蝶のダボについてすべて

今日、壁やその他の構造体の壁に取り組むときは、石膏ボードが広く適用されています。. 最初にマウントされた金属フレームワーク、石膏ボードシートが取り付けられています. 彼らの固定は様々な留め具によってなされ得る. しかし、ほとんどのビルダーは、巨大な利点を持つこの種の添付ファイルですので、蝶ダゴールを使用することを好む.

それは何とあなたが必要とするもののために何ですか?

蝶のダボは、hypinaの唇を固定するための完璧な選択肢です(漆喰で覆われた石膏シートからなる従来のドライウォール). このタイプの留め具では、資格のあるビルダーだけでなく、シンプルな恋人たちにも働くことができます – それはそれらをねじ込む技術を知るのに十分です.

蝶ダウェルは異常な形状をしており、ねじをねじると固定され、ドロップダウンの脚がGLCの後ろに隣接している. そのようなシステムのおかげで、主な材料の面積がより多くなる.

中断された要素からの負荷はすべての設置されたファスナーにわたって均等に分散されているので、それらが重い重みを保つためにはるかに簡単です。.

Dowel-Butterflyの独特の特徴は、多層漆喰乾式を固定する可能性にある. 同時に、締結具の強度は、バタフライを移動させないリブ付き部分の密な隣接することによって特徴付けられる。. プロの球では、この締め付け要素はダボネールと呼ばれます. そのデザインは耐久性のあるプラスチック製の自己プレスとベースから成ります。.

中空構造に使用されるダボネールはいくつかの部分で構成されています. TSANGは金属製の袖と秘密の頭のあるねじ付きのねじ. しかし必要ならば、あなたは別のネジを拾うことができます – それはすべて作業ベースの種類によって異なります. 例えば、Hiltiは、ネジを持っていないドライウォール用の販売アンカーを置く.

仲間の仲間は、彼らの仲間とは異なり、いくつかの疑わしい利点を持っています。.

  • このファスナのプラスチック部分の厚さは10~20mmの範囲で変動する. これは、ネジをねじってねじ込むためのいくつかの手順を実行するのに十分です。.
  • 乾式壁の裏側からねじらせると、材料の全面積への均一な負荷分散を促進するリテーナが形成される。. アンカーを吹き飛ばすことは脆弱になる.
  • 縦断面の存在のために、肋骨のダボはベースで硬い. 主なことは、ファスナーの厚さが作られた穴以上であったということです。.

石膏ボードで作業するときの多くの人はダボネールの重要性を理解していません. このシート材料は、壁と天井の整列として使用されます。. 構造上の石膏ボードは非常に壊れやすく、大きな負荷に耐えることはできません. このため、ランプ、絵画、その他の軽量要素のみを隠すことができます。.

バタフライダボはまた、シップボード、PVCパネル、およびシート種の他の材料を固定するためにも使用されます。. いくつかのマスターは、この種のマウントがコンクリートに適していることを保証しますが、異常なスリーブを持つダボネールがそのような固体基礎のために開発されていることを保証します。.

種のレビュー

恋人たちは金属製品からの小さな棚を構成する原則として、ファスナーの多様性がわからない. 今日、プラスチック、金属、ナイロンからの蝶ダボ. サイズについても同じことが当てはまります. 最小のダボ – バタフライ8×28 mm. 彼らは耐久性があり、強く、しっかりと穴に座っています. しかし、それらは軽量構造を扱うときに使用されます. 主なことは、自己タッピングねじで非常にめったに基づいていることを覚えておくことです。. 基本的に、彼らは別に買わなければなりません.

10×50 mmのダボ蝶のオプションは重い違いを有する. 特定の設計要素が広い. 特別な舌は基礎への追加の固定を保証します. この寸法の多様性は建設部門の広い需要で使用されます. 10×50mmのダボはナイロン、プロピレンおよびポリエチレンから製造される. これはファスナーの弾力性を説明しています. 蝶ダボのユニバーサルバージョンは、シートと本格的な材料を扱うときに使用されることになっています。.

ビルダーは、大きな重い構造を固定するためにこのタイプの留め具を適用しないように助言します.

店の売り手はしばしば商品の買い手の最高のパラメータだけを祝います. それらによると、1つのダボ蝶が100kgに等しい重みに耐えることができる. そしてこれは驚くべきことではありません – 売り手は重要な販売と大きな収益です. 実際、負荷に関する情報は製造元の梱包にあります。. 標準によると、バタフライダウエルは28 kgに耐え、ユニットを実行することが可能です.

寸法に加えて、Dowel-Nailsは、渡しとサンプルオプションの操作の原理に従って分割されます。.

  • 忙しい. このタイプの留め具は天井固定用に設計されています。. 彼らは簡単にランプを保持します – タブレット、シャンデリア. 彼らの助けを借りて、巨大な絵、スポーツ設備、そして高い負荷を含むその他の機器などの壁構造を取り付けることが可能です.
  • scr scr. このタイプの留め具は、オブジェクトの壁にぶら下がっているときに使用されます。. それは保育園のスケジューリング、ランプ、おもちゃのための中断されたキャビネット.

材料

今日まで、建築店では、金属製のバタフライダボ、プラスチック、ナイロンで作られることができます. 金属ダボは改良されたファスナーバージョンと見なされます。. それらは実用性と高レベルの信頼性によって区別されます。. 唯一の欠点は高コストです. しかし、想像された修理から最大品質を得ることを望む人は、それが推定値に含まれています。.

ほとんどの製造業者は耐食性混合物を備えたネジで治療されるのは注目に値します。. 金属ダウエル釘は専門の石膏フロントの間で途方を博しています. これらの締結要素は支持され、快適で、ベースに容易にねじ込みされます.

バタフライダボを実行するためのナイロンとプラスチックオプションは、簡易ファスナーバージョンです。. 彼らは販売されていない、錆びない. しかしながら、提示された利点と共に、いくつかの欠点がある。. まず第一に、それらは低強度指標、ならびに冗長負荷の境界の減少を有する. それらは石膏ボードのシートを取り付けるために使用することができます.

均一な荷重分布は各ダボ蝶に材料の最小重量を送るでしょう. しかし最も注目すべき – 低コスト.

寸法

建設作業でよく使用される品種の大きさはすでに前に言われています。. しかしながら、提示された寸法は、建設市場または専門店で見出すことができる留め具の小さな部分にすぎない。. より詳細な理想化のために、乾式ウォールの固定に使用される技術的特徴と自己サンプルのサイズの表を見ることが提案されています.

以前は、専門家がサイズ9×13と10×50 mmの専門家によって使用されていたことが指定されました。. しかし、完全な開示が無私の長さを55 mm以下にすることができることに注意することが重要です。. 石膏ボードの外側から壁までの距離を考慮に入れることをお勧めします。. 金属輪郭を取り付けるために、天井のシャンデリアまたは壁の棚を固定するために、6×40,8×28または35×14mmのダボネールを使用することが好ましい。.

マーキング

各建物工具と材料には個別のラベルが付いています. 彼らのビジネスの専門家、暗号化を見て、すぐに使われているものを理解する. しかし、この場合の恋人は簡単ではない必要があります. しかし実際には、「マーキング」の概念において何も難しいことは何もない. 消費者とデジタルコードの値は製品の技術的特徴について教えてください。.

たとえば、バタフライダウエルオプションを考慮することが提案されており、そのマーキングは次のとおりです.HM 6X80S. 最初の文字 “nm”を使用すると、ファスナーの値を決定できます. この場合、この締結具は中空構造用に設計されていると言われています. 数字「6」は、糸の直径の指標「80」 – ダボ長のサイズ. 最後の文字 – スクリュータイプ. この場合、ストレートスロットの半円形のヘッドの話をしている「S」が示されています. ただし、他のオプションがあります。. 例えば、「SS」は六角頭の存在を表し、文字「H」はフックの存在を説明する。.

使い方?

最初に蝶ダゴーを最初に連れて行った初心者のマスターズは少し失われました. 彼らは彼らのアプリケーションの技術を知っていますが、実際には労働条件では経験豊富な専門家のみが観察された. このため、仕事に進む前に、自宅で少し練習する必要があります。.

実際には、釘のダボで作業する原則は非常にシンプルで非常に便利です。.

  • まず第一に、バタフライダボの構成を確認する必要があります. 場合によっては、自給自足を追加購入する必要があります.
  • その後、構造体の設置場所を決定する必要があります。.
  • 次にあなたはマークする必要があります. これにはレベルを使用する必要があります。. それは偶数指標を設定するのに役立つこのツールです、そうでなければ壁が台無しにされるでしょう.
  • 今、あなたはドライバーを取り、彼の頭の中にドリルを挿入する必要があります. ドライウォールが柔軟な材料であることは注目に値しますので、直径8 mmの木のドリルが十分になるでしょう. 多くのことが、ねじれの力が高すぎないが、より多くのものではないことを知っています. 経験豊富な建築者はプラスチックカップの訓練をかけることを勧めます. だからそれはあなたの気道を保護することが判明し、床のゴミを掘削構造から詰まらないようにすることがわかりました. 穴があけられます.
  • ダボを撮影し、それをしっかりと挟み込み、穴の中の穴を押す必要があります。.
  • ダボを着陸させた後、ネジをねじ込むことができます.
  • 固定要素は最終的に固定されると考えられています. そのサイズはねじの厚さによって異なります. 例えば、3mmのダボの場合、3.5mmのねじ厚さをとることが好ましい。. ネジが非常に最後までダボに入ることは非常に重要です. この次元では、壁に最も密接に取り付けられているため、ダボの翼ができるだけ明らかにされています。.
  • 最初の試みからダボを取り付けることができない場合は、引き出して穴の内部状態を確認することはできません。. おそらくゴミの内側が形成され、それは要素の入り口への障害となった.

彼らの仕事の中のインテリアデザイナーとデコレータは、ほとんどの場合、蝶のダボを使う. 彼らの助けを借りて、あなたは壁と天井にぶら下がっています。さまざまな装飾要素。. 蝶の舞台のお気に入りの劇場の眺めの眺め – それらは簡単に取り付けられ、簡単に取り外します.

特にリバエリントユーザーは、手術後に原始的な外観を復元し、それらを再び使用することを管理しています.

次のビデオでは、多機能プラスチックアンカーソルマットOLA(Dowel-Butterfly)の発表があります。.

記事を評価する
( 評価はまだありません )
コメントを追加する

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: