ウォールスタンド基本:設計機能と設置作業技術

住宅用および産業用建物の建設のために、様々な種の基礎が使用されていますが、Sailo-Rosharkovayaデザインによって特別な注意が必要です。. ランドプロット上の急激な救済差、プーフされ、弱い土壌がある場合には通常選ばれます。. このタイプの基礎によると、永久凍土ゾーンにある地元の建物に最適です。.

仕様

船倉ねじダウンファンデーションは、コンクリートによって配合された鉄筋コンクリート、木製またはスチール製のベースで、すべての要素が単一の設計に接続されています. そのデバイスは、モノリシックタイプのブックマークタイプ(スラブと重なって)することができ、ハングトップで構築できます。. 吊り下げ基礎は、土壌表面と画家との間のオープンギャップによって特徴付けられ、それはさらに防水によって絶縁されて積層されなければならない. モノリシックオプションに関しては、プラットフォームの高さが異なる長さの山と整列しているコンクリートフレームから形成されている。.

基部敷設中に、杭が使用され、軸受け層と凍結の低いレベルとの間の地面に飲み込まれているので、それらの間の建物の負荷を分配することは困難である。. したがって、Sheo-PruceDrive Foundationは、シュウェラ師とBruusのチームによって実行されます。. そのような設計のすべてのサポートは、特別なテープとコンクリートのノードに接続されています. 木工や杭の組み合わせがメンテナンスと持続可能性を与えることは注目に値します。.

基礎がどの基礎(木材、金属製、コンクリートまたは鉄筋コンクリート製)があるかに応じて、建物の基礎は異なる仕様を取得します。. スニップの処方箋、より高い土地レベルを有する低グリル構造と高グリル構造を有する構造の構築. それらは通常、大きな断面の金属パイプまたはコンクリートから作られています. 同時に、土壌からのテープを塗りつぶしの場所を正確に計算する必要があるため、コンクリートからの絵画を作ることははるかに複雑です。.

基礎の主な特徴は、その装置に含まれる枠組みが不均一な荷重に完全に耐えているため、基地剛体ペアリングを提供することです。. 急増した叫び荷重は、既に「整列した」建造物の重さが杭で伝送され、構造は壁の亀裂の形成から保護されています.

目的

他の種類の基礎とは異なり、杭打ち財団は理想的には建物から地面へのキャリア負荷を分配するので、それを選択することは、新しい建物が確実に1十年ではなく、突然の温度降下だけでは保護されることが確実にすることができる。しかし、地震活動からも. 公共および個々の建設の両方でも、同様の構造が広く使用されています。. パンチング困惑された土と複雑な救済との斜面上にあるサイトに特によく適しています。.

    さらに、そのような基盤が推奨されます。

    • レンガの家を建てるために。
    • フレーム構造で。
    • ガスケイ酸塩ブロックからの構造の場合。
    • 高密度の土壌
    • 地下水の配置が多い。
    • フローティングで不安定な土壌.

    セイラルーラルストロークデザインはまた、様々な杭の高さがすべての不規則性を補償し、高さの違いを排除するので、表面の追加の位置合わせを行い、深いリボンを埋めることなく、床上を直接床に取り付けることもできます。. このような基盤を使用し、350トンを超える重量を持つ建物の建設で使用できます – それはテープまたはタイルベースよりもはるかに信頼性が高く経済的になるでしょう。. しかし、この場合、プロジェクトは蓄積係数を築くことが必要です。これは通常のように1.2ではありません、そして1,4.

    長所と短所

    ピアランドライダウンファンデーションは、叱責とサポートからなる単一のシステムです。.

    コンクリートの基本の設計の存在のために、強化要素によって強化された、基本は建物の信頼できる支持として作用し、いくつかの利点によって特徴付けられる。.

    • 高い経済的利益. 土地業務が最小限に抑えるにつれて、設置は大きな財政費用を必要としません.
    • 持続可能性. 大きなベアリング能力は、重い建築材料を使ってそれらの仕上げの多階建ての建物を構築することを可能にします。.
    • 建設の高度な報道. 他の種類の建設基礎と比較して、伝統的な拠点を予約するのに適していない任意の種類の土壌で地域を実行することができます。. 風景、貯蔵、斜面の硬い形状は仕事の障壁ではありません。.
    • フレームとは別に印刷杭を形成する可能性. このニュアンスのおかげで、コンクリートの混合物は大幅に節約されています. さらに、あなたは準備完了ソリューションと自己調理済みの両方のソリューションを使用することができます。.

    • ケーブルラインと地下パイプラインの杭の便利な場所. プロジェクトの作成を簡素化し、設定の機能に違反しません。.
    • 高強度. 塗料と支持体のモノリシック束は土壌の収縮からデザインを保護するので、運転中の構造は破損しておらず、変形しない.
    • 準備作業の欠如. 杭塗装された基礎を築くために、ピットを形成する必要はありません。これは建築プロセスを簡素化します.
    • 良い断熱材. 叫びの配置が増加したため、地球と基礎の間のスペースは冷たい空気の流れを逃さない – 熱損失を減らし、建物を暖かくする.
    • 洪水の危険性はありません. 2メートルまでの地面の上に上昇した杭構造は、洪水の可能性から構造を保護します.
    • 簡単インストール. 最小限の建設技能を所有している、そのような基盤は、マスターの助けを借りずに、そして掘削装置がないことなく、自分の手で直立するのが非常に現実的です。.
    • 小さな仕事日.

    上記のプラスは、基本設定がすべての建設技術に準拠して行われ、建物がそれについて計算された負荷に従って運転されている場合にのみ関係します。.

    利点に加えて、このタイプの基礎も短所を持っています。

    • 岩の多い土壌上の建設が不可能である – 堅実な鉱物岩盤は杭を設置することを不可能にします.
    • 水平方向の変位を伴うセクションへの問題のあるインストール. 尋ねられる土壌の作業を行うことはお勧めできません。それ以外の場合は、支援の持続可能性が妨げられ、土壌が故障します.
    • 建物のために、低温で過酷な気候地域で計画されている建設は、高品質の断熱材を産むための追加の対策を検討する必要があります。.
    • 地下室や地下室の家のプロジェクトを実施するためのそのような根拠はありません。.
    • 支持体の支持能力を計算する複雑さ. 独立してこのインジケータを計算することは困難です. 最もわずかな不正確さの場合、基礎は故障を与えることができ、結果はデザイン全体の形状を変えるでしょう.

    デメリットにもかかわらず、杭塗装財団はビルダーからそれ自体がうまく証明され、家の所有者の積極的なレビューのみを受けました。.

    ビュー

    杭スクリーニングベースの構成に使用されるサポートは、建物の荷重、土壌の種類および気候条件に従って選択される. それらは金属、コンクリート、木材、および複合材料の両方から作ることができます.

    したがって、杭の特性に応じて、それらの設置方法はいくつかの基礎の種類を区別します。.

    • スクリュー. それは開いた端を持つ中空の金属パイプでできています. 作品は手動または特別な機器を使用して行われます。. スクリュー支持体上の設計が耐久性があり、パイプが酸化から保護され、それらの中空部を溶液で注ぐ。.
    • 埋められた. 詰まった杭の上に配置された前に準備された補強よくコンクリートを充填することによってランドプロット上に形成されています. 印刷された基礎は高い強みを持っています.
    • 強化コンクリート. 設置は、井戸内に配置された既製の鉄筋コンクリート支持体を用いて行われる.
    • スコアリング. 原則として、そのような根拠は大きな物体の建設のために選ばれます. サポートは特別な機器で詰まっており、その後具体的なソリューションが注がれます.

    さらに、基礎はフレームのシャッティングの深さが異なる場合があります。

    • 飲み込んだ。
    • 接地;
    • 30から40 cmの高さのために地面の上に上げられました.

    流出の緋色の緋色は通常、空気塗りのコンクリートやレンガからの重い建物用に設計された杭を設置するときに使用されます。. この場合は、バッキ板を追加し、基礎は建物の基地階として機能することができます. 木造建造物の建設は、上げられたタークの基礎が彼らにとって理想的です – 建物の材料に資金を節約することができ、そして上げられた建物は土壌に対して保護するでしょう.

    デザインと計算

    基礎を築く前に重要な点は、その正確な計算です。. このため、プロジェクトと将来の建物の計画が作成されています。. ベースの描画は描かれており、簡単な交差点とコーナーの中の位置を考えると、パイルのブックマークは必然的に示されています。. 杭の幅が少なくとも3 mになるように想定する必要があります。. エッジまでの距離が3メートル以上になると、追加のサポートのインストールが必要になります。. また、パイル領域を算出する必要がある – これは最初にそれらの量の決定を行い、最小の高さおよび厚さを選択する。.

    正しい計算のために、他のいくつかの指標もまた知られるべきです。

    • 将来の建物の質量は、すべての仕上げ材料だけでなく、内部の「充填」の近似重量も計算することです。
    • 基準領域 – 構造の周知の重みと信頼性係数を用いて、支持体の負荷が容易に決定される。
    • 杭の断面の寸法と面積 – 既知のサポート数のために、それらの数を選択された領域に乗算して所望の値を得ることができます。.

      すべての結果は以前に定義された参照領域と比較されなければなりません。. 場合によっては、それらの搬送能力は土壌の直径と種類に依存するため、支持体の面積を減らすか増やす必要があります。.

      建設段階

      杭と塗装の基礎は複雑なデザインですが、それはあなた自身の手でそれを作るのはかなり現実的です。. そのような基地を確実に確実にするために、特別ティー技術とステップバイステップの設置手順を作業中に使用する必要があります。.

      パイルスクライブ財団の建設は以下の作業を提供する:

      • 地面の計算とプロジェクトの作成。
      • 工事現場の準備とマーキング。
      • 井戸と掘削溝を掘削する。
      • 型枠の型枠
      • 強化;
      • コンクリート溶液と硬い継ぎ目で充填します.

      上記の各項目は重要であるため、建設の各段階では、最もわずかな誤差や不正確さが建物の運転に悪影響を及ぼすため、品質管理を確認する必要があります。.

      アプリケーションマークアップ

      建設を開始する前に、職場を慎重に準備してください. このために、まず第一に、プロットは石、根、木の形で機械的障害物から掃除されます. それから地球は肥沃な層をよく整列させて取り除く. その後、杭の場所を示すマーキングを入れる. コードと木のステークスを使用して行われます.

      マーキングは厳密に斜めに設置する必要があります. 壁の内側と外面のマークにはコードが緊張されています. 不正確さが認められている場合、プロジェクトからの逸脱が得られ、運転中の基礎は湾曲することができます.

      サイトに狭い高さの違いが見られた場合は、マークアップを簡単にします. 複雑な救済を伴う地域のために、経験豊富なマスターの助けが必要になるでしょう。. 建物の角に特別な注意を払うべきです – それらは90度の角度でなければなりません.

      銅トレンチ

      基礎の境界が決定された後、あなたは土工業に進むことができます. 当初、トレンチは鉄道によって掘られ、その後穴が後で取り付けられる穴が穿孔されます. 仕事は通常、スクラップ、シャベル、バーのようなこんなハンドツールを使って行われます. 財政機能が許可されている場合は、特殊なテクニックを注文できます。.

      将来の建物の任命と土の種類に応じて、グリルの最適な幅が選択されています. 経済的な物体の場合、許容される指標は0.25 m、移動可能性 – 0.5 m、そして住宅の建物のために、この図は0.8 mに増加していると考えられています. 深さについては、木こりは0.7 mに登ることがあります.

      掘られた溝では、底部と壁を均一にチェックする必要があります – レーザーレベルは役立ちます。. その後、砂の枕がトレンチの底にあり、砂は大きな割合を選ばれます。. 表面を敷設した後は水で濡れて徹底的に改ざんできます. 砂の枕は0.2 M未満ではできません. 次の土石は垂直杭の穴の調製になります。ウェルは0.2~0.3 mの深さで掘削されます。.

      その後、フォルム枠の役割を果たす完成したピットにパイプが取り付けられており、底部は防水材料で覆われています – それは湿気からデザインを保護します.

      ウッドウォークの設置

      建設中の重要な点は、塗装の設置です. ほとんどの場合、仕事のために、金属元素が選択され、これは容易にパイルの手袋に溶接されます。. デザインが負荷を均等に渡すように、それは厳密に水平に配置されなければなりません. プロジェクト上の基礎の構造が鉄筋コンクリートの低枠組みの使用を提供した場合、さらに中部の破砕石からサブフォルダをさらに実行します。. 粉砕された石は5 cmのいくつかの層に注がれ、よく圧縮された.

      フォルムワークが準備された基礎に置かれています. テープの幅は壁の幅を超えており、高さはベースの指標に従って番号付けされます。. 停止の設置と盾の組み立ては、ベルト基礎のための作業技術によって主に思い出されます.

      補強はほとんどの場合、テープの構造は下から、リブ付き補強材から2つのベルトの上から作られています。. 彼らは互いに縛られています. 杭から来る補強の終わり、曲げ:1行は上ベルトに縛られ、もう一方は.

      鉄筋の放出は棒の直径から50 mm未満であるべきではありません. 例えば、12mmの断面を有する継手を適用する場合、それは60 mmで購入することを推奨する.

      住宅ローンの詳細を敷設します

      フレームの製造に関するすべての作業が完了した後、通信システムの配置について考える必要があります. このためには、下水、電気、給水、暖房が開催されるボックスやパイプが敷設されています。. エンジニアリングシステムのためのパイプの敷設を忘れることも不可能である. この段階が満たされていない場合は、設置作業の建設後にコンクリートをハンマーさせる必要があります。.

      注ぐ

      基礎の最終段階は具体的な解決策を満たしています. Concecting、M300ブランドセメント、砕石、砂が通常使用されています. 混合物を1:5の比率比で調製する。. この場合、解決策は注がれていないだけではありません – それはまだ追加的に振動しています. このため、表面は固体で均質です.

      まず第一に、杭を対象としたコンクリート注がれた穴があり、その後型枠自体. ワークプロセスは1つのアプローチで実行することをお勧めします. 段階的にコンクリッチすると、不規則性と気泡の外観が可能です. 注ぐの最適な温度は+ 20℃と見なされます – この指標では、フォルム枠は4日後に撮影することができます. この期間中、コンクリートは強さを獲得し、その後の建設作業の準備ができていきます。.

      時にはベースの敷設は+ 10c以下の温度で行われます – この場合、少なくとも2週間の完全な乾燥を待たなければならないでしょう. 冬のシーズンでは、爆弾の具体的なコンクリートはさらに暖かく暖かくする必要があります.

      有用なアドバイス

      セイヤースクリーミング財団はすべての建設技術を遵守し、その技術的および運用上の特性を高めるのに役立ちます。.

      建設作業が初心者のマスターによって行われた場合、彼らは経験豊富な専門家のいくつかの推奨事項を考慮する必要があります.

      • インストールの開始は計算されます. このためには、土壌の種類と海中の深さ. 支持体の敷設の深さが不十分である場合、建物は収縮および亀裂を与えることができ、その後崩壊する.
      • 構造の習慣が依存する土壌の研究によって巨大な役割が演じられます. 最大の指標には岩の品種と石の土があります. 土壌の構成を決定することが正しくない場合、これは構造の構造の計算の誤差につながり、その結果、それは地面に突き刺します。.
      • 土壌圧力の影響下では、不安定な設計が崩壊する可能性があるので、杭と画家の間に良いつながりがあるはずです.
      • 凍結深さへの基礎の形から独立して、砂の枕を敷設する必要があります – 特にこれは冬の基盤の運転に関する懸念です。. 冷凍土壌は急激に拡大し、耐スクラッチを引き起こす可能性があります.

      • 緋色は地球の表面と接触してはいけません。. 周囲全体に小さな土壌を除去し、次に型枠を設置し、眠り砂と注ぐコンクリートを取り付ける必要があります。.
      • 杭の間のステップを正確に計算する必要があります. この指標は、基礎、直径および補強の数の負荷に従って決定される.
      • 補強中に、適切な量の換気手続を提供する価値があります。. すべての内部区画を屋外の屋外と組み合わせる必要があります。.
      • 温暖化と防水はベースデバイスで大きな役割を果たします. 彼らは財団のコンクリートを注ぐ前に置くべきです.
      • ピットまたはトレンチの底部を乱ムにして緩めない. 基地の壁から土地を許可することは不可能です. さらに、堆積水はトレンチやベルから残されるべきであるため、底部は濡れており、溶液での充填には不適切になります。. トレンチでもトレンチにもあります。斜面の過度の急峻さの存在.
      • 弱い土壌は、杭と埋め戻しの強化を必要とします.
      続きを読む  Penopelex 45:材料仕様

          • エアバッグを冷却するために使用される砂は湿らせて枕の下に枕を45度の角度で分布させる必要があります。.
          • フォルムワークは、コンクリートを注ぐときに、それは負荷と崩壊に耐えられないかもしれないので安全に保護されなければなりません. 垂直方向からの型枠の偏差は5 mmよりも許されなくなりました.
          • 基礎の高さは、プロジェクトで指定された高さから5-7 cmの小さなマージンで作られています.
          • フレームの強化中は、コンクリートエレメント正方形の少なくとも0.1%の総断面領域でロッドを使用することをお勧めします。. 同時に、痕跡、汚れ、塗料の痕跡を持たない、滑らかな補強を選ぶのが最善です。.
          • 溶接ヘルプで継手を修正することは望ましくありません – それは接続場所の強さを妨害する可能性があります.
          • 塗りつぶしのためのコンクリートのブランドは、地域の基盤の設計と気候条件に応じて選ばれるべきです.

          杭と落書き基礎の構造的特徴は何ですか、次のビデオを参照してください。

          記事を評価する
          ( 評価はまだありません )
          コメントを追加する

          ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: