杭打ち:建設技術

多くの場合、住宅やその他の建物の下の杭の敷地が最良の解決策です。. しかし、そのようなデザインは長い間奉仕され、失敗を与えなかったので、慎重にドリルアウトする必要があります. この作品には、この記事で詳しく説明されている微妙な微妙さとニュアンスがあります。.

杭打ち:建設技術

特有の

パイル穴あけは次のようにします。

  • より短時間で何かを構築する。
  • 仕事のコストを削減します。
  • この安定性と要塞ビルディングを保証します.

山の下の井戸の井戸は本当に必要でした, 地震の危険性が高くなった場所や低密度の土壌でのプロット上に家を建てる必要がある場合. 同様の掘削はいつでも行うことができます、気候型役割は遊ばない. そのような利点は、建設掘削が準備するための主要な方法の1つになることを可能にしました.

以前に設定された建物の特性に影響を与えずにベースを強化する必要がある場合には、BurroViksが採用されています。. まだ掘削は斜面を固定状態に維持することができます.

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

ツール

ソフトドリル技術は非常に多様なことがあります。. ほとんどの場合、この目的のために、車輪付き、オーガ、または追跡プロペラによる輸送が使用されています。.

杭の下に井戸を作るには、次のようにします。

  • 井戸のための普遍的な掘削井戸。
  • Ruffyリボンユニット。
  • ドリルクレーン複合体.

一般的な個々のモデル間および個々のモデル間の違いは、まず、生産性のレベル、制御体の詳細、および作成された井戸の大きさのレベルである。. 仕事のコストや非専門家のためのアクセシビリティによると、手動Boraのアナログを見つけることは困難です.

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

低い性能は、それが高価な技術と訓練を受けた専門家を必要としないという事実によって正当化されます。. しかし、スピードが重要か土壌が非常に複雑である状況では、ヤモブールを使う価値があります. 締め付け具体化された装置と追跡されたプラットフォーム上で締め付けられています. 条件が簡単でない場合は、さえ専門化された技術を引き付ける必要があります.

作品の実行を簡素化するだけです. 人気バージョンの「TISE」の設計が強化されたデザインはあなたが最低点で拡大する足を作ることを可能にします. その結果、ベースは排水帯よりも低く、同じキャリア特性で、解の消費量は代替技術に対して3~4回減少する。. さらに、基礎の特性については同一のために、通常よりも山が少ないことがあり、直径は減少するでしょう.

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

プロセスの段階

あなた自身の手で穴を開けたり、目的の深さのスペシャリストの助けを借りて穴を開けたりするには、技術を厳密に観察する必要があります。.

作業の典型的なアルゴリズム:

  • 掘削装置の設置とその固定
  • デザイン深さと直径の侵入。
  • 粘土溶液を用いた保全作業やケーシングの導入。
  • コンクリート溶液を用いた結果として生じるキャビティの飽和.

杭打ち:建設技術

専門家は、シュルフによって準備された両方とも、そしてそれの中のコンクリートが短い貯蔵寿命を持っている特別な注意を払う。. 一般に認められている標準によると、最後のドロップのコンクリートの侵入にボランを上げることから最大8時間かかる必要があります.

その要件はこのように見える準備作業に提示されています。

  • 洗浄肥沃な土壌(全域で最大150 mm).
  • 選択されたマークの計画パイルフィールド.
  • 部外者からの柵が取り付けられています.
  • 遊び場はフォーマットされており、その後表面の均一さが再びチェックされます。.

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

  • 仕事のための枕と車の通過が眠りにつく.
  • 鉄筋コンクリートスラブを用いた掘削装置のルート線.
  • 排水路は組織されています.
  • 照明装置が接続されています(時計の周りに穴を開ける必要がある場合、または照明日の減少).
  • 掘削システムおよび必要な材料および製品の配置が行われる。.

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

メソッド

回転掘削井戸は、リーダー部分が最初にケーシング部の長さに沿って通過していることです。. そのような方法は、水との土壌の飽和飽和を伴って、さまざまな地質学的条件でそれ自体が非常によく示されました.

典型的なオーガ軸(強度が増加し、ねじブレードが増えた長円形ロッド)の使用は、砕いた土をできるだけ早く急がせることができます。. 穴のペースは毎分120 cmに達することができます. 掘削複合体は定期的に作業部を引き出し、立ち往生の土からそれを解放します.

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

技術原則の高品質のコンプライアンスは、ボラックスの1つの持ち上げから別の持ち上げ、長さ10 mまでの穴を形成することができます。. 他の実施形態は、単一の鋼片によって形成された在庫管を使用して穴の壁のカバーを意味する。. 各フラグメントは長さ6 mに達することができます. 下記は固体合金の切断細工です. 退屈が停止したとき、同時に汲み上げられると、土壌からの水の浸透が遮断され、壁が崩壊することはできません.

財団のプロジェクトと特定のエリアのスニップによって定義されたゼロレベルに達すると、オーガの退屈な育成. 土壌から調製されたキャビティへの水が漏れる. しかし、補強フレームを浸します. 最後のステップは、空のスペースの具体的な陶器を飽和させることです。.

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

別のタイプの掘削 – ロッドオーガの使用, これはロッド自体のキャビティを通って溶液を与える. このアプローチは400の形成を保証します. NS。. スタンダード8時間のチャンネル. この場合、チャネルは大きな直径(50cm)になり、それぞれに深さ30 mに達することができます. 指定されたマークに行く前のオーガの長さの体系的な増加のためにこれを判断する. キャビティのキャビティの彩度は、マストの持ち上げとともに時間的に組み合わされ、それは印刷された杭の下のアレイを作るのに役立ちます. コンクリートが圧力の下で注入されていることを忘れないでください。.

補強フレームの導入が提供されている場合、それは単に小さなウェルに押し込まれ、そしてそれは大型ウェルに機械的に投与され、そして大きく振動液浸機械を導入される. 典型的なオーガーは乾燥またはほぼ乾燥土壌でうまく機能します. 内部密閉器の調製と強化が必要とされている.

杭打ち:建設技術

在庫配管によるアプローチの利点があります. それは、直径1500 mmの非常に湿った土壌および浸水チャネルで形成することができます. 湿式掘削は、粘土や中密度の砂を通って井戸の体を強化するのに役立ちます.

それは最小の騒々しいと考えられている湿った技術です、それはまた土壌層を一般的に破壊しません. いくつかの場所では、チャネルの拡張が350 cmに延長されている可能性があり、これはベースの最高の安定性を保証する.

リーダーの掘削は、密な地面のサポートの垂直方向の設置としてそのようなタスクを解決するように設計されています. 土壌密度が最も大きい冬の月に使用されています. 振動の体積とレベルが比較的小さいことも重要です。.

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

「リーダー」の欠如は掘削のための必須の準備で構成されています. 井戸が鉄筋コンクリート設計より30~50 mm小さくなり、深さの減少 – 約1 mになる価値がある。.

以下の場合、はしごの掘削をお勧めします。

  • 高密度砂の層を検出しました.
  • 上の土壌プラストの固体.
  • プロットは永遠のMerzlotにあります.
  • 建設現場は石の基盤で豊富に満たされています.
  • 杭は大きな深さを作る必要があります.
  • 地域は非常に低い密度の分散土で満たされています。.

杭タブの下の試験掘削を使用すると、すべての微妙時とニュアンスを重量にすることができます。. 場合によっては、エラーは非常に高価になる可能性があり、全体としてのすべての建設作業が完了した後に検出されます。. 宇宙の土壌変化の特性、そして10~15mが完全に固体であるならば、これは特定の場所で予期せぬ現象がないという意味ではありません. 彼らはまた空の空虚、帯水層、ゆるい粒子、そしてケアは非常に大きい深さに本当に強い層です. 凍結の範囲での変動ほどこのような問題が多い.

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

チップ

杭の展開の深さが7メートルを超える場合は、簡単なことができないハンドブルー. ガソリンや特別な機器での作業を簡素化すると、仕事の合計期間を最小限に抑えるように努める必要があります。. わずかな雨や雪の溶けの始まりでさえも、素晴らしい強度の価格で準備されただけで楽しむことができます.

土を取り除き、プロットが機能しないであろう、あなたは穴を開けることしかできない. 最速のオプション(必ずしも許容可能ではないが)は、Boraとサポートの機能を同時に実行するねじ山です。.

スクレードの角と角の形状を慎重に選択することをお勧めします。これにより、最も生産的な具体的な品種を誇りにすることができます。.

この目的のために特殊な装置が存在するが、ねじ杭を手動で埋め込むことができる。. プロットをレベルレベルにする必要はなく、1/5の作業の合計期間が具体的なバックアップのインストールと比較して減少します. 固体ねじでの掘削は、チャネルの直径に深さ50 mまでの通過を提供します10から80 cm.

杭打ち:建設技術

杭打ち:建設技術

    延長なかかとでビルビル杭を入れる必要があるとき、伸びのあるナイフを持つねじ嵐は需要があります。. 位置の並列端子から、ヒンジブロックの開始時に前方に配置され、その時点でシリンダが土壌に切断される。.

    ケーシングの切断は建設現場の状況に適応しています. 砂利、粘土、砂を通して彼らは普通のヒントに行きます、あなたは歯を必要としません. 強い粘土は固体合金の切断断片に適用される必要があります. 石の層が岩と固体砂で交互に交互に交互に交互に掘削することができる穴あけのみを勧めます。.

    湿ったダンプ砂を通して井戸の底がきれいにされるように、ドリルバルブとバケツタイプのバケットが使用されている. 特定のオブジェクトの詳細については、専門家のみが与えることができます.

    杭打ち:建設技術

    杭打ち:建設技術

    Bauer BG24H掘削装置を使用したボロノビル杭の掘削とコンクリート工程が以下のビデオに表示されます.

    料金の記事
    ( 評価はまだありません )
    友人に共有する
    Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
    コメントを追加する