チップボードとファイバーボードからの合板の違い

仕上げ材料と建材の範囲は、使用範囲に応じて完璧なオプションを見つけることができます. 革新的な技術は、原材料の豊富な多様性の出現とその処理の方法をもたらしました. 各製品には特定の技術的および運用特性があります。. チップボードとファイバーボードから合板の違いを読むことを検討してください.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

特有の

いくつかの製品オプションを比較するには、それらのそれぞれに特性を与えて機能を指定する必要があります。.

チップボード

この略語は「ウッドチップスラブ」を指します. 材料は、高価な木材を加工するときに得られる生産廃棄物から作られ、安価な品種が使用されます。. 乾燥、洗浄、その他の加工後、原料. それは粉砕され、特別な解決策と混合されています. 得られた材料はプレスおよび恒久的に高温を通過する。. 形成されたシートはテクスチャや他の指標が異なります.

積層プレート(LDSP)は大きな分布を受けました. 水平面を合わせるには、未処理のシートを使用してください. 広範囲にわたる耐水プレートと同様に.

有能な使用では、1つの平面を手配することができます.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

DVP(組成物)

この材料の2番目の名前はオーガニックです. 還元は「暖かいプレート」を示します. この製品はエコノミークラスカテゴリーのものです. 基本的には、「湿潤」法を用いて製造された固体の有機物が使用されている。. 原材料の製造に使用され、所望の一貫性に細断される. 特別な不純物や部品が追加された後. 得られた質量は容器内に保管し、プレスとハンドルの高温での取り扱いを受けて絞っている必要があります.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

密度、硬さ、顔面層に応じて、ファイバーボードを別々のカテゴリに分けます。. プレートが耐湿性になっているので、製造業者はパラフィンを使用します. 繊維板シートは床材によく使用されていますが、厚さが不十分なため、粗いコーティングとしては使用できません。. この種の建築材料は、寄木細工またはリノリウムを設置する前に表面の配向に著しく適しています。. いくつかの種類の有機物は主面として使用することができます。. 敷設後に染色された密なシートを選択してください.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

重要! 上記の2つの品種は、例えば合板で、他の種類の材料と混同されることがよくあります。. 外部類似性にもかかわらず、各製品は独自の方法でユニークです。.

特性の比較

建設および仕上げ材料市場で表される各製品の比較特性は、プレート間で共通点と違いが何であるかを明確に示しています。. 性的設計の草案や仕上げのための最も適切なオプションを選択するためには、製品の主なパラメータを考慮に入れる必要があります。.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

より安全なもの?

環境と健康の安全性 – このパラメータはメインの1つです。. どのオプションエコの質問に対する正確な答えはありません. それはすべて製品の品質によって異なります. 木材プレートの製造過程は、特定の規格や規格に準拠している必要があります。. これらのインジケータは文書化されています.

高品質で選択された原材料からのDVPの製造において、材料は最もわずかな脅威さえも表さないであろう. 2番目の種類は専門家からの紛争の原因でした. 事実は、ホルムアルデヒド樹脂が接着プレートに使用することです。. このため、チップボードはファイバーボードと比較して、より有害と見なされます。.

木材チップボードはe 0.5またはE1とマークされるべきです.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

より強いの?

この特性はシートの密度と構造によって異なります。. アプリケーションDVPとDSPの分野は異なります. 圧縮されたチップ製のシートが厚くて強くなっています. 曲げ不安定性のために、暖色シートはボイドを整列させるために使用されていません.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

大きいもの?

上記の2つの材料の幅と長さのインジケータは実質的に異なりません. 違いは厚さにあります. 水平面に使用されるDPSプレートは、16から22ミリメートルの厚さを有する。. 問題なしのこのようなシートは、負荷の増加に移されます。.

最も薄い素材、および他の種類の木製製品(合板、DPSなど)は、有機膜炎です。. その最大厚さは7ミリメートルに達します. 平均数は3.2ミリメートルです。. 薄いシートと比較した場合、当然のことながら、雷雨、当然のことながら.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

重要! 2種類の製品の違いは重要ではありませんが、材料を選択して使用する際に考慮されている必要があります。.

アプリケーションの範囲

木製プレートの使用範囲が多様です. チップボードと繊維板は長い間家具の製造における彼らの使用を見つけました. 製造業者は簡単な処理と手頃な価格のためにこの製品を使用しています。. いくつかはきちんとした審美的な種類の材料を引き付ける。. これらの利点にもかかわらず、チップボードと繊維板は天然木の強さに大きく劣っています. プレス材料から製造された家具.

家具をより表現的で魅力的な外観に与えるために、専門家は着色組成物と合成コーティングを使用します. 天然原料を模倣するシートからなる動きは非常に人気があります。. また、サブウーファーを含む音響学の生産における彼らの使用を見つけました. シートは必要な強度と低重量を持ちます. その結果、わずかな重みを持つ実用的な楽譜がわかりました.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

いくつかの種類のチップボードが建設に積極的に使用されています. これらのうち、信頼性の高い内部区画が取得され、それは彼ら自身の手で作られ、専門家の助けを借りずに設置することができます。. 上記の、我々はプレートはまた追加の床材としてのそれらの使用を見つけたと述べた. 繊維板から家具と引き出しの後部壁を作る. プレートの使用は完成品のコストとその年齢を削減します. 繊維状シートは、LoggiasとBalconiesを終了するために使用されます. 彼らの助けを借りて、あなたは場所を暖めることができますか、それを詮索好きな目からそれを閉じることができます。.

プライベートハウスの所有者も木質の建物の材料に注意を描きました. それは追加の断熱材として使用されます. シーツからの庭や庭園で役立つ軽くて実用的な一時的な建物です.

この場合は、耐湿性のあるチップボードパネルを使用することをお勧めします.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

選択するもの?

上記の材料のどれが最善であるという質問に対する正確な答えはありません。. 各オプションには、選択時に参照する必要がある特徴があります。. 建物や仕上げ材に行く前に、木材プレートの目的を判断する必要があります。. 1つの選択肢は水平面に適しているほうが適していて、もう1つは床面に向けて実用的な選択です。. 正しい選択をするには、各オプションの機能を知る必要があります。.

以下の基準に注意を払う必要があります。

  • 力;
  • 厚さ。
  • 高さと幅
  • 化合物;
  • 外観(色、テクスチャ、別のコーティングの模倣)。
  • 水分に対する抵抗。
  • 価格.

重要! 製品の価格は、製造工程の品質と複雑さによって異なります。. 原則として、チップボードはファイバーボードと比較してより高価です. 2番目のオプションは約50%の安価です.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

床の材料を選択するときは、次の機能を考慮する価値があります。

  • セラミックタイルを使用するときは、チップボードを支持して選択してください。そのようなプレートだけが必要な技術的および運用的特性を有するので、湿気および湿気からの特別な含浸を有するシートのみが適している。
  • オロレテは著しく木製のベースと組み合わせてそれ自体を示しました。シートの助けを借りて、水平面を揃え、ボードでカバーした後に揃えることができます。
  • 「ドライ」スクリードを支持して選択した場合は、チップボードを使用することをお勧めします。
  • 別の実用的で一般的なデュエット – ラミネートとファイバーボード.

チップボードとファイバーボードからの合板の違い

チップボードとファイバーボードからの合板の違いについて、次のビデオを参照してください。.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する