砂利とは異なる瓦礫より?

初心者ビルダーは、砕いた石と砂利が同じ建築材料です. ただし、これは当てはまりません. どちらの材料もコンクリート材料の製造、道路の敷設、修理、仕上げ作品、庭の設計に積極的に使用されています。. それらの間の多くの類似点の間で、しかし同時に、違いは非常に重要です.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

それは何ですか?

まず最初に、これらのバルク材料のそれぞれが何であるかを理解します。.

砂利

これは、大品種の破壊の自然な過程で形成された堆積型の岩石形成です。. 自然環境では、このプロセスは長年千年間伸縮され、連続的に行われます.

山岳地帯、海洋、川、氷河に分けられた砂利堆積物を考慮する. 建設事業では、山の品種は主に使用されます – これは「水」岩が平らで滑らかな表面を持っているという事実によって説明されているので、それらの接着は無視できます. 人々に、彼らは「小石」という名前を得ました.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

鉱物の大きさに応じて、大きくて小さくて中粒子を持つことができます、それらは丸みを帯びた形によって区別されます。. 砂利の一部として、多くの場合、追加の不純物 – 砂や土地があり、それはさらにコンクリートとの接着を減らす.

砂利の主な利点はその装飾的な形で構成されています。その装飾的な形で構成されています。その装飾的な形で構成されています。. さまざまなタントパレットを使用すると、インテリアパネル、芸術的な構成、および屋内ルームの裏地のためになめらかな砂利を使用できます。.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

恥骨

クラッシュボンは粉砕中に得られた製品であり、様々なタイプの岩石をさらにふるいにくい製品です。. それは無機起源の建材材料と呼ばれています。. クロス粒子は5 mm以上の範囲の広い様々なサイズを有することができる.

砕石に加工されているベースに応じて、材料は4つの主要なグループに分けられます.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

鼻炎

その技術的および身体的特徴によると、この材料は最大強度パラメータ、霜抵抗および運転期間を与える. それは最大限のエネルギー資源のコストを必要とする、したがってそのような材料の価格は着実に高い.

この瓦礫の製造の原材料は花崗岩の岩です. 破砕石は、建設中の物体上で高負荷が期待されているか、特別な強さを必要とする場所の適用を見つけました.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

同時に、花崗岩の砕石は小さな放射性の背景を持っています. GOSTに従って、それは健康のために安全を超えていません. それにもかかわらず、材料は住宅住宅の搾取、医療および子供の機関の建設のために示されていない.

砂利とは異なる瓦礫より?

grav grav

この材料は、キャリア法によって得られたり、貯水池の底から採掘されたりする(河川と湖). それはきれいに、そして次に粉砕されそして仕上げ仕様を別々の画分に分類する. その強度パラメータでは、それぞれ付与された材料にわずかに劣っています、そして価格は手頃な価格です.

この材料の主な利点はゼロ放射線の背景です. この砕石は住宅建築、幼稚園、学校、病院の建設に使用されています.

砂利とは異なる瓦礫より?

石灰岩

これにより、最も安いタイプの瓦礫の1つは、人口に高い需要があります. もちろん、その強度特性は高くから遠く離れていますが、この資料は低層ハウスビルディングで個々の作品に使用できます.

その化学構造によって、これは通常の炭酸カルシウムであり、それは溶解することができる液体媒体中である。.

したがって、住宅の基礎を構築するときは、土壌水分と接触しているときは崩壊するため、使用されていません。.

同様の砕石は、庭や駐車場、二次道路の配置、ガーデニングと公園のレクリエーションの場所を実行するときにアプリケーションを見つけました.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

二次

このタイプの瓦礫は刻んだ建設ゴミです.

すべての種類のrubbankは粗い面で異なります. この材料はセメントモルタルでは井戸に接着剤であり、底部に落ちません。. 導入後、モルタルは均質な一貫性と均一な密度を獲得します. 瓦礫の最も要求されている直方体変異体は最大密度を持ち、特に花崗岩の品種が使用されている場合には、構造の強くて信頼性の高い基礎を作り出すことができます。.

砂利とは異なる瓦礫より?

穀物サイズに応じて、いくつかの種類の瓦礫が区別されています。

  • 5~10mm – この画分は、アスファルトコーティングの配置、舗装スラブの製造、罫線および他の形態のコンクリートの製造において主に使用されており、また排水システムの一部である。
  • 10~20 mm – 基礎を作成するときにそのようなサイズの石は広く使用されていました。
  • 20~40 mm – 多階建ての建物の基礎を配置するためにも適用されます。
  • 40~70 mm – 鉄道堤防、飛行場コーティング、交通強度を建てる際の需要が大きい最大の分数砕石.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

その機能的特性のために、Rubbankは最も強い接着性を提供するので、その解決策を注ぐと建築材料の製造に不可欠です。.

外観の比較

最初の一目から砂利と瓦礫を区別するために簡単ではありません. 他方は岩盤から形成され、無機材料であるので、それらは同様の組成を有する. 表面はより粗い表面であるが、ある程度の外部類似度もある。.

実際、材料間の主な違いはそれらの起源です. 砕石は、その後の処理で爆発的な作業を使用して得られます. 砂利は、太陽、風、水、その他の外的要因の作用の下で天然老化岩の過程で形成されています. すべてのもので、砕いた石は大きさが大きく、より良いグリップを提供しているので、国内市場はより多くの流通を得ました.

砂利とは異なる瓦礫より?

フレームフォーム

瓦礫を取得するために、耐久性のある岩の粉砕にリゾート. 砂利の製造においては、天然のプロセスの影響下で形成された天然起源の完成品であるので、これは必要ではない. したがって、砂利とより正確に見える、それに鋭い縁はありません。.

破砕方法により得られた砕石は常に角度であり、小石に比べて清楚に見えます。.

瓦礫と砂利の違いは、個々の画分のパラメータの面でも利用可能です。. したがって、瓦礫のために、5~20mmの粒子の寸法は小さいと見なされますが、穀物砂利は5~10 mmです – すでに大きな割合です.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利は多種多様な色の選択肢に表示されます。. それは茶色、白、青、さらにはピンクです. 丸みを帯びた形状と組み合わせたそのようなパレットは、砂利の広範な使用を引き起こし、スタイリッシュな景観設計を手配する。.

砕石 – モノクロ材料. 装飾的な値を表すものではなく、その使用は建設作業によって制限されています。.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利とは異なる瓦礫より?

その他の違い

両材料の起源の違いは、砂利と瓦礫の運転特性のためのクラッチパラメータの違いを決定します. 私たちが価格について話したら、砂利と瓦礫のトンの費用はほぼ同じです. しかし、丸みを帯びた穀物砂利はすべての空になるので、同じ地域の流速は瓦礫よりはるかに高いです. したがって、小石を使用する場合、砕石と比較して作業の総コストが増加する.

砂利とは異なる瓦礫より?

何が良いのかを選ぶべきこと?

どの材料がより良いものか瓦礫や砂利があるという質問に対する明確な答えが、あなたは与えることができません. フォームと外観の違いは、これらの材料の運用機能を説明しています.

構造中にRubbankとPebblesを使用する場合、差異は瓦礫を追加するときにのみコンクリート組成物との最大接着を得ることが可能であるという事実に短縮されます。. だからこそ、彼が使われているための基礎を構築するとき. 同時に、庭のデザインの砕石の使用は非常に困難です – これは技術的な素材ですので、審美的な価値は表されません。.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利は丸みを帯びた形で異なり、それは特に小石の川と海の種で視覚的にも魅力的で魅力的です。.

そのほか 砂利スムージー – それはとても美しく見えますが、砂のセメントの質量の必要な付着を与えません. 解決策を見つけると、小石は直ちに底に落ち着きます – したがって、コンクリート塊の密度と安定性が壊れています. そのような構造の基礎は激しい負荷に耐えないかもしれず、そして亀裂や崩壊からかなり急速に始めているかもしれません.

丸みを帯びたエッジと平らな形のために、小石は悪影響を増しています. 石の間で道路腫れを行うときは、多くの空き容量が形成されるため、そのような建材の嵩密度は非常に低いです. これはキャンバスの全体の強さに悪影響を及ぼす。.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利の利点はその美的外観を含みます. それはユニークで元の素材ですが、技術的な言葉では最も成功した決定からはかかわらず。. 場合によっては、排水やコンクリートの平均強度との混合を行うために使用することができるが、この場合、溶液の合計値の有意な低下を達成することが可能である。. しかし、重質溶液の製造、充填剤の役割において高い強度要件を持つ製品の製造のために、砕石を使用することが望ましいです.

砂利とは異なる瓦礫より?

砂利

砕石と砂利との間に存在する違いはまだ砂利粉砕石としてそのような材料の存在を伴うことに留意されたい。. モノリシックロックの場合、人工的に入手します. 砂利砕石は強度の向上を特徴とし、その生産のコストは花崗岩の瓦礫の抽出中よりはるかに低いです。.

重要な温度と温度差に対する優れた耐性.

それが建設基礎を準備するときそれが広く需要があるのです。. 彼に代わるものは花崗岩から突き出ている、大きな砂利の追加が許可されています.

砂利とは異なる瓦礫より?

結論

  • 両方の建物材料は無機起源を有していますが、固体岩石の機械的破壊のためにこすりが得られ、砂利は自然に破壊されたときに形成されます。.
  • 小石は丸められた滑らかな表面を持つ合理化された形状を持っています. クロスプ形状は任意で鋭く鋭く鋭く鋭い粗い粒子表面.
  • 砕石は建設業務を解決するときにその応用を見つけた. 砂利は主に風景の装飾の目的のために適用されました.
  • 瓦礫の主な利点は、その高い接着性および技術的パラメータに減少する。. 砂利の利点 – その美的外観.

2つのミネラル間の主な違いの間、特定の種類の作業に最適なオプションを選択することが可能です。.

砂利とは異なる瓦礫より?

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する