フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

長い間、人々は彼らの領土を守ろうとした. 少なくとも彼らの民家またはコテージは詮索好きな景色を避ける. しかし、フェンスは自分自身を守り、その領土を指定することを可能にします. 同時に、それが高品質、提示可能、強く、手頃なコストを持つべきであることを忘れることは不可能です。. そしてこれらすべてのパラメータの下で、ねじ杭はすでにヨーロッパとシス諸国の両方で普及している.

そしてねじ杭の主な特徴は、それらが不安定な土壌を懸念することなく建てられることができるということです。. サンプルの地形でもサポートはどんな土壌にも設置することができます。これは間違いなくこのタイプの締め付けの大きな利点です.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

それは何ですか?

ねじ山は金属杭と呼ばれ、最後にはねじ切断刃があります. 山断面の種類で杭打ち. スレッドにはいくつかの種類があります:標準、ブレードと組み合わせた. さまざまな種類のスレッドを持つ杭は、外観だけでなく、それらがどの程度耐えられるか、およびそれがどのくらいの期間存在するのか.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

ねじ杭の選択の特徴

最も強くて高価なのは、ブレード付きのねじ杭です. 基本的に、彼らは2つの羽根を持っています. そのような杭は、彼らの高いコストにもかかわらず、最も人気があるので、それらは最も耐久性があるので、それらはあらゆる形態の土壌に置くことができます。.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

アタッチメントのキャリアは直接その直径に依存します. 太い直径より大きな塊よりも大きい質量はデザイン自体に耐えることができます.

杭を選ぶとき、あなたはあなたの将来の塀の特徴を考慮する必要があります.

直径57~219 mmの特別な人気杭. 小径の値は、金属グリッドやStakenikの基盤を作りたい場合に適しています。. 平均値は、プロのフローリングからのフェンスに使用されます。. そして直径の寸法値は重いクラッドに適しています.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

選択するための以下の基準がヒントの種類です. 先端は溶接されて鋳造することができます. 最も耐久性はキャストヒントの山です. 彼らはまれに買われています、それらは非常に重い構造の構造に使われています.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

次に製品の長さを決める必要があります。. 市場では1メートルから11までのデザインがあります. 防食コーティングが存在するかどうかにも注意を払うべきです.

だから、あなたが正しい選択を知る必要があること:

  • 土の組成。
  • あなたの地域の土壌のプライマーの深さ。
  • 建設が行われる材料.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

品質証明書または製品のパスポートを購入するときは忘れないでください。. デザイン自体は溶接からの継ぎ目を持たないべきであり、腐食性コーティングは手工芸品ではなく適用されるべきであるが、産業方法.

adv adv

ネジ杭が市場で最も高価ではないので、最も重要な利点は製品の価格です。. もう1つの利点は、1つの杭が数トンの負荷に耐えることができるということです。. このプロセスは非常に簡単なので、それはあなた自身の手で設置することができます.

このようなフェンスの建設は、フェンスがテープベースで正立したとき、私はトレンチ全体を進める必要があるので、過度のコストを避けます。. そして列の財団を持ちたいのであれば、投稿ごとに別々のピットを掘ることが必要です. そして通常のフェンスへの主な障害は地下水につまずく機会です – それはすべてねじ山の山を建てるときに関係ありません.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

また、ベースコンクリートのベースに保存. そのような塗りつぶしは非常に困難ですが、必要な建設段階で、特別なスキルなしであなた自身の手でフェンスを建てることができなくなりました。. ネジ山からフェンスを建てる場合は、これらすべての行動が不要です. 必要となるかもしれない唯一のものは、デザインを強化するために金属製のプロファイルで製品を接続することです。.

メカニズム自体は年のいつでも設置できますが、間違いなくプラスの永続的な状況でもマウントされているのも不思議はありません。. そのようなフェンスは世紀以上に自由に立つことができます。.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

プラスは単純な分解、フェンスを別の場所に再取り付けする能力です。.

設置メカニズムは簡単です、それぞれが特別な機器なしで杭を地面にねじ込むことができるので、それぞれを把握できます。. 1つのパイルをねじ込む上で過ごす時間は約20-30分です.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

材料の調製

インストールするときは、多数の材料やツールが必要になります。. 構造の強さとそれがあなたを最後にする期間を嫉妬するので、高品質の素材を選択してください.

多くのパラメータを考慮に入れる必要があります。

  • フェンス自体が製造される材料の重量および大きさ。
  • 推定風荷重.

購入する必要があります。

  • 固定のためのガイド。
  • ゲートの極.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

必要に応じて材料を取得することもできます。これは後で必要になります。

  • ラビタグリッド。
  • 鍛造セクション。
  • 煉瓦;
  • 木製のステキ
  • ポリマーコーティング付き溶接グリッド。
  • メタリックプロファイル。
  • コンクリートスパン.

ここでは、品質だけでなくデザインにもナビゲートする必要があります. 市場で選択は非常に大きいです – あなたが好きなものを手に入れよう. 将来の山ではこのタイプのフェンシングに近づくように、常に製品の耐風性、高さ、重量に常に注意を払う.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

取り付け規則と有用なヒント

任意の形式の建設作業のように設置するとき、いくつかのニュアンスが多く発生し、それは考慮に入れる必要があります. ファスナーを締め始める前に、ブロッキング設計の可能なレベルを決定するためにねじ込みを締め付ける必要があります。. それは土の組成にのみ依存するでしょう. 土壌が非常に強い場合は、杭を約1の深さに浸すことができます.5メートル.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

その後、あなたのフェンスの周囲を指定することを忘れないでください。不快な事件がないように、あなたのフェンスの下で行われる地下の通信の利用可能性を必ず考慮してください。.

飽和土壌の設計の取り外しは、凍った土壌の水準より下に地面を置くことを忘れないでください – 季節的な変化の過程では、取り付けは起こらないことが必要です.

PIAIイマージョン自体は、専門家(財務機会がある場合)または独立して実施することができます. 杭を取り付けるには、2人のアシスタントと特別な門が必要です(あなたはあなた自身を購入またはそれを作ることができる).

そのような製品を作成するには、特別なプロセス穴に挿入されている継手(D = 3cm)が必要です。. 両側には、将来演奏する四角パイプのセグメントをレバーとして着用することをお勧めします。. そのような製品の最適な長さは約3メートルになります.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

経験豊富な建築者の推奨事項

  1. あなたが強い張力を感じ始めたとき – 停止. これによってあなたは金属を傷つけることができます.
  2. 杭をよりよい三人組にねじ込むので、3番目のガイドが山を案内し、その方向を見ました.
  3. 邪魔になる障害物が満たされた場合、素晴らしい努力を使用しないでください – あなたは材料を変形させることができます. この場合、それは茶色を利用することをお勧めしますが、それは杭よりも直径が少ないはずです.
  4. 最初に角杭をひねる必要があります – この狡猾なあなたはフェンスの滑らかさを達成するでしょう.

それらの間のステップが約2半メートルであるべきであるという事実を考慮して、杭の量を計算する必要があります。. はい、場合によっては、互いに3メートルでサポートを設定できますが、これ以上のものではありません。. インストールの場所では、小さな深めをしてください – それは後でねじ込むときにあなたを助けます. あなたのサイトの角にペグを設定し、それらの間のスレッドを伸ばします.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

杭の垂直方向を土壌に注意深く調整する必要があります。. これは従来の柱を設置する場合でも必要です. それ以外の場合は、欠点の洗練とフェンスの平準化に費やすための多くの努力があるでしょう. 垂直エントリーでさえ達成するためには、特別なツールを使用することをお勧めします。.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスの取り付け

だから、私たちは最も重要な点に近づきました – それは杭をねじ込んでいます. 以前に書かれたように、物質、土の表面を準備し、2つのヘルパーを招待することを忘れないでください. そしてあなたが荷物にねじ込まれることになるレバーが注意してください.

サポートの下でのポイントのマーキングと深めの規模をチェックしてください. サイドポールをインストールする(それによってインストールのための努力). 次にあなたは中間杭を取り付けることができます. そして将来的には垂直を固定することはもはや不可能であることを忘れないでください.

すべての杭を取り付けた後、お互いにグローブを揃える必要があります(これについてはグラインダーを使用できます). しかし深さは主に少なくとも1メートルであるべきです.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

次に、重いフェンスを取り付ける予定の場合 – 特別なM-150ソリューションを使用する. 彼らは地面から杭の出口の場所を強化するべきです. そしていずれにせよ、デザインの最大要塞を達成するために具体的な解決策でキャビティを注ぐことをお勧めします. また、注ぐとデザインの耐湿性が高まります. オーバーヘッドはプライマーおよび腐食防止溶液で満たすことができる.

次に、ストラップと同時にサービスを提供するガイドを取り付ける必要があります。次に、すでに充填を添付できるラックを取り付けるために進みます。.

それは審美的に見え、低コストを持っているので、ほとんどプロのフローリングを使用しています.

パンチルパネルは、キャリアピラーと平行に設置されています。. 最初のインストールシートの前に、歪みを避けるためにすべての測定値を正しく作成する必要があります。. これを行うには、列の間の構造スレッドをもう一度使うほうがよいですが、クラッドの取り付け時にナビゲートできます。. すべての測定値が正しい場合は、最初のシートが遅れに適用されます。. 以降のシートはすべて添付されています。. この段階で不快な串を避けるために数回移動するのが良いです。.

クラッディングを固定した後、ゲートと改札の設定を開始できます.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

スコアリングパイルピラーまたはそのレンガのアナログは、正のフィードバックしかありません。. 慎重に取り付け手順に従ってください、そしてフェンスは長い間あなたに役立ちます、同じ強力な残り.

この記事では、あなたは杭を選ぶ特殊性を特殊化することができました、柵や指導を取り付けるときの複雑さ、どのようにあなたは独自にフェンスを造ることができますか. 留め具が正しく取り付けられている場合、あなたのフェンスは長年続きます。. 建築材料市場でとても人気がある山の最低価格と信頼できる品質のためです。.

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

フェンスのためのねじ杭:選択の特徴と微妙な

ネジ山にフェンスを置く方法については、次のビデオを見てください.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する