金属のためのコーンドリルの説明と選択

円錐形の作業部品を持つドリルは、長期間の使用を持つプロのツールと、ユニバーサルな使用と単純さのデザインを所有しています。. 外部的に、コーンのようなドリルビット、したがって彼の名前 – コーン. 同様の種類の構造は、バリや粗さがない丸型穴を作ることを可能にする。.

金属表面を処理するときは、絶対に滑らかな穴を開くことができます。. 作業訓練を適切に選択するには、その特性と特性を慎重に研究する必要があります。.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

特徴と範囲

円錐形のドリルはそのデザインのように見えます リングスパイラルのステップ列. スパイラルは尖っている幅広い部分から、円錐の下で狭い部分から縦方向に位置しています. いくつかの実施形態では、長手方向に配置された溝がある – それは工具の切断面を形成することである。. メタルコーンドリルが製造されています GOST規格によると. 1つの円錐形の製品を購入することによって、あなたはそれを使って様々な直径の穴を作ることができます。. インストール作業を実行する際にも同様の汎用性が節約と利便性に貢献.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

この掘削ツールはそれ自体が証明されています 高速電気ドリルの使用 – 作業の結果、高品質のエッジ部品を備えた滑らかな穴が得られます。. ドリルはさまざまな金属板の厚さに使用することができますが、最高段階でも素晴らしい作品.

切断面の設計はこのツールの特徴的であることを可能にし、鋼鉄ブランク、非鉄金属合金、プラスチックおよびプラスチック製品、木製および石膏表面を用いて作業することを可能にする。.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

ドリルの作業部分には先端の先端が装備されています 作業ポイントでツールの正確な位置を保証. アカウントのドリルは、電気ドリルやドライバーだけでなく、静止型マシンにも設置することができます。. 特別なアダプターを適用する場合は、ドリルをグラインダーまたはパンチカートリッジに固定できます。.

穴を開けることに加えて、円錐形の工具を使用して、茶色を穿孔した後に形成されます。. コニカルドリルは、完成処理を完了し、バリを削除し、掘削時のセンタリング障害の影響を修正するのに役立ちます。. このツールはよく使われます。 車両を修理する過程で、建物や建築物や建物を仕上げたり建造したりする際に衛生的な仕事を行うため.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

何が起こるのですか?

ユニバーサルコニカルドリルは回転式の電動工具のための特別な装置です. ドリルは円錐形とハウジングシャンクの形で作業チップを有し、その端は六角形または円柱の形状で処理されます。.

コーンドリルは2種類に分けられます.

  • スムーズ – 作業部の滑らかな表面を持ち、耐久性のある鋼を穿孔することができ、ドリルの深化に応じて開口部の直径を増やすことができます。. 穴の直径が正確であるように、掘削プロセスは周期的に測定を中断するために必要とされる. 測定を簡単にするために、製品上の多くの製造業者が穴の直径の大きさを指している特別な標識を適用します.
  • スピード – この設計は、その手順のために、より正確にそして単に所望の穴の直径を形成するドリルの通過を簡単に追跡するのを助けます. 段付きドリルを掘削するプロセスは、より滑らかにそして穏やかに実行されます.

経験豊富な専門家たちは、穴の掘削に関連する大量の作品を実行するとき、特に作業ビレットの薄いシートに必要な作業が必要な場合、そのコーン型の訓練を使用するのがより便利です。.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

人気のある製造業者

円錐形の工具の費用は、それが作られている材料の品質、そしてブランドメーカーとは異なります. ロシアの訓練について話した場合、両方の製品は絶対に同じである可能性があるが、彼らはヨーロッパの類似体よりも安く費用がかかります。. 最も人気のあるコーンドリルは、次のようないくつかの有名な製造業者のツールです。

  • ロシアのブランド「バイソン」と「攻撃」。
  • ウクライナのブランド “globus”;
  • 日本のブランドマキタ。
  • ドイツのブランドRuko、Bosch(プロフェッショナルセグメント)とGEKO(世帯セグメント).

これらの製造業者からの道具のコストは高くなりますが、それは申し分のない製品品質とその運転の長期的な期間によって正当化されます。.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

選択方法?

高品質のドリルを選択するために、専門家はいくつかのニュアンスに注意を払うことをお勧めします.

  • 掘削の実行速度、ならびに結果の品質はステップ数によって異なります, 円錐形の作業部分にあります. さらに、それはこれらのステップの直径、高さおよびステップです. いくつかのプロのモデルは最大12ステップを持っています.
  • 直径コーン 開口部のサイズを実行する必要があるのか​​によって異なります.
  • ドリルの使用期間 そしてそのコストは、それがなされているもの、ならびにその表面の処理からのものに依存する.
  • ロシアでは、GOSTに従ってミリメートルの寸法の指定を持つドリルを使用するのがより便利です. アメリカのプロデューサーのモデルはインチでマークされています。.
  • 長い間高品質のドリルは鮮明化を必要としません, しかし彼はそのような機会を持っていなければなりません.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

多くの場合、ツールを選択するための基準の1つがその値です。. 例えば、ロシアまたはウクライナの製造業者の製品は約500-600ルーブルの費用がかかります. 最大直径20 mmの製品の場合、そして最大30 mmの最大直径のオプションを取る場合、その価格はすでに1000~1200ルーブルになります. ヨーロッパのブランドの同じサンプルは3000-7000ルーブルの費用がかかります. マスターの費用に基づいて、1ヨーロッパのブランドドリルの代金を支払うよりも家庭用メーカーのいくつかの製品を購入することをお勧めします。.

一連のツールが必要かどうかの質問を解決するか、1ドリルを購入するのに十分です。, 実行される作業の量から解決されるべきです. 大量の仕事の頻繁な執行により、あなたが必要とする良い品質とそれらの直径の訓練を購入することをお勧めします。. 1回限りのタスクを実行するには、安価な価格セグメントから目的の直径のモデルを購入するのに十分です。.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

マーキング

コーンツールには文字と数字が付いています. デジタルマーキングは、最小から最大までのコーンの直径、ならびにそのステップのステップを示す。. ノズルが作られている合金鋼のブランドを表す文字. マーキングの最新の数字は、ロックウェルシステムのツールを示しています.

英数字ラベルは、彫刻を使用して工場によってドリルの外側から作られています. 文字と数字の位置の順序の順序は、鋼のアルファベットの指定から始まります. ほとんどのモデルは切断鋼でできているので、最初の文字は合金にモリブデンがある場合、文字表記は「MH」になります。. 次に、直径とステップの数値指定です.

ラベリングの対象ではなく、2 mm以下の直径を有するロシアで作られたドリルが注目に値する.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

サイズ

コーンの直径は2サイズです. 最初のインジケータは、ドリルの最小直径、および2番目のものに関する情報を提供します。. 直径が変化するステップもマーキングに示されています. 例えば、マーキング4-10 / 2は、このドリルを使用して行うことができる最小サイズが4mmであり、最大穴を10mmにすることができ、直径を変更するステップ、すなわちドリル直径4,6,8、および10 mmになります.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

コーティング

ドリルが作られている金属色は機器の品質指標です. ドリルが灰色のスチールシェードを持つ場合、それはそれが製造され、高温の加工にさらされていない合金であるため、このような製品は耐久性があり耐久性のないものではありません。. 黒色を有するドリルを熱い蒸気で処理し、それらの強度は銀類似体のそれよりも高い. この道具に黄金の輝きがある場合、それはその表面がチタンの層で覆われていることを意味します – そのような良好で丈夫な製品.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

シャープの可能性

使用する場合は、使用時に鮮明さが損なわれず、運転効率を向上させるために、ツールを鋭利にする必要があります。. この手順は、ツールの鮮鋭化を専門とするワークショップで、あるいはあなた自身の手でドリルを補完することができます。. この手順の手動版よりも専門の機器で行われるシャープ化ツール. 専門的な処理の選択は以下の理由に基づいています。

  • 各円錐段の直径と幾何学的形状は保存されます。
  • 切断面内の端部の正しい角度は保持されます。
  • 再計算からツールを保護するシャープの正しい技術プロセスに準拠しています.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

ワークショップでツールを鮮明にすることはできません。あなたは自分でこの仕事をする必要があります. 作業中に、次の規則に従う必要があります。

  • ドリルエッジの切断部分は同じサイズに保存する必要があります, 金属の最小部分のみを始める。
  • 最先端の角 変えられない;
  • コーンの程度の間のステップは同じであるべきです ドリルのすべてのターンで均一です。
  • 上部または下のコートの刃先から側面へ 同じ距離が必要です, 円錐工程の各直径に保管されています。
  • ツールシャープ化が行われます その厳しい固定に従う。
  • プロセスが実行されます 小さな研磨剤を持つ備品。
  • シャープ化ツール 最大保存その幾何学的比率と刃先をすべて節約します.

あなたが特別な機械を使うならば、ドリルをシャープにするのが最も簡単です、焼き切れのエメリー紙の輪. ドリルと定性的にドリルを完了したことがどの程度うまくいって、あなたがそれを使用している場合に得られるチップの性質を決定することが可能です。.

鮮鋭化が正しく行われた場合、チップは形状だけでなくサイズも同じになります。.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

使い方?

円錐形のツールを利用するには、ドリルが固定されているカートリッジに電気ドリルが必要であるか、またはドライバーが必要です。. 訓練の選択は、作業部で掘削するために計画されている所望の直径に依存する. 電気ドリルは速度制御の可能性で選択するのが最善です、速度は3000-5000rpmの操作に使用されます。.

穴あけ穴の作業は3段階で行われます.

  • ドリルは電気ドリルのカートリッジに確実に固定されています. その後、作業空白で場所は掘削穴のために予定されています.
  • ワークピースに90度の角度でドリルを置く、穴の掘削を始めます. 同時にドリルの位置は、作業が完了するまで変更しないでください.
  • 穴あけは小さな回転で始まり、徐々に速度を上げます. 必要な直径で穴に達すると、穴あけプロセスは停止します.

作業の結果は、粗さやバリなしで、きちんとしたエッジを持つ希望のサイズの穴になります。.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

介護のためのヒント

モダンな段階コーン型ドリルは、木材、金属、プラスチックなどの材料の穴を掘削するために使用できます. 使用後、ツールは切削工具を気にするように設計された特別な保護構成で扱われなければなりません. この組成が手元にない場合は、潤滑または厚い液体石鹸のためのマシンオイルを服用することが独立して行うことができます.

円錐形の作業部を定期的に取り扱う場合は、切断面の寿命を延ばすことができます, 上記の構成要素は、保管中に発生する機械的損傷中にそれらをぼかしから保護することができるので。.

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

金属のためのコーンドリルの説明と選択

次回のビデオでは、メタルグラフのステップドリルのレビューとテストを待っています.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する