金属フェンスの設計の特徴

当初、フェンダー構造は領土を保護するための手段にすぎませんでした – フェンスは個人所有権の境界を明らかに悪化させ、したがって単純で非部分がありました. 今日、フェンス機能はより美的な性質を獲得しました – 所有者は彼らの領土を決定するだけでなく、フェンスの外観を選択する際に洗練された貴族でさえあると主張することを主張する. これは、メタリックフェンスが現代の世界で人気を獲得したため、幅広い材料で最も重要なソリューションを実装することができます。.

金属フェンスの設計の特徴

特有の

フェンスには多くの利点があり、現代の世界では関連性があり、非常に一般的なものがあります。. 任意のフェンシングシステムであれば、それが断面版であろうと個人であろうと、信頼性と耐久性を区別し、それは金属製造物の使用を通して達成される。. そして適切なケアでは、鉄の構造はより耐久性があり、それは彼らの操作中に手間が少ない.

金属フェンスの設計の特徴

スチールフェンスのもう一つの特徴は汎用性です. 予定の両方に現れます(家計のプロットの境界、生産施設の領土、建設オブジェクトの領土、建築物の領域)、および形式(透視織物、軽量メッシュバージョンまたはより重いモノリシック品種). これらの形態はすべて、他の要素、レンガ、石と完全に調和しています。.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

ビュー

近代的な市場は、領土のフェンスのための膨大な量のオプションを提供しています. それらは次のカテゴリに分けられます。

  • 鍛造する. 鍛造されたヘッジは、鋼鉄と鋳鉄からの鋳鉄からの鋳鉄製の鋳鉄製の鋳鉄からの産業スタンピング方法によって鋳鉄から行われます。. フェンスのユニークで魅力的な外観を与え、それをアートワークのランクにするのは、それを与えるものです。.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

そのようなフェンスの主な利点は素晴らしい強さです. 鍛造構造は機械的損傷や様々な変形に対して非常に耐性があり、それは製品の寿命を延ばす. しかしながら、製造の複雑さのために高価な快楽の1つである。. ほとんどの場合、芸術的な鍛造はスペースの制限としてフェンスを表すものではありませんが、それどころか、それは有利には建築とスタイルのスタイリズムを強調します。.

金属フェンスの設計の特徴

  • モノリシックスパンで. このタイプのフェンスはラックまたはピラーで、スパンのモノリシックシールドが取り付けられています. 鋼管、レンガ、木材などのさまざまな種類の材料から垂直支持体が作られています。. 様々なプロファイルの穴あき金属シートであるパネルプロファイリングフローリングの最も一般的なタイプ. プロのフローリングは亜鉛および他のポリマー物質で覆われていますが、この材料の色の色の巨大な選択、ならびに金属の耐食性があるため.

金属フェンスの設計の特徴

スパンシールド – 金属の別の選択:固体鋼またはアルミニウムパネル. 側面は、様々なカラーパレットだけでなく、たとえば木や石の​​下でのあらゆる種類の図面やテクスチャーとも行われます。. これのおかげで、フェンスはより高価で発表可能な外観を獲得します。.

モノリシック開口部を持つフェンスは、高さ最大3メートルまでの柵であるので、余波を防音し、余分なほこりや汚れから領土を保護しています。. そのような構造は取り付けて操作が簡単で、修理が簡単で、ホースで表面を洗うことができます.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

  • メタルスターキニ. Stakenatnikは、縦断的なクロスバーに固定されているスチール製のプロファイルからの既製の垂直ストリップです。. 当初、Stakenikは木で作られていましたが、その現代の金属のアナログは家の領土、ガーデニング、公園の景観、花壇、パサードの地域の造園になりました. 市場はこのタイプのフェンスの幅広い範囲を表しています。.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

ステークホルダーからのフェンスは高い性能を持っており、絵を含む美しく美的な種を維持するために絶え間ないケアを必要としません. また、利点は、材料の比較的安価な値および設置の容易さに起因する可能性があります。.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

  • 装飾的なフェンス. そのようなフェンスの2つのタイプが区別されています:ラビタグリッドと溶接格子フェンス. 後者は完成工場設計または自作の溶接金網から作ることができます.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

  • グリッド – 素晴らしいオプション サイトのフェンシングのために、路上動物や侵入者から領土を保護するための安価な方法であるため. それは良い照明能力を持っており、追加の日光と熱の面積を奪わない. 公共エリアでのネットフェンスを効果的に使用する:公園、学校、幼稚園、管理ビル.

金属フェンスの設計の特徴

  • 人気がある ロッドからの断面格子構造. それらは格子状の形で溶接されているロッドからの別々の部分である。. そのようなフェンスの表面は亜鉛層で処理されるだけでなく、金属腐食に対するさらなる保護を与え、カラーデザインを与える特別なポリマー組成物で覆われている。. そのようなフェンスは設置および操作が容易で、着実に装飾的です.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

賛否

金属製品の利点:

  • 持続可能性 – 金属構造は損傷に対して高い安定性を有し、特に構築物中に鍛造されたまたは溶接された要素がある場合はほとんど変形しない。
  • 耐久性 – 金属製品は大気降水量、温度降下、紫外線に対して乱用されています。これにより、10年以上にわたって操作することができます。
  • 未教釈 – 鉄製構造は実用的で汚染されておらず、必要ならばそれは簡単にきれいです。

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

  • 可用性 – ほとんどの場合、金属製のフェンスの費用は許容可能であり、その品質を正当化します. 確立された予算に基づいて、安価な解決策(グリッドからのフェンス)またはより高価なバージョン(芸術的鍛造)を選択することができます。
  • 広範囲 – 市場は買い手に大きな選択を提供しています:モノリシックパネルから縞模様のバンドの縞、リボン、さらにはブラインドまでのバンド. あなたは専門の場所で製品を購入し、私たち自身のスケッチに個々の注文をします。

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

  • 簡単なインストール – フェンスの建設は、バイヤーによって独立して実行することができます. 大型のものが少ないため、フェンスの設置は特別な教育、スキル、そして道具を必要としません. そうでなければ、この困難な事業に役立つ多くの特別なサービスがあります。
  • 装飾品 – 金属製のさまざまな形のため、そのようなフェンスは現代社会ではかなり人気があります. 彼らはまた牧場で、そして庭と公園の地域のデザイン、そして行政建物の領土の改善のためにも使用することができます。垂直方向と水平設計の両方. それは緑の植栽のレビューと検討を妨げません.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

腐食 – こちらは金属構造の主な敵です. このプロセスは避けられないため、降水量、温度差、小さな傷や設置中の損傷や損傷との頻繁な接触は、保護コーティング層を破壊し、腐食プロセスを延ばすことができます。. しかし、このマイナスはそれが難しくありません:あなたは特別な防食物質でのタイムリーな表面処理を必要とし、そして必要ならばさびた部分を排除する必要がある. 金属構造の所有者フェンスの耐用年数が注意する方法に依存することを覚えておくことが重要です。.

金属フェンスの設計の特徴

製作とマウント

フェンスの建設のためには、次の工具と機器のセットが必要になります。

  • ルーレット;
  • ロッドまたは木製のペグ
  • 測定コード
  • 水分子
  • シャベルまたはドリル。
  • 角粉砕機。

金属フェンスの設計の特徴

  • 溶接機;
  • 穴あき;
  • ドライバー;
  • kraspopult and brush。
  • 金属のためのハンズマンとはさみ.

金属フェンスの設計の特徴

フェンスの取り付けは地面によく固定されている垂直サポートラックの取り付けから始まります. 支持ピラーのための最も多目的な材料は、さまざまなプロファイルの円形または長方形の溶接パイプを提供する. しかし、ラックを選択するときは、将来のフェンスの質量を考慮に入れる必要があります. 非常にフェンス、風、その他の損傷の機械的負荷に耐えるようにする必要があります.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

フェンスの取り付けに関する作業は、次の操作の段階的な実装を意味します。

  1. 柱の設置を開始する前に、ごみや植生からの敷地を清掃する必要があります。. 可能であれば、土地は整列されるべきです.
  2. 領土のマーキング. 領土の周囲に沿って測定コードを助けて、垂直支持の場所を決定し、PEGまたはバーを入れることが重要です。. 列の間の最適なステップは2.5~3メートルです.
  3. 学部発展. ピットのサイズは絶対に異なる場合があります:直径 – 20センチメートルから深さ – 100から130センチメートル. 金属支持体の直径または周囲に応じて、サイズは各種サポートの種類ごとに個別に選択されます。. 掘削ピットの深さは、宿泊施設の分野、土壌のプライマーの深さと支持ピラーの高さに応じて選択されます。.
  4. 慎重なレベリングで柱の取り付け. 各ピットでは、20センチメートルの厚さで粉砕された石や砂利を注ぐ必要があります。. 組成物の組成の最適持続時間は3~6日である. PITのサポートラックのこのタイプの固定は、大型金属フェンシングを設置するときに使用する必要があります。.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

スチールサポートのインストールの2番目のバージョン – それらを地面に採点する. この方法は最も頻繁に柔らかい土壌で使用されています。ここで、石造りの岩がほとんどない場合、または垂直の支持に大きな機械的負荷を必要としないライトフェンスを設置するとき.

ライトフェンスのための柱を取り付けるもう一つの方法 – ブース. この方法では、ピットはタックで瓦礫または砂利で覆われています。.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属製のラックを取り付けた後、フェンスの設置を開始できます。.

金属フェンスの設計の特徴

鍛造製品の大規模なことから、支持ピラーへのフェンスのさらなる安定性のために、横方向の遅れは溶接機を使用して溶接される. フェンスの高さが180センチメートルを超えない場合は、2つのクロスバーが十分です. 標高パターン自体は通常別々に形成され、完成形態の金属フレームに取り付けられている。. 小さい高さのフェンスが最も頻繁に鍛造されたセクションであれば、プリインストールされたスチールラックまたは他の支持構造に溶接されている. 構造を設置した後、縫い目をよく清掃し、耐食性のある土壌を処理し、これらの塗料の洗いをかけることが重要です。.

鍛造ヘッジのインストールと同様に、プロファイリングされたフローリングからフェンスを取り付けるときは、水平クロスバーがサポート列に必要です。. 金属フレームの安定性のためのプロのフローリングのヨットのために、160センチメートル以上のフェンスの高さで3つの横方向部品を確立することが必要です。. ラック自体のようなクロスクロスバーは、フレームをさびから保護するために防錆組成物で治療されなければなりません.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

プロファイルされたフローリングのシートは、ある波のアレンと垂直に取り付けられています. 地球の水平面から、ばね材料では水と接触しないように、最大​​10~15センチメートルの後退が必要です。. シートの固定は、少なくとも35ミリメートルの長さで金属ねじによって作られており、これはプロのフローリングの色で選択することができます. したがって、金属板の前もって穴あけの穴あけはしてはいけません.

金属フェンスの設計の特徴

構造体の上端の不規則性を隠すには、追い越しバーを取り付けることができます. それからフェンスはより美的で完成したビューを持つでしょう。.

金属フェンスの設計の特徴

カットシートの場合、Hacksawやはさみを金属に使用する方が良いです。. 材料表面上の亜鉛から噴霧する粉砕機を使用する場合は乱れ、腐食を引き起こす可能性がある. プロのフローリングの設置プロセス中にも、材料の色の塗料を排除するのが簡単な傷を形成することがあります。. そのような塗料は任意の店舗で購入することができます。.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

スラットを固定するためにステークホルダーからフェンスを取り付けるときは、PROFTRUBEサイズ40×20ミリメートルからの交差点が溶接されます. スチールサポートとクロスバーの表面はヘッジの色の中で塗装されるべきです. これは金属の運転特性を向上させ、一般に審美的なタイプのフェンスを与えるでしょう.

板は4か所の横のジャンパーに固定されています。上部と下部の2本のネジ. 設置過程の材料のためには、材料は破裂していなかったため、破損していなかったので、留め具の上部および各ストリップの底部の底部の底部の底部の底部の底部の底部の底部の底部の底部の底面で締め付ける必要があります。. セルフネジの代わりに、あなたは特別な亜鉛めっき留め具を使うことができ、それはフェンスの耐用年数を拡張し、その操作を単純化するでしょう.

金属フェンスの設計の特徴

取り付け前のより提示可能なタイプのフェンシングのためには、板間の距離を計算する必要があります. このために、波長長は列の間で測定され、Stakenikの幅に分けられる. プロジェクトによって特に提供されない限り、ステッケトリンは高さの1つのレベルで、同じ距離で固定されなければなりません。.

金属フェンスの設計の特徴

フェンス用の金属パッチは、支持ラックへの溶接で溶接された断面部品として表すことができます。.

グリッドからフェンスを取り付けるときは、フェンシングの各スパンの上下の垂直ラック間のウサギが伸び、2つはスチールロッドから溶接されます。. グリッドのたるみを防ぐために必要です. メッシュを伸ばした後、その布は直径6.5ミリメートルのワイヤで固定されています. ワイヤーをセルを通してロードし、支持ピラーに溶接されます。. 仕事の終わりに、カバーサポートと塗料のグリッド.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

溶接格子からの断面フェンスの設置は、素晴らしいシンプルさによって区別されます。. そのようなフェンスを取り付けるとき、主な要因は支持ラックの良好な深さを深くすることです. それ以外の場合は、強い風にさらされたときにフェンスが変形するでしょう.

格子部分および支持体の表面は、大気中の現象に対する保護だけでなくフェンシング飽和色を与える、その後のポリマーコーティングを有する特別なリン酸亜鉛で工場で処理される。. フェンスのすべての構成要素は、専門店で完成した形で購入できます。.

金属フェンスの設計の特徴

フェンスセクションはボルト、特別な括弧、ナットの支持ラックに取り付けられています. 取り付けのための最も必要なツールはエンドキーです. 使用をインストールするときに追加の材料は使用しないでください. 固定穴の端には特別なプラグで閉じられています.

あなたが望むなら、あなたはそのようなセクションを自分で作ることができます. このために、直径5ミリメートルの鋼線を使用しています. それは要求された長さでロッドロッドからみじん切り、互いに垂直に、そして交差点に溶接するべき交点で. その結果、正方形または長方形のセルを有する溶接グリルが得られる。. 個々の製造の場合、セクションの幅と高さは独自のスケッチだけに依存します.

金属フェンスの設計の特徴

製造された色を与えそしてその性能特性を改善するためには、格子表面を亜鉛およびポリマー組成物に基づく特別な組成物を覆うことが必要である。.

金属フェンスの設計の特徴

有用なアドバイス

  • グリッドからフェンスを取り外すときは、南円で材料を地面にマウントしてはいけません、あなたはエアギャップを残す必要があります. それは材料を腐食破壊から節約し、グリッドから負荷を取り除きます。
  • 亜鉛メッキ材料からの金属構造は、特別な組成物や染色による追加の処理を必要としません. 亜鉛めっきポリマーコーティングなしのメッシュまたは格子の表面が必要な場合は、後続の色が必要です。. ペイントの芽がたくさんの塗料を無駄にしているので、塗装作業はブラシで最もよく行われ、ローラーはインターレースメッシュの場所を発音しません。

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

  • プロファイルされたフローリングからのフェンスの建設中に、あなたがブリックワークの経験を持っていないならば、それを組み合わせたソリューションのために服用してはいけません。
  • フェンシングアートフォッピングのために個々の注文をする前に、フェンスのサイズと素材だけでなくパターンでも決める必要があります。. デザイナーと一緒に、作品の例を使ってアルバムを見るべきであり、スタイリスティクスティスティクスの構築に適した要素を選択する必要があります。. 国立チームや区間のデザインかを判断する必要があります. 鍛造ヘッジをより早くするプロセスのために、スケッチを事前に描き、それらにマスターを提供します。

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

  • 鍛造フェンスを育てるときの運転中は、粉末染色を使用しないでください. 図面の断片でコーティングを均一に分配することは困難であり、汚れの薄い層やその欠如のために腐食のリスクが生じる可能性があります。
  • 家庭部では、金属のフェンシングをポリカーボネートと組み合わせることができます. その透明構造によるこの材料は良好な照明能力を有し、それは部位の追加の光および熱を与える.

金属フェンスの設計の特徴

美しいオプション

芸術的な美しさについて話すならば、これの紛れもないリーダーは装飾的な鍛造フェンスになるでしょう. しかし、このタイプの製品のための高価格のために、いくつかは芸術的な鍛造の標高を取り付ける余裕があります. ただし、総合的にスタイリズムに合わせて調整することができ、地域の美しさを強調することができるフェンスのための準備されたオプションを検討することができます。.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

装飾

現代のフェンスでは、サイトの境界を特定し、私的な財産を保護するだけでなく、所有者の性格を強調する特定の要素も身に付けます。. フェンスの本来の装飾のために、デザイナーは様々な材料を組み合わせるだけでなく、様々な色や作曲を適用し、そしてより良い手入れのある種を与えることをお勧めします.

金属フェンスの設計の特徴

装飾の主な要素は次のとおりです。

  • 主な装飾 – 色と質感. フェンスは、テクスチャコーティングまたはプロファイルシートからの金属 – ハンディングで作ることができ、その表面はカラーポリマーで覆われている。
  • 刻まれた鍛造要素. 伝統的な形状 – 花、俵、ピーク、カール、リング、モノグラム. フェンスの鉄で作られたそのような部品は、あらゆるフェンスでは装飾的に見えるだけでなく、非常に個人です。

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

  • 描く. バーンアウトと大気降水量に耐性のある特殊塗料によって行われる. フェンスのパネル表面には、プロットパターン、装飾品、パターン、さらには絵画の複製に適用できます。
  • フォームと材料の合成. 世界で最も一般的な訓練の1つ. それはレンガとステークス、透かし彫り、石、鉄棒、ポリカーボネート、木製の要素と鋼棒の組み合わせです。. 様々な多く、著者の想像力を制限することはできません.

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

金属フェンスの設計の特徴

フェンスの装飾の様々な変化は、アイデアの個性を強調するだけでなく、特に計画の実施形態では自分の手を使った場合にも製品のコストを削減することができます。.

金属のStakenikで作られたフェンスを作る方法は、次のビデオを見てください.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する