あなた自身のハンズを使ってテラスボードを作る

自分の手でテラスの板を作ることは非常に可能です. 通常のボードからDPDを作る方法を正確に知る必要があるだけです。. 同時により重要なニュアンス – カッターとピカチョウの生産のための工作機械.

特有の

テラスボードの製造を自分の手で製造する前に、なぜそれが必要なのかを知る必要があります. 過去50年間での二十年間の人気が低下していない – それは大幅に成長しました. そのようなコーティングはアーバーに広く使用されており、開いたテラスを装飾する. フロアーリングは次のようにさらされます。

  • 日光
  • 雨流
  • 雪;
  • 露;
  • 風;
  • 高湿度;
  • アイシング;
  • 温度滴.

名誉付きテレース(デッキ)ボードはこれらすべての荒廃的な要因を延期する. 数十年間の通常の操作が保証されています。.

3つのメインサブタイプを割り当てるのは慣習です。

  • 実際にテレキュアされた12。

  • ガーデンボード

  • ウッドポリマー複合材料(彼はもっと人気がある).

DPKはポリプロピレンと木材チップと樹脂を混合することによって得られる.

注意:ポリマーのシェアを短縮すると、材料の品質が向上しますが、その値が増加します。. 典型的なDPKからの違いが少ない. しかし、それでも彼は身に着いていません. 適切な含浸は、害虫による材料の破壊を排除し、少なくとも15年間の運営を保証します。.

あなたが必要なもの?

オプションとして、最適な技術は常に木粉の使用を含みます – おがくずとチップス. 木材加工廃棄物を研削する、それらはポリマー添加剤と混合されなければならない. それらの行為の役割で:

  • ポリエチレン;
  • ポリ塩化ビニル。
  • ポリプロピレン.

染料の導入により必要な色を得ることが達成されます.

重要:高品質のテラスボードには少なくとも60%(そしてより良い – 80)の木質物質が含まれています. 同時に、国内の木材それ自体によって最適化された国内の状態、より良い輸入原料。.

粉は通常針葉樹岩を作ります. 特別な添加剤は運用パラメータを改善することを可能にし、彼らのシェアは約1/20の製品のすべての質量を落とします.

働くために、必ず必要に応じてください 粉砕機. 排水の生産を粉末に変えることを可能にするのはそれです. 確かに乾燥が必要です. 異なる能力の乾燥機が利用可能です. 混合装置の木粉とポリマーを混ぜることができます. もう一つの重要な要素 – 顆粒中の線変換粉末.

    これらのデバイスに加えて、必要です。

    • 研削システム(完成ボードを処理し、それに典型的なマットの外観を与えることができます)。
    • カッターが所定の厚さと幅の断片に完成品を切断する。
    • スタイリングシステム(波形滑り止め層を開発することを可能にする)。
    • 木材の表面を構成するブラシマシンやその他の洗浄ユニットが不均質な外層を除去する.

    ステップバイステップの命令

    通常のボードからDPDを作ることは難しくありません.

    • まず、ブランクを等しい断片に切断する. このFuganokとPleismusの助けを借りてください.
    • オリジナルとの類似性を高めることは不可能です。. それらを得ることは、ベースカッター半円形でさえ可能です. ツールにはいくつかのブレードが必要です. 溝の役割はあいまいです. 一方では、スライディングを減らす. もう一方で、溝は二十二の水分に流れます. 杭のカッター部分を処理した後は怖くないが、後にパイルが削除されるため、. 重要:リブは等しい長さを持たなければなりません. それぞれの箇所について、1つのリブ溝を作ることができます.
    • トーチは、必要な長さを測定し、余分なものをカットするのが最善であるため、最初の段階の1つになる可能性があります。.
    • 焼成は非常に重要であり、材料の耐久性を確保します。. 同様の処理は、はんだけランプまたは酸素バーナーによって行われる. 注意:火災の安全対策が見られるはずです.
    • 焼き板は挽き、焼けた質量を取り除くこと、またはブラシ「Osborne」を掃除する必要があります。.
    • 次のステップは特別なコーティングを塗ることです. 制服としてPackage DPKが必要です. 介在物の存在は許可されていません。. 単純な塗料は常に遠くにやってくる:特別な油含浸によってもっと多くの価値が使用されます. より高い信頼性のための2-3含浸の最適な使用.

          テラスボードの製造の採点については、次のビデオで手をご覧ください.

          記事を評価する
          ( 評価はまだありません )
          コメントを追加する

          ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: