Logidについてすべて

現時点では、天然素材からのさまざまな構造物の建設技術の人気が高まっています. そのため、多くのログについてすべてを学ぶことを試みる理由です。. もちろん、この場合の重要な利点は環境純度です。. ますます、選択は同じ直径を持つ処理されたログを支持して行われます. これは、そのような材料で仕事がはるかに簡単であるという事実によるが – ほとんどの場合終了は必要ありがとう.

Logidについてすべて

Logidについてすべて

それは何ですか?

このタイプの現代建材は丸太、送信された. 特別な機器(フライス盤)を使用して行われ、関連技術によると. 同時に、主な特徴と明示的な競争上の優位性 – 全長に沿った同じセクション.

Logidについてすべて

初期製造段階で、木は選別によって分類されます. それを処理するプロセスではあらゆる形式があるかもしれないこともまた注目に値する. もう1つの重要な点は、さまざまな外的要因の悪影響を妨げる木材の含浸です。.

Logidについてすべて

今日まで、OCBは広範囲の建築材料です。. 角と美学が角の頭にある場合、それは最適な選択になるでしょう. 私たちはまた、最も非標準的で大胆な建築デザインの生活の中での化身の本当の可能性について話しています.

Logidについてすべて

賛否

検討中の材料の主な利点は、以下の重要なパラメータを含める必要があります。

  • 自然の質感の美学。
  • 快適な微気候を提供する空気循環
  • 熱および遮音性の特性。
  • 壁装飾のための経済的費用を減らす能力。
  • 最小限の時間コストを必要とする構造の組み立ての最大単純さ。
  • さまざまな完成プロジェクトと設計者ソリューションを実装する可能性があります。
  • 環境への親しみやすさ
  • 最大寿命(問題のない木製の建物は60〜80歳以内に運営されています).

Logidについてすべて

Logidについてすべて

上記に加えて、そのような材料があなたが任意の計画の建物を建てることを可能にすることに留意されたい。. 断熱材の観点からは、ログはSIP-Panelにのみ劣っています. しかしながら、この場合、泡およびOSBプレートの特性を考慮して、環境構成要素を考慮に入れる必要がある。.

Logidについてすべて

木製の素材を選ぶときは、関連する保護を確保する必要性を覚えておくことが重要です。. さもなければ、明示的な利点の一部は時間の経過とともに平準化されます。. ログファクトリーの圧倒的な大多数の場合には、特別な構成が含まれています.

同時に、住宅やその他の構造の組み立て中に、追加の処理を実行する必要があります。.

Logidについてすべて

客観性のためには、そのリストに最も重要な欠点を割り当てることが重要です。

  • 自然な乾燥、ログ変形、すなわちそれらの曲げとねじれをつけます。
  • 設置後のリスク割れ板
  • 収縮のために仕上げの計画における特定の制限の存在。
  • 火災の危険性(実際には適切な治療によって最小限に抑える).

Logidについてすべて

Logidについてすべて

ログの収縮に特別な注意を払う必要があります. 原則として、その年の間に起こります. 当然のことながら、この期間を通して、主構造要素の形状を変えることが可能であるので、仕上げ作業は発言できない。.

これに基づいて、壁はしばしば騒音の内側と内側です.

Logidについてすべて

Logidについてすべて

みじん切りのログとは異なるもの?

これら2種類の天然建築材料の間の違いが結論されていることを分析すると、構築にどのタスクが掲載されているかを正確に集中させる必要があります。. たとえば、必要に応じて、手動ロギングとノーマニア化されたログが優れています。

  • 伝統的な技術に築かれた耐久性(文字通り)家。
  • 将来のエネルギー費用を減らす。
  • 建設の構築を簡素化する – そのような丸太は通常、損傷や損傷の影響を受けやすいです。
  • 木の自然な構造を保存します.

Logidについてすべて

ログの製造へのアプローチの違いを考慮して、シリンダー材料は多くの明示的な利点を有する。. この場合、建設時間は著しく低下することに留意されたい。. 収縮のために8ヶ月から1年に必要な手動カット.

重要な点はありません。これらは、マシン上のトランクの処理によって提供されるセットのすべての要素の同じ次元です。.

Logidについてすべて

ビュー

現代市場の関連セグメントでは、記載されたデザイン材料の様々なカテゴリーが提示されている。. そして、私たちは製造木材だけでなく、例えば3年生の原料として使用されていることを話しています. 特別なパラメータを考慮した製造木材の利用可能なすべての種は、次のように分類できます。.

  • 木材処理の種類. 依然としてたくさんのログに関連する木造住宅の建設、その形状は手で与えられています. しかし、それは特別な機器で処理された沈殿されたビレットです、今度は自信を持ってリーダーシップを捉えます. 並行して、それは自然湿度のログに注意を払う価値がある. このカテゴリには、国内市場で提示された圧倒的多数の製品が含まれていることが重要です。. これは、均一な乾燥を確実にするという問題によるものです.

Logidについてすべて

  • 乾燥の種類. この場合、2つの品種を区別することができます – それは熱的です、すなわち、ある湿度で完全に乾燥しております.

Logidについてすべて

Logidについてすべて

  • グルーブの種類(プロファイル). 2つの選択肢が可能です – フィンランドとムーン.

Logidについてすべて

Logidについてすべて

  • プロフィールの場所 – 縦(厳密に中心的な)、横方向(いわゆる着陸ボウルの形で)と対角線(非標準形式を作成する必要がある).

Logidについてすべて

リストされているものに加えて、分類時に2つの重要なポイントが考慮されます。. 私たちは生産で使用されている木について話しています。これは、材料の特性と丸太のサイズを決定します.

材料

丸太カビンのための最も一般的な材料は針葉樹です. これは、できるだけ長くてまっすぐな長さのトランクの形状によるものです。. 有意な要因は、豊富な樹脂含有量と腐敗に対する耐性を持つ木質密度です。. ただし、これらすべての特性は無条件の優位性を示していません.

競争は高い性能を低くしない落葉岩を作ります.

Logidについてすべて

松の

現時点では、あなたは最も頻繁に松から丸い丸太を満たすことができます. そのような製造業者の選択は、これらの木、木質、および比較的低コストの広い分布によって説明されています. この資料が非常に魅力的に見えることも注目に値します.

Logidについてすべて

低熱伝導率と環境要因に対する抵抗の増加とのような特性を忘れないでください. とりわけ、最小骨折形成は松の特徴を特徴とする。. 当然のことながら、それはすべて輸送規則、保管および設置の規則への準拠に依存します.

Logidについてすべて

カラマツ

シベリアラマの松木から、それは主にその硬さ、オークとブナの同じ指標に少し歩留まりです. この特徴が経時的にこの特徴が改善しているだけであり、それはカットの長い耐用年数と構造強度の増加を提供することを考慮に入れることが重要です。. 硬さや樹脂の高さのため、火災の危険性が繰り返し繰り返される.

Logidについてすべて

多くのために、カラマシからの手数料の決定と選択の決定的基準. この木は、最も近い競合他社とは顕著で、対照的な質感とは異なります。. これ自体ではペイントを使用する必要性を除外し、ほとんどの場合ほとんどの頻繁に終了します。.

Logidについてすべて

杉の

この品種からのログハウスは、天然素材の多くの愛好家の夢の限界です. この人気はこの針葉樹のユニークな特性によって説明されています。. まず第一に、スポンジと似ているシーダーの内部構造に焦点を当てる必要があります. ところで, 断面内の幹の各平方センチメートルは、空気で満たされた60,000倍の顕微鏡(チャネル)を含みます.

Logidについてすべて

杉の主な特徴は硬さ、腐敗に対する耐性、高断熱能力. また、科学者たちはこの木の香りの特性の一意性を証明しており、それは人間の健康に積極的に影響を与えます.

Logidについてすべて

アスペン

ほとんどの場合、この品種からのOCBはバスとサウナを構築するために使用されます. その特徴により、この材料はそのような構造の構造における最適な解決策である。.

唯一の条件はログの高品質の乾燥機です。これは厳格な技術コンプライアンスを備えた特別なチャンバーで行われます。.

Logidについてすべて

アスペンの成長の平均期間は最大90年です. しかし、長期肝臓が見つかりました、1.5世紀に達する. 建築材料の製造のために、45~50歳のコピーが使用されています. 木が湿地を好むように、しばしばコアが誤っている可能性があることを考慮に入れる.

Logidについてすべて

乾燥の過程で、バレルの一部は変形にさらされる. すべてのニュアンス、オシノフスキーOCBの長さ、原則としての長さは4.5メートルです。. 圧倒的な大部分のケース内のログがねじれたり曲がったりする. これに基づいて、このタイプの木材の工作物は不採算であるかもしれません.

寸法

今日、関連文書に祀られている明確な標準はありません。. 言い換えると, 理論的ログは、ほとんどの長さ、重量および直径(例えば、150,200,260mmおよび他のパラメータ)を有することができる。. 原則として、標準は製造業者自身をインストールしようとしています。. しかし、いくつかの点はまだGOSTによって規制されています.

Logidについてすべて

丸みを帯びたログの標準パラメータを送信するには、次のようになります。.

  • 直径 – 将来の壁の強度と熱伝導率を決定するため、キー値を持つインジケーター. 圧倒的な大部分の場合において、そのセクションは160から320 mmの範囲で変わる. 民家の建物では、CBが最もよく使用されている、その直径は240 mmです.
  • 作業の高さ, そこから敷設王冠の数は依存する. これは建てられた壁と仕切りの高さを指します. 値はセクションの頂点と溝の間の距離です。. したがって、月とフィンランドのプロファイルの直径は240 mmで、それぞれ稼働の高さはそれぞれ208と190 mmになります。.
  • 長さログ. この場合の規格は6 mと見なされています. n. (いずれにせよ、1メートルの倍数). 当然、個々の注文によって、ほとんどすべての材料が製造され、最大12メートル.
  • グルーブ幅(プロファイル). 同じ直径で、フィンランドの溝(140 mm)は月面(110 mm)より広くなります. ちなみに、場合によっては20 mmの月のプロファイルが拡張されています.
  • プロプル補償, その存在は、いわゆる内張力の有意な減少に寄与する. その結果、多数のクラックが形成される可能性が最小限に抑えられる。. そのようなプロピルの深さはログ部に依存し、ほとんどの場合15から20mmの範囲である.

Logidについてすべて

リストされているものに加えて、そのようなパラメータにカブとして注意を払う価値がある. 大多数のケースでは、ログは立方メートル(キューブ)によって実装されています. 同時に、溝および補償プロピルを考慮して、各特定の種類の体積をそれぞれの表に独立して治療することができる。.

Logidについてすべて

生産技術

本質的に、OCBは木の幹の一部であり、その部分は木の樹皮と木材が専門のフライス盤を持つ植物に属しています。. そのような耳切れは、同じ直径(最大厚さ)が全長に沿って維持されることを保証する。. タイプと目的に応じて、薄い、偶数ログログを作成できます。. 必要なパラメータを得るためには、いくつかのステップで材料を処理する必要があります。.

Logidについてすべて

以下の生産段階について話しています。.

  1. 原材料の並べ替え.
  2. 機械上のブランクのフライス加工.
  3. サイズを繰り返します.
  4. 天然またはチャンバーの乾燥.
  5. 必要ならば、補償プロピルの作成.
  6. ブレンを切る.
  7. 家庭用複合体の形成.

Logidについてすべて

もう1つの重要な点は、木の薪のリスクを防ぐことです. これはペイントを適用することではありません。. 防腐剤溶液、ならびにアンチピレンを含浸することによって理解される.

Logidについてすべて

アプリケーションの範囲

今日まで、丸みを帯びたログは広範囲にわたってより多くの使用を見つけました。. 当然のことながら、まず第一に、さまざまな目的の木造建築物の現代建設について話しています。. 今多くの分野で似たような建物が見つけることができます。ほとんどのものは元の種と一般的な背景に割り当てられています。. それは住宅建築物とバスルーム、家庭用施設とベランダの両方になることができます.

Logidについてすべて

しかし、列挙されたオブジェクトの構築については、記載されているタイプの建設材料を使用する方法は終わらない. それで、例えば、ウェルは非常に印象的に見え、その上部は丸みを帯びたログで構成されています. 並行して、それらは元のインテリアデザインの要素になる製品の全リストを作成するために広く使用されています。.

Logidについてすべて

その美学を含むこの天然素材のユニークな特徴を考えると、多くの家の中には最小限の丸太で作られた家具があります。. 接着剤の使用を含むログ模造を備えたベッドやその他の内装品もできます。. デザインソリューションを忘れないでください。実装は、最大に応じて内側から敷地内を分離しようとしています。.

Logidについてすべて

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する