炉の下の基礎を製造するプロセス

本物のレンガまたは「ロシア」オーブンは、多くの民家や建物の内部装飾の主な要素の一つでした。. 何人かの人々のために、彼女は他の人のためにオリジナルのデザイナーソリューションの役割を果たします – 暖房機能のみを実行します. その設置における重要な点の1つは、基礎を製造するプロセスです。.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

特有の

良い信頼性の高いストーブの取り付けはいくつかの特徴によって特徴付けられます。. たとえば、プライベート地域の多くの開発者または宿泊客がオーブンの下の基礎や拠点を準備する必要性についてよく尋ねられます。. これは費用と追加の建設作業の両方を意味します – それがすでに建てられた建物になるならば.

次の要因は、このような設計の設置が適切かどうかを理解することを可能にします。.

  • 土壌/地下品種の特徴. あなたの地域での繁殖の土壌シフト、地すべり、または穴の形成を見ているなら – 財団の設定. ただし、モノリシック/全鉄筋コンクリート基準で家に炉を設置する場合、このオプションは除外されます。.
  • 建物/建物の建物の特徴. 無料の設置、建材(石、木材、鉄筋コンクリート)の空き状況などの重要な要素があります. 財団のないレンガのストーブを持つ木造住宅で、火災の危険性が高い. 多孔質粘土などのレンガの種類の多くは、長い暖房.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

  • 推定ストーブ重量. 200~250 kgを超えない場合、基礎はオプションです. それはあなたの建物/建物に基づいてストーブ荷重を考える価値がある. 等しく分布した重量 – ストーブと根拠の両方の長い貯蔵寿命を確保するようなものです. 両方の成分に等しい圧力は摩擦と急速な摩耗の危険性を減らすでしょう. ほとんどのストーブは「ロシア語」タイプです – 最大数トンの重量を持つ全体的な構造は非常に重要です.

しかし、この質問についての彼らの意見の多くは、経験豊富な開発者が基礎基礎を設定する必要性を理解しています. これは信頼性と安定性の追加要因として機能します.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

財団を設置するときの特別な注意はあなたの領土の土の種類を支払う価値があります。

  • スープ;
  • クレーイ
  • ローム.

家庭内のストーブの設置が最も頻繁にあるので、当てはめての場合は1回限りの使用ではありません(厳しい厳しい金属炉を除くものを除く)、高さの両方の基礎の保全の世話をする価値があります。そして低温で – 夏と冬の時間.

低温での粘土含有量を伴う土壌の種類. 建設では、これはバンチネス、すなわち品種の湿気の凍結と呼ばれています. この場合、土壌の膨張はしばしば不均一であり、亀裂や財団の損傷につながる可能性があります.

炉の下の基礎を製造するプロセス

基礎の信頼性が向上するための数多くの対策があります. それらは、確立されたセキュリティ基準を持つ責任あるホストまたは開発者向けに設計されています(公共スペースの建設:不動産、博物館、さらには図書館).

  • 基金供給追加の石油. ストーブは基礎の基部の下に置かれ、大きな面積を占め、圧力と荷重を減らす機能です。. 高品質のプレートの補強が推奨されます、それは割れの危険性を減らすでしょう.
  • スラブを設置するときは、凍結中に下岩の減価償却(圧力と荷重)の機能を実行する特別なサンプリングピローを使用することが望ましいです。.
  • 構造の完全な構造を確実にするために、排水管や建物の加熱/断熱材を設置することが可能です。. それは過剰な束さの可能性を減らすでしょう.

炉の下の基礎を製造するプロセス

これより多くは、建設中の新しい建物や建物を指しますが、普通のオーブンの設置がとても複雑で厳しいとは思わない.

炉の品質基礎が主に家全体の安全性であることを忘れないでください。. それがそのインスタレーションに費やされるより高品質の取り組みは、修理と解体のための追加の時間と資源のためのものではありません。.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

ビュー

重量、自由空間の存在、地下水位、および土壌自体の存在 – 基礎の種類を選択するための要因の決定. あなたはいくつかの種類の基礎を見つけることができます:タイル張り(またはスラブ)、山、屋外/前代未聞. リボン財団のようなそのようなタイプについての依然として話す人もいます.

  • タイル 基礎は、サンプル枕と瓦礫(厚さ最大10 cm)の設置を必要とし、コンクリート層を5 cm以下で充填し、強化構造. それらは均一な負荷分散のために設置されています. Tiled Foundation Feature – 鉄筋コンクリート/コンクリートスラブのモノリシックと完全性. それは瀝青にRunnerDoorを配置することが可能です、それは防水を保つためのデザインを助けるでしょう.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

  • 特徴杭 シンプルさと信頼性の基礎. その設置は追加の土工業を必要としない – 杭打ち走行または振動運転によって地面に投入することができる. 同時に、杭は木のいくつかの種と鉄筋コンクリートからの両方から作ることができます. 金属中空杭の可能な設置 – デザインはあなたが地面にあなた自身を深く駆動し、コンクリートを埋めることを可能にします – 安定性を高めるために.

このタイプは、最も一般的な建物やミッドタイプの建物の1つです。.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

あなたは建物/建物の床に比べて基礎の形を区別することができます. フリルの種類と不運はあります.

  • 体重2以上のトンのレンガストーブのための外整形. この基礎の基礎は、多孔質型または異常の地面の粘土です。. 後者は、しばしば – ルギーとサンプリングの岩の混合物の岩石形成です. 同時に、これらの岩の基礎の基礎の深さが秋や冬の凍結の凍結のレベルより下にあるべきであることを忘れないでください。.
  • 非照明型の使用は、1.5トン以下の炉のための正当化されています。. 同時に、地下水位が低く、本土や堆積土壌のある地域の強度と信頼性の高い特徴を示しています。.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

各種は建設施設のさまざまな条件で使用されています。. ここで私たちは気象条件についてとインストールに費やされた資金についての両方を言うことができます.

ビルド方法?

あなた自身の手を使った各タイプの製造は非常に可能で、望ましい文学と忍耐力のストッキング.

タイル型の設置の最初のステップ – 将来の設置のための土壌中の凹部の準備. この場合の寸法と深さは誰でも固定されていません(推奨される寸法がありますが、最大500 mmの寸法があります)、開発者は独自に最適な特性を選択する必要があります。.

ピットの表面に従うべきです、それは滑らかになるべきです.

次の段階は、シャプブルピット(最大10~15cm)とランブリングの欲求不満です。. 設計ルベロイドを防水した後の完成した溶液を注ぐ. この場合の塗りつぶしの組成は1/3/5(セメント、砂、砕石)です。. 多くの場合、この種は小さな建物の地面に設置されています。.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

ねじ山の山財団または基礎 – 信頼性が低く設置が容易. 彼のために、あなたは卒業プレートの隅にピットを掘ってくれる必要があります(直径は少なくとも20 cm以上維持されるべきです). ピットは湿った砂と砂利(10から15 cm)で予め満たされています – あなたは単純さのためにする必要があります.

コンクリートのさらなる塗りつぶしのための型枠の準備は、ゴムドリシートと武器の設置を必要としています. 雑巾、充填杭と欠落の後、後者は互いに取り付けられ、鉄筋コンクリートまたはコンクリートスラブのための根拠として役立ちます. 既に述べたように、土工地なしの杭基礎の一種があります.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

メッキビューはデバイスとインストールでより複雑です。. ここでは逐次インストール計画があります。.

  • ピットピットがストーブ自体のサイズより10~15センチメートルであることを確認してください. この数字はピットの両側から尊重されなければなりません. この場合の深さの特性は固定されておらず、それぞれが異なる規則であるべきですが、ほとんどの場合、1メートルを超えない.
  • さらなる段階はコンパクトで捨てられたピットのランブル底を. これを行うには、砕石を使用することができます(事前に湿らせていないか、あなたを解決する). Kittleの底を密封した後、瓦礫の厚さは15 cm以下に下降するべきではありません.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

  • より密集したランブリングのために、現像剤は30cmまでの厚さの吸引層を使用することができ、後者はより大きなシールのために少量の水で湿潤される. 砂の層が乾くと、その上に瓦礫の別の層を追加する必要があります. 今回はすでに最大20 cmです.
  • 次の段階 – 木造枠を作る. 内面はビチューメンによってプリプロブ化され得るので、あなたはあなたのデザインを防水することになるでしょう.
  • ベランされた種のさらなる設置は杭基礎の設置と似ていますが、この場合の土壁からの形成された空間は砂で眠りに落ちます.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

無定型タイプは3つの別々の種によって表されます:柱状、モノリシックストーブ、グリル. これらの種のそれぞれにはそれぞれの機能があります.

  • 柱状 それはより安いオプションであり、垂直型のいくつかのサポートの形で表され、前もって準備された土壌中に30%以下の土壌に浸された形で表されます。. 支持体間の推定距離は2メートルであるべきです.
  • モノリシックプレート サンプリングなしで土壌に基礎を設定するのに適しています. しかし、このタイプは、外部要因の影響を受けやすいように、より軽い建物に適用されます – 機械的な損傷など. 完成したモノリシックスラブの下で、冬季の凍結を避けるために、水力および断熱要素を供給することができます。.
  • グリッドタイプ おそらく最も簡単なタイプの紛られた基礎の1つです. 強化を伴う多数のプレートの取り付けであること. 注ぐときはリソースを保存します. さらに、格子タイプは破壊に対してより耐性があります. 基礎の別々の部分に故障または亀裂の形成があるとき、その別の部分への損傷の危険性を減らした.

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

炉の下の基礎を製造するプロセス

チップ

        気にすることが可能であるので – ストーブのための望ましい基礎の製造は複雑であるが、暖房システムの良好な仕事のための必要なプロセス. あなたはいくつかの単純なものを選択することができます、瞬間をまとめて、あなたがあなたの家の中の炉を整理的に整理するための正しい使い方で、.

        • あなたの地域のパラメータを決定します. これは、外部環境の状況、可能な機械的損傷、ストーブからの負荷と圧力を計算することです。. 深い分析計算を過ごす – その財政的能力から地下水位の測定まで. データをより正確にするほど、適切なタイプの基盤を選択することになるでしょう、そしてトラブルが少なくなるでしょう。.
        • 誰もが独自の財政的能力を持っていますが、高品質の塗りつぶしのための機械、ソリューション、およびメカニズムを節約しないようにしてください。. 覚えておいて、価格は品質に等しい、そしてそれがどのようにしているのか、あなたのインスタレーションが長く続く可能性が高く、あなたに満足と喜びだけを運ぶことができます。.
        • その他のリソース、電子的および財団の設置に関する高品質の情報で書かれている. 意識している人が、予期しない状況の場合に備えている人を理解する必要があります. そして経験は理論だけでなく、慣行.

        炉の下の基礎を製造するプロセス

        炉の下の基礎を製造するプロセス

        炉の下の基礎を製造するプロセス

        Bookmarkからの炉の建設プロセス下.

        料金の記事
        ( 評価はまだありません )
        友人に共有する
        Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
        コメントを追加する