基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

建設またはオーバーホールの過程で、建築構造の強さと持続可能性の基礎は. 基礎ボルトの使用のおかげで、建物内のベアリングコロンをしっかりと固定し、また必要な機器を固定することが可能です。. そのような固定船の運転原理は「アンカー」に基づいています.

各タイプの基礎がしっかり信頼できるシステムであるという事実にもかかわらず、特別に意図された取り付け要素を使用して壁と接続することをお勧めします。. 彼らは基礎ボルトです. コンクリート溶液の塗りつぶしまたはその後にもデザインに挿入されます。. この記事では、インストールのニュアンスについて詳しく説明します。.

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

特有の

鉄筋コンクリートまたは鉄骨構造をベースに固定するための建設では、特別な締結具が使用されています – アンカーボルト. それらの使用は、構造構造自体の安定性を大幅に増加させることを可能にする。. しかし、基礎ボルトもまた、軸受コロンおよびその他の必要な要素を確実に切断することを可能にする. 彼らの運営の原則は、最も建築材料の建設に取り付けられたアンカーの種類に基づいています。. 留め具の望ましいアンカー要素を正しく拾うことは非常に重要です.

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

この留め具の製造は特別な文書で行われます。 – すべてのプロフェッショナルビルダーGOST 24379で有名です.1~80. 建物の基部に切り取られ、アンカーボルトは重い荷重に耐えることができる固体化合物(動的および静的)を作ります。. しかし、これは建設技術の対象です. これらすべてを確実にするために、製造に非常に高品質の材料が適用されます。. ボルトの上に追加的に亜鉛の層で覆われているため、環境的影響から取り除く.

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

ビュー

固定はさまざまなタイプの基礎を構築するために使用されます. したがって、そのような製品は異なる場合があります:サイズ、スチールブランド、重量および長さ. 今日このセグメントの国内市場では、この製品を15センチから5メートルまで紹介します。.

基礎ボルトの種類に関しては、それらはいくつかの種に分類されます。.

  • 湾曲した. それらは金属棒の形で行われ、その一端は湾曲形状を有する. 外部から、それはフックのように見えます. 鉄筋コンクリート財団の設置と大型設備の化合物を設計するための設計.
  • 似非. それらの長さは数メートルに達することができます. 設計は、ねじ付きスタッド、アンカープレート、カップリング、ナット、金属ピンなどの要素で構成されています. これらのファスナーは、2つの構造要素のスクリードを実行する必要がある場合に使用されます。. 一方の端部はコンクリート中にあり、2番目はカップリングにねじ込まれます. 複合ボルトの直径は異なる(M16、M20、M24、M28、M30、M36など)。. あなたは特別な表からそれを選ぶことができます.
  • 真っ直ぐ. ボルトデザインは通常の金属製のピンのように見えます. 一端に糸があります. その長さは140センチメートルです. ここでの独特の機能は、直線のボルトを既製の基礎に取り付けることができるという事実です。. 信頼できる修正のために、特別な接着剤組成物が適用されているかセメント.

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

  • 特別なアンカープレートで. 現在のGOST 24379に基づいて、そのような締結具の製造が行われます.1~80. 基礎が正当化されるまで、ボルトの一部は固定されています. これは溶接またはねじ接続のために行われる. そのような締結具の特徴はサイズです. 5メートルに達することができます.
  • 取り外し可能なタイプ. ここに特別なアンカーシステムがあります。. それを使って、それは鉄筋コンクリート、レンガまたは石造りの基礎で信頼できる固定を実行されます. この留め具のおかげで、さまざまなエンジニアリングと技術的構造を設置することが可能です。. ボルトの下のケーキは基礎に敷設されており、糸付きの上部スタッドがコンクリートの完了時に取り付けられています.
  • 円錐形のヒントを使って. コレットボルトは基礎に直接取り付けられています. 目的地域 – 壁、家具アイテム、さらにはるかにボイラーを固定する. ねじれ時に粉砕された特別なキャンギーブル型キャンググのおかげで、丈夫で信頼できる固定を提供します。.

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

インストール

このタイプの固定化のインストールを開始する前に、プロジェクトのマニュアルに従って必要なボルトを計算する必要があります。. これはそれらの運用特性を決定するために行われます。. 基礎の端からの距離、ならびに穴の深さを考える. 接着、強調、摩擦などの機能のおかげで、アンカーボルトが保管されています。. 停止に関しては、これは留め具が取り込まれ、その建設的な特性を補償する負荷です。. 負荷は摩擦を提供します. まあ、「接線ストレス」によるこれらの負荷に対する補償.

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

しかし、シールの深さと共にアンカーのサイズが基礎の高さより大きくないべきであるという事実にあなたの注意を強調する価値もあります。. これは非常に重要です。そうしないと、ボルト自体の締め付け時に固定が発生します. あなたはそのような取り付けの必要な信頼性を達成しません. ストーブとの接続は硬くて耐久性があるはずです.

ボルトを基礎に取り付ける前に、デザインの可能性のある欠陥の可用性のためにその目視検査を実行する必要があります。.

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

アンカーファスナーの取り付けは複雑な手順ではありません. それは専門家のチームの関与なしに独立して実行することができます。.

ただし、これについては、いくつかの基本的な規則を遵守する必要があります。.

  • それらは建設オブジェクトの計画を徹底的に研究し、アンカーボルトを設置するための正確な場所を決定する.
  • 既に形成された基礎へのこの取り付けの浸漬の深さを制御する. 彼女はその厚さの多くではないはずです.
  • 次のファスナー間の距離を考慮に入れるようにしてください. 計算は非常に簡単に実行されます。これらはシール自体の深さの2つの大きさです。.
  • 基礎ボルトは厳密に垂直に立っている必要があります.
  • この種の締結のブロックの形成. コンクリートの完全な乾燥後、鉄板または穴のある穴を持つボルトを使用してボルトのすべての端部を作る必要があります。. これにより、設計全体の信頼性が高い.
  • 財団を埋める前にアンカー固定を作成している場合は、建築プロジェクトに従ってできるだけ正確に計算する価値があります。.

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

チップ

あなたがあなたの能力を疑うならば、アンカーボルトのインストールは彼らの訴訟の本当の専門家と最も委ねられています. それはあなたの強さ、神経、時間を節約するだけでなく、デザイン全体の修理のためのお金もあります.

最高品質のアンカー添付ファイルを拾いたい場合は、次の主な特徴を考慮に入れる必要があります。

  • ボルトが耐えることができる負荷。
  • 必要な長さ;
  • 締め付けの種類、基礎の設計機能に頼る。
  • ビュー、強度、および自己ベースの構造。
  • 穴間の距離。
  • ハングする必要があるデザインの嵩高さと音量.

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

    取り外し可能なデザインがある場合は、コンクリットの前にアンカー補強材が取り付けられています. 基礎の塗りつぶしが完了するとスタッドが設置されています. この実装要素のサイズについては、設計自体の重みや大きさに基づいて選択されます。. それがもっとなるよりも、アンカーボルトが長くなければならない. そのサイズは常にラベリングに基づいて決定できます。. ここで最初の桁は外径を示し、2番目は内部であり、3番目は全長に対応します。.

    アンカーボルトの設置に関しては、彼はどこでも同じです. 例外はスコアリングファスナーです. ここではナットを回す必要はありません、そしてハンマーでアンカーを獲得する必要はありません.

    基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

    基礎ボルトの選択と設置に関する推奨事項

    次のビデオにおける基本ボルトの選択とインストールに関する推奨事項.

    料金の記事
    ( 評価はまだありません )
    友人に共有する
    Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
    コメントを追加する