レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

人が彼の手の中で訓練を受ける必要性に直面したとき、彼はそれが硬くほこりの多い仕事を待っていることを理解しています. そして、あなたが壁、特にレンガを扱う必要があるなら、あなたが修理が台無しにされず、レンガで作られた壁を損なっていないようにレンガのドリルを適切に選択する必要がある最初のこと。.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

在庫の準備

レンガの壁を掘削するには、ショックドリルが必要です. 掘削が不明である場合は、長時間掘削してください。また、ドリルをひどく加熱し、その結果、その寿命は大幅に減少します. そのようなツールは、毎分高出力および多数の回転数を有するべきである。. 壁に穴を開けることができるのはそれがどれほど簡単かつ迅速にどれだけ簡単かつ依存するのです。. 毎分2000以上の回転数は許容値と見なされ、数字が大きくなるにつれて、それが掘削速度に影響を与えるでしょう。.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

ドリルを買う前に、そのようなドリルが自己作動カートリッジとドリルの逆スクロール機能を持​​っていることを確認する必要があります。. このようなカートリッジは自動的にドリルキーを使用する必要なしにドリルをクランプすることができます。.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

レンガの壁の掘削のための準備

作業を開始して壁の掘削を開始する前に、電気配線や水道管の形の壁に障害物がないことを確認する必要があります。. 金属探知機はこれを助けます:壁を検出するために壁にデバイスを壁に置くことで穴あけのための安全な点を定義する.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

レンガの壁を有断的に掘削するために、最初のステップは壁に作られています. マークアップのために、鋼の尖った棒であるKernerのようなツールを使用します. Kernerは壁に小さな穴を登り、滑らかな位置にドリルを固定する能力を可能にします.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

レンガの壁掘削プロセス

高品質の掘削のためには、強力な穿孔官が必要ですが、そのようなものがない場合は、通常のドリルを実行できます. レンガの壁を掘削するためには、特別な知識が必要とされていませんが、いくつかの推奨事項の最大の注意とコンプライアンスは、ツールを使った作業時にトラブルを回避するのに役立ちます。. ドリルは厳密にまっすぐに保つ必要があります。それ以外の場合は、レンガのドリルを壊して壁に不均一なへこみを残す機会があります。. ドリルがオンになっているときは、安全メガネを着用することが重要です。これは、ほこりやレンガの断片の目に入る可能性を止めます。. また、掘削時には、滑らかにかつ厳しい努力がなく、ドリルの上に押された努力が必要であり、表面に均一な荷重を供給します。.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

掘削には大量のエネルギーの消費が必要です. 高速ターンでは、巨大な摩擦力が発生し、それはドリルを強く加熱するため、できるだけ冷たい水で冷える必要があります。. しばしば掘削がチェックされたレンガにつまずくことができるとき、それは訓練が困難になるでしょう. そのようなレンガが捕まったときに理解するために、あなたは彼のほこりの色を見る必要があります、通常彼は黒です.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

チェックされたレンガで覆われた壁に穴をうまく掘削するには、ドリルを低速に調整してドラム機能をオンにする必要があります。. より正確にツールに入れることが必要ですが、過熱させないでドリルの加熱を制御する必要があります。. 非常に予熱されたドリルが急速に切断されたエッジを着用するので、ここでダイヤモンドコーティングを適用するのが最善です。.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

レンガの壁の穴がかなりの直径で行われなければならないように起こります. そのような直径は通気口として機能することができる. そのような手順では、通常のドリルは大口径の穴を乾燥させる可能性は低いので、強力な穿孔器とダイヤモンドコーティングを含むクラウンが必要です。.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

まず始めに、直径を壁に配置する必要があり、壁の著しい地域で円を描く. 例えば、直径100mmのパイプがある場合、ドリルの穴は少なくとも120mmに配置されなければならず、他の方向にボラックスを解任する場合には在庫が保存される。. その後、写真であなたは数センチメートルごとに距離で掘削のためのポイントをマークする必要があります. それからあなたは彼が完全に過ごしたレンガの壁に退屈の対応する厚さを選ぶ必要があります.

掘削段階で、マークされた点を掘削する必要があります. 蜂は壁を通過しなければならず、壁の反対側に滞在しなければならない. その後ほこりがうまくいきませんので、たくさんのほこりを避けるために、布で外国の物体を覆い、保護を施すことをお勧めします。. 完了すると、円に多数の穿孔ドットがあるはずです。.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

穴あけのための穿孔後、不必要なレンガの部分をノックアウトする必要があります. 操作はチョップモードでのみ実行され、ここでレンガドリルは必要ありません. 不要なレンガを数回行ったときに、それからそれは壁に広い穴を受けるだけです.

レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

適切な掘削ねじの選択

サモアは、ねじれねじ、尖った端と頭部を持つロッドの形で締め具要素と呼ばれています. 糸は壁のロッドを壁に保持し、それによって固定および不動性を提供する. 分類によると、掘削ねじは次のタイプに分けられます.

  • 普遍的な、あらゆる施設に適しています – 最も一般的な.
  • ダボのない金属シートを強化する自己タッピングねじ. セルフプレスを締め出す前に、穴あけは必須です.
  • 柔らかい金属と木材、プラスチックの固定のための自己無地ダウエル.
  • コンクリートまたはレンガの壁を強化することができる自己タッピングねじ、ダボと一緒に歩いて、内側を通過する.
  • BEGROEN – ダボのない自己タッピングねじ、レンガの壁やコンクリートの壁を強化する必要があります.

    レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

    レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

    レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

    穴あけのためのネジを適切に選択するためには、それらが作られている金属または合金から考慮することが重要です。. それはこれらの製品の適用の範囲に依存する製造業者の材料からです。.

    • ステンレス鋼. 巨大なプラスは湿気保護です. クロムとニッケルとのような金属の存在は、そのようなネジで錆びない.
    • 炭素鋼. 前のタイプと比較して、そのような金属は湿気から保護されていませんが、より耐久性があります.
    • 掘削用の真鍮ねじ – 比較的高価ですが、高品質の素材. 彼らと一緒にあなたは塩味と酸性環境の両方で働くことができます. 黄銅は腐食に耐性がありますが、そのような合金は柔らかく、重い荷重が変形しています.

      レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

      レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

      レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

      ダボとコンクリートに沿って掘削するためのネジを選択した場合、キャップが詰まっていると考える必要があり、ネジはすでにねじ込まれています. このメカニズムは、ホールねじ内の自己張りのネジとして壁への鋭い端部が壁への鋭い端部が壁に駆動されるように作られており、より強い取り付けのためのファスナー領域を拡大する。.

      プラスチックスリーブが締結面積を拡大するような締結システムが使用されている。

      • セルフタッピングスクリュー上の高負荷。
      • 細胞コンクリートのより硬い固定。
      • ネジの推進を防ぐために振動を排除する必要がある.

      レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

      レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

      レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

      ファサードハウスでデザインを強化する必要がある場合は、スクリューと一緒に歩いて、高品質のMBR-Xファサードダボを使用できます。. そのような締結具はレンガ壁にねじ込まれ、それらは本格的および中空の両方のレンガに適している.

      レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

      レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

      ダボがない場合は、セルフタッピングネジにも小さな穴が必要になります。また、通過式ねじの長さを計算することも良いです。. さもなければ、自給率は望ましい深さに達したり、壁に溺れたりしないでしょう. 繰り返しの設置は、コンクリートの脆弱な穴のみを傷つけることができます.

      いわゆるTurboseurowsもあります. そのようなねじの利点は、ノッチを有する可変ねじ山である. コンクリートの壁の良いクラッチによって注目されています. そのような自己タッピングねじは通常のドリルでねじ込まれることができ、それらは過度の努力を必要としません。. 携帯および中空のコンクリートブロックのためのターボスアップ応用.

      セルフタッピングネジの色も重要です。. 色に関しては、掘削されたタッピングネジは次のとおりです。.

      • 銀 – そのような自己タッピングねじは気候条件に適しています。. 腐食攻撃を防ぐ. 敷地内や通りの両方で仕事をするようになる.
      • 黄色 – 銅の混合物を用いた保護亜鉛コーティングで覆われている. 内部の作品にのみ適用されます.
      • 黒 – 酸化膜を含む. そのような自己タッピングねじは、例えば浴室および温室では、そのような締結具を使用することが望ましくない湿度の高い部屋には適さない。.

        通常のドリルでネジを締め付けるときは、次の推奨事項を考慮してドリルを選択することが重要です。

        • ドリルは自己証明よりも数ミリメートルでなければなりません。
        • ジャックアンブルツールを使用する場合は、ドリルのクランプ部分に凹部を持つドリルを購入することをお勧めします。
        • 掘削時には、ドリルにユニバーサルレンガドリルを使用できます。.

        レンガのドリル:選ぶ方法と使い方?

        結論として、レンガの壁は掘削が簡単になることに注意したいです。. 主なことは述べられている推奨事項を遵守し、仕事の在庫を正しく選択することです.

        コンクリートローラーについての詳細ビデオから学ぶことができます.

        料金の記事
        ( 評価はまだありません )
        友人に共有する
        Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
        コメントを追加する