屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋は十分にまれですが、この部屋につながる階段は快適で、コンパクトで安全でなければなりません. 典型的には、家の所有者は路上に設置されたロバまたは静止階段を使用する. 家の中のスペースを節約するために、快適な使用と安全なリフト上の持ち上がることが折りたたみシステムを確立する.

特徴と利点

家の中の折りたたみ階段は必要に応じて屋根裏部屋を使うように設計されています. あなたがそれを多くの努力なしに労働状態にすることができるように、それを使いやすくすることができます。. このシステムの主な特徴は、その使用の原則がフィルタ階段の利用の原理と似ていることです。. 多数の利点だけでなく、いくつかの機能を考慮に入れることが重要です.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

adv adv.

  • 安全性. 折りたたみ階段が安定して強く. いつでも、気象条件に関係なく、屋根裏部屋の安全なリフトの可能性があります. いくつかの種類の折りたたみシステムはステップと手すりを備えています.
  • コンパクト. 小さな設計システムでは、部屋の便利なエリアを節約することができます。. はしご分解状態には小さなスペースが必要です。.
  • 使い方の便利さ. この種の製品はすぐにそしてあまり努力なしに折り畳まれています。. 既製の電気設計モデルがあります.
  • 簡単なマウント. 折りたたみ階段のインストール用セットには簡単な指示があります. 彼女に続いて、経験のない人でさえモデルを確立するのは難しくないでしょう. システムは壁、性別、天井の追加の強化を必要としません. 設計の容易さを使用すると、製品を簡単に移動して他の場所に取り付けることができます。.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

  • 経済. 静止階段より安いシステムの完成. 折りたたみモデルは自宅で作ることができます.
  • 美学. 階段は天井の表面のハッチキャップにあり、高品質の仕上げは外観をサポートします. デザインは完全に隠されているので、インテリアを台無しにしません.
  • 折りたたみシステム 屋根裏部屋は掃除されています、それは家や家の中の小さな部屋の部屋があるときに便利です. デザインは使用時にのみ表示されますので、インテリアの下のデザインを選択する必要はありません。.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

特有の.

  • いくつかの種類のモデルは、以下の基準に従って使用するのに必ずしも快適ではありません:持ち上げ、サイズおよびステップ数の急峻さ. 冷たすぎると、上昇は手の中の体積商品で動くのが不快です.
  • ハッチの存在は部屋のきつさを破るでしょう. 屋根裏部屋を刺激する必要があります。. 構造のいくつかの工場モデルでは、ハッチはシールを装備しています.
  • 自己作りラダーの正確な計算とスキルの必要性.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

品種

ラダーの操作の原理はいくつかの簡単な行動で構成されています。. すべてのコンポーネントが融合され、固定されます. 下部を下部に押すと、階段自体が元の位置になります。. 最後に、ハッチを閉じる必要があります.

最も簡単な操作方法は電気ドライブの階段を持っています. それらを作業状態にするには、リモコンボタンを押す必要があります.

屋根裏部屋につながるのはしごは、機能性、コンパクトさ、そして単純さの多くの利点があります。. 構造体の範囲では、家の設定に最適な特定のビューを選択できます。. 屋根裏部屋の折りたたみ設備は異なる型を起こす. 彼らは彼らのデザインが異なります.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

一般品種の1つ – “Harmonica”. この種の製品は小さいサイズを持っています、折りたたみの原理はファーハーモニックのように作られています. 階段は、詳細が移動可能であるため、軽い金属製であるため、使用時の最大負荷を考慮に入れることが重要です。. 時間を経て潤滑留め具をお勧めします. 「ハーモニカ」は、天井の高さに応じて特定のサイズまで引き上げることができるという点で普遍的です。.

伸縮性の原理によって展開されている格納式階段. この製品は使いやすさによって特徴付けられます。. 折り畳まれた形では、階段の折り階段の他のシステムと比較して最も小型です。. 設計は、互いに折りたたんでクランプクランプの段階でセクションを構成する中空金属(アルミニウム)チューブから組み立てられます。. モデルは、2つ、3つ以上のセクションで構成されています。.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

折りたたみ階段. 家で行われたデザインの中で人気があります. モデルは本や小冊子として折りたたまれているか、またはセクションが互いに重ね合わされています。. 通常、最初の部分の長さはハッチ蓋のサイズと一致します. デザインはより寸法ですが、最大限の信頼性と安全です.

2つのセクションからなる階段があります. 最初の短い部分はハッチに固定されており、2番目は床に折り畳まれています. このタイプのシステムはトランス階段とも呼ばれます.

幅広い階段システム最も複雑に. 屋根裏部屋の折りたたみ階段はテーパーに固定されたステップで構成されています. 階段は寸法と信頼性が高いほとんど高いです. 傾斜角が45度以下であるため、動作中は最も快適です。. あなた自身の手でそれを作成するためには、機器やスキルが必要です.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

ハッチ付きの部屋の準備に注意を払うことが重要です。. 段階的に占有される潜在的な潜在的な領域が解放されます. 屋根裏部屋のセキュリティのために、箱の周りにフェンスを取り付け、または箱の折りたたみモデルを取り付けます.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

材料

材料の選択は折りたたみ技術によって異なります. 階段は金属(アルミニウム、ステンレス鋼)、木材または組み合わせから作成できます.

木製の折りたたみ屋根裏部屋の環境に優しい そして魅力的な外観をしています. 彼女は内部が「木の下」に行われる家ではよく見えます. 肯定的な設置品質は、温度変化と湿気の影響の耐容性です。. 否定的な品質には、製品の火災の危険があり、木の中でも昆虫を発売することができます.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

階段の折り版は木の配列でできています. 詳細は特別な技術で接続されています。. 工程の縁部ではガイドのギャップに挿入されている突起があるので、化合物は接着剤で固定されている. 部門の製造のために、針葉樹、ブナ、灰のアレイからのバーを選択してください – オークから. 木造折りユニットの持ち上がる能力 – 約100キログラム.

屋根裏部屋の金属折りたたみ階段は金属製であり、それは腐食の影響を受けない. 複雑な設計の製造のために、アルミニウムまたは鋼が選択されます. アルミニウム系の主な利点は構造の単純さであり、そのような光および耐久性のある金属は長年にわたって役立つであろう。. 鋼製品は腐食から保護されているコーティングを備えています. 金属設計の運搬能力は200キログラムです、この数字は木の階段よりはるかに多いです.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

金属折りたたみ階段の不利な点には、自宅で製造の複雑さが含まれます。. それを作成するためには、特別なスキル、溶接と機器の経験が必要です。.

強度と容易さ – 屋根裏部屋の折りたたみ階段の主な特徴. 最良の選択肢は階層階段のままです. このデザインは木の階段と金属製の支持体で構成されています. このタイプのシステムは予算と信頼できるものです. いくつかのモデルは段階でゴムオーバーレイを使用してスライドを減らす.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

寸法を定義する方法?

階段を快適にするためには、設計の主な寸法を決定し、計算を生成する必要があります。. 屋根裏部屋への入り口がある部屋のパラメータを考慮に入れることは重要です:天井の高さ、階段がはしごになる. 通常3メートルの天井の3つまたは4つのセクションからなるモデルを設定します.

定義しなければならない主な寸法.

  • 天井の高さと階段の長さ. 天井の高さが大きいほど、信頼性が高く、強く、設計があるはずです。. 天井の高さを測定するとき、長さ、様々な折りたたみシステムおよび部分数が決定されるとき. 高度3.5メートルでは、静止階段オプションを確立することをお勧めします。.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

  • 階段の開いて幅. 出口の大きさは0.5~0.6 x 0.7~0.8メートルであり得る。. 最適は1.20Mあたり0.8と見なされます. ステージ幅はハッチ幅に依存します. 幅60~70センチの階段を登る快適になるでしょう.
  • バイアス. 安全で便利なスロープ角は、30~55度の指標です。.
  • ステップのステップ、数量と幅. 安全でユーザーフレンドリーになるステップとステップの平均特性:15~17ステップ20 cm幅2cm、ステップ18-23 cm.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

リストされたすべてのパラメータを決定した後、折りたたみ階段の選択を開始することができます. 製品の安全性と信頼性は、材料と正しく計算されたパラメータだけでなく、コンピテントシステム設定も特徴です。.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

インストール

安全性については、以下の制限が考慮されるべきです。

  • 石膏ボードの重なりのために製品を使用しないでください。
  • インストール中にデザイン要素のコンポーネントを分解しないでください。
  • 階段とハッチを接続する留め具を回転させないでください。
  • 作業が完了するまで折りたたみ階段を悪用しないでください.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

自宅でのインストール折りたたみ階段の完成システムが屋根裏部屋で始まる, このセットのために屋根裏部屋を上げます. まず、設計はハッチングを閉じて配置され、次に階段が展開された状態でハッチオープンカバーに取り付けられます。. システムは床に続き、設置時に固定状態にある必要があります。. 「ラフ」のインストールが行われたときは、システムがどのように機能するかを確認する必要があります。ハッチカバーを数回開くには、階段を分解して組み立てることができます。. インストールのインストールに問題がない場合は、インストールは続行されます。.

作業を開始する前に、添付の指示を慎重に読み、健康のためのデザインを確認する必要があります。.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

まず、ループに基づいてボックスを配置してネジに取り付け、箱の間のギャップが泡で満たされていることが必要です。. その後、上部を取り付けます。. 階段を広げてその安定性を確実にし、それは直線を形成します. 最後のセクションの脚の下部を使って調整できます. 設計の両側が曲面にしっかりと収まりなければなりません。.

完成したセットでは、屋根裏部屋からのハッチのためのフェンスがあります. ラックとクロスバーで構成されています. より信頼性が高く厳格な建設を作成するために、ラックは金属製のピンク色で固定されています. 彼らは縦桟を床に接続します.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

ハッチの圧力を調べてください. カバーは開口部できつくなければなりません. 気が悪くなって暑さが室内を出るでしょう. 次に、ハッチ蓋の下側の化粧料を行う。. インストールが完了すると、コントロールチェックをリードできます。.

現代の構造と折りたたみ階段の機能を持つ機器は多様にすることができます. それは手すり、保護カバー、電子システムそしてリモコンを含みます. 最も簡単な選択肢は折りたたみ式の木システムを設計することです. 木 – 仕事が簡単な最も手頃な価格の素材.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

作業を行う前に、設計された階段の図面が作成されます。. 床からの高さは、ハッチがある場所に測定され、計算が行われます。. 本として明らかにされた断面階段を作成する最も簡単な方法.

はしごの建設のために、はしごは厚いバーが必要になるでしょう, 段差と金属製のファスナーの製造のための板が必要です. 将来の屋根裏部屋のすべての要素は事前に用意されています. ハッチ蓋からの断面と金属ヒンジで固定. 折りたたみデザインとハッチのすべての要素が強化され、テストチェックが実行されます。. それは階段の可動部分の世話について覚えておくべきです、彼らは時間通りに潤滑されなければなりません。.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

有用なアドバイス

必要に応じて、階段の予算版を購入する必要があります厚さ16 mmの土壌を選ぶべきです. このモデルの箱は圧縮されていません. これは暖房なしで国の施設にとって素晴らしい選択肢です。.

屋根裏部屋への融資を創設する場所は、部屋の角にあり、できるだけ室内への入り口からできるだけ整理することをお勧めします。. この場所は最も便利です. 降下の周りの領域は小さな非標準品目から解放されなければなりません(例えば、椅子など).

折りたたみ式階段は、次の主要基準を満たしている場合には運用が安全になります。.

  • すべての部品と要素の材料の強さと品質. メカニズムはできるだけ信頼性がある必要があります。.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

  • デザインが硬い要素を持っているという事実にもかかわらず、彼女はたくさんの光のようなものでなければなりません. この基準は操作の便利さによるものです。. さらに、軽量素材はハッチに追加の負荷を描くものではありません.
  • 簡単な使い方です. 労働条件の設計とその組立の設計で行動する. メカニズムの変動は容易に配置され、手動で折り畳まれるべきです.
  • すべての留め具と詳細は問題なく機能する必要があります. 折り畳みシステムの要素の機能は滑らかであるべきです. メカニズムを動きにするためには、努力やジャークスは必要ありません。.
  • 屋根裏部屋が絶えず使用されている場合、階段も頻繁に使用されます. 屋根裏部屋では映画を見るために整理された部屋になることができます. この場合、あなた自身の手で折りたたみデザインを作ること、またはマスターから注文するのが良いです. 特定のサイズ用に設計された階段は信頼性、安全性、そして自信を保証します.

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段:デバイスの特徴

屋根裏部屋の折りたたみ階段のデバイスの機能については、次のビデオを参照してください。.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する