金属訓練の選択に関する品種やヒント

構造は、一連の多様な行動の実施を含む複雑で包括的なプロセスです。. 建設工事プロセスにおける必要なステップの1つは、さまざまな深さと直径の必要な開口部が得られたため、掘削です。. 最も信頼性が高く耐久性のある表面でさえ掘削. ただし、この手順が最も効率的であるためには、適切なツールを使用する必要があります。. 金属の掘削中に、正しいドリルを選ぶことが特に重要です. 記事では、既存の種類の類似製品についてもっと話します。また、それらを選択する方法についても対処します。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

金属訓練の選択に関する品種やヒント

特有の

メタルドリルは、建設内および機械工学の分野の両方で積極的に使用されている不可欠で広く使用されています。. 私たちがドリルの外観について話すならば、それは金属製の円筒形ロッドであることに注意すべきです.

不要な金属チップを除去するのに必要な端部とスパイラルの凹部上の鋭い要素を備えています.

金属のドリルの最も重要な構成要素を考えてみましょう.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

シャンク

この部分は、掘削時に使用されているデバイスのカートリッジにドリルを固定する必要があります。. シャンクは動作中の作業要素の固定性を提供します.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

職場

作業領域を使用して、ドリルは円筒形の穴を作ります. 作業地域の不alienable構成部品には、切断細部とガイドの凹部があります. その直径では、切断要素はドリルの全直径の半分を取ります. この場合、ガイド溝は作業面からチップを除去するために使用され、それによって邪魔されず、直接掘削の手順は止まらない.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

モルスコーン

このコーンは、機械のスピンドルとリアバーに固定されているドリルを備えています.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

すべてのドリルが足を持っているわけではありません.

そのような積分要素は、円錐形のシャンクを装備したそれらの作業の詳細に対してのみ関連する。.

この場合、脚を持つドリルは通常、留め具からデバイスをノックアウトすることを目的としています.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

金属訓練の選択に関する品種やヒント

首の存在のために、螺旋凹部の治療中の研削装置の供給および除去の最大快適性が提供される。. 首自体が労働者要素ではないという事実に留意すべきです. これによると それは伝統的にそれに適用され、ドリル自体の特徴的な特徴を説明しています。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

ガイド詳細

ガイド詳細は校正と呼ばれることがよくあります. この要素は、ドリルが金属製の開口部の壁と接触する. ガイドゾーンはその事実に貢献します 装置は正確に穴軸に沿って行く – したがって、凹部はできるだけ正確に得られる。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

らせん面の傾きの角

通常、この指標は18から30度の範囲です。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

チッパーグルーブ

この部分は、掘削中に生成されたチップが最適な速度で排出され、必要な傾斜レベルの下で放電されるようにする必要がある。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

切断板の直径

この要素の指標は、鋭いカッティングプレートの外側の間のギャップに等しくなければなりません.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

切断プレート

切断板は、前面と後面の間に位置する面である。.

その特性にはかなり急性です.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

メインコーナー

このコーナーは直接掘削手順に強く影響を与え、それ自体のドリルの強い力を決定します. そのために 金属掘削ができるだけ効率的であったように、この角度の指標は116~118度であるべきです.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

背面

後面は切断細部に対して8~12度の角度で鋭利にされなければならない. これにより、不要な摩擦力が大幅に減少します。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

ジャンパー

この部分は2つの後部ドリル表面に共通です、それは重要な建設的な関数を実行します。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

クロス刃先

実際、横断刃は鋭い顔です.

この要素はジャンパー上にあります.

そのようなエッジの中心には切断部の幾何学的な中心になるべきです.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

リボン

リボンは螺旋状の表面上に突き出る2つの縞です. データ部分は穴の効率的で正確な校正に必要であり、さらに、それらは摩擦力を減らす.

したがって, メタルドリルは、多数の必須設計の詳細からなる作業要素です。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

生産技術

特に興味深いのは、掘削要素の製造手順と技術です。. この作業ツールを使用する前に、それがどのように行われるのかを理解する必要があります。. それで, 金属製のドリルはさまざまな部品で構成されていますが、それらのうちの2つだけが不可欠で不可欠です。作業部とシャンク.

伝統的に、ドリルの機能的部分は耐久性で信頼性の高い鋼または固体合金でできていますが、シャンクの製造のために炭素質ツールメタル.

同時に、金属のためのドリルを製造するための手順はいくつかの主なステップで構成されています.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

金属訓練の選択に関する品種やヒント

準備舞台

この段階では、作業項目の製造に必要なすべての部分に用意されています。. それで, ドリルのビレットは、特別に設計された集合体によってカットされています. その後、さまざまな不要な要素からビレットを洗浄する手順.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

金属訓練の選択に関する品種やヒント

溶接

すべての準備プロセスの終了後、金属訓練の製造のための製造業者が接触突合せ溶接を実行する.

溶接が完了した後、金属過剰の必須の除去があります.

同時に、ビレット自体を明確な円筒形の形をしなければならない。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

旋回

最終的には、金属製のドリルが必要とされていた、それは旋削手順を生み出す必要があるべきです. ドレインと一緒に、センタリングも実行され、トリミングの終わり. したがって, ドリルの生産のこの段階は非常に複雑で複雑です.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

ミーリング

ミリング処理は、円錐形のシャンク、螺旋凹部、およびその他の要素について行われます。. とりわけ、 この段階では、ビレットはまた、特別な設置によって熱処理および洗浄を受けている。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

研削

研削および研磨プロセスは、らせん状の溝、シャンク、作業部分を受ける.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

ドリルを鋭くする

この手順は金属のためのドリルを製造する過程で完了しています.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

種のレビュー

今日まで、多数の金属訓練があります。 フィルター、両面、ユニバーサル、管状、逆転、ねじ、ステッピング、組み合わせ、その他の種. 同時に、彼らは違うだけ見えるだけでなく、異なる目的も持っています.

自分の間でそれらを区別するために、ラベリングとシンボルによる主な特性を決定する.

ユーザーの利便性については、金属訓練のいくつかのカテゴリー分類グループが採用されています。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

知らせる

形状が異なる現在既存の掘削要素を検討する.

螺旋

メタルドリルの最も人気のあるビューをスパイラルと呼ぶことができます. そのようなドリルの使用中に金属製の円筒状の開口部を作製するプロセスは、主に鋭い切断プレートの移動によるものである。.

デザインのカテゴリーに応じて、スパイラルドリルはホリスティックまたはチーム(散乱要素からなる)です。.

そして部品はシフトヘッドを装備することができます.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

金属訓練の選択に関する品種やヒント

クラウン

他のさまざまなドリル – クラウンの詳細. 冠水(またはリング)製品は中空の操作要素です. このタイプの名前は、ドリルの不可欠な部分である切断面が環状に配置されているという事実によるものである。. ほとんどの場合、同様のタイプのドリルが、その直径のエンドツーエンドおよび大きな穴を作成するために使用されます。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

per。。

ペンの訓練は別のタイプの金属製のドリルです. 多くの場合、そのような種類の作業の詳細は金属の穴の製造に使用されており、これは特別な鋳造の地殻で治療され、放棄された. 最初の製品の最も重要な構造要素は、チップと切断部分を取り除くための直接の凹部を含む, その外観では普通のプレートに似ています.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

このタイプは財政基準であるため、ユーザー間で高レベルの需要を使用しています。.

しかし 低コストは多数の欠点の存在を引き起こします:例えば、品質の悪いおよび非効率的なチップアウトレット. これらの訓練は硬さのレベルの増加によって特徴付けられる.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

ステージ

そのような作業項目は浅い穴を作成するために使用されます。. 一つのパスでは、円錐製品の助けを借りて、あなたは同時にいくつかの円筒形の表面を作り出すことができます、これに関連して、そのような部品は様々な自動プロセスの実施の一部として積極的に使用されています。. そのような要素の設計について話すと、それらはモノリシックなブロックです (たとえば、それらは六角形になることができます). ほとんどの場合、流れる部品を持つ段付きドリルは高度に専門的な地域で使用されています。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

シャンクの種類によって

ドリルを選択するプロセスの決定的な要素だけではない.

彼の注意はシャンクの品種を与えられるべきです.

Shanksには2つの主要な種類があります:円筒形と円錐形(MORSE CONE).

金属訓練の選択に関する品種やヒント

金属訓練の選択に関する品種やヒント

円筒形

シャンクの円筒形のビューは金属のためのプレキャストドリル用に設計されています. 今日彼らはモジュラーツールに使用されています.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

円錐

主軸にドリルが直接固定されている場合は、MORSE CONEで製品を使用してください.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

材料

金属製のドリルは耐久性があり信頼できる材料から作られています。. これらは以下のとおりです。

  • 鋼と固体合金の様々な種類。
  • ダイヤモンドおよびチタン化合物。
  • タングステンとタングステン – モリブデンの結紮糸。
  • コバルト;
  • チタン;
  • タンタル;
  • 硫化物
  • アルミと他の合金化されたアルミニウム.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

金属訓練の選択に関する品種やヒント

寸法

金属穿孔のサイズおよび直径に関しては、表の形で厳密に定義された状態標準がある。. 特定の種類の作業に応じて、あなたは今日のすべての既存の金属訓練の大規模、薄い、または最小のものを必要とするかもしれません。. 各サイズには独自の指定があります。. 一般に、それらのサイズの現代の金属訓練(円錐シャンクのための)0.5から8センチメートルの範囲、および0.025から2センチメートル(円筒形のシャンクのため).

金属訓練の選択に関する品種やヒント

マーキング

掘削のための金属製品のマーキングと象徴的な指定はGOSTに準拠している必要があります. それで, この文書によれば、条件付き指定はすべての部品に適用されなければならず、その直径は2mmを超える. 同時に、各個々のドリルの個々の指標に応じて、マーキングはこれらの情報の全部または一部を含み得る:直径、スチールブランド、合計値、商標、正確さクラス、およびその他のパラメータ.

重要. 上記によると、金属訓練の原理は国内だけでなく外国製造業者によってもマークされています.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

人気のブランド

ロシア、ドイツ、台湾、スウェーデン、日本、そして世界の他の国々からの製造業者は、金属のための金属訓練の製造に取り組んでいます。. 最も人気のある企業やブランドは次のとおりです。

  • Volzhsky Instrumental Plant。
  • トムスクツールプラント。
  • Tulamashによると。
  • Zaporizhia Tool Plant。
  • ボッシュ;
  • ハッサー;
  • ルコ;
  • サンドビック;
  • 三菱
  • winstar;
  • “バイソン”;
  • 「Interskol」;
  • 枯渇;
  • ヒルティ;
  • マキタ。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

金属製の訓練を購入するときにナビゲートするのは、これらのブランドのためのものです。.

これらの会社の製品は、国内および国際レベルで採用されているすべての品質要件を満たしています。.

同時に、公式販売時点でのみ商品を購入する必要があります。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

ピックアップ方法?

メタルドリルの選択 – タスクは非常に重要で責任があり、その実行はすべての注意力で近づくべきです。. 建設市場での幅広い分布と多種多様なデータのために、各ユーザーは、カレン腺、アルミニウム、硬化鋼のための、そして深い掘削のための鋳鉄のドリルを選択することができます。ドライバーの場合. 同時に(あなたのために特に必要とされるドリルの種類にかかわらず)いくつかの重要な特徴を考慮することが重要です.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

目的

始めるには、掘削製品を使用する目的のために宣言されるべきです. それで, いくつかの種は金属の種類を掘り下げるのにのみ使用することができます(例えば、アルミニウム、または鋳鉄用).

穿孔の種類に応じて、ドリルの機能的性質と特性は著しく異なります。.

これに関して、購入した商品のカタログを探索することは非常に重要です.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

メインデバイスとの互換性

購入する前に、ドリルを購入する前に、所有しているメインデバイスと互換性があることを確認するには100%が必要です(たとえば、ドリルやドライバーなど)。. 両方の要素が固定に匹敵することが特に重要です.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

メーカー

製品を選択して購入する過程では、ユーザー間で人気があり尊重されている有名な国際ブランドに製品を与えられるべきです。. 原則として、同様の製品は、既存の国内および国際規格すべてに準拠しています。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

価格

今日、さまざまな価格カテゴリからの金属のドリルがあります。予算バージョンと高級詳細の両方です。. 為替 スペシャリストは、価格と品質の最適な比率に対応するように、平均価格セグメントに分類されるそのような商品を選択することをお勧めします。. 一方、最も安い製品を避けることをお勧めします.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

カスタマーレビュー

これやその製品を取得する前に、この製品に関するユーザーのコメントやレビューを読む必要があります。. 実際のケースの実際のステータスに準拠したメーカーによって、ドリルの特性が実際に宣言されているかどうかを学びます(たとえば、ドリルがその寿命で耐久性があるかどうか).

金属訓練の選択に関する品種やヒント

場所取得

専門の建設店でのみ取得するために金属製の訓練をお勧めします。. そのような状況で あなたはいつでも資格のある経験豊富なコンサルティング売り手の助けを借りることができます。.

公式店やオフィスと同様に、あなたは高品質の企業商品のみを見つけるでしょう、そして安い偽物ではありません.

上記の特徴を考慮すると、機能的なタスクを効果的に実行するような製品を選択でき、また長い間役立ちます。.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

ストレージのヒント

金属製のドリルが長期間にわたってあなたのパフォーマンスを保持しているためには、適切な保管の世話をする必要があります。. 専門家の主なアドバイスと推奨事項を考えてみましょう.

金属の訓練は特別に意図された容器に保管する必要があります:例えば、インストゥルメンタルキャビネットまたはベッドサイドテーブル. なお、サイズ、製造業者、およびその他の指標に応じて用意することが望ましい. 使用前および保管前に、掘削部品を汚れやほこりから慎重に清掃してください。. したがって、腐食プロセスを防ぎ、アイテムを使用するプロセスを拡張する. ドリルが長期間使用されていない場合、それらはリソールまたは技術的なザラインの定期的な処理を受ける必要があります.

金属訓練の選択に関する品種やヒント

金属訓練の選択に関する品種やヒント

積極的な化学物質を持つ金属訓練は許されません.

集中的かつ長期的な掘削プロセスの過程では、装置の表面を油で処理することをお勧めします(伝統的にブランドと-20オイルを選択).

そのような状況でのみ、上記のすべての原則や推奨事項に準拠している場合、ドリルは効果的に、そしてその機能的な目的を果たすために長い間努力します.

どんな金属製の訓練がより良い、次に見てください.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する