Dowelの下でドリルを選ぶ方法?

その構造内の密集した材料または緩い材料からなる表面上の吊り下げ構造を固定するために適用 特別なダボファスナー. このアタッチメントの信頼性は、サイズと直径がどのように選択されているかによって大きく依存します。 ダボ. しかし、これはすべてではありません。.

そのような状況を避けるためには、ダボファスナーのサイズに対応するように壁を掘削するための右ドリルを選択する必要があります。.

選択の基本原則

ダボの下にドリルを正しく選択するためには、以下の原則で案内される必要があります。.

  1. まず第一に、それが必要になるでしょう 壁面の構造を決定します, それは働かなければならないでしょう:それはそれが成る材料からそれが成るものから、そしてこの材料が設置時にどのような条件であるか. 作業面に外側コーティングがあるかどうかを考慮に入れる. 設置時の密度と運転状態も評価されています。.
  2. Dowelのサイズを拾います – この目的のために、設計のどの重量が設置されたファスナーに耐える必要があるかを決定します. 軽量の吊り下げ構造は、ファスナーの最小の直径を使用して設置されており、重量は100 kgに達していますが、すでにアンカーボルトを使用して取り付けられています – この場合のダボは適用されません.

ダボ固定の取り付けの壁に行われるドリルを選択する, このマウント装置の選択された直径のサイズを考慮してください。. そのようなマスタータスクの実行を容易にするために マーキング寸法を指向した, ダボとドリルの両方で利用可能です. さらに、ダボファスナーも持っています 除去情報, 吊り下げられた構造物の取り付けに関して考慮に入れる必要があるものも考慮に入れる必要がある.

電気ドリルと2種類のドリルを使用して推奨されている固体モノリシックウォールの穴をドリル.

最初のドリル ダボの直径よりわずかに小さい直径が必要です. それは吹き付けられた電気ドリルカートリッジに固定され、壁に所望の深さまで穴を吹き付ける。. それから取る 第二のドリル, その直径はダボ固定の直径に等しく、望ましいサイズの下で作られた穴の延長を行う – この作業はもはや衝撃ではなく、電気ドリルの通常の設置モードでは.

あなたが大きなドリル直径を扱う必要があるならば、電気ドリルの代わりにそれは使用するのが最善です 穴あけ.

小径の2つのドリルを使用してください,

  • あなたはあなたの電源ツールを過負荷にしません,
  • このようにして、所望の直径を有する取付孔を得ることが可能であり、それは壁に設置されたダボをスクロールさせる可能性を排除するので、吊り工事の信頼性の高い取り付けを確実にする。.

モノリシックコンクリートで作業する 専門家は、勝者やダイヤモンドのスプレー機械を使用することをお勧めします.

緩いテクスチャを持つ表面に取り付け作業が行われる場合、ドリルの直径はダボアタッチメントの直径よりも1-2サイズで選択されます.

このアプローチは与えます 調製した穴の留め具要素の密接に入る可能性, そして、緩い材料を掘削する過程で発生する壁の内側の小さな破壊があっても、ダボはできるだけ近づくでしょう.

er 壁穴の長さ, それからそれは通常、ダボの長さよりも3~5 mm長く行われます. 留め具の密な嵌合の過程で、穴の壁を穿孔するときに堆積した塵埃が干渉しなかったことは、完全に提出されていないことを除去することが必要である。.

ウェイトアイテムで選ぶ方法?

ドリルの直径を正しく選択する必要がありますサスペンション設計の重さに基づいていなければなりません。. このインジケータが高いほど、ダボファスナーがあるはずです。. ドリル直径とダボの直径の比率は次の表を決定するのに役立ちます.

ドリルパラメータ

パラメータダウエル

ネジパラメータ

直径、mm。

長さ、mm。

直径、mm。

長さ、mm。

直径、mm。

穏健

25。

3.5-4

6。

36。

6。

穏健

4-5

6。

46。

6。

40。

6。

56。

6。

50の

48。

40。

4.5-6

58。

50の

73。

65。

10

60。

10

50の

6-8

10

90。

10

80。

12

72。

12

60。

8-10。

four four

84。

four four

70。

したがって、上記の表によれば、6mmのダボのために、同じ直径のドリル、すなわち6mm、そして8mmのダボのために穴を開け、そして私が取る必要がある8 mmに等しいドリル.

ホールディング 労働者の中断構造の設置 直径4~6 mmのダボを用いて実施することができる. そのような締め具は、壁の写真、鏡、壁時計、小さい本棚に掛かるのに十分です。. 原則として、このような小さな重量のサスペンションデザインは、2つの添付のポイント間に分布しており、時にはあなたはできることと1つのファスナーをすることができます. この場合のダボを導入するための壁孔の長さは、3.5~6cmから行われる。.

やっている間 重量が5 kgを超える吊り下げ構造の取り付け, 厚さ8 mmのダボを服用する必要があります. この場合、ファスナーの長さは5から7.5 cmであるべきです. デザインを緩やかなコンクリートに取り付ける場合は、ドリルの直径を6 mm、穴の深さが少なくとも8 cmにする.

単純なサスペンション製品の固定化のためには、それは最も頻繁に十分な、そして2つの留め具です.

重量が10kgを超えるすべての懸濁構造. この場合、ダボ直径は8~14 mmにすることができます. 開口部を準備するために、ドリルは同様の直径で選択され、運転中の穿孔器を使用し、そして訓練は勝利の先端で撮影されます. サスペンション設計を安全に解決するために、少なくとも4つの添付ポイントを実行することをお勧めします。. 大型の荷重による緩い材料が崩壊することができるので、耐久性のある壁面上にのみ吊り下げられた構造を取り付けることができる。.

吊り下げ構造物の重量が60~100 kgを超える場合, 次に、設置用ダボファスナーを使用せず、この場合はアンカーボルトが使用されているため、ずっと高くなっているためです。.

固定

最近、建設市場は低強度の材料から多くの壁面を実行する傾向を築いてきました。. このオプションに起因する可能性があります 石膏ボード. また、小さな強度が観察されます 曝気コンクリートと木製のパネルだけでなく、古いレンガの中で.

そのような低強度の表面に中断されたデザインを取り付ける必要がある場合, ナイロンシリンダーとネジからなるダボファスナーを購入する必要があります。. そのような取り付けの直径は10 mmを超えています. 壁との信頼できるカップリングを得るために、取り付け用穴の長さは少なくとも60 mmになります.

この場合のドリルは、ダボ固定の直径よりも1-2サイズが選択され、その後、壁は従来のハンマーダボファスナーの助けを借りて壁の穴にきちんと分割される。.

ゆったりとした壁面を扱う, マスターは、この荷重が壁の大きなセグメントの破壊を引き起こす可能性があるため、この場合の衝撃モーターが適用できないことを覚えておく必要があります。. 外部ダメージがプロセスで顕著ではないとしても、壁の内側の材料接続の内部障害の存在下では疑わない.

あなたがダボの直径に等しいドリルの直径を奪うならば、濃い着陸はうまくいきません、そしてマウントされたダボは時間の経過とともに消耗するでしょう. ダボ固定が壁の穴に駆動することができるように、それは少し少なくなりますが、そのような締め具の強さは高く信頼性があります。.

    繊細な壁を使って作業するとき、穴がダボより少ない3-4サイズの直径で始まる. それから1サイズのドリルをもう1サイズにして壁の穴を広げ、それを目的の直径に引き上げます. 一貫した展開を伴うそのような掘削により、緩い曝気具体的な材料の完全性を維持することが可能になり、不必要な破壊なしにサスペンション構造の高品質の締結を行うことが可能になる。.

    ダボの下のドリルを選択する方法についてのビデオを見てください.

    記事を評価する
    ( 評価はまだありません )
    コメントを追加する

    ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: