六角形の下のネジを選択してください

セルフタッピングスクリュー – 建設のファスナーの最も一般的な選択は、傷から、そして小さいまたは大規模な修理の間に. 任意のセルフプレスのパラメータは常に3桁で指定されており、その1番目はMMのスレッドの外径であり、その2つの2つはねじのネジの長さへの長さです。. 異なる種類の自己サンプルはねじ込みおよび建設的な特徴によって異なる. それぞれの特定の種類の自己プレスは、それが最も効果的に相互作用する特定の種類の材料に適しています.

六角形の下のネジを選択してください

特有の

六角形のネジを検討した場合、それはいくつかの外部標識があるボルトのように見えます.

  1. ネジスレッドはまれな文字を持っています.
  2. 鋭い端が鋭くなく、ほとんど目立たない.

そのオリジナルのデザインがあるという事実のために、アプリケーションの範囲は十分に広いものです。. 六角形のヘッドを持つネジをダボと同時に使用すると、このセルフタッピングねじによって木の上の大きな部分の留め具を使用して必要な部品をコンクリートに固定することができます。. 唯一のニアンス – 直径のダボは、信頼できる固定のために正確に半分に半分になるべきです.

六角形の下のネジを選択してください

機能するには、マスターを使用する予定のボルトの種類に応じて、10,13または17 mmのキーが必要になります。. 別の留め具は時々「Dehthesky」と呼ばれることがあるので、正しいアプローチで表面へのほとんどのアイテムの固定を確実にするので. 内部六角形のボルトが屋根を整理するために使用されるとき、そのデザインにはいくつかの機能があります.

  1. ドリルに似ている硬くて鋭い先端.
  2. 16進ハンドボルト.
  3. ラバーワッシャー.

後者は独特の絶縁体として役立ち、それは確実にボルトを水分から内側に保護する. したがって、この場合、錆や湿気が少なく. さらに、洗濯機は通常の条件よりもはるかに高密度にネジ接続をします. その直径では、そのような締結具は8から10mmの包括的なものであり得る。. そして長さは100 mmまでである可能性があるので、必要と必要性に応じて、屋根材の下で文字通り文字通りを選択することができます。.

六角形の下のネジを選択してください

六角形または多面ネジのうち、特別な工具を使用せずに電源を切ることができない抗海底ねじが普及しています。. 彼らのデザイン自体はすでに多くの注目を集めており、硬い締め付けはデザインのどんな種類の混乱の危険を排除します。.

デザインでプレスワッシャーを持つセルフタッピングネジも6つの顔を持つことができますが、この場合は1つの重要なニアンスがあります. キャップの面積ははるかに大きいため、金属板を固定するのに適しています. ほとんどの場合、彼らは特徴的な色はありません、外部的に彼らは普通の銀のボルトに似ています.

六角形の下のネジを選択してください

特殊なネジの設計の特徴 – 家具のための自己タッピングねじの特徴. 彼らは鈍い先端によって区別され、特別な六角鍵でねじれた. 全体としての直径は同じ長さで同じですが、ボルト自体は少し厚くなります.

家具内のそのような六角形の穴は事前に提供されています.

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

何が起こるのですか?

市場で広く使用されている可能性のある自己タッピングねじには、いくつかの種類があります。.

  1. 木の上に.
  2. コンクリートの上.
  3. ドリルで作業する特別な鋼板の場合.
  4. スピーカーの場合.
  5. ファスナーやドアのために.
  6. 遅れと鉄道のための電流をかけられた自己タッピングねじ.
  7. 配管のための自己タッピングねじ(ほとんどの場合、狭い円で呼ばれています – 配管工程).
  8. 円筒形のヘッド付きのセルフタッピングネジ.
  9. 屋根を固定するために.
  10. 大型スレッドを考慮に入れる.

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

木材の留め具は主にキャビネットの家具とその他の木造の構造の製造に使用されています. そのような自己タッピングねじは、二重形状の六角ヘッドを有する。. この場合のスレッドは非常に広いので、それを非常に確実にねじ込むことができます. そのような締結具は、窓の上の付属品、層、木製のプロファイルが設置されており、アプリケーションの範囲は十分に広いものです。. 最終結果はしばしばタスクから直接依存します.

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

金属製の輪郭を操作するためのセルフタッピングネジ、パイプまたはシートは主にユニークな設計機能によって異なります。. そのようなねじの頭部は、半球、六角形または圧縮洗浄機の形態であり得る。. そのような自己試験機の製造材料は炭素鋼であり、特に長期寿命のために処理された. そのような自己タッピングねじは通常亜鉛めっきされており、それらはユーザが容易に直径およびボルトの長さを認識するマーキングを示す。.

原則的に自己六角形は、木製品の留め具によく使用されています。. 必要な直径のレンチでスピンが可能です。. ダボが含まれている場合、それは自己建物の直径の2倍です. コンクリートの壁では、そのような締結具の下の穴は、ダボの直径によって正確に穿孔されています. 彼らの助けを借りて、スチール製の角およびガイドが固定されている. 穴が必要な直径で穿孔された後にダボ自体にねじ込まれたのこぎり. ネジとは異なり、自己タッピングねじはより広いアプリケーションの範囲を持ち、石、コンクリート、またはレンガで働くことができるより信頼性の高い締結具と見なされます。.

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

あなたが本当に一生懸命何かを修正する必要があるならば、アンカーボルトが適用されます. 彼らはダボを持っていますが、彼らは最も頻繁に金属の金属です. より密集した接続により、それが天然石で作られていても、製品は壁にきつくしっかりと固定されます。.

このタイプの自己描画は、シャンデリアまたはストレッチ天井、スポーツデザインまたは子供のスイングを固定するのに適しています。.

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

寸法

サイズに関しては、六角形のGOST径の要件に応じて8mm未満ではないことができない. このインジケータが一致しない場合は、特に他のタイプの留め具について. サイズテーブルは、六角形の次の基本パラメータを示しています。

  1. 6×50
  2. 6×60;
  3. 6×100;
  4. 8×80;
  5. 8×100;
  6. 10×60;
  7. 10×100;
  8. 12×70.

六角形の各タイプについて、特定の種類のキーが使用され、それぞれが独自のアプリケーションの範囲を有し、それらは最も効果的に行動する。. サイズおよび運用特性、ならびに構造的特徴の六角形の選択、間違いの危険性がはるかに少ない.

六角形の下のネジを選択してください

選択のためのヒント

6つの顔を持つハイライトが多くの分野で使用されており、正しい選択はさまざまなニュアンスを考慮したためです。. 正しい選択はまたあなたが間違ったボルトを締めば、スレッドが最も不適切な瞬間に壊れる可能性があるという事実にとって重要であり、すべての修理は完全になるでしょう. 注意を払う最初の事は製造とデザインの材料です.

高い特性を有する十分なサンプルよりも鋼を選択​​することが好ましい。. さらに、屋外と内部の六角形のネジは、他の選択肢よりもはるかに長く、信頼性が高くなります。. 購入するときは、頭に正確にターンキーに注意を払う. ねじれはきつくなるべきであるか、反対に、これらのオプションのいずれかで、締め具は仕事に十分信頼性がありません.

無視することは不可能な以下の基準です。. 状態規格によると、ねじが明記されている適用条件に最適に適合しなければならないという特定の指標があります。. しかし、多くは製造技術によって異なりますので、非常に重要な原材料です。.

六角形の下のネジを選択してください

これはワイヤースチールではないと言う価値があります. ネイルとは異なり、ねじは強くて信頼性が高く、そのような材料はこれには適していません. インジケータに関しては、ここでの数字は最小3.8-4によって異なります.強さによって0から13. 製造された材料が合金鋼の組み合わせ鋼によって添えられるときに最も適切な選択肢が考慮される. そのような材料の添加剤としては、そのような元素はしばしば物理的および技術的性質を向上させるために使用される。.

  1. チタン.
  2. バナジウム.
  3. クロム.
  4. ニッケル.
  5. 窒素.
  6. メディアの合金.

これらすべての金属は、製品の総重量でシェアを占め、高い技術仕様を提供します。. 道路の修理や類似した類似の荷重が必要なあらゆる分野では、正しい材料の選択は非常に重要です。. もう一つの重要なニュアンス – 構造的な機能.

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

例えば、特に道路の修理や橋の取り付けのために、急速な糸を有する大きな六角形が一般的に使用されている。. そのようなねじでは、凸部にねじ込まないように突起部がほとんど見えない. この設計は自動車産業でも使用されており、時には配管の修理.

これらはミキサー用のネジです. したがって、六角形を選択するときは、将来のアプリケーションの範囲を考慮に入れる必要があります。.

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

六角形の下のネジを選択してください

次のビデオでは、六角形の下で自己描画について知らせます.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する