30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーのプロットは、日常生活の中で必要な施設を構築することができる十分に大きな地域と見なされ、新しく景観デザインを具体化し、ベリーや野菜作物のためのいくつかのベッドを抜けて、果物の小さな路地を植える. そのようなプロットの景観デザインの特殊性で、私たちの記事で議論される予定.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

予備作品

景観設計の最終結果は準備操作の徹底度によって異なります. まず第一に、地形、救済、土壌の質、気候の特徴と世界の関係者に対する敷地の位置を理解する必要があります。. これらの目的には、排水と技術資料の入手可能性が必要であることが起こります。. 地域に関する情報がすべて収集された後、計画の作成が始まります.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

中央のオブジェクトは家であるべきです. その他の施設は、目的に応じて、その周りにグループ化されています. GazeboとBarbecue地域は、住宅街、庭園地域、庭園地域の隣にあります。南京車のインストール、ゴミ箱が提供されています。. スポーツと子供のゲームのための遊び場は、田園地帯、果実の木 – 南部の田園地帯に設置されなければなりません。.

各区域の長さは所有者の欲求によって異なります. あなたが田舎のコテージとして30エーカーのプロットを検討しているなら、休息の場所、そしてあなたが必要としない大きな庭園. あなたが素人庭師であるならば、いくつかの建物(例えば、プール)は排除することができ、花や果物の文化をもっと多くの場所を割り当てることができます.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

緑地

30エーカーの敷地の設計が壮観に見えたのは、果樹が前に着地する必要があります. 春には、開花中、彼らはとても美しく見えます. さらに、木は最大太陽熱を得るでしょう、それは苗がうまく成長し、豊かな収穫をもたらすことを意味します.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

野菜との焼き付けは、ファサードの前面と見えない場所で、家の裏を置くことをお勧めします。. ベリー低木は周囲の周りの熱を植えるように推奨されます. そのため、長い区間の領土は額されます.

バラ、Tui、Cypreses、さまざまな種類の低色や低木、ユリ、ジュニパー、クリスマスツリー、芝生の芝生のさまざまな種類の人気のある植物の中で区別できます。. ちなみに、ランドスケープデザイナーによると、芝生はサイトの全域の30%を占めるべきです.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

オブジェクトの場所

あなたが庭の大ファンではないが、あなたがレクリエーションのためにエリアを使いたいのなら、それに以下のオブジェクトを配置するのに適しています:

  • 浴;
  • スイミングプール(固定コンクリートまたは携帯型膨脹可能)。
  • ハンモックでの眺望。

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

  • スポーツプラットフォーム(テニスコート);
  • Barbecue(このゾーンへの)小石やタイルに静止する場所を分離するために、トラックを舗装する必要があります)。
  • ワークショップ;

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

  • 経済地帯。
  • 遊び場;
  • 池やストリーム。
  • あなたがガレージで彼女を運転しないならば、降水量と灼熱の日光から車を保護するキャノピーを持つガレージ.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

トラックの配置

このサイトの領土は、美しいだけでなく機能的である必要があります. それを便利に動くために、あなたはトラックを必要とします. 彼らは古い木、小石、タイルで作ることができます. それはすべてあなたの想像力と財政的な機会に依存します。.

トラックは巻き付けられている必要がありますが、サイトの周りに帯状に描かれているが、共通の交差点を持つ. それから風景は珍しい絵の具で遊ぶでしょう.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

トラックのための材料最も違いを選択することができます:

  • コンクリート(ケアを必要としない安価で耐久性のある素材)。
  • レンガ(非常に素敵なレンガは赤に見えます)。

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

  • ツリー(最も安いが短命の覆い隠し)。
  • 開く(メインマイナス – 雑草).

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

散水システム

30エーカーの現場の設計の創設における重要な要素は、その優れた灌漑システムを搭載しています. 緑の植栽の美しさ、そしてそれにしたがって、領域全体は、設置された機器の正しい機器によって異なります。. 特に暑い日に、芝生の木、芝生が疲れていなかった数多くの花壇に散策していなかった、静止した散水システムを確立することをお勧めします。.

添付のすべてのアクセサリー(ホース)は、彼らが目立たないか埋葬されるようにトラックに沿って配置されなければなりません.

暑い日にはアーバーの曇りのゾーンで使用できます. 彼らは涼しさを与えるでしょう.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

装飾

サイトのプロジェクトが準備ができたら、オブジェクトの場所が知られています、植物の種類や着陸の場所が選択されているので、庭の装飾の選択を開始することができます。ジュニパーの木と木、ヘロン、池の近くに立っている、またはカエル. 専門店は様々な類似商品を提供しています。.

装飾的な人物はかなり高価であるので、あなたはあなた自身の手で装飾をすることを試みることができます. それはもともと高いひまわりの背景に対して古い粘土鍋で織りを見ているでしょう. アルパインスライド、珍しい花瓶の花壇 – すべてこれが明るさとユニークになるでしょう.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

スタイル

すべての計画段階が承認されると、最小の詳細が考慮されます、それは領土のデザインのスタイルを決定する必要があります. 30エーカー – これは広い地域で、さまざまなスタイルの指示を組み合わせる機会があります。. 拡張されたサイトのための最も人気のあるスタイルは古典的なもので、その固有の厳密な幾何学的形状があります。. しかし、それは英語、東、フランスのスタイルのデザインによってよく対話し、補完されます。.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

装飾的な要素を使用することができます。

  • 橋のある小さな池。
  • アルパインスライド

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

  • ヘッジ;
  • ヒンジーガーデンズ。
  • 噴水;

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

  • 彫刻
  • アルキ。.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

あなた自身のハンズへの登録

この地域のスペシャリストに連絡することで美しい風景デザインを作成する. 彼らは領土のオリジナルのデザインを作成し、エキゾチックな植物を入れて、装飾的な魚の池を装備し、快適なトラックを壊す. しかし、将来の地域の景色を設計するのは常に興味深いです.

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーの風景デザインエリアの特徴

30エーカーのプロットのプロジェクトを独自に準備するためには、無料の風景デザインプログラムを使用する必要があります。. プログラムは既製のグラフィックオブジェクトを提供しているため、その使用は非常に便利です。.

ランドスケープデザインは、とりわけ、巨大な熱意と創造的なファンタジーです。.

あなたのサイトを造園するために植物を拾うためにどのような植物を拾うかについて、次のビデオから学ぶでしょう.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する