あなたがボイラーハウスの解体について知る必要があるのはすべて

ボイラールームを分解するためには、清算の準備をすることが必要です。ボイラー設置のプロセスが塗られています. プロセス全体からの段階から、解体に合意されている人? そして、ボイラールームの舗装において必要なもののために?

解体の特徴

強度の増加の多くの異なる構造要素があるので、ボイラールームの舗装は最も困難なプロセスと考えられています. ほとんど全体のプロセスは次のステップで構成されています。

  • 必要なサービスにおける清算の調整
  • 測定の取り組み
  • 政府監督当局とのプロセスの調整で燃料供給をオフにする。
  • 水の流れを消す。
  • ボイラー装置の解析
  • 脱退施設。
  • パッカーパネル
  • ゴミクリーニングでクリアエリア.

解体プロセスがそのようなアイテムがあるドキュメントで作成される前に

  • 不動作性の認識
  • 取り壊される建物のための保護イベント。
  • 解体法
  • 圧延域の計算
  • 工学ネットワークへの損傷の程度を決定する.

ボイラー室の分析における主な複雑さは、煙突の減少です – さまざまな材料の高さと使用により生じる.

    同じようにボイラーボイラーの解体は専門家の指導の下で起こり、厳密に規制されています.

    メソッド

    ボイラーパイプを舗装する方法はいくつかあります. なぜパイプのなぜ? 彼らは全体として最も難しい部屋です、部屋は通常1階以下であるので、私たちが上記のようにパイプは、さまざまな材料から作成されたかなり高い設計です。. それぞれの方法をより詳細に検討しましょう.

    産業登山による

    煙パイプが手動で扱われている解析方法、そしてプロセスは上から下へ. このプロセスは非常に面倒で、時間がかかりますが、最も安全な方法です. さらに、許可の登録を伴う追加の官僚主義はありません. また、手動分析はボイラールームの近くに施設に害を与えません.

    専門の備品の助けを借りて

    そうでなければ、この方法は「Valka Pipe」と呼ばれます。. それは金属製のパイプをいくつかのセグメントに取り外すときに使用されますが、レンガまたは鉄筋コンクリート構造を分析するときにも使用できます。. 煙突が基礎を吸うときはめったに、それによってその秋を誘発する.

    爆発爆発

    おそらく、公共サービスにおけるさまざまな許可を得るという点で複雑な方法の1つ. さらに、この方法を使用するためには、例えば、煙突の半径および下線の行使における断片の半径がいくつかあり、その高さよりも最低1時間半の距離であるべきである。煙突.

    この場合の煙突の崩壊は完全に行われ、追加の分解の必要はありません.

    ロボットマニピュレータ

    このようなロボット – マニピュレータがリモートで働く特別な滑り林の参加により解体が発生します。. パイプ分析は上から起こり、基地に落ちる. この方法は、管理にサービス担当者が必要なので非常に高価です。.

    テクノロジー

    煙道パイプの製造は、ほとんどの場合、金属、レンガ、鉄筋コンクリートなどの材料から来ています. 材料に応じて、各デザインはさまざまな方法で説明されています。.

    金属管の解体

    金属煙突の解体のためには、持ち上げクレーンを助ける必要があるでしょう。. 特別なブラケットは上に溶接され、それらに取り付けられたフックリフト. パイプが完全に取り除かれている場合、ベースは遮断され、煙突を保持する金属からの伸縮性があり、次に持ち上げを保持し、それが特別なプラットフォームに、またはボイラールームの隣に下げられます。. パイプが十分に高い場合は、クレーンに加えて、自動が必要になります. 全体のプロセスはいくつかの段階で保持されます。.

    パイプをマークアップと等しい部分で分割し、リフティングクレーンのフックがまったくしているので、目が溶接され、マークアップの煙突がカットされ、切断部分を動かす.

    その後、その結果、得られた上端に、目を溶接し、そのフックをかしめ、標識を切った、下げ、サイトに置いてください。. したがって、パイプ全体を解体する.

    ディマンションレンガのパイプ

    このタイプのパイプ、ロール、爆発物を解析する. 下地化の方法は非常に危険であると考えられているので、避難による人々の安全を確保する必要があります. 爆発物の計算を正しく実行し、充電を予約する場所を決定する必要があります。. この方法は非常に速いですが、同時に複雑で高価です. さらに、かなり多くのフラグメントがレンガからこぼれた. レンガの煙突のロールは時間がかかりますが、はるかに安く、それほど複雑ではありません. ロールはいくつかの方法で過ごします.

    パイプまたは部門全体の片を入れる

    この方法では、この方法は一定の距離の特別な森林に設定され、その後工具がレンガを中空にし、それによって表面の強度を低下させる。. これらすべての操作の後、レベルは部品に分割されます.

    特別なバックアップの助けを借りて

    同時に、レンガは固体材料支持体でノックアウトされています。. さらに、支援を犠牲にして休む部分は、重技術者によって破壊されます.

    危険な管の除去を伴うロール

    トップから始まるパイプ分解部品. 残骸の残骸は内側または外側から排出されます.

    遊具機器がどこに依存するかから、リセットが内側になると、サイトは外部に設置され、その逆も同様です。.

    レンガの煙突の免責事項を塩基に近づくために、重い技術を使用する.

    鉄筋コンクリートガス管の解体

    PARSには、ダイヤモンド機器セクタの下水化または切断の方法を使用する. 下水はレンガチューブと同じ方法で行われます. 切断セクターは2つの方法で行われます.

    円周を中心に十字架を切ります

    リフトを使用する方法:煙突はセクションに分割され、部位の上部には2つの溝が完全に反対側に切り取られ、それらを通してケーブルが通過し、どのトレーラーがリフトに通過し、次にセクターを遮断して置くこのサイトでは、次のセクターが同じように切断されます。.

    縦切断

    煙突が小片の上から切り取られ、長方形または三角形のどちらかを切断します. スライスされたピースをリセットする.

    機器の分析により、すべてがはるかに簡単です. それはすべての資源から切断されています、専門家はボイラーを分解し、すべてが部​​屋から取り出される.

    勧告

    ボイラールームの分析における特別な注意は、重要な瞬間に逆にする必要があります.

    • ボイラーハウスの近くにどのくらいのタイトな建物がありますか. 当然、高密度の密度では、音声がない場合、ローラー法の分析のみがあります。. ボイラールームがあまり人口があまりない地域にある場合でも、下地は近くにある建物を損傷する可能性があります。.
    • 風の上昇、煙突管の曲率を常に考える. 時間の経過とともに、ほとんどすべてのパイプが亀裂、堕落の発生率の偏差に影響を与える断片に落ちた穴. 煙突の設計を慎重に研究し、それはガス供給であるかもしれません、そしてそれはまた落下偏差を引き起こすでしょう.
    • プロのマスターズは常に局所欠陥のために煙突パイプを調べます, 衝撃器による行動からの煙突の早期落下につながる.
    • すべての作品が行われています 安全に従って.

    もちろん、アパートの建物の分析は家のボイラー室の解体とは異なりますが、あまりありません. 分解段階は同じになりますが、プライベートハウスでは、ガス暖房ボイラーの場合に限り、許可を収集する必要はありません。.

    ボイラールームの古いボイラーの解体が次に起こるのかについて.

    記事を評価する
    ( 評価はまだありません )
    コメントを追加する

    ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: