プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロフェッショナルフロアーリングの壁をすべて多くのプライベートハウスや公共の建物の所有者にとって有用であることをすべて知っています. ファサードプロの葉の寸法、その種類と色は大きく異なります. いずれにせよ、それはプロのフロアーリングのためのコンポーネント、そのバージョンが木の下でそして他のスタイリズムの下で、そしてそのような材料よりも屋根のシートとは異なるものとして扱われるべきです.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

特有の

プロのフローリングの壁はかなり頻繁に市場で発生します. あなたはどんな主要な供給者からのそのような製品を検出することができます. 多くの顧客がこの資料を使いようとし、ほぼ普遍的な解決策として認識されています。. デザインははるかに簡単でより薄いです, コンクリート、レンガ、さらには木材板の密な木の板を使用するときよりも. それにもかかわらず、プロのは非常に信頼性が高く、長年にわたって役立つ、それは印象的な硬さを持っています.

剛性は波の特別な形状と大きな大きさによるものです. 多数のモデルでは、金属層は0.9mmになる. これは装飾壁の安定性を著しく増大させる。. 1 kVの重量。. M範囲は5~8.8 kgです。. 最小波の高さは2 cmです(物質は需要が高く、波3.5または4.4cmでより効率的です)。.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロファイル鋼から全体として壁の床を支持して、彼らは言う:

  • 最適値の比率と品質

  • 火災の危険性の欠如。

  • 比較簡単

  • 簡単インストール;

  • 屋外の外観、あらゆる環境にも適しています.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

屋根とは異なるもの?

すぐにそれは壁モデルの技術的特徴が非常に高いことを示す価値があります. そしてそれが理由です 彼らは屋根ふきに安全に使用することができます. しかし、1つのニアンスがある:重力の増加により強度の向上が達成されます. したがって、すべてのサポート構造がそのような負荷に耐えるわけではありません。. 私たちは、壁のプロジェクトを調整して財団上のプロジェクトを調整するために、最低限のコンタクトノードの少なくとも技術的なパラメータを慎重に計算する必要があります。.

壁と屋根ふきの繊細の違いは、それらの主な目的で構成されています. ブランド「C」の製品は、首都壁や様々なフェンスの設計のために理解しやすいので使われています. それは覚えておく価値があります – 場合によっては、別々の潜在的な材料、傷が不十分な場所やその他の障害がパーティションに使用されます。. したがって、完成品を非常に慎重に選択する必要があります。かなり高品質で慎重な荷重を計算すると、屋根の上に壁の葉を安全に入れることができます。.

壁のための剛性と成長は屋根ふきよりもやや少ない. 基本的に、屋根は台形波を持つ材料を置く. それは驚くべきことではなく簡単であるべきです. 壁構造の防食保護の品質はわずかに小さいかもしれません。.

同時に、それは壁と特別な取り付けロックを持つフェンスでは非常にまれです – ここに参加する他の方法が必要です.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

ビュー

プロファイルはさまざまな色を持つことができます. その色は、RALスケールまたは他の類似の標準に対応する着色組成物のスペクトルによってのみ制限されています. モノクロではなく、発行されたデザインソリューションは広まっています。

  • レンガの下。

  • 木の下に;

  • 天然石の下で.

ファサードシートのブランドはいくつかの技術的特徴を示しています. 金属の厚さが明確に図示されており、プロファイルの大きさ. すでに述べたように, ウォールパネルには文字が付いています. 彼女が彼女の直後のプロファイルの高さをミリメートルで測定した直後. たとえば、C10製品製品には1 cmの波があります。.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

肋骨の最小高さは0.6 cmです. 最大(シリアル製品用) – 11.4 cm. この指標が増加すると、搬送能力が高まります。ただし、重み付け構造によって達成されます。. 波の数が違うことに注目する価値がある.

ほとんどの需要:

  • 五;

  • 6;

  • 7;

  • 8波シート.

鋼の厚さは保護層のために修正されていません. プロの葉の壁モデルは、キャリアのバージョンではなく、常に微妙です。. マーキングは必然的にシートの作業幅に関する情報を含む. それはターンの下で排出された全幅マイナスサイトとして計算されます.

シートが最も広く125 cmに達すると115 cmの残りの部分に残ります.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

最大シートの最大長は、ミリメートルで他の指標との均一性のために示されています. さまざまな製造業者では、12,000か10,000人になることができます. 場合によっては、このパラメータをスキップすることが許可されています。.

保護コーティングの種類は次のように表される。

  • 交流。 – アルミニウムと亜鉛の混合物。

  • pe – ポリエステル。

  • pur – ポリウレタン。

  • ak – アクリル。

  • PVC – ポリ塩化ビニルとプラスチゾルの組み合わせ。

  • eotp。 – 電解法により亜鉛が適用されます.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

絶縁保護層は1つまたは2つの側面から塗布されている。. 壁のすべてのブランドの中で、残りは次のとおりです。

  • C8;

  • C10;

  • C18;

  • C21;

  • C44。.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

グループC8は、ファサードおよび他の壁に適しています. フェンスやパーティションを配置するときに使用してください. そのような製品は優れた装飾的なパラメータによって特徴付けられる。. 繰り返し波は8 cmの刻みで発生します. それは亜鉛メッキおよびポリマーコーティングの両方で使用され、通常の金属厚は0.5~0.7mmである。.

C10屋根のデザインにも使用する. これは良い剛性を持つシートであり、その基地では2.5 mの高さにフェンスを建設することができます。. シェルステップは80 cm以上でなければなりません. あなたは単純な木製のライニングをうまく模倣することができます.

場合によっては、このプロのフクロウはポリウレタン断熱材を備えたサンドイッチパネルを製造するために取られています.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

寸法

壁PROFLISTでの波形の高さは3.5から4.4 cmまで躊躇します. シートの長さはほとんど限らない(またはむしろ、圧延生産の可能性によってのみ制限されます)。. プロファイル幅C10は90から100cmの範囲です. カテゴリC18、C21、C44の場合、このインジケータは100 cmです. 厚さはほとんど常に0.55から0.7 mmまで変化します.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

取り付け

包装部品は非常に重要です.

必要になるだろう:

  • 角の内側のオーバーヘッド。

  • 初期ストリップ

  • 水平継ぎ目の板。

  • aquylons;

  • プラットバンド

  • レールを接続します。

  • ドッキング板

  • 単純な内側角。

  • トップとウィンドウの防水.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

しばしば壁を矯正することは絶縁の目的で固定されています. 次に、最初にブラケットを取り付け、その後、材料自体がプレート型のポリアミドダボのために固定されます。.

層の断熱材が天候に苦しんでいなかったように、風や水分の影響を止める映画が使用されています.

ブラケットは、手紙の形でガイドを補完する。 Rivetsによる締め付けをすることで、壁を揃えて空気の流れを提供することができます. 次のステップは、手紙の形式でガイドの水平プロファイルに接続することです。.

ファサードに沿った壁の波形の床の取り付けは通常、ゴムからの封止ガスケットを補給したセルフタッピングねじを使用して行われます。. 絶縁された初期パネル上の内外外外外部の外側および外部外側の外装は、さもなければレイアウトされています. 基礎上の基礎の屋根ふき屋根の2層のデザインから始めて. 次に、ユニバーサルタイプのアンカーネジは下部ガイドプロファイルを修正します. 垂直方向に取り付けられてラックを固定します。これにより、フレームワークを作成できます。.

プロのフロアリングの壁についてのすべて

プロのフロアリングの壁についてのすべて

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する