金属の冷たい溶接:長所と短所

さまざまな産業でさまざまな作品には、高さの強度が高いモダンな接着剤が必要です。. そのような材料は冷たい溶接です. 製品は車両や配管の修理の分野でそれらの応用を見つけ、さまざまな金属表面の欠陥と糸の回復を排除しています.

金属の冷たい溶接:長所と短所

特有の

組成物は、金属のための一般的な溶接が有効である任意の分野で使用することができますが、多くの目的の理由が後者の作業を妨げるいくつかの客観的な理由. この金属表面を配合するこの方法は、材料に浸透する溶接混合物の可塑性を使用して要素を組み合わせることである。.

冷たい溶接の特徴はまた、生産的な仕事を確実にするために専門の高価な機器を買う必要がないという事実です。. この方法は圧力溶接に起因する可能性があるが、材料の酸化物層を破壊する深い塑性変形のためにスパイクが得られ、それは結晶格子パラメータと同様の要素間の距離を作る。. それは物質のエネルギーレベルの増加であり、固体化学化学物質の創造.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

この材料の特性は、非鉄金属および鉄金属の表面や構造を扱うことを可能にします。. この固定方法の主な特徴は、冷たい溶接が加熱に敏感な金属製品の修理のための理想的な選択肢であり、異なる金属間の信頼性の高い接続を提供するという事実である。.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

この方法にはいくつかの利点があります.

  • 多くのスーパーマーケットで販売されている消費者向け製品.
  • ほとんどの場合、予備的な解体なしで要素の接続を行う.
  • 仕事は時間がかかりません.
  • 紡糸面は高温にさらされていないため、変形しない.
  • 溶接シームは美的魅力の要件を満たしています.
  • 多くの場合、この方法は詳細を接続する唯一の機会を実行します. これは、銅とアルミニウムからの元素、ならびに爆発物質を含むタンクの溶接に適用されます。.

金属の冷たい溶接:長所と短所

  • 技術は無駄を排除します.
  • 部品を接続するプロセスを実行するための最大限の努力をする必要はありません.
  • 素材は絶対に無害です.
  • 仕事には特別なスキルや特別なツールは必要ありません。.
  • +1000以上の温度で作業できる組成物の耐熱性品種があります。.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

材料の不利な点には、いくつかの機能が含まれています。.

  • 溶接シームの強度は依然として従来の溶接と比較して小さいインジケータを有するので、製品は常に工業的規模での使用には必ずしも適していない.
  • 冷たい溶接は大きな欠陥を埋め込むための材料として配置されていません.
  • 接続される必要がある表面は、組成物を適用する前に慎重な精製を必要とする。. そうでなければクラッチ品質は急激に減少します.

金属の冷たい溶接:長所と短所

ビュー

接続シームの位置と作業面の種類に基づいて、いくつかの種類のコールドウェイクを選択できます。.

  • p – アルミと銅からのタイヤやキッチン用品には、アルミニウム線にノズルを取り付けることができます。これは電気接点の接続品質を高めます。
  • 縫合 – さまざまなデバイスや機器の建物の製造、ならびに体積気密容器の製造のために設計されています。
  • シャイ – リングと接続線の製造に使用されます。
  • t t – 電気機関車のバスバー、真鍮のスタッド、バスバーを接着するために使用されます。
  • 溶接シフト – 暖房システムを含む給水、ならびに鉄道上の鉄道線を提供するパイプ用に設計されています.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

接着剤組成物およびその密度に応じて、溶接は以下のように分類される。

  • 1層または2層を有するバーに似ている粘土様(そのような材料を使用する技術は、製品の予備混合および軟化を必要とする)。
  • 塗布前に混合する必要がある接着剤と硬化剤からなる液体(したがって、二成分と呼ばれる).

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

いくつかの種類の冷たい溶接の目標向きについて.

  • 水中で仕事をするように設計された防水組成物.
  • 金属充填剤を含む車両の修理のための製品. この溶接は、特に自動車アイテムを扱うために製造されています。.
  • その構成にある充填剤を有する金属を用いて作業するように設計された製品は、そのためにほとんどすべての種類の表面が接続されているか.
  • 普遍的な目的地の溶接. それはさまざまな材料の信頼性の高い接続を提供します(木材、様々なポリマーとT. NS。. ). この商品は市場で最も人気があります。.
  • 高温冷溶接. それは+ 1500から-60の温度で使用できます.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

仕様

コールド溶接はエポキシ樹脂に基づいて製造されたプラスチック接着剤です。. 二成分組成は、その主な特性を失うことなく長期間保持される。. 単一成分製品は、それが迅速に接続資質を失うので、運用アプリケーションを必要とします.

ほとんどの場合、手段は2層シリンダーの形で生成されます. 彼のシェルは樹脂と金属製のほこりを持つ硬化剤を演奏します. そのような添加剤はしっかりした接続を提供する.

主要な構成要素に加えて、溶接は他の添加剤、例えば硫黄を含む。. サプリメントは組成物の独自の品質特性を提供します. 使用されている物質の全リスト、原則として、発表しないでください.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属用のほとんどの冷たい溶接部に存在する主要な構成要素は次のとおりです。

  • エポキシ樹脂 – 主な要素(それら自身の間の材料の結合を確実にする)。
  • 充填剤は金属製の塵埃である(束全体の強度を担うため、縫い目の耐熱性)。
  • 溶接の種類に応じて製造業者によって形成される様々な添加剤。.

冷たい溶接の温度特性も製品の組成に依存する. 通常、製品の命令には、接続が信頼性が高く耐久性がある対象のパラメータに関する情報が含まれています。. ほとんどの組成物にとって、最大は+ 260 cに等しい.

金属の冷たい溶接:長所と短所

製造業者

国内市場では、ロシアの製品が多数の消費者レビューによって証明されているため、低品質が低いため、最も人気のある製造元は外国企業です。. 国内製品は商標で表されています “Almaz”または “Pass”、ヘンケル. 外国製剤の間のリーダーが考慮されます ハイギア、アブロ、ポキシポール.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

アブロの鋼鉄。 – 普遍的な目的地のアメリカの二成分溶接. 材料は異なる攻撃的物質の効果に耐え、温度+260 Cまでの特性を完全に保持します。.

ハイギア「高速鋼」 金属、プラスチック、ストーンでの作業のために製造されました. 製品は固体化合物を提供し、機械的および化学的露光に対して耐性があります。.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

ヘンケル「瞬間スーパーエポキシ」 金属および他の材料から合金を接続するために広く使用されている. この組成物はその特性を+ 1440℃の温度に保ちます.

ウルグアイ Adefal Trading S. NS。. ポキシポール – ユニバーサル2コンポーネントコールド溶接. そのような製品の最大温度はインジケータ+ 120 Cです。.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

ゲルマニー Wurth Liuuid Metal Fe 1 セラミックおよび金属部品および構造物を用いて作業するために製造された. 材料は燃えず、溶剤は含まれていません. 溶接の組成は誘導性物質に対するその抵抗を提供する. そのような製品の最大温度は+120と見なされています.

電池と水道管の冷たい溶接 マスティクス。 他のすべての組成物の中では、同様の設計上のクローズアップクラックやその他の欠陥のタスクに対応しています。. パイプライン内の温度は許容成分+ 120 Cを超えないので、製品は自宅で使用できます。. そのような溶接により、失われた部品と新しい詳細を作成できます。.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属ケイ酸塩製品 ケリー「サーモ」 それは粘度が増加しています. 彼女は鋼鉄の耐熱合金、鋳鉄、チタンの耐熱合金を扱うことで完全に実証されています. 組成物は機械的衝撃に対して耐性があり、したがって自動車部品の修理に推奨される. 製品は+ 900から-60までの温度差に耐えられます。.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

チップ

コンポジションを適切に適用するには、多くの準備手続きを実行する必要があります。. まず第一に、あなたは表面、脂肪、油の斑点、その他の汚染からほこりを除去する必要があります. それは錆の両方に関心がある、それはクラッチ表面へのアクセスを確実にすることを慎重に信じられています. コーティングが仕事に適している後にのみ、溶接を開始する必要があります.

二成分化合物はパッケージから抽出されて徹底的に混合される. 液体および固体組成物は可塑性の状態になりなければならず、それらは様々な形状で定義することができる。. 作品はセキュリティ対策の対象だけのみ行われます – 肌への製品のリスクを排除する必要があります.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

組成物が許容可能な一貫性を獲得するとすぐに、材料は迅速に乾燥するので、直ちに目的に適用する必要があります。.

塗布された材料の層の厚さを制御することをお勧めします。. 最初の層は6 mmを超えてはいけません. 必要ならば、冷たい溶接の第2層が重ね合わされているが、前回のものの後に最終的に乾いた後にのみ. 組成物が完全に固体であるときに直接目的のための設計を操作することが可能であろう.

多くのバイヤーは冷たい溶接がどんな寒い溶接がどんな疑問に思いますか. そのような質問に対する答えは、金属表面の種類、運転条件および他の多くの基本的に重要な要因に関連するいくつかの重要なニュアンスを考えると、組成物の技術的特徴が個別に選択されるので、その答えは困難である。.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

唯一の推奨事項は、製品が正のフィードバックを持っている有名な商標を好みを与える願いです。. しかし、この場合、製品のコストはかなり高い.

冷たい溶接を購入するときに注意を払う瞬間がいくつかあります.

  • 添加剤の組成における存在およびそれらの種の存在. 充填剤は、組成物で接着されるか、またはその材料よりも低い強度を有する金属の種類に対応しなければならない.
  • 組成物がその技術的指標を保持する範囲の最小温度指標と最高温度インジケータ. 高温組成物ははるかに強いです.
  • 多くの場合、基本的な重要性は溶接の時間です. したがって、2種類の製品を取得するのがより正確になります。操作可能な接着と標準タイプの場合. ほとんどの場合、最後の種はより信頼性の高い高品質の接続を提供します.

金属の冷たい溶接:長所と短所

金属の冷たい溶接:長所と短所

間違いなく、製品は固有のものです。.

冷たい溶接がどのように機能するかについて、次のビデオを見てください.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する