重複するビームの強化:特徴と方法

家の建設の技術的過程は、重なりのキャリアビームの固定化を意味します. 彼らは強さによってさまざまな材料で作ることができますが、多くの理由でゲインが必要です. なぜ梁が不滅になるのか、そしてそれらを復元する方法、この記事で教えてください.

重複するビームの強化:特徴と方法

重複するビームの強化:特徴と方法

特有の

今日までに、工事中に以下のものが使用されます。 重なりの主な種類:

  • 木製;

重複するビームの強化:特徴と方法

  • 鉄筋コンクリート板

重複するビームの強化:特徴と方法

  • 金属構造

重複するビームの強化:特徴と方法

  • リブベッド。

重複するビームの強化:特徴と方法

  • クリーニングオーバーラップ.

重複するビームの強化:特徴と方法

それらはすべて、作業が行われる増幅や材料の方法に従って自分たちの間で異なります。.

非常に困難を検出するための重複する場所の損傷のある場所. 原則として、異なる材料から作られた根拠は装飾的な石膏の下にあり、または吊り下げ天井で閉じられている、塗られた.

そのため、建設構造に関する明示的な問題が始まる場合、重なりの強化は完全にタイムリーではなく実行されなければならない理由です。.

重複するビームの強化:特徴と方法

プレートの亀裂、腐敗または偏向を避けるために重なりを強化する必要がある理由はいくつかあります。.

  1. まず第一に、原因は家の建設中に重なりを取り付ける過程の違反になる可能性があります。.
  2. もう一つの理由は、低品質の材料の使用がしばしば使用されています。.
  3. 金属元素の場合、それらの加速腐食が可能である。.
  4. ほとんどの場合、重なり合うビームは木で作られている場合に実行されます。. 彼らのスパンクは主に湿気や温度の急激な変化を伴う、自然な影響の結果として起こります.
  5. 鉄筋コンクリート床の強化は、搬送構造の負荷が増加し、亀裂の外観、設置中の欠陥、またはさらなる操作により行われます。.
  6. それは家の床を合わせるために起こります. その結果、負荷の増加が発生し、基部のすべての構成要素への影響力の再配布. これは、家の支持構造を強化するための措置を必要とする理由の1つです。.

重複するビームの強化:特徴と方法

重複するビームの強化:特徴と方法

重複の修理は、重要な問題の下で、ある要素の代替品または短い欠陥または利益を得ることを意味します。.

オーバーラップを強化するプロセスは、すべての作業が(建物内)の閉鎖空間で実行されなければならず、特定の操作を機械加工することはできませんので、かなり難しいイベントです。.

重複するビームの強化:特徴と方法

時間は準備作業によって占められています.

プロセス全体を実行するには、建設中、強化され、支持を組み立てる. 彼らは垂直に位置しています. 支持要素は切断されたかスチールパイプで作られ、スペーサまたは並ぶか. その後、強化しようとしている表面をきれいにする. クリーンペイント、ブロッティ、デタッチ式コンクリート、ブルーシエフの腐った部分. つまり、重複する移動の利便性と安全性のための最適条件を作成する.

準備を進める前に、そしてその後の仕事の主な段階に、それは特定の補強計画を持つ必要があります(技術カード). 既存の荷重の大きさを知る必要があり、既存の梁の回復を実施するためのメカニズムおよび材料の数の計算を実行する必要がある。.

専門家のチームによる重複梁を強化するための経験豊富な建築者の協議または委託業務に頼ることが最善です。.

重複するビームの強化:特徴と方法

あなたが考慮する必要があるもの?

重複の各ビューについて、考慮に入れる必要がある多くの機能があります.

例えば、延伸または圧縮された金属ビームの強化を行うためには、初期重心の保存を監視する必要がある。. 追加の要素は、オリジナルの設計の強さに影響を与えないように配置する必要があります。.

重複するビームの強化:特徴と方法

溶接から生じる継ぎ目は変形する可能性があります. 主な強化された要素を持つ追加のコンポーネントの高品質な作業を確保するために、シームカテゴリの高さは3~6 mmのレベルにあるべきです。. 強化された金属設計の縁には、間欠ではないがしっかりした縫い目が必要である。. ボルト、波紋、鉄筋および対の対角は、溶接された縫い目を実行するのが便利になる場所にあるべきです。.

重複するビームの強化:特徴と方法

主な要素が構成されているものと同一の材料の重なりを増やすことを試みることが必要であり、またそれらの機械的性質の考えをもたらす. 個々の損傷がそれに影響を及ぼすにつれて、応力変形状態が金属構造であることを理解されたい。. オーバーラップし、生産サイクル自体を知っている必要があるものを事前に選択してください.

木のビームは、それらの破壊やたわみのために最も頻繁に向上する. 後者は、キャリアビームが腐った要素であり得るので形成される。.

重複するビームの強化:特徴と方法

重複するビームの強化:特徴と方法

ほとんどの場合、木製の拠点の完全な交換や既存の要素を強化する. キャリアの重なりに入ってくる質量(屋根裏部屋など)を増やす予定の場合は、必ず予備計算を確実にしてください。. その負荷は変わり、再配布されますので、断面を調整する必要があります.

完全に交換する必要がないが、木製の梁のたわみを検出したことがわかりました。 通常は10 mm以内のたわみであると考えられています. このパラメータを超えた場合は、重複している必要があります。.

これに最適な方法はどのように適していますが、経験豊富な専門家だけが判断できます.

重複するビームの強化:特徴と方法

重複するビームの強化:特徴と方法

これを強化するための鉄筋コンクリート板、これはエンジニアリング知識が必要です. プロセス自体に進む前に、ベースの設計機能を考慮する必要があります。. それらは複合設計と堅実なデザインに分けられます. プレハブパネルは通常、壁、縦梁またはコンクリート農場に置かれています.

重複するビームの強化:特徴と方法

全体の重なりは、補強フレームの上に前に設置されたフォルムワークにコンクリートの塗りつぶしを作ります。. 異なるプレートにおける積載能力を回復させるための方法は互いに異なる.

重複するビームの強化:特徴と方法

以前に被害の原因を決定する必要があります. スラブの積載能力が、取り付け中に得られた欠陥のために破裂またはこの指標が失われるという事実により減少したかどうかを知る必要があり、完全な重なり合いの変化が必要か、またはその一部の一部を十分に補強するかどうかを知る必要があります。.

強化の過程で、重複および大規模な金融廃棄物のさらなる破壊を伴う新しい間違いをすることは不可能である。.

メソッド

家の中の鉄筋コンクリート板を強化するために、建築者は実際に多くの方法を適用します.

重複するビームの強化:特徴と方法

  • 補強のロッドを強化します. 腐食の結果として、それらは不適切な部分になります. コンクリートの厚さはそれらの周囲に減少します. 錆びている表面自体に錆が現れる. ゲインを実行する前に、コンクリート層がゾアスロッドの周囲に取り外されます. それらは腐食の形成に適用され、その後コンクリート全体のプライマーが行われ、それによってコンクリート中に形成された空隙が除去される。.
  • プレートの厚さを増やします. 補強されたコンクリートの追加層を適用します.
  • 鋼鉄とコンクリートの補強を伴うプレートは下に補強されています. 家の壁との接触の分野で鉄筋コンクリート床を強化する.
  • トーレットを実行します (コンクリート溶液)圧縮空気圧下で. この組成物は、重なりのスラブ内の亀裂と損傷の位置を満たす.
  • 別々の損傷した領域のコンストラクションの下から下から, その結果、オーバーラップの全体的な負荷が再配布されます。.
  • ダメージが大きい場合, 古い鉄筋コンクリート板を完全に交換してください.

重複するビームの強化:特徴と方法

金属構造は元素の断面を増加させることによって高められており、追加の結合鎖が作る、接続の要素が増加している、それらはリブ、開口または支柱を置く。. 補助コンポーネントは、既に既存の設計または構造方式を変更することが多い。.

重複するビームの強化:特徴と方法

練習が示すように、仕事は同時にいくつかの方法で実行されます.

プライベートビルの中で最も一般的な重複は、木材から作られた梁です. あなたが家の中の2階を持っていて、床が場所をかけて沸騰させ始めた、それは強化されるべきです.

木材の重なりは最も手頃な構造ですが、鉄筋コンクリートと金属塩基と比較した彼らの耐用年数は時間によって制限されています。.

重複するビームの強化:特徴と方法

重複するビームの強化:特徴と方法

木材の品質については、気候要因に加えて、それはその処理の大きな影響を与えます. 昆虫やさまざまな害虫(例えば、コア)も木製の梁の運転時の減少に貢献します. 材料は変形、崩壊、ひび割れにさらされる.

木製の床を再建する方法はいくつかあります.

  • 木が損傷している場合、それは抗真菌組成で処理されます. その後、木材ライニングで元素を強化することができます。. それらはボルトでその全長に沿ってキャリアビームの上下に固定されています.

重複するビームの強化:特徴と方法

  • 強化も木製ではなくメタルプレートではありません. メタルとしての鉄鋼使用. プレート自体は防腐防止で前処理されています. 金属元素はビームの両面に固定されている. 深刻な木の変形がある場合は、Chaserlerを使用することをお勧めします. 防水を心配する必要があります. 木材構造と金属の構造の間にあるべきです.

重複するビームの強化:特徴と方法

  • 炭素繊維または炭素繊維材料によるマウントを製造する. これらはシートやプレート、リボン、布でもあります. 彼らと一緒に働きやすい. ビームはそれに要素を貼付することによって強化されています. 木製の基本の剛性が高まるまで層を持つ接着剤.

重複するビームの強化:特徴と方法

  • 重なりの終わりは、木材または金属製のプロテーゼで強化することができます. 主な焦点は木材の重なりの関節の場所にあります. 気温の気象と一定の変化の変化の結果として、それは正確にこれらの部位で損傷や変形が発生します。.

重複するビームの強化:特徴と方法

  • 木製の梁を降ろすには、BRUSEVからのサポートがそれらの下に取り付けられています. キャリア要素からの負荷のほとんどは、サポートラックが鳴ります.

重複するビームの強化:特徴と方法

  • 遅れの数の増加を非常によく行う. 追加の木の梁は、設計全体の負荷を増やすことを可能にし、それによってオーバーラップの搬送能力を高めることを可能にします. 設置されたラグの端は必然的に無駄に覆われている.

重複するビームの強化:特徴と方法

ご覧のとおり、重複の機能を復元するためのさまざまな方法があります。.

重複するビームの強化:特徴と方法

それが建てられた構造や材料の特性を考慮して、このまたはその仕事の方法の選択を実行する必要があります。.

便利な推奨事項

専門家が重複して従事し、アドバイスをします.

  1. 天井拠点には1平方メートルの荷重があります. 家の天井が屋根裏部屋で終わると、ビームの負荷は1 kVあたり100~105 kgを超えてはいけません. メータースクエア. 2階に住居があるとき、その重なりは1メートルの平方につき200キログラムまでの重みに耐えることができます. これらのインジケータは、遅れやビームを取り付けるときに考慮する必要があります. 全体のデザインはしっかりしていなければなりません。. あなたはまだ良好な断熱をする必要があり、縫い目や亀裂を閉じる必要があります.
  2. 重なりの構造のために木を選ぶ前に、乾燥品質に注意を払ってください。. 処理不能で乾燥木は急速乾燥または変形の対象となる. あなたは材料を節約することができません. 重なりのビームは同じ厚さと長さに選択されるべきです. それらはしっかりでなければならず、いくつかの断片で構成されていない.
  3. もちろん、すべての作業は独立して行うことができます, しかし、これのためにあなたは表面的ではなく、建築構造の強さにおいて非常に深い知識を持っている必要があります.

重なりのビームを正しく強化する方法については、次のビデオを参照してください。.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する