溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接された金属製フェンスは、設計の高強度、耐久性および信頼性を特徴としています. それらは、サイトと領土の保護とフェニズムだけでなく、それらの追加装飾としても使用されています.

特有の

他の材料で作られたフェンスのように、金属溶接フェンスには独自の個々の機能があります。.

  • 主な特徴は製造材料です. 今日では、いくつかの種類の金属製品が、お互いの価格と品質特性とは異なります。.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

  • 第2の特徴は、溶接を用いてフェンスの全ての部分を互いに接続することが可能であるという事実にある。. 溶接機はガスまたは電気にすることができます.
  • 3番目の機能は、溶接された製品を偽造されたものと組み合わせることです。. 信頼性が高く耐久性のある金属製のフェンスだけでなく、同時にそれらを実際の芸術作品にすることを可能にするのは彼らの共生です。.
  • そのような溶接されたフェンスの第4の特徴は、それらの特別な防腐によって義務的なコーティングにあります. 彼らは彼らの外見だけでなく定性的な特徴を維持するために長時間の金属の詳細を許可します。.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

特長に加えて、溶接されたフェンスにはプラスがあり、ただし、他の材料からの同様のデザインのような短所があります。. これらの点は注意を払うべきです.

賛否

そのような溶接された金属製のフェンスの主な利点の中で、専門家は以下を特定する。

  • 高品質の錬金ングにのみ劣っている高レベルの強度. そのようなフェンスは壊れて曲がるのはかなり難しいです.
  • 負の気候にさらさないようにしてください. 急激で強い温度の上昇または減少しても、フェンスはその資質を失うことはありません.
  • 通常の条件下でまっすぐにするのは難しいです.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

  • 火をつけることができません.
  • 手頃な価格を持っている、さまざまなモデルを表します.
  • マイナスや破壊のある金型と菌類の影響を受けません.
  • 長いサービス.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

  • 短時間で製造する可能性.
  • 他の材料からのフェンスとは対照的に、溶接されたフェンスは視覚的に視覚的に閉じられないようにしていない.
  • そのようなヘッジは絶え間ないと徹底的な注意を必要としません。.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

そのような重いそして重要な利点にもかかわらず、溶接されたヘッジは短所を持っています:

  • そのようなフェンスは、外部からのほこり、汚れやゴミから領土を保護することができません.
  • 溶接ヘッジの設置は、不正な人の面積を浸透させることを困難にしていますが、目の目からの領土を許可しません。.
  • 金属自体は、すべての強さと耐久性にもかかわらず、強く腐食の影響を受けやすい.
  • 特別な経験なしでそのようなフェンスを作り、道具はほとんど不可能です.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

これらのデザインは依然として欠点以上のものを持っているので、マイナスの存在にもかかわらず、それらの人気は減少しないことは驚くべきことではありません.

ビュー

スペシャリストは、3種類の溶接金属フェンスを割り当てます. それらのそれぞれは、あなたの要件を満たすものを理解するために詳細に研究される必要があります。.

メッシュ溶接フェンス

この実施形態はユニバーサルと見なされ、任意の領域に設置することができる。. サイト上で最大の日光を見逃しており、最低限のコストとシンプルなデザインがあります。. そのようなフェンスの主な特徴は、どの地域でのその設置の可能性です。.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

そのようなフェンスの主な利点は考慮されます。

  • 低価格;
  • クイックインストール;
  • 実用;
  • 介護不足
  • 魅力的な見方。
  • 巻き毛の支持として使用する能力.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

そのような溶接フェンスと短所があります. 主なものは、すべてのモデルの同じ外観とほこりや破片からの領土の保護、ならびに迷惑な動物です。.

部分フェンス

そのようなフェンスはプロファイルフェンスとも呼ばれます. ヘッジ自体は、互いに調理されたプロファイルパイプの部分で構成されています。. このフェンスはしばしば人々の虐殺の場所に設置されています:正方形、公園、病院、そして駐車場で.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

そのような設計の利点は考慮されます。

  • 製造や設置の容易さ
  • 長い耐用年生
  • 美しい外観。
  • 隣接地域の優れた調査を確実にする.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

マイナスなしではここで費用がかかりませんでした. 主な欠点は、外部からの鹿草からの不採算であり、倒れたゲストの領土へのアクセスが簡単です.

CGINAN-溶接ヘッジ

本質的に、それは溶接されたフェンスと鍛造フェンスのハイブリッドです. 最近、そのような製品がマイナスよりも多くの利点があるため、人気が高まります。.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

利点は次のとおりです。

  • 外観;
  • 第三者の浸透からの領土の高レベルの保護
  • クイックインストール;
  • 長い耐用年生
  • ユニバーサルインストールの可能性. これは、そのようなヘッジが民間地域と公共領土の両方に適切になることを意味します.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

短所について話したら、クックポエルドフェンスは1つです – かなり高い価格. そのような溶接フェンシングの3つのタイプしかないにもかかわらず、それは様々なバージョンで製造することができる。. フェンシングモデルはかなりロットです.

製造

必要に応じて、溶接されたスチール製フェンス、そして自宅であなた自身の手で作ることができます. これを行うには、溶接で作業するスキルが必要です. 事前に必要なすべての道具や材料を購入する必要があります。. 自宅では、それはワイヤーからフェンスを作ること、つまりメッシュフェンスやプロファイルヘッジをするのが良いです。. 次に、これらのパネルは簡単なので、正確に2番目のオプションの実行を段階的にレビューします。.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

始めるには、在庫を在庫切断する必要があります。

  • ロープとルーレット。
  • 水、スクリーニング、砂、セメント。
  • ストラット
  • シャベル;
  • ブルガリア語;

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

  • レベル;
  • 溶接;
  • ペグ
  • 建設ミキサーまたはドリル。
  • 基礎のための継手。
  • 適切な直径のパイプのプロファイル.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

すべての作品は将来のヘッジのスケッチを作成することから始まります. 図面は、各セクションの高さと幅の正確な表示、およびすべてのフェンスの周囲の全面積を正確に示しています。.

さらなる配列は次のとおりです。

  • 将来の参照柱の場所を決定する必要があります. これを行うには、その周囲の境界の境界から、伸ばされたロープを持つペグ. それらの間の距離は2.5メートルであるべきです.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

  • 将来柱が設置される場所に穴を掘っている必要があります。. それらの深さは少なくとも1Mであるべきです.
  • ピーターはピットに設置され、セメントモルタルで注がれています. すぐに、それらの均等性をチェックして、必要に応じて、解決策が凍結されていない間に必要な場合は必要です。.
  • ここで、セメントが乾いている間、パネルの作成に進むことができます. プロファイルパイプから、以前に作成されたスケッチに従って、フェンスの将来の要素が溶接されています.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

  • セメントでいっぱいの後にそれらを列に添付することができます.
  • パネルでのサポートがより良いボンディングのためには、小型格子が必要です. 格子の作成は、パイプが2つのコラムを接続するように、下部および上の2つのプロファイルパイプを各サポートに溶接することで構成されています。. 完成したセクションが将来溶接されているそのような追加の支持体である。.
  • 全ての作業が終了した後、溶接されたフェンスの全ての部分を腐食防止溶液で処理し、次に選択した色で塗料する必要があります。.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接された金属製のフェンスの独立した製造は面倒で長期的な授業であるが、仕事の終わりに得られた美しく耐久性のあるフェンスは、そのような費用を十分になす。.

有用なアドバイス

最後に、私はあなたの注意に役立つ勧告を紹介したいと思います。.

  • あなたがあなた自身の手でそのような柵を作ることに決めたならば、あなたはデザインフェンスのために最大限のシンプルを選ぶべきです. 複雑な設計で美しいフェンスを作成するためには、追加の資料だけでなく特定のスキルも持っている必要があります。. 同じ理由で、ネジ山の上に独立して構成されていることを試みるべきではありません.
  • 支持柱に保護キャップやプラグがあることを確認してください。. 彼らは汚れ、ゴミ、ほこり、大気沈殿物を内部に浸透させ、デザインの安定性を破壊することはありません。. 通常工場のヘッジはすでに装備されています。. そうでなければ、プラグは独立してプロファイルストアで購入されます.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

  • 少なくとも年に1回、柵の腐食からデザインを保護する特別な保護具で扱われなければなりません。.
  • そのような溶接されたフェンスを染色するためにそれはアクリル塗料を選ぶほうがいいです. 油のカラフルな混合物はすばやく剥がれや治療されるため、さまざまなマイナスの影響から金属を完全に保護することはできません。.
  • 溶接されたヘッジに要素が鍛造された場合は、支持として、円形または正方形の断面を持つ柱を選択するのが最善です。. そのようなフェンスは特にスタイリッシュで美しく見えます.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

美しいオプション

溶接された金属製フェンス – これは金属製のフェンスではありません. その選択への適切なアプローチで、それはスタイリッシュで、美しく珍しいことがあります.

  • 鍛造要素を備えた低溶接フェンス. そのようなフェンスはモダンで美的に見えます. 必要ならば、そのサイズを大きくすることが可能であり、より大きな領域のプロットを保護するために得られるフェンスを使用することが可能です.
  • 周囲の外部に収まることは不可能なのでミニマルなメッシュフェンス. その基本的な機能を実行し、その領土の分離を実行することはここにあります。. 同時に、彼は他のアイテムからの眺めをそそらせません. そのような標高と見えるように、そして同時に見えない.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

  • この種の断面溶接フェンスは、プライベートエリアへの設置、ならびに正方形、公園、病院への設置の両方に理想的です。. ナンセンス、しかし同時に、高品質の特性を持つ集約の珍しい美しい景色はそのようなフェンスの好ましい買収を行います.
  • 別の外観を持つ別のクック溶接フェンスですが、ハイライトがあります. その上部に位置する尖ったピークは、その領土の外国人のアクセスを妨げるでしょう. このオプションのフェンシングは、学校、幼稚園、そして国内で適切になります。.

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

溶接されたフェンス:デザインとマウント微妙な特長

あらゆる種類の溶接金属製のフェンスはスタイリッシュでモダンで美しい、そしてこれらの写真はそれを明確に確認してください. 一般に、溶接された金属製フェンスは、むしろ、プロットの境界とそれらの小さな装飾を明確に分割するのに役立ちます。. 目を隠す目的から領土を隠し、彼らの助けを借りて他の人の人々からプロットを守ることはほとんど不可能です.

溶接フェンスの設置の構造と複雑さの特長については、次のビデオを参照してください。.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する