ボイラー燃料の選択方法?

    現在多くの田舎の家にある、製造企業は自治暖房を確立する. この場合、このような暖房システムの燃料の種類を決定する必要がある。. 今日私たちはこれにどのような構成が適切なのかについて話します、購入時に考慮されるべきです.

    それは何ですか?

    ボイラー燃料はほとんどの場合、特別な石油製品を表しており、それは可燃性シェール、石炭の加工の成分、ならびに燃料油を含むことができる. そのような質量は、工業および住宅の建物の十分な加熱に最適です。.

    ボイラー燃料は異なる種類になることができます. マルチコンポーネンスと大容量によって区別されています. 現在、多くの製造業者はアップグレードされた高品質の燃料ミックスを提供しています.

    タイプと構成

    今日、商品の市場では、どんな消費者でも、ボイラー加熱に適した多数の異なる燃料流体を見ることができます。. 別に、それは以下の種類を強調する価値があります.

    ディーゼル

    そのような燃料は石油ベースで作られています。. 高レベルの効率とCPDの指標によって区別されています. ディーゼルバージョンは燃焼プロセスにおいて大量の熱を割り当てます。. 混合物は爆発の安全性と火災の安全性によって区別されます. このタイプの燃料は使用中で最も経済的なものと見なされます。.

    それはあまりにも電気的なエネルギーコストを必要としませんが、特別な換気システムの設置を取り除くことができる特定の匂いがあります.

    ガス

    適切な燃料質量を作るために、同時に液化および天然ガスを使用する. この混合物は個々の加熱を提供するための最良の選択肢と考えられる。. ガスボイラーは高いEFFレートを持ち、自動的に作業することができます. ガス燃料の種類はほぼ完全に燃焼している、煤は最小量で強調表示されているため、不快な臭いはありません。. しかし、ガスは必須の不利な点を持ちます – それは爆発的な型です. そのような暖房システムの設計は安全規則に従って厳密に行われるべきです.

    天然ガスは低コストです.

    薪と石炭

    このタイプの燃料はまた、前の選択肢と同様に低コストで区別されます。. そのような固体燃料に基づいて、暖房システムはしばしば設置され、それは通信には依存しない。. 薪と石炭はボイラーへの混合物の流れを自動化することを可能にしないので、自分でやらなければならないでしょう.

    そのような炉材料を敷設することは、3日間加熱するのに十分であり得る。.

    ペレット

    彼らは特別な木製の顆粒です. そのような構成要素は特定の寸法を有し、ほとんどの場合、木材処理後の様々な廃棄物から作られています. ペレットを使用することは、ユニットに自動的にフィードされる能力を含みます. これは特別なネジコンベアを使って行われます. これらの処理製品は、以前の2つの燃料タイプと比較してはるかに高価になります。.

    ほとんどの場合、ペレットは国構造を熱するために使用されます.

    電気

    自律暖房システムのこのオプションは、小型で絶縁されたコテージにのみ使用できます。. 電気での加熱は最も高価な選択肢です。. そのほか, 大きな構造を加熱するために、それは単に地元の発電所の十分な力を持っていないかもしれません。. しかし同時に、電気的なボイラーは比較的安い、それらはインストールが容易であり、彼らは別の煙突、そしてその配置のための別の部屋でさえ必要とされないでしょう。.

    そのような技術者は絶対に静かに機能します.

    現在、バイオ燃料上で動作している暖房システムは大きな人気があります。. この基礎は独立して行うことができます. これを行うためには、処理のために元の原料を正しく拾う必要があります。. 初期成分として、作物生産や食品を含む廃棄物農業生産が最もよく使われています。.

    また、生物燃料については、木工工程、農業家畜廃棄物の後に形成される廃棄物が良い選択肢となる。.

    生物学的な種類の燃料はあなたが環境を保護することを可能にするだけでなく、また節約する. 結局のところ、それらを作成するために使用されるコンポーネントは再現可能です。暖房用の他の種類の燃料の製造に使用される資源は限られています.

    選択の基準

    燃料混合物を選ぶときは、暑さに必要な部屋の面積を必ず検討してください. したがって、電気品種は小さな建物に使用する方が良い、ディーゼル質量、薪、石炭をより多くの全体的な構造に使用することができます。. ガスは大規模な敷地にも使用できますが、同時に加熱システムははるかに高価になるでしょう。.

    選択時には、さまざまな種類の燃料の安全性レベルに注意を払う. この場合の最適なオプションはディーゼル大衆、石炭および薪のものになります. ガスは加熱のための最も効率的なリソースと見なされますが、それは爆発的であり、暖房装置の設置に関する設置作業は高いレベルの精度を必要とし、個々のセキュリティシステムを固定する.

    あなたがすでに液体ディーゼル燃料を購入することに決めたならば、それからあなたの品質に注意を払うようにしてください. 混合物は十分に粘性で密であるべきです. そのような混合物を低温の部屋に保管することはできません、そしてそれらが結晶化され、粘性が粘らしくなり過ぎることはできません。.

    また、製品には独自のセタン番号が必要です。 – ディーゼルの発火時、燃焼の完全性、燃焼プロセスにおける有害な排出量の完全性を反映しています. 最適値は40~45台になります.

    覚えておいてください ディーゼル燃料の組成はその品質を決定する. 低品質の構成要素の添加を伴うディーゼルは、燃焼中に有害な粒子の過剰な放出をもたらすだけでなく、加熱装置の破損につながることができます。.

    ボイラーの電源を目的の領域に選択する方法を選択するには、下のビデオから学ぶことができます。.

    記事を評価する
    ( 評価はまだありません )
    コメントを追加する

    ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: