で悲しいようです. しかし、実際には、それは普遍的な人です. 彼はパステルカラーと完全に組み合わされて、明るい飽和トーンを使ってたくさんの色合いを持っています。.

灰色は他の色をより表現することができ、深さを強調することができます。. 灰色の壁の背景に対して、ホールの明るい家具は特に良好に見えます.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

ベージュ

グレーのように、この色は中立と呼ばれます. 基本的に、ベージュの色合いは暖かく、部屋の中の居心地の良い雰囲気の創造を促進する. ベージュ色の柔らかくておいしい. それで、あなたがリビングルームにたくさんの色の詳細を持っているなら、あなたはベージュの壁紙を使うことができます, モーリーを柔らかくするために.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

白い

同じ目的のために、あなたは白い壁のカバーを使うことができます. 真実、それは白い色が常にインテリアで支配するという事実を考慮に入れるべきです. 残りの色合い、明るくキャッチーでさえ、アクセントとして機能する.

しかし、白い色はあなたが本当に作成することを可能にします 室内の調和と鎮静雰囲気. そのようなインテリアは非常に簡単です、光、そして部屋は広々としているようです.

リビングルームでは、部屋自体が小さい場合は白い壁紙が使用されています.

そのような光の壁紙は、モダンまたはハイテクの内部によく見られます. 明るい色合いの使用とヨーロッパのスタイルのための特徴:スカンジナビア語、またはプロヴァンス.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

オレンジ

リビングルームの明るいオレンジ色の壁 – またかなりまれな現象. この飽和色は気分を上げ、内部を暖かくする. オレンジ色は憂鬱に傾いている人にとって、あなたの活動が増加するような太陽の雰囲気の中で役立ちます.

オレンジ色は同じ暖かい色合いとよく結合します – 茶色、赤、黄色. 最高の明るい オレンジ色の壁紙が現代またはロフトのスタイルの若者のリビングルームの内部に収まります. この場合、壁だけでなく、家具や装飾家具も明るくなることがあります。.

そして部屋がモノラルすぎるように見えないように、緑、テラコッタ、砂浜のように花を薄く希釈する.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

この色はより汎用性があります. 視線の色合いが視力に役立つと考えられている. 特にあなたがそれをライトトーンを使うならば. そのような色は、とりわけ、スペースを視覚的に拡大することができます. この目的のために、デザイナーはミント、オリーブ、またはその他のパステル調シェードを使用することをお勧めします.

しかし、緑の濃い色合いは勝利しています. 飽和エメラルド、ピスタチオまたはダークグリーンカラー. TRUE、暗い壁紙を持つ小さな部屋がさらに低いように見えるので、それは広々とした敷地内でそれらを使用する価値があります。.

部屋が暗くすぎないように、濃い壁を軽いカーテンや家具で追加することができます。. だから部屋ははるかに快適になるでしょう.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

茶色

この色、多くの人は鈍くなりすぎることを考える. しかし実際には、茶色の色合いはあなたが部屋を居心地の良い部屋を作ることを可能にします. 心理的観点からは、安定性と幸福を伴う私たちに関連する茶色です. したがって リビングルームを設計するときに使用することをお勧めします。. 同じことが一般的な部屋、レンガの壁の見え、茶色の壁紙によくあります.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

茶色が自然の中で出会う色であるように、動物の皮、天然木の家具、生の花のような詳細とよく組み合わされています. また、それらは人工模造物に置き換えることができます. 例えば、動物の皮膚の下の室内装飾品、木製の浴槽の人工植物などのソファ. そのような組み合わせはあなたが解放された森林の雰囲気を自宅で再現することを可能にするでしょう.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

ご覧のとおり、Apartmentでほとんどすべての色を使用できます。. 主なものはそれらを正しく結合することです, そして、どんな色の組み合わせはオーガニックに見えるでしょう.

トーン互換規則

各色には暖かい色合いがあります。. どのトーンを選択するかによって、同じ色がより居心地の良いまたは作業雰囲気を作り出すことができます。.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

暖かい

リビングルームのデザイン中、大多数は暖かいトーンを好みます. 彼らは居心地の良い雰囲気を提供します. 暖かい色の色と暗い両方の色合い.

小さな部屋では、光の壁紙はよく見えます. そのような壁紙との古典主義のスタイルはロマンチックな年齢と過去のエポックのスタイルを賞賛する人々を楽しむでしょう. 天然木からの暗い家具で金髪の壁を完成させ、あなたは正しい雰囲気を再現する必要があります。.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

より暗い色のうち、あなたは暖かい色合いを選ぶことができます. たとえば、チョコレート、ブルゴーニュなどです. 茶色の色合いの壁紙は貴族に見え、部屋をより贅沢にする. 居心地の良い部屋は黄色、オレンジ、または赤の濃い色合いを作ります. たとえば、マスタード、テラコッタ、ピーチ、ライラックなどです。.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

寒い

部屋を視覚的に増やし、壁をより広くするために、冷たい色合いが使用されます。. 冷たい色合いのパレットは十分に豊富です.

例えば、ミント、ピスタチオ、オリーブ、ライトリー、海の波など、青または緑の新鮮で近い冷たい色合い. 部屋の内部を贅沢で豊かで豊かにすると、紫色のさまざまな色合いができます. そして部屋のデザインのために スカンジナビア風やミニマリズムスタイル それは冷たいモノクロームの色調を使う価値があります:白黒.

一つのスタイルの明確な規則に固執したい場合は、寒い色調.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

部屋の全体的なスタイルの下で色を拾う方法?

多くの点で、リビングルームの色の選択はあなたがそれを作るスタイルによって異なります. 異なる時代に、流行は異なる色とそれらの組み合わせでした。.

それで、例えば、家のビクトリア朝の時代には暗い布の壁のコーティングで装飾されていました. その貴族の雰囲気を再現するために, 暗い色を使用する必要があります. パーフェクトチョイス – マルサラカラー、ダークブルゴーニュ、エメラルドまたはディープブルー.

TRUE、そのような色合いは光のアクセントで希釈され、部屋は暗いように見えないように. 暗いリビングルームではスペースが少ないだけです. 薄暗い壁紙と同じ暗い装飾的な要素の組み合わせはあなたを潜在意識レベルで絶えずサスペンスで滞在することを強制します.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

古典的なインテリアでも、暗い色の場所があります。. しかし、明るい色の色域はここでもよく見えます。. スタイルで、古典主義は完全に軽いベージュまたは白い壁に見えます.

レトロなスタイルに固有の明るい色の組み合わせ. 明るいカラースポット(ピンク、紫色)からなる幾何学的または野菜プリントは、この有名な時代の恋人を楽しむでしょう. あなたは同じ明るい装飾的な詳細やカラフルなカーテンでそのようなインテリアを追加することができます。. 色が多いほど、.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

同じものは、ミニマリズムやロフトとしてそのような様式的な方向について言うことはできません。. それどころか、これから余分なものは何もないはずです. そのようなスタイルで装飾されたリビングルームの背景は、光を選択するのが良いです. たとえば、白、ベージュ、または乳製品の漆喰壁、薄茶色の煉瓦作品や灰色のさまざまな色合いの壁紙. 現代のインテリアでは、明るい塗料はアクセントの配置に使用するのが良いです.

正しい解決策は、ポップアートや印象派、色の枕、カーテンパターンやその他の絵画で装飾された色絵の使用です。.

あなたが好きなスタイルを選択して、デザイナーアドバイスを使って、あなたがライブと受け取るのが快適になる理想的なインテリアを作成するためにあなたが理想的なインテリアを作成します.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

壮観な例

すべての色とその色合いの特殊性を理解するだけでなく、それらを組み合わせるための最善を尽くして互いに最善を尽くし、美しく装飾された施設の例を見ることができる.

ピンクのトーンの近代的なリビングルームは、若い女の子だけでなく、若い創造的な人々もあるオプションです。. この部屋の背景は軽い – 白の組み合わせ、ベージュと飽和したピンクは明るいアクセントとして使用されています. これは飽和シェードドア、椅子、抽象的な絵、ピンク、グリーン、ベージュとベージュを組み合わせたものです。. 内部は生きていて持ち上がる気分で得られます.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

平和の雰囲気を作成することは、異なる色合いの青い色合いを使用することができます. 例として選ばれた部屋では、青、明るい青と灰色の組み合わせ. ライトブルートーンは雰囲気を設定します. 壁には空にはないようではないように見えないので、モノクロの色合いでいくつかの絵画でいっぱいです. ほとんどすべての空き容量が灰色のソファを占めています. 次のグレーテーブル.

そして部屋が灰色がかからないように見えないように, 明るい細部で希釈する価値があります。. この部屋では、デザイナーは色付きの枕と青の装飾的な容器を使用しています. 照明は重要な役割を果たしています. それはマッフルされた柔らかい光を与えるいくつかの電球で吊り下げられたランプを使用します。.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

最後の例は灰色の色のモダンなリビングルームです。. 最も明るい色合いは基礎として使用されています. 一色の装飾され壁、そして天井. 文字通り暗いソファ、椅子とカーペットの数色の色合い. 湿ったアスファルトと枕の部屋のモノラルカーテンの色を飾る. テーブルと照明装置は暗い色で作られています。. そしてインテリアを少量の明るい詳細:枕、フォトフレームとランプ.

リビングルームの角にある場所があった作業場は、同じ配色で行われ、調和を破らせませんでした. その結果、デザインは快適に見えますが、同時に絶対に何もない.

リビングルームのインテリアの色の組み合わせ規則

すべての色と暖かいパレットは同様に良くてリビングルームのデザインに適しています。. 禁止と枠はありません – あなたが好きなそれらの色合いを選択してください、しかし、調和のあるインテリアを作成するために適切なトーンと組み合わせる必要があることを忘れないでください。.

内部の色の組み合わせの規則についてはすべて下記参照.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する