ねじを選択するための種類と規則

多くの人がコンクリート基準で構造を固定する経験を持っていました. 一般的な問題の1つは、必要な場所への穴の穴あけ、およびその後のファスナーシステムの設置です。. 原則として具体的にネジを適切に選択する方法を考慮する価値がある.

ねじを選択するための種類と規則

ねじを選択するための種類と規則

それは何ですか?

GOST 27017-86によると、ネジは特別なタイプの締結具として解釈され、それはロッドの形をしています. ネジの設計も含まれています。

  • 2種のスレッド:屋外と特別な。
  • コーン形状を有する端部。
  • 製品の上部に位置しています.

このために木やプラスチックベースを使用してホールドライバーを使用して予めねじ止めされたネジを使用する工程で. ネジの製造材料は主に小さい炭素鋼を使用している. 腐食の形成に対する抵抗が増加した鋼の経過を少なくすることは少なくなります.

そのような材料の表面に保護コーティングが塗布されていないことは注目に値する。.

ねじを選択するための種類と規則

ねじを選択するための種類と規則

数年前、国内市場に新しいタイプの留め具が登場し、それは構造的なネジと呼ばれています。. いくつかの機能があります。

  • 修正された構造要素(スロット、端部およびヘッド)もまた、スレッドもわずかに修正されています。
  • 追加の保護コーティングによる鋼と合金の応用.

新しいファスナーのリリースのおかげで、製造業者はそのような製品の機能を拡大することができました。. 今、それらはファスナーを設置するための穴を準備する必要なしにコンクリートに供給することができます. そのようなアプローチは、接続された接続要素のインストールおよび互いにそれらの固定を単純化する。.

ねじを選択するための種類と規則

ねじを選択するための種類と規則

ネジが機能することができる材料の円を拡大することも可能でした. 今、そのような締結具は木材の要素、プラスチック大衆の要素に接続することができます. レンガ、銅、アルミニウムを含む合金、複合材料のリストに追加された.

最近変更されたタイプのネジは新しい方法で呼び始めました – セルフタッピングネジまたは構造ネジ. そのような締結具の構造要素は以下を含む。

  • 頭;
  • スロット;
  • ねじ棒。
  • 終わり.

それがその上に追加の要素の組織になると、彼らは著しく簡単に作業を簡単にします。.

ねじを選択するための種類と規則

ねじを選択するための種類と規則

アプリケーションの範囲

ネジはさまざまな材料で動作するために使用されます。. 高級バージョンの留め具は、主にその材料として使用して、チップボード用に使用されています。. だから、ネジは取り付けられているときに使用します。

  • 森林;
  • ジェンダーボード;
  • サンドイッチパネル
  • 木製の農場
  • 印刷.

サニタリーエンジニアリングネジも割り当てます. 従来の自己サンプルは、構造の要求された強度および剛性を達成するのに十分である.

さらに、ユニバーサルセルフタッピングネジは、さまざまなタスクを解決するのに役立ちます。. 締め付け要素は、仕上げまたは他の等しく重要な作業に取り組んでいるときに、家具工場、建設現場でよく見られます。.

ねじを選択するための種類と規則

何があるの?

ネジねじのいくつかの分類. 最も一般的なものは、次のことができる帽子を分割しています。

  • 半円形の頭で。
  • 隠れた;
  • ラウンド;
  • 正方形または六角形.

自己サンプルもそのような分類を持つことは注目に値するが、彼らが幅広い選択肢の選択. したがって、それらが使用されている領域、もっと.

ねじを選択するための種類と規則

別の課題は、先端の形状のネジの選別を意味します. 彼らです:

  • 愚かな – そのような製品は非常に信頼できないように見え、それらは様々な要素のスクリードに使用されます。
  • 鋭いスクリュー松葉杖 – 最も求められた後の考慮される.

ねじを選択するための種類と規則

ねじを選択するための種類と規則

3番目の分類はフックスレッド部門を意味します. この場合、ネジは次の種類にグループ化されています。

  • 克服;
  • 二字的.

さらに、それはM形要素の存在に注意する価値があります.

スロット上の留め具の分布をしばしば生成します. この場合、ネジは次の品種に分けられます。十字形の、まっすぐ、または六角形、旅行.

さらに、それらが働かなければならない材料に応じて、装飾的、プラスチックまたは真鍮のネジ.

ねじを選択するための種類と規則

ねじを選択するための種類と規則

ねじを選択するための種類と規則

サイズと体重

小さな留め具の主なパラメータはサイズと重量です。. 最初に考える価値があります. ファスナーの厳しい2つの主なサイズ:

  • 直径;
  • 長さ.

主直径の場合、スレッド上の突起の円のサイズを決定することを可能にするものを取ります. 現在、直径1.6~12 mmの様々なネジを超える様々なネジを超えて入手可能です。.

特定のタイプのためののこぎりは必ずしも利用可能な直径を持っているわけではありません. この点で最も人気のあるユニバーサルネジは、そのモデル範囲は残りより広いです。. 直径のための専用の自己タッピングねじが少し少ない.

ねじを選択するための種類と規則

長さは2つの方法で測定されます。.

  1. 隠された頭のために. 長さは完全に考慮されます – 頭の底から製品の島の終わりまで.
  2. 凸の頭のために. パラメータは、ヘッドの上部から自己製造の底部までの距離として定義されます。.

ネジの種類に関係なく、この場合の寸法範囲は変わりません. 4.5~300 mmの範囲にあります. いくつかの特殊な留め具は、顧客の個々の要件に基づいて追加の長さを持つことができることは注目に値します。. 特定のネジのモデルが長さの限られた範囲であることは注目に値します。.

直径の選択と固定要素の長さはいくつかのパラメータに影響します。

  • ファスナー化合物によって形成された荷重。
  • 部品の寸法。
  • ネジをねじ込む予定の材料.

ねじを選択するための種類と規則

そしてこれは製品の最終的な寸法に影響を与える要因の完全なリストではありません。. したがって、必要な直径を決定する際には、プラスチックのスパコロックにねじ込まれなければならないため、ヒントと製造元の推奨事項を考慮に入れる必要があります。. それらはパッケージまたはパスポートに表示されます.

この声明は完全に論理的なものと見なされます:より大きな直径はネジを持っています、それが耐久性があります. しかしながら、同時に、テーマの穴あけに対処することができないヘッドまたはブレークダウンツールを破るという問題があるという問題に関連して、トルクの大きさは増加する。. 締め付け下でのダボの公称長さ、要素の要素の厚さおよび選択された留め具の直径の厚さを決定する必要があるスクリュー長さを決定する必要があります。. 最後のパラメータでは、ダボからネジの端の出力を考慮に入れることができます。.

多くの場合、ネジの生産と販売に従事している企業は、留め具を販売し、重量の価格を計算します. したがって、この指標も重要と考えられています。.

Fastener要素の重みを数えるときは、状態標準およびその他の規制文書からのデータを考慮に入れることをお勧めします。. これらにはテーブルが含まれています。ここでは、各ネジの公称重量値.

ねじを選択するための種類と規則

ねじを選択するための種類と規則

人気のある製造業者

ネジの製造は、そのような締結具の需要がある場合に求められています. 言い換えれば、彼らは大消費者の近くに位置する場所で作られており、膨大な数の類似製品を獲得する準備ができています。.

製造業者のほとんどはロシアにありますが、いくつかの種類の自己サンプルが海外から国にやってくる. 同時に、国内外の両方の国の供給.

ネジの最も一般的な工場メーカーのリストを与えます.

  • “ROSKP”. 国内企業近くのモスクワ地域にあります. 様々な種類の高品質のファスナーを製造しています. モスクワやロシアの他の都市のさまざまな建設会社と協力する.
  • “dneprometiz”. ウクライナからの製造業者。.

ねじを選択するための種類と規則

  • スタンキョン. ラトビアのねじ込み植物. 定期的に発行された製品をロシア連邦の領土に供給する.

ねじを選択するための種類と規則

  • “ARS-PROM”. ファスナーと排気傘の生産に従事している驚くべき企業. 屋根のための金属タイルの製造も行います. 植物はチュメンにあります.

ねじを選択するための種類と規則

  • ノルマンドの場合. 外国名にもかかわらず、ブランドは国内と見なされています. 高品質なネジを製造するための植物はモスクワ地方にあります. とりわけ、製造業者はハードウェアおよび他の種類の留め具を製造している.

ねじを選択するための種類と規則

  • 教授. 同社はUlyanovsk地域にあります. 多くの分野での需要の中で、さまざまな種類の自己強金の生産に従事しています.

ねじを選択するための種類と規則

  • “積分”. ニジニノブゴロドに位置する会社は、ボルト、自給自足、そしてエアダクトの生産を生産します. 元素の製造のために、保護組成物によってさらに覆われている高品質の鋼が使用されています.

ねじを選択するための種類と規則

毎年メーカー植物の数が増えます. ただし、リストに最も人気のある企業が含まれています。.

選択方法?

ネジを購入する前に、いくつかのパラメータを考慮に入れることをお勧めします。

  • 操作中に製品上にある推定負荷。
  • 固定ユニットの種類。
  • 将来のねじの寸法は、独立していることができる計算を計算します。
  • 追加の計算を実行することによって決定されたスレッド間の間隔.

中間の需要では、12から220mmの寸法と6 mmまでの直径を有するねじが考慮される. 残りのファスナーは特殊なクラスに起因する必要があります。. 「クリスマスツリー」という名前のネジを持つゼロを省くに値する. 彼らの購入の場合、あなたは特別なダボを追加的に購入する必要があります。.

ねじを選択するための種類と規則

      具体的なベースでブラザーの購入について話している場合は、円筒形または皿頭の頭を持つモデルを好みにくい方が良いです。. 必要に応じて、そのような項目の建設的な実行を事前に検討し、それらの機能を探索することができます。.

      次のビデオで言われた自己描画からのネジの違いについて.

      料金の記事
      ( 評価はまだありません )
      友人に共有する
      Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
      コメントを追加する