亜鉛メッキワイヤーの特徴

現代製造業者は消費者に多くの異なる種類のワイヤーを提供しています. そのような種類は偶然ではありません。各タイプは特定のタスクを解決するために正確にそれを正確にそれを持っている独自の特性を持っています。. 電流を流したワイヤーは、特別な注意を払うべきであるため、類似の製品の種類の最も広く求められた製品の1つです。.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

一般的な特徴と予約

亜鉛メッキワイヤーは、原則として、亜鉛外塗装付きの鋼鉄糸. そのような製品の規制は、そのために行われる GOST 3282。, しかしながら、全体としての低炭素鋼線に関するものである. 電流を通されたワイヤーは異なる部分を持つことができます – 最も頻繁には丸い断面で起こりますが、楕円形または正方形の六角形に会うことができます. 台形の形で断面を持つ製品であるとは限られています.

この理由のために、ワイヤの直径はそれが解放されるのに応じて変わります。このため、1メートルの製品の重量は大きく異なる可能性があります。. 亜鉛メッキケーブルワイヤーは、さまざまな産業ニーズに使用できます。.

最大の消費者は、そのような半製品からの他の金属製品の製造に取り組んでいます – 例えば、電信や他のワイヤーです。.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

屋根配線は補強フレームワークの製造に使用され、その上にタイルやその他の材料が積み重ねられており、粉砕さまざまな製品は治療用農業の取り付けのための農業に不可欠です。. いずれの場合も、特定の特性を持つ製品が最も適しているため、ワイヤーを特定のタスクで選択する必要があり、普遍的な「優れた」オプションはありません。. グローバルには、この資料は実質的に行うことができます – 個々の製造業者は釘、楽器のための文字列、バケツのバケツなどの紐を作り出します。.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

長所と短所

電流を通された製品 – ワイヤーの唯一の既存のバージョンではなく、消費者は彼がそのような製品を必要としていることを確認しなければならず、他のものではありません。. すべてのそのような場合のように、いくつかの位置の間で選択があるのは、広範囲にわたる亜鉛メッキワイヤでさえも利点と短所の両方を有することを意味します。.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

もう1つの購入の両方についての友人もありますが、そのような製品の積極的な資質で分析を始めましょう.

  • ケーブルはよりよく保護され、より長く役立ちます。. 亜鉛保護を使用すると、コアを湿気や温度降下との接触から保護することができます。その他のアナログが迅速になる場合でもワイヤを適用できます。. 平均して、その耐用年数は亜鉛層なしで普通の製品のそれより3倍長く推定されています.
  • 亜鉛メッキ製品は通常のスチールよりも美しいように見えます. これにより、このようなワイヤーは装飾目的でさえも使われ始め、ワイヤーフレームが根本的に隠されていた前に.
  • サーモ処理ワイヤは爪の製造に適しており、これは亜鉛コーティングなしのワイヤーについては言うことができない. 釘の製造のためには、厚さのすべての規格ではなく、適切なものから、製品は優れています.
  • 厚さの厚さで選択されているめっきられた文字列を接地するために使用できます. このような素子は、配線を補強するためにしばしば使用され、配線として使用することができる。.
  • 様々な小さなことの自己製作のために完全に亜鉛コーティングを備えたスチールコード. バケツ、衣服のための肩、鎖のためのハンドル – 鎖のためのリング – これらすべての小さな結束項目は、亜鉛が外部環境への曝露から主な材料を保護するという事実のためにより耐久性があります。.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛めっきワイヤーの不足点は実際にはありません。 コストの面でさえ、それが亜鉛めっきされていることのために強く存在することは不可能です. もう1つのことは、製品の品質が製造業者、またはむしろ、彼がコアを製造するために選ばれた鋼鉄に大きく依存するということです。. 炭素が小さいほど原材料になりますが、それが示すより良い信頼性.

専門家は中国のサンプルを助言して鉄鋼Q195のブランドに基づくワイヤーを選ぶことができ、ロシアの製品は百のスタークが使用されている場合は良い品質によって特徴付けられています.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

製造

グローバルに亜鉛メッキワイヤーは、コアとしての鋼だけでなく、アルミニウム、銅、さらにはチタン文字列も備えています。. この記事の鋼は、それが比較的安価に費用がかかり、同時にほとんどの消費者の要求を満たすことができるという理由だけで、最大の倍率を検討します。. 他の金属からの文字列に基づく特定の亜鉛メッキワイヤーは、主に産業企業のための注文に行われます。. 多くの企業が鉄骨を亜鉛メッキしている場合は、 銅、チタン、アルミニウムの複写ははるかに少ないです.

他にはないような亜鉛コーティングであることに注意することが重要です、最大長寿命と印象的な強度に金属コアを提供します。. 金属の上にある外側染色も保護ポリマー層も亜鉛めっきと同じ効果をもたらすことができない.

私たちの時間にとって、人類はいくつかの異なる技術のために金属ケーブルを亜鉛めっきすることを学びました、そしてそれぞれの長所と短所があります。.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

今日まで、ほとんどの場合、弦の亜鉛めっきや亜鉛メッキの熱い方法. あるいは、亜鉛層を適用するための冷間、気温または熱拡散方法を代替として使用することができる。. 製造された同様の方法への広いアクセスで、ワイヤが特定のタスクを解くために必要な場合は、より珍しい亜鉛メッキ法が需要があります。.

現代の世界では、亜鉛メッキワイヤーの生産は世界中の全国以上の国々に設立されました – それは愚かに海外からの配達にばかに依存することがとてもランニング商品です. あなた自身のニーズの下でワイヤーを選ぶ, あなたはリリース国でそれほど多くない、特定の製品サンプルの特定の特性の数, あなたの仕事を解決する必要があるそれらのプロパティでそれらをチェックしてください.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛イジ加工の方法による種のレビュー

操作特性を向上させるための軟鋼電線は薄い亜鉛層で覆われています, しかし、最も一般的な方法は2つあります. いくつかのマスターは、特に製造業者自身が通常示すものではないので、買い手は必ずしも亜鉛めっきを正確に知らないと言う。. でも, メソッドの2番目の方法は、より高い製造コストを示唆しているため、最終製品のコストはわずかに高くなります。.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

ガルバニックコーティング

亜鉛層を使ったコーティングのためのワイヤの亜鉛メッキは特別な浴槽で行われます. スチールコードは亜鉛ベースの塩の濃厚な溶液に浸されますが、自然には、プロセスは行かないでしょう – 人に介入する必要があります. このために、電流はタンクを通過します. 同時に陽極は特別な電極を果たし、カソードはワイヤ自体です.

電気の影響下で、塩が腐敗し、放出された亜鉛はスチールコード上で鎮静する. 手順の完了後、亜鉛層がコアを適切に保護するのに十分になると、電流供給が停止され、完成した亜鉛メッキワイヤが取り外される。. この方法の大きな利点は、分子レベルで自分自身の間ではんだ付けされるのが好きな電気、鋼および亜鉛の作用の下でのものです。. この場合、外側亜鉛層の取り外しは単に不可能であるため、低いレベルでは文字通り鋼の厚さに統合されているため.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

ホット

熱い電流を付けたとき、手順はやや違うように見えます – スチールコアも液体に浸されているが、今はもはや塩の溶液ではなく、亜鉛および他のいくつかの化学元素を含む溶融塊。. この方法は、製造業者が亜鉛めっきよりもいくらか高価であるか費用がかかりますが、亜鉛が鋼をより密接にしっかりと厚くするため、潜在的に信頼性が高いと考えられています。. 同時に、コーティングは常にコードの全長に沿って均等に存在しない.

もう1つのことは、温度体制の違反が完成したロッドの強度を大幅に減らすことができるので、記載された生産方法は技術の慎重なコンプライアンスを必要とすることです。.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

製品を選択する際に、製造元のタスクにさようならを確認してください。. これを行うには、ワイヤーを曲げて分散させ、結果として生じる曲げに注意を払うようにしてください.

品質の製品は朝食の兆候を顕著にしてはいけませんが、技術違反で作られた低品質のケーブルはすぐに壊れる準備ができています.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

直径

上述のように、このパラメータは潜在的な適用範囲に直接影響を与えます。. このようなワイヤ製品での予備的な経験はありません、買い手は材料を選択するときにエラーを引き受けることがあります。, したがって、私たちはすべての最も一般的な厚さ規格に対して短時間歩きます.

  • 2 mm. ほとんどの場合、薄い薄い亜鉛メッキワイヤーは単に単に短縮されているため、柔らかさの増加によって特徴付けられる. 最後の要因は、そのようなケーブルの裸の手で嵌合を可能にしますが、ここではそれは電気工学には事実上無用です. まだ標準的な2.2 mmがあります – それは少し強いですが、それと一緒に働くことはほとんど知覚できません.
  • 3 mm. 一般に、これは同じバージョンであり、ケーブルの比較柔らかさのために簡単な手動処理を可能にします。. 同時に、それは耐久性と強さの一定の供給を必要とする人々に取ります.
  • 4 mm. そのような直径は、全てのパラメータにおいて平均的であることが慣例である。. それはまだ私自身の手でそれを知ることが可能ですが、剛性はすでに感じられています. 強度の増加のために、このタイプの製品は電気的作業に適しています – たとえば、このワイヤから接地できます。. さらに、指定された厚さの亜鉛メッキ闘牛は、製品内の自己製造されたバケツの使用を見つけることがよくあります。. 5 mmのわずかに厚いバージョンがまだありますが、それは非常にまれであり、仕事にはあまり便利ではありません。.
  • 6 mm. この規格は比較的まれですが、これは非常に明白です – 仕上げ仕上げを設置する前に主に補強グリッドを作成するために使用されています. その他の使用オプションは実際には見つかりません。.
  • 8 mm. ほとんどの場合、これはそのような製品の最も脂肪の多様性です – 彼らがどこかに会うならば、それはすでに注文されていない限り. 強度のために、これは明確なリーダーであり、材料は将来の繊維の床やブリックワークの強化に適しています。. 同時に、それは特に適用されるものではないので、あなたがなぜ理解したときだけそれを取得する必要がある。.

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

亜鉛メッキワイヤーの特徴

次のビデオは亜鉛メッキワイヤーの生産を示しています.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する