スラブの強化:規則と方法

操作中の建物や構造物の建造物や構造物の囲み構造をすべて落下する. 例外なし – 線形サポート要素(梁)とオーバーラップスラブ. 設計上の負荷の増加、ならびに補強の部分的な損傷は、プレハブパネルの表面上およびモノリシック構造のコンクリートアレイの深さにひび割れがあると思われる.

軸受能力を高め、耐用年数を増やすためには、プレートが得られます. 適切なストーブ強化方法の選択はそれらの構造的特徴によって決定される。.

脆弱性の検出

多くの場合、漆塗りの天井、プラスタック、塗料によって覆われていることが多い可能性があります。これは時間通りに気づいて修理や回復の世話をすることができません。.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    キャリアの実際の技術的状態を決定し、構造構造、クラッドおよび重なり合うパネルを決定する場合は、必要です。

    • 幾何学的パラメータ(幅、断面値、スパン)を決定します。
    • 作業強化を確立するためにパネルスパンの3番目の部分からの具体的な安全貯留部の取り外しを通して。
    • コンクリートの強度特性を調べるための工具分析法。
    • 欠陥、損傷、変化形を検出する(錆形成による作業強化の断面積の断面積の減少、彩度の飽和によるコンクリートの強度特性の低下、作業強化の不適切な場所、直径の損失)。.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    プレートの調査によると 利用可能および誤った負荷の行動の認識に対するそれらの最大負荷および亀裂抵抗の設計計算をすることが必要である.

    このような計算を行う場合、以下のタイプのスラブの補強に関する情報を支持する必要がある:補強棒の幅にある圧縮補強材の存在および位置、そしてその後、妊娠中の妊娠中.

    規則

    建設工事における統一安全規制の実施に加えて、重複スラブの強化作業を行うとき(TB) SNIP III-4-80の頭に従って, 機能と作業条件に関連する追加の規則を実行する必要があります。.

    機能している生産の領土および作業工事のために生産されたTEMPROSESS(TP)は、高リスク活動に関連しており、見かけ上で行われるべきです。. 労働者の建設会社は作業計画に精通しており、仕事の危険性が高いため、TBで特別な指導を受けるべきです。.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    メソッド

    構造や建物の建設中に、さまざまな種類の重複スラブが使用されています。モノリシック、リブ、混雑. パネルの種類、使用条件、および破壊の種類によっては、建設作業の調整に従事する専門家が決定を下し、どんな種類の利益をもたらします。. 決定は各特定のエピソードで承認されます。, 構造の強さの強度計算は行われ、合意され、技術プロジェクトが承認されています。.

    現在、損傷したオーバーラップパネルのような強化方法があります。. オーバーラップパネルの詳細の負荷に耐える能力を復元する方法を分析します.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    木製の重なりを強化する

    原則として、そのような構造はビームの完全性の損傷または破壊のために回復される. この場合、木製の床が強化されているか、ビームのより大きな部分を変更します. そのため、部屋が独自の目的を変更したり、設計上の設計を増加させると、ビームを強化したり、それらを最も大きく拡大または増加させたり、密度を高める必要があります。.

    仕事に必要になるでしょう:

    • ハンマー;
    • 給与ビームを紹介します。
    • 抗鎖物質.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    関連資料が必要になります。

    • ボードやバー。
    • 木を隔離するためのルベロイド.

    ビームの強化は、2つの側面から取られるバーまたは適切な厚さの板によって行われる。. ライニングに使用されるボード, 少なくとも38ミリメートルの厚さでなければなりません, しかし、バーと厚さの断面を計算します デザイナーを実行する必要があります.

    設計に付属の力の全体が大きくなると、すべての長さのオーバーレイを固定することによってビームの最大負荷を増やす必要があります。. あなたが甘やかされて育った梁を修理する必要があるならば、裏地は正しい場所でのみ適用されます. 基本的に、それらは終了時に強化されています. この場所の梁の欠陥の理由は、壁についての誤った絵によって引き起こされます. 凝縮水分の外観は、木が壁と接触する領域の強さを回転させて奪うという事実を支持する。.

    同様の問題を除外するためには、ビームの端部をアッキング物質で扱い、ゴムドイバーを覆う必要があります。.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    混雑した重なりを強化する

    中空板の設計を強化するために、さまざまな建築方法が実践されています。

    • 鋼鉄補強により補強されたコンクリートの補助層の表面上の創造。
    • コンクリートと鋼鉄補強により、山の底面からの中空パネルを強化する。
    • 具体的な溶液で欠陥領域とキャビティ充填の局所補強。
    • 肉の表面との接触領域における鉄筋コンクリート板コンクリートと補強の硬化.

    中間支持体の場合、これは隣接するプレートの寝室領域の予め調製された穴に単一の垂直構造を取り付けることによって行うことができ、さらに補助補強材を有するさらなるコンクリートチャネル. このオプションでは、プレートは連続ビームとして機能します.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    モノリシックフロアを強化するための2つの方法

    モノリシック鉄筋コンクリート構造の強化はいくつかの方法で行われます. まず第一に、ツールキットと適切な材料が仕事に必要になるでしょう。

    • 穴あき;
    • ジャックハンマー;
    • 連絡先
    • 電気溶接機。
    • i-cauldronビーム、チャウラー、コーナー。
    • スタッド
    • 型枠ボード
    • コンクリート(PVAペースト、砕石、砂、セメント).

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    モノリシック板の小さな開口部を切る前に, まず第一に、あなたは参照柱をインストールする必要があります. その後、開口部を切断して端を迂回する必要があり、補強材が15~20センチメートルで放出されるように. その後、溶接で開口部の輪郭に沿ってチャネルが記録され、チャネルが固定され、形態枠装置およびチャネルとコンクリートとの間のギャップは用意された具体的な溶液で予め満たされる。. 時間の経過とともに、コンクリートが完全に結論された後、一時的な柱と機械枠を取り除く必要があります.

    モノリシックパネルの大規模な開口部を切り取って、下位レベルの軸受壁の位置を閉じると(6~12メートル)、壁に固定された低懸濁液保持強化を使用することをお勧めします。. この開口部を切断する前に、強化コンクリートからの重なりの強化が必要である。.

    対象物またはシュウェルターズまたはシュウェルターズの底部の近くに底部に極端に取り付けられ、目的の開口部の領域に非常に近い、予め撮影された掘削に与えられます(壁が煉瓦の場合)。. その後、ニッチ、重なりのスラブと金属構造の増幅との間のギャップを後押しする.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    第2の実施形態では、鉄筋コンクリート壁上のブティックおよびハワルは、これらの目的のために正確に作られたロックのロックを通して固定されている。. パネルの開口部を切り出すと、下の軸受け壁に取り付けることはできず、また開口部の角の低い強化に加えて開口部が設置されている。下部に位置する重なりと開口部が切断されているものの間. これらの投稿は部分的にパネル荷重に耐える能力を引き継ぎます.

    工場製品は60センチメートルから2メートルの幅を持つため、慎重にモノリシックプレートを切断する必要があります。. そして、幅を越えてそのようなパネルの一部を切り取ったら、後半は確かに落ちるでしょう. モノリシック板の液滴を排除するためには、鉄筋コンクリートの重なりの一時的な強化を行うために開口部を切断する前に必要である。.

    スラブの強化:規則と方法

    開口部が小さく、鉄筋コンクリート構造の2つの端から作業することが可能であると、強化することはそれほど困難ではない。. パネルの切断部分は隣接するように固定されており、その中で開口部が切断されず、底部の床下を使用してスティレットを通ってスタッドを通して結合する。. その結果、それはそれがわかる 2未着用の隣接プレートはビームの責任を実行し、部分的にスライスされた重なりスラブが保持されています.

    P形スラブを強化する

    P字型の重なりパネルの負荷に耐える能力を向上させる能力を実行することができ、または新しい鉄筋コンクリートの新しい配列を増やすことによって、またはChapellerによるデザインの強化によって行うことができる。. この実施形態では、ストーブ上の曲げ応力は軸受壁およびチャプテリアからの梁に再分配される。. 利益の出現の不安がないため、この方法は修理作業と産業用ワークショップや倉庫の再建のために実践されています.

    モノリシックスラブを鉄の梁の上に強化するときにも同様の結果が出ます. この技術は、それが崩壊することを可能にしない、2層のビームまたは調理されたチャネルの特別な「包帯」を持つ損傷したプレートを結合します.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    リブ付きの重なりを強化します

    リブ付き型の構造を向上させる方法は、モノリシックパネルの増幅とほとんど類似している。. この実施形態では、水平面(口蓋)中のコンクリートスラブの断面を延ばすことが必要であると結論付けることができる。. 強化方法はモノリシックプレートとの方法と同様であるため、工具や材料は同じです.

    今日適用したリブ付き構造体を強化するもう1つの方法 補助肋骨の実行では、その位置は並列にある.

    この操作を実施するために、新たなビームの固定ゾーンで具体的なロック解除、次に視野内にあるブロックで、上面の一部が削除され、それはそれらの中央を明らかにすることを可能にする. このアクションの後、空き容量が表示され、クリアされます. それが補強された後、そしてコンクリートを注ぐ. 補助肋骨の創出、別々に取られたエッジの荷重、および全体の設計上の荷重の創出のために、この行動を実行する主な仕事であることは難しくありません。.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    炭素繊維(炭素繊維)の応用

    炭素繊維の床を強化することは、1998年に初めて使用されたロシア連邦にとって比較的新しいです。. この技術は成立しています 表面の表面には、電圧の一部を取り、コンポーネントの最大負荷が増加する高強度材料. 接着剤は、鉱物バインダー組成物またはエポキシ樹脂をベースとした構造用接着剤です。.

    炭素繊維による重なりパネルの強化は、物体の有用な体積を減らすことなく最大設計負荷を増大させることを可能にする. 使用されている部品の厚さは1から5ミリメートルの範囲であるため、構造の自己質量は増加しません。.

    炭素繊維は材料であり、最終製品ではありません. それから、グリッド、カーボンストリップ、プレートの形の材料が作成されます. それらは特に緊張しているゾーンに炭素繊維を接着することによって重なり合う。. ほとんどの場合、底の建設区域のスパンの真ん中です. これにより、曲げ要因の最大負荷を高めることができます。.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    リボンおよびプレートは時々ペアで使用されます。. しかし、グリッドを使用したい場合は、「ぬれた」作業を実行する必要があるため、テープとプレートの使用を除外します。.

    重なりは、最初の段階でパネルのマークアップを含む方法論によって強化されています。. 増幅のコンポーネントがある場所を概説する必要があります。. これらの分野は、対面材料、水セメント混合物と汚れから洗浄されています.

    基礎が定性的にどのくらい準備されるかから、作業板と増幅成分との互換性は依存します。. したがって、準備段階では、ベースの材料の平面、その信頼性と完全性、ならびに汚れやほこりがないことを確認する必要があります。. 表面は乾いているはずであり、温度は許容境界に留まることです. 炭素繊維を用意しています. それはセロハンで密封されて販売されています.

    コンクリートの粉砕後にかなり大きいほこりのある接触部品を防ぐ必要があります。. それ以外の場合は、構造用接着剤に浸すことはできません。.

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    スラブの強化:規則と方法

    炭素繊維が所望の長さに取り扱われている。. 切断のために、あなたは鉄によって石灰質のナイフ、角度研削盤またははさみを適用することができます.

    便利な推奨事項

    2つだけがありますが、非常に重要なアドバイスがあります. リハビリテーション手順と構造物の設置を実施する場合、技術の要求と実践的な高品質の原料の要件に従う必要があります。. 重なりのスラブの負荷に耐える能力の計算は、その強化の可能性をこの問題の有資格の実験的組織で委託する必要があります。. これらの推奨事項の実行は、建設を使用する過程で問題のある状況を排除することを可能にするでしょう。.

    天井スラブの特徴についての詳細な物語は、下のビデオを参照してください。.

    料金の記事
    ( 評価はまだありません )
    友人に共有する
    Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
    コメントを追加する