レンガのための石積みグリッドを選択してください

レンガのための石積みグリッドを選択してください

建設で使用されている建築メッシュは、プロのメーソンへの重要な追加です。. これにより、建設補強工程が行われる。. この建築材料は何を選択するのが良いですか? この質問は、独立して石積みを形成することを好む多くのビルダーから尋ねられます. この記事について.

レンガのための石積みグリッドを選択してください

レンガのための石積みグリッドを選択してください

グリッドの使用は、流体溶液を用いて作業を行うか、不均一材料を組み合わせることが必要である場合に最適にも最適である。. 細胞のためのレンガサイズの石積みのために50×50 mmが最適と見なされます. その製造のための材料の選択はかなり変えることができます.

レンガのための石積みグリッドを選択してください

レンガのための石積みグリッドとは何ですか?

基礎の建設によって広く使用されている、ブリックのための建物および構造メッシュ石積みはさまざまなバージョンで実行することができます. 最も人気のあるオプションとその品種がいくつかあります。.

  • 金属グリッドがあります. この場合、Labeling BPをラベル付けしたワイヤースチールの製造、および厚さは3~5ミリメートルの範囲です。. 個々の補強要素のグリッドへの接続は、半自動デバイスを使用して産業環境での溶接によって行われます。. 準備ができている金属要素はさらに桁を桁します. 溶接後の防食塗布.

レンガのための石積みグリッドを選択してください

  • 玄武岩. 石繊維製のワイヤーは固体ポリエチレンクランプと組み合わせる. 接着力を高めるために、砂および接着剤混合物の外側からの追加のコーティングの形成が許容される. グリッドの強度特性は金属類似体に対応する. 同時に、耐久性、腐食暴露の対象とはないことはより安全です。.

レンガのための石積みグリッドを選択してください

  • ガラス繊維. ベースに大きな負荷を持たない構造のための現代の複合ソリューション. ロールで出荷された所与の長さと幅のストリップの形で作られた. グリッドは非常に耐久性がありますが、高い強度の運用負荷を持つオブジェクトの作業を許可しないいくつかの運用制限があります。.

レンガのための石積みグリッドを選択してください

石積みグリッド50X50のどの変種が選択するのが良いか?

どのような種類の蚊メッシュが最も耐久性があります? まず第一に、あなたはそのセクションに注意を払う必要があります、そしてセルのサイズ. 大判構成の構造ブロックと組み合わせて使用​​する場合、大規模な変種は100×100 mm使用されています. 正方形の断面に加えて、ダイヤモンドメッシュが見つかりました。. そのような石積み材料は、寸法50×100mmを有する. ロール長は2~5Mの範囲である. 0.5~2Mのストリップ幅.

レンガのための石積みグリッドを選択してください

レンガのための石積みグリッドを選択してください

レンガのための石積みグリッドを選択してください

石積みグリッドの使用は、水平構造および垂直構造の補強、アーチの形成およびモノリシックコンクリート溶液を可能にする. このオプションは強化およびレンガフェンスの建設に適しています。. 適切な解決策を選択するとき、その使用によると、このタイプのメッシュ製品はかなり広い範囲を持つという事実に注意を払う価値があります。.

例えば、ブリックワークリインフォースメントでは、金属メッシュが主に3~4mmの線厚さで使用されます。. クラッディングで、および軸受壁には、そのような加算が3行ごとに積み重ねられている. 玄武岩グリッドを敷設するために煉瓦を直面している光をお勧めします. それは5 mmを超える厚さが厚く、完全なセラミック製品には適していません。.

レンガのための石積みグリッドを選択してください

煉瓦の建物の要素と著しい荷重を持っていない構造と構造をポリマーメッシュの補強中に使用できる場合. それは5列に敷設されています. このような追加は、室内の区画、バスルームの壁を作成するときに適切になります。.

Moschのマーケット技術の特徴

壁の設計に追加の補強部品を敷設する必要性は、作用のために特定の手順に従ってコンプライアンスを必要とする。. それは解決策に直接置かれています. 水平方向に固定することができます. 特に、2番目の選択肢は強化を必要とする単純性と列を形成することに関連しています. 希望のサイズのストライプは、固体シートとロールから切り取られます。.

レンガのための石積みグリッドを選択してください

コーナー要素は、建物の幾何学的特性に応じて金属製の金属製のセグメントで補強されています. 補強要素の使用は、キャリア要素上の荷重のより均一な分布を確実にすることを可能にする. さらに、石積みグリッドは、耐震危険性の増加ゾーンでの使用に必要です。.

レンガのための石積みグリッドを選択してください

石積みメッシュを使用することで、石積み設計の実質的な硬化を達成することができ、完成したレンガの壁、フェンスまたは基盤の優れたレベルの品質と信頼性を保証することが可能になります。. この補助要素はより大きな固定強度を提供し、1つの壁の設計において異なる構造および密度を有する材料を接続することを可能にする。.

レンガのための石積みグリッドを選択してください

独立して建設作業を行う場合、石積みのメッシュの使用をプロの球に推奨します。. これにより、建物や施設の完成した建物の優れた強度特性を保証することができます。.

ビデオからあなたはグリッド「Stren C5」とのレンガワークの強化について学びます。.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する