砂岩についてのすべて

最も有名なミネラルの1つはかなり砂岩と見なされています。. 一般名にもかかわらず、それは非常に異なって見え、人間の活動の多くの分野でアプリケーションを見つけることができます。.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

それは何ですか?

実際には、「砂岩」の名前は、そのような山の品種がどのように登場したかと述べています – それは天然砂から生じる石です. もちろん、実際には、1つの砂は十分ではありません – 彼は単に理想的な純粋な形で自然には見られず、モノリシック構造を形成しないでしょう. したがって、野生の石である粒状堆積物の形成のためには、セメントの不純物が必要であると言うことがより正確です。.

それ自体では、「砂」という用語はまたそれが作成される物質についての具体的なものを意味しないものではなく、それが微細に粒ってかわいいものであるという考えだけを与えるだけです. 砂岩の形成の基礎は唾液、石英、拭いた、または緑の砂です. さまざまなセメントコンポーネントはさらに印象的です – それらの役割では、アルミナとオパール、カオリン、錆、石灰岩、炭酸塩、ドロマイト、石膏、そして他の材料の質量.

したがって、正確な組成に応じて、ミネラルは、それら自身の目的を達成するために人類によって適切に使用される異なる特性を有することがある。.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

巨大な圧力砂の下で検討されていると考えられているのは、何百万年もの間深海の底であった地域にしか存在できませんでした。. 実際には、砂岩の存在について多くの点で科学者たちが海面レベルが異なる歴史の中でどのように修正されたかを決定する. たとえば、高い座席山脈が水生厚さの下で隠されたことがあることを推測するのは難しいでしょうが、砂岩の堆積物はそれがこれを疑うことを許しません. 同時に、野蛮人は通常、出発材料の数および高圧曝露の期間に応じて異なる厚さになることができる全ての形成にあります。.

原則として、貯水池は少なくとも砂自体を形成するために必要とされています。. 科学者たちは、これがプロセスであり、実際に押していないと考えています、野生の石の「生産」の過程で最大時間をかけました. 電流を心配していない底の領域上の個々の砂の沈降を伴う、これは持続可能な砂岩の石を形成するために持続可能な砂岩の石が起こった.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

人類砂岩は古代から知られています、まず建築材料として. 「Savage」から総合的に有名なグローバルな魅力は、有名なスフィンクスですが、さまざまなヴィンテージ都市の中の多数の建物もそれから建てられています。. 広範囲の広範囲にわたる石は、人気のある建物の材料として、惑星の開発中の海と大陸の地図が繰り返し変更され、現在、大陸の中心と考えられている多くの分野が実際に精通している可能性がありました。あなたが紹介することができるよりもはるかに優れています. 例えば、ケメロヴォとモスクワ地域、ボルガ地域、およびウラルはこの鉱物の主要鉱山中心と見なすことができます。.

交換可能ではない砂岩マイニングの主な方法は2つあります – それらのそれぞれは特定の種類のミネラルに適しています. 例えば、石英とシリコンに基づく固体品種は通常強力な電荷で爆発し、その後得られた岩石がより小さなプレートに切断されるだけです。. 柔らかい石灰と粘土岩に基づいて貯水池が形成された場合、採掘は掘削機法によって行われます.

生産条件における抽出された原料は、外来の不純物、粉砕され、そして磨かれ、そしてより美的な種のために欠けている可能性がある.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

構造と特性

さまざまな預金からの砂岩が多くの一般的な機能を持っていない可能性があるので、何かを何かとして説明するのは非常に困難です。. それはある標準密度には固有のものではなく、同じ安定した硬さにも同じではありません – 私たちが世界のすべての分野の規模で話すならば、これらすべてのパラメータはおよそ指定が困難です。. 一般的に、特性のスケッチは次のようになります:密度 – 2.2-2.7 g / cm3、硬さ – 1600-2700 kg /立方メートル.

粘土品種が非常に緩んでいるため、粘土品種が非常に低いことに注目する価値があるだけで、開放通りの条件の影響が長く、非常に簡単に破壊されたために耐えることはできません。. この観点から、野生の石の石英とシリコンの品種はもっと実用的に見えます – それらははるかに強く、耐久性のあるオブジェクトを構築するために使用することができます、それはすでにSphinxに述べられる良い証明になるでしょう.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

同じ原則により、砂岩の堆積物は多種多様な色合いであり得、そして同じ分野で採掘された原料の中には、パレットはほぼ同じであるべきである、決して2つのミネラルは同じであるかもしれません – それぞれが同じです。ユニークなパターン. これは、「混練のためのちゃん」における「野蛮」の形成において、不可欠な不純物が必然的に得られ、そして常に異なる組成と割合で常に異なる不純物を得ることのために可能である。. 同時に、今日の砂岩ができるだけ使用される仕上げ目的のために、それらの断片は最も均一な色合いを持っていることが最も関連性が最も重要です。.

印象的なさまざまな石のバリエーションにもかかわらず、それはまだ同じミネラルであり、異なっていないと考えられています.

この観点から、砂岩が価値がある積極的な資質のまともなリストがあります – ある程度彼らはすべての既知の分野から原材料に固有のものです.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

彼らのためのものは、 “savage”からの一般的な開発のためのものです。

  • それは世紀の良い半分に役立ち、砂岩から建てられたスフィンクスの例では、この材料が時々着用しないことがあることがわかります。
  • 化学的観点からの野生の石は、不活性物質と考えられています。つまり、何かとの化学反応に入らない、それは酸もアルカリもそれを破壊することができないことを意味します。
  • 砂岩の装飾、およびこの材料から建てられた建物は、人工的な不純物のない自然な材料であるため100%に優しいです。
  • いくつかのより近代的な材料とは異なり、砂岩ブロックとスラブは放射線を蓄積するための特性を持っていません。
  • 野蛮人は「呼吸」することができます。
  • いくつかの気孔率を考慮して、砂岩は低い熱伝導率を有し、それは冬の間に家の中の熱の保存に貢献することを意味し、その逆に、後ろの熱から隠れている人にとって快適な涼しさを与えることを意味する。砂岩の壁
  • WILDERは最も大気の現象の影響には無関心であり、降水量も極端な温度も恐れていないことも、+ 50から-30度までのジャンプでさえもその陽性の保存に影響を与えないことを示しています。プロパティ。.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

注意すべきこと 今日、砂岩は建設資材自体としてはほとんど認識されていませんが、むしろ仕上げ材料の材料のカテゴリーであり、私たちが上記の特性を考慮したこの観点からのものです。. もう1つのことは、砂岩の断片のための完全に異なる使用があるということです。たとえば、野生の石が石油療法 – Okoleediciic Sc​​ienceで積極的に使用されています。. 古代のエジプト人では、資料はまったく神聖な価値を持っていました、そして難解な恋人たちはまだ砂岩の深い隠された意味からの手芸で見られています.

石造りの年齢に影響を与えた多くの点で、繁殖の別の特性が、急速な進歩にもかかわらず、そのような原材料の安価です。, 結局のところ、最も安い素材の咬傷は200ルーブルから費用がかかり、最も高価な品種でさえも控えめな2000ルーブルがかかるでしょう.

同時に、野生の石の唯一の重要な欠如がその重要な重量であるので、それは実質的に最高の砂岩のサンプルを落下することは不可能です。.

砂岩についてのすべて

ビュー

砂岩品種の多様性を説明してください – それでもそれぞれの預金に野生の石があることを考えると、それ自身の、ユニークな. しかし それはそのような多様性のために、読者がより明確に想像されるように、少なくとも一時的に個々の種の主な特徴を経験することが必要である。.

実際の構成によると

組成物の砂岩を評価すると、6つの基本品種を割り当てることが慣例であり、その結果として材料を形成した砂の形成のための原材料となったかの基準が異なる。. 店で買うミネラルはまったく人工的であるかもしれませんが、分類は正確に自然な品種に関係しています。. 一般に、鉱物学的分類による砂岩種のリストは次のようになります。

  • グラウコナイト – 砂の主な材料は緑色のものです。
  • 火山起源の品種に基づいてTufogenic –
  • Polymicte – 2つ以上の材料に基づいて形成され、それによってより多くの亜種 – アーコースと砂利の砂岩を静止させます。
  • Oligomyktaya – まともな量の石英砂を含みますが、必ずふっくらや唾液を持つ旅行者です。
  • モノミクチ – また、石英砂からも、ほとんど不純物のない、90%の量で。
  • 医療 – 銅で飽和した砂に基づく.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

サイズへ

サイズの観点からは、砂岩のサイズで砂岩を分類することができます。. 選別における混乱のいくつかは、もちろん、割合が常に均質ではないという事実を作るでしょうが、それでもなお3つの主要なクラスがあるという事実を作ります。

  • 薄粒 – 直径0.05~0.1 mmの最小のプレス粒子から。
  • 微細粒 – 0.2-1 mm。
  • 1.1 mmの砂浜で粗く粒されている、通常それらは構造中の2 mmを超えない.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

明らかな理由から、分数は材料の特性、すなわちその密度および熱伝導率に影響を与える. パターンは明らかです。. そのような材料は難しく、より強くなるでしょうが、空気で満たされた空虚さの欠如による熱伝導率は苦しむでしょう. したがって、粗粒状の種は反対の特徴を有する – それらは過剰に空虚さを有し、それはブロックを軽くそして蓄熱するが強度を減らす。.

売り手を購入するときは材料を説明し、そして別の基準は別の基準 – 砂岩が自然で絡まっている可能性がある. 最初のオプションは、原材料がすでにプレートに分割されているが、それ以上の処理を行っていない、すなわち不規則性、チップ、バーストルなどがあることはありません。. そのような材料は通常、それを平滑性の表面に与えるためのさらなる処理を必要とするが、装飾性の観点から粗さおよび「自然さ」はプラスと見なすことができる。. 天然石 – 絡み合っている、つまり、すべての不規則性を排除することを伴う最後のギャラリー(粉砕と研磨).

そのような原材料はすでにその完全な意味で材料の仕上げの概念に対応し、そしてしばしば漆塗りのあるタイルである。.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

満開

建設や仕上げのための材料としての砂岩の人気もまた、パレットの富によってそれを持ってきた、彼は実際には消費者を制限していない、そしてそれ以外にも、最後に選択するオプションを最後にします. 自然の選択は数十の色合い – 白から黄色と琥珀色、ベージュ、ピンク、赤と金、青、青から黒まで. 鉱物の化学組成は日陰で直ちに決定することができることがあります – 例えば、銅の有意な含有量についての青青いパレットは火山起源の品種に特徴的であり、ピンクの色調はアーコース品種の特徴である。 。.

そして、買い手の赤または灰色のような色合いが非常に理解できない場合、つまり、追加の復号化が必要なパレットとパターンのよりエキゾチックな説明e. だから、砂岩の人気の木の調子はベージュ、黄色、茶色のシャドー離婚の素晴らしくユニークな絵です。. したがって、タイガートーンは動物に対応しています。.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

アプリケーションの範囲

砂岩の物理的および美的特性の分解的な多様性、ならびにその実際的には広範囲にわたるアクセシビリティは、この材料がヒト活動の様々な球で広く使用されているという事実をもたらした。. たとえば、砂岩は主な建物の材料としてさえも使われていましたが、今日彼はこの方向にやや渡しました、彼は簡単、信頼性があり、耐久性のある競争相手のための場所を失った。. でも 砂岩の建設はまだ進行中で、ただ野生の石が大量の大規模な建設から取り除かれました – それは小さな私有建物にとってより重要です.

しかし、審美的な資質のおかげで、砂岩は装飾と装飾で最も広い使用を見つけます. 誰かのために、それは家や石の塀のファサードに直面していて、誰かが歩道タイルや庭のトラックを引き出す.

LADSは階段を築き、天然石から、彼らはブロッキングを作り、底と人工貯水池の海岸を装飾しています。.

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

砂岩についてのすべて

    材料が燃料ではなく、高温をあまり恐れていないことを考慮すると、砂岩の暖炉は毎日の暖炉に見られ、時々窓がこの材料からのものです。. マルチカラー小石からの美しさのために、あなたがゲストを受け取ることができる部屋の中心的な要素になることができる、パネル全体がレイアウトされています. 同時に、砂岩のクラムをスプレーとして使用して、シックなリリーフの壁紙を作成するため、またはより少ない崇高な目的のための充填剤、コンクリートなど.

    その最低の強さではなく、砂岩はまだ材料と見なされ、プロセスが使用され、工芸品のためだけではありません。. この材料から、多くの庭の彫刻、ならびに噴水、池、水族館の水中および表面装飾がされています。. 結局、野生の石の小さな断片は、装飾が磨かれたビーズやブレスレットが美しい色の断片から作られています。.

    砂岩についてのすべて

    砂岩についてのすべて

    砂岩についてのすべて

    砂岩についてのすべて

    砂岩についてのすべて

    砂岩についてのすべて

    料金の記事
    ( 評価はまだありません )
    友人に共有する
    Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
    コメントを追加する