Proflists C15について

Proflists C15について

建設作業に取り組むつもりの人は、PROFLIST C15について、そのサイズやその他の仕様についてのすべてを学ぶのに役立ちます。. この記事では、プロフェッショナルシートのためのセルフテープの選択に関する推奨事項を示します。. 段ボール木材シートとその他の品種について説明しました.

Proflists C15について

それは何とプロのフロアーリングのやり方ですか?

PROFLIFT C15の説明の中で最も重要なことは、それが圧延鋼から作られているということです。. 特別な技術的操作後のそのような材料の表面は波によって得られるかまたは段ボールによって得られる. 処理の主な課題は、長手方向平面内の剛性の増加と軸受能力を高めることです。. エンジニアは、静的およびダイナミクスの両方での負荷に対する材料の耐久性を大幅に高めるように技術を解決することができた。. ソースの金属の厚さは0.45から1.2 mmの範囲です。.

マーキングの文字Cはそれが厳密に壁の素材であると言います. 屋根ふき作業に使用することは、好ましくは、重要ではない構造のためだけではありません. 現代のプロのフロアーリングは、まともな運用パラメータによって区別され、それは比較的少ない. 金属のレンタルは通常寒い方法で行われます。.

単純な亜鉛めっき鋼を工作物とすることができるだけでなく、ポリマーコーティングを施した金属.

Proflists C15について

プロファイリングの同時方法は、すべての波形が一点で圧延されることを意味し、基準点は最初の圧延装置の箱です。. このアプローチにより、処理のための時間を大幅に削減できます. さらに、上昇した均一性が保証されています。. 欠陥のあるエッジを見せることはほとんど不可能です. unbotiterに加えて典型的な生産ラインは次のとおりです。

  • 冷間圧延機。
  • ブロックを取る。
  • 油圧ギロチン型はさみ。
  • 明確で調整された操作をサポートする自動ブロック.

Proflists C15について

Proflists C15について

過去のスポットチェア鋼は成形機に入ります. それはその表面をプロファイルされました. 特別なハサミでは、デザイン寸法に応じて金属を切ることができます. プロファイルに影響を与えるために、異なるローラーを使用してください. アクセサリーによって受信装置の製品ラベルから抽出されました.

表現できる場合は、実際にカンチレバーの分散が実際に二重提出をしています. もちろん、それは一般的な自動システムによって制御されます。. しかし、その構成は内部自動化を含み、これは鋼鉄テープの受領の同期と圧延率の速度を担当しています. 圧延機の半分数は、作成されている回路の複雑さによって決まります。. 成形装置は、空気圧式および油圧機械への駆動型で分けられます。 2番目のタイプはより強力であり、理論的には無制限の長さのシートを生成できます。.

Proflists C15について

仕様

C-15教授が比較的最近市場に参入し始めました. エンジニアは、伝統的な壁の薄型シートC8とハイブリッドC21の間にニッチを取った(屋根の専用住宅に適しています)。. 剛性では、それはまた中間位置にあり、それは多くの顧客にとって非常に重要です. GOSTによるC15 PROFLIFTのサイズは変わる可能性があります. 一例では、「ロングバー」C15-800、その全幅は940 mmです。. しかし、シートにインデックス1000が割り当てられている場合、それはすでに1018 mmに達し、エッジの「肩」の代わりにトリミング波があるでしょう.

Proflists C15について

Proflists C15について

Proflists C15について

問題は、実用上、状態規格のサイズが正当化されていないことです。. ほとんどの技術的条件は1175 mmの総幅を意味し、そのうち1150がワーキングステーション上に落ちる. 説明やカタログでは、これはインデックスを持つプロファイルであると言われています. 同様の指定はあなたが混乱を避けることを可能にします. しかし GOST製品の違いはそれに使い果たされていません、それはまた:

  • ステッププロファイル
  • 狭いプロファイルの値。
  • 棚の大きさ。
  • ベベルの程度。
  • キャリアの特性
  • 機械的剛性。
  • 単一の製品の質量およびその他のパラメータ.

Proflists C15について

Proflists C15について

Proflists C15について

種のレビュー

シンプルな段ボールシートは退屈で単調なものです. 耐久性のある壁の数キロメートルとそれからの悲しみのないフェンスはもう刺激を与えません. しかし、デザイナーは他の材料の外観の模倣のためにこの問題を解決することを学びました. 圧倒的な大多数の場合、彼らはプロの服をトリミングしようとしています. そのようなコーティングは自然に見え、長い間気にしない.

この技術はすでに取り組んでいます。木材プロファイルと一緒に、そのテクスチャも再現することができます. 特別なコーティングは材料をより美しくするだけでなく、それは悪影響に対するその抵抗も増加します。. このような技術は、1990年代初頭に初めて大きな韓国の製造業者を初めて取り上げられました. ほとんどの場合、必要なセキュリティはAluzinによって保証されます. また、プロのフクロウは表面を模倣することができます:

  • ブルーウス;
  • 煉瓦;
  • 天然石.

Proflists C15について

Proflists C15について

Proflists C15について

最も安いセキュリティオプションは、亜鉛メーカーです. しかし、その特徴には、悪因子に対する最小限の抵抗のためだけに十分な正確さがあります. 時には金属パッシベーションに頼る. 重要な役割は顔面ポリマーコーティングによって演奏されます.

定性的アプリケーションのみを使用すると、攻撃的な屋外要因を持つベースにフェージングと連絡を取り合うことを可能にします。.

Proflists C15について

アプリケーションの範囲

都市の需要が同じ程度まで農村部のプロのフローリングC15. 彼は喜んで個人と組織の両方を獲得します. このようなシートはフェンスの優れた基準となる。. 重要な利点は、美しい形でだけでなく、設置が特に難しくないという事実にもあります。. 強さもバリアを配置するのに十分です.

しかし、もちろん「単一のフェンスではない」. 大型建設需要のプロフェッショナルフクロウC15. それはあなたがかなりの地域の格納庫と倉庫を築くことを可能にします. 短時間で、パビリオン、屋台、類似のオブジェクトが短時間で作られています. シートの取り付けも一人でさえできます.

代替アプリケーション:

  • パーティション
  • 落として天井を落とした。
  • バイザー;
  • 小屋.

Proflists C15について

Proflists C15について

Proflists C15について

マウントのためのヒント

最も重要なことは、おそらく自己タッピングねじを選ぶことです。. 彼らが湿気を排除するプラグとその他の腐食開発を排除するプラグとすぐに良い. いくつかの異なる状況に違いがあることを理解されたい。

  • 既製の壁に入ります。
  • 収集壁への取り付け。
  • 壁自体のプロのフローリング機能を実行する.

最初のバージョンでは、段ボール構造の設置が絶縁されている前にすでにそれが黙っていることが暗示されている. 入門 – ブラケットの取り付け. それらは自己タッピングねじだけでなく、時にはダボ上で固定されています(支援材料に応じて). その後、「FUNGI」を使用してスラブ絶縁体が設置されています. 「真菌」の代わりに、単純な自己タッピングねじを使用することができますが、広い洗濯機で補充する必要があります。. 次にポリエチレンの上にすでにプロファイルシート自体の下のフレームワークを形成しました.

Proflists C15について

Proflists C15について

通常、フレーム構成に使用される第2の方法では、自己サンプルを使用してフレーム上のシートを接続する必要があります。. 彼らは帽子の下の裏地を備えています. 基礎は予防的に防水されなければならず、そしてユニバーサルな自己描画によって接続されたプロファイルだけがそれにインストールされています。. 内部蒸発酸化が必要です. それの上にのみ断熱材が設定され、さらにポリエチレンで閉じます。.

3番目のスキームで働きやすくすることができます. それから壁を設定することはフェンスの配置とほとんど変わらない. 波の下部にはバッシュシートが必要. ドッキングポイントは300 mmのステップでリベットによって接続されています.

これ以上のサプライにはこのプロセスにはNOがありません.

Proflists C15について

Proflists C15について

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する