屋根裏の屋根のスリング

屋根裏部屋のスリング – トピックはその取り決めに従事しているすべての人にとって非常に興味深いものです. 二重屋根のニュアンスを屋根裏部屋と他の種類の屋根ふきを勉強する必要があり、セミガーデンズ屋根システムの図面と慣れている. 別の重要なトピック – RAFTERSとその内部機器の設置.

屋根裏の屋根のスリング

屋根裏の屋根のスリング

特有の

もちろん、屋根裏部屋のラフターシステムは他のタイプの屋根の支持構造と著しく異なる. 屋根裏部屋の取り決めは可能性を拡大し、より多くのスペースを開くという目標を迫害する. ほとんどの場合、屋根の上の屋根は、2つのスケートを持つ5石炭構造に関連しています. これをすべて取り取ります。

  • ログボードで。

  • コンクリートの壁に。

  • 煉瓦石積み.

屋根裏の屋根のスリング

屋根裏の屋根のスリング

屋根裏の屋根のスリング

フレームハウスの即興トップフロアを含む通常の室内屋根葺き装置は、複数の斜面を意味します. 底のデザインは2階よりも涼しい. そのような特異性は凸の朝食の外観を引き起こし、なぜ「壊れた」屋根について話しているのか. そのような技術的な用語が誤解を招くべきではないことは注目に値する.

かなり頻繁に、これらの2つの部分を視覚的に識別することは不可能であり、それらの間の違いは不可能です。.

屋根裏の屋根のスリング

種のレビュー

電流

屋根裏部屋の下にあるこのような一種のラフターは、ベアリング壁の内側にある場合に適用されます。. 中間サポートがある場合はそれらを楽しんでください。. この方式の重要な利点は、かなりの耐用年数です。. 通常の操作では、自動的に伝承されます. その結果、腐敗の確率は最小限に抑えられます.

屋根裏の屋根のスリング

都市のタイプのラフィテルビルダーの価値と仕事の容易さ. そのようなアセンブリを装備することが可能である。. 周囲のデザインの単一部分は反対側の壁に保持されています. 海山屋根にいくつかの斜めの足が装備されているとき. 彼らのトップは実行によってサポートされています。この実行自体はラックによって安定されます。.

屋根裏の屋根のスリング

しかし、そのような解決策は、スパンの長さを増やさなければならないときに問題を生み出します. この場合、垂木の脚は成長する荷重の下で供給されたり回ったりすることができます. このような不快なイベントの発展を避けると、ラックやサブワッションの使用が可能になります. そのような停止(有能な計算の対象)は非常に効率的に機能します.

彼らはまた、機械的要塞を増やすために列の列から歩いたことを使用しています.

屋根裏の屋根のスリング

フェードされたサブグループは、ラフターの足が曲げ負荷のみを取るような計算で行われます。. 壁に水平に慣れていない特定の努力. しばしば「足」の下部に支持材を取り付け、そしてマウエララトの再設定のために. RAFTER要素の上部はベベルを斜めにして、その角度は走行との側面接触と曲げの抵抗の形成を防止する. これは重要ですが、曲げの瞬間がほぼゼロに等しいので、そこにトリミングすることは許容されます。.

屋根裏の屋根のスリング

コンテンツゾーンの大きさはセクションの全体的な高さに制限されています. 上にラフターをトリミングすることが不可能であるなら(そしてそれにはさまざまな理由があります)、あなたはラフタートリミングでそれを増やさなければなりません. 単語の上に位置するはずな限り水平面として持っているべきです。. それ以外の場合、システムはすでにスペーサーカテゴリに関連しており、すべての計算とアプローチはやり直す必要があります。. 以前の方式の信頼性についての話はありません.

屋根裏の屋根のスリング

ただし、ほとんどの場合、スペルの垂木はそれ以外の場合. それらはスライダを使って固定されています. 上部はネイルバトルを使って固定されています. 場合によっては、ボルト締結ジョイントを使用してください. 代替 – 垂木を互いに残し、金属または木からのギア垂木の助けを借りてドッキング.

場合によっては、スケートアセンブリのハードピンチに頼る. トップは固定されています. 下部はスライダを支給します. しかし、堅いkothのブロックは非常に強力な曲げの瞬間を意味し、たわみを減らすことを意味します. そのような解決策は安全性と支持力のある程度のマージンを保証します.

屋根裏の屋根のスリング

綴られた垂れ手のスペーササブグループは、支持体が2自由度を持たないという事実によって特徴付けられるが、1. ラフターフィルムの上部はボルトと釘で満たされています. これにより、ヒンジサポートを形成することができます. スペーサー複合体は、様々な荷重に対する静的耐性によって特徴付けられる。. Mauerlatは壁に取り付けるのは難しいです。さらに、ポッド、ラック、コンソールビーム – そのような解決策は木造の建物に最適です.

屋根裏の屋根のスリング

ぶらぶら

そのようなラフティングシステムは常に支持壁に厳密に基づいている。. 足は2つの方向に装填されています. 著しい機械的力は、思いやりのある緊張によって補償されます. これらの長期化された要素は互いに脚を結ぶ. 締め付けは金属製の木でできています。それらは特定の高さに置かれています、そしてそれ以上、より強い接続があるはずです.

屋根裏の屋根のスリング

吊り下げ図は、スロープの下の配置を意味します. 垂直荷重の伝送のみを提供します。. 垂直方向からわずかな偏差でさえも、深刻な問題の外観が脅かされます。. 屋根の底にストレッチマークを使うことは非常に重要です. そのようなストレッチマークは木材でできています。固体構造とプレハブ構造の両方の適用が可能です。.

二重ストレッチ接続:

  • 重なり合って

  • 斜めの歯で。

  • オーバーレイを使って。

  • 直接歯付き.

屋根裏の屋根のスリング

ログと木材に基づいてぶら下がっているアセンブリがぶら下がっている. 場合によっては、縁取締板が使用されています. それらは真菌効果と火から保護されなければなりません. ぶら下がった垂木が使用されます。

  • 住宅建設で。

  • 倉庫のオブジェクトで。

  • 産業構造で.

屋根裏の屋根のスリング

併せた

変化とぶら下げ部品の組み合わせについて、推測するのが簡単なことについて話しています。. この解決策の利点は、サポートと屋内空間を配置するときの自由を高めることです。. 強化された照明ホールを使った最大貴重な状況. 農場は特別な壁や柱に基づいています. 農場間の距離は5から6 mの範囲です.

屋根裏の屋根のスリング

ラフティングベルトの上域に位置する走行のための支持点になる. 特に1スケートが少なくとも2つのランを持つべきだと規定されている. しかし、トップランの配置は建築者の裁量に残ります. 注意:金属圧延を使用するときは、許容距離を8-10 mに拡大することができます。.

同様の効果は、柔らかくないが接着剤の木材構造を使用するときに観察することができます.

屋根裏の屋根のスリング

その特徴は壊れた半導体屋根の垂木の配置を持っています. その中では通常、フェードスリーブ構造を使用しています. これがすべてのボトムの結合Mauerlatのどれほどの関心があるかには最大限の注意が支払われます. 窓付きの4枚の屋根の下に、センターにサポートがない場合は、都市版と言ってみましょう. 専門的な非専門家でもそれをすることができます. より複雑なケースでは、テントの修正に頼ることができます.

屋根裏の屋根のスリング

計算と絵

これが、スパンのサイズを持つ屋根裏部屋のrafter複合体が8 mを超える方法です。. 主な距離を提示するためにより詳細にそしてコーナーは以下のスキームを助けます. 参照要素の数は屋根の組み立てのサイズによって異なります. しかしほとんどの場合、それは70から120 mまで変化します. 完全計算は常に次のとおりです。

  • 安定した荷重と変化する荷重の決定

  • スケートの最適斜面を確立する。

  • 定期的な負荷のための会計(雪、雨)。

  • 入力補正係数

  • 気候地域パラメータの分析.

屋根裏の屋根のスリング

屋根裏の屋根のスリング

臆病者の設置

しかしながら、ラフターの建設の構造を研究し、コンピテント計算を作成するために – ケースの半分だけ. 最も定性的な準備は愚かな販売に感謝するかもしれません、そして屋根のために、この状況は他の構造球よりもほとんど重要です. それがすべての仕事を満たすことができることが重要である理由です。.

Bruquiは必然的に屋外の壁を見落としています. この要件では、利用可能な有用なエリアを増やすことができます。.

屋根裏の屋根のスリング

下部ビームを敷設するはずです。 Mauerlatへの機会は禁じられています. そのような方式のためのサポートされているブロックは、三角形の側壁の端の下にあります. 彼らの手配が仕事を複雑にするとは思わないでください. 結局のところ、それはMauerlataを放棄することが非常に可能です(しかし、コンクリートの層がないが、アンカーが無制心になるように、とにかくうまくいきません). 木製住居の肉体幅は、自然と人工石の建物のために少なくとも0.5 mです。そのような情報を使用すると、組み立て時にすべての部品を正しく入れることができ、完成した結果を直ちに評価することができます。.

屋根裏の屋根のスリング

rafterの取り外しは非常に明確に生産されています:

  • 第1のステップは、直径が少なくとも15×20cmである外側ビームを固定することである。

  • それからあなたは極端な梁を結ぶコードを伸ばし、欠けているビーム要素を区間内に補足しなければなりません(ステップは暖かく、未加熱された施設では異なり、別々に計算されます)。

  • 次に、極端なサポートのための巣を徹底的に徹底的に切り取ります。

  • これらのサポートを準備します。

  • 一時的な支柱を修正しました.

屋根裏の屋根のスリング

準備ができたら、あなたはサポートのためのポイントを調整する必要があります – 片方の顔が役立ちます. すべてが正しい場合は、前面の中央に基準ブロックのペアを入れます. 彼らは走りを反映しています. 参照構造自体は、ランニングユニット自体に関連付けられています。. 私たちがマークし、そこでサポートのサポートとスキーブロックが作られます. 基板ラックの取り付けは厳密に等しい距離で作られています.

ラッキング部品の大きさと重なりのビームは同一でなければなりません. 予備化合物は爪を使用して行われます. しかし、最終的な設置中に垂木を集めることは角を使わなければならないでしょう. ラックの初期ペアは、4つの棒を固定します. その後、個々の垂木の添付ファイルを行くだけです.

屋根裏の屋根のスリング

重なり合うビームのどちらかのモアルレートにそれらを置きます. 1つまたは別の選択は建設計画によって決まります。. 重要なのは、スケート上品紙は洗濯機やボルトの助けを伴うこと、または金属製のライニングのために関連付けることができます。. 締め付けの真ん中に設置されたサイドラッカーズ、ラック、そしておばあちゃんの中心部に参加する.

だからすべての農場に一貫して仕事をしています. それから彼らは走行の助けに関連しています. 農場間の距離は0.6-1 Mでなければなりません. アセンブリの強さを増やすために、さらに強化ブラケットを使用する. それからあなたはすでに箱やその他の重要なアイテムに移動することができます.

屋根裏の屋根のスリング

屋根裏部屋のラフターシステムの作り方については、次のビデオを見てください

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する