階段を壁に固定します

    建設バーの留め具の壁やその他の取り付け要素への締結具の技術との正しいコンプライアンスから、設計全体の強さと信頼性が異なります。. これは重要で修理作業中、そして新しい構造物の構築中に。. このプロセスには独自のニュアンスがあります。.

    特有の

    建設中の木製バーの使用は、コンクリート、金属、ガスブロック、レンガなどの材料から壁を建てる場合に関連があります。. それが深刻な機械的負荷に耐えることができるという事実のために正常に適用されます. この建築材料は、しばしばキャリアと階層間構造のために購入されます。.

    インストールを開始する前に、壁を調べる必要があります. それが不均一または変形した表面を持っているならば、あなたはこれらの欠陥を排除することを考えるべきです. あなたは高さの固定要素を選択することによってこれを行うことができ、またバーの断面のサイズも重要です.

    これら2つのパラメータから、材料の留め具間のある距離は依存する. 選択された仕上げ仕上げに応じて、プロファイルの固定部分の間のギャップを計算します。建材のサイズを決定するクラッドです。. 一般に、バーの取り付けは、そのインストールの規則と制限を知っている場合、比較的簡単なプロセスです。.

    環境にやさしい、実用的、耐久性があり、援助がやさしい木材は、間違いなくカントリー建設のための理想的な基材材料です。. しかしながら、この木材材料は、レンガ造りまたは配置に取り付けられたコンクリート溶液に注ぐことができない.

    メソッド

    壁へのバーのドッキングのために、木材への物理的影響の程度を考慮に入れる. 負荷が小さい場合は、柔らかい締め付け方法を使用してください。. どちらの場合も、これにはP形ブラケットが必要になります。.

    木材の固定は、さまざまな取り付け部品を備えたさまざまな種類の対向材と壁材料まで行われます。. いくつかの重要なパラメータは、例えば、構造の大きさ、構造の寸法、重量、ならびに面の厚さ、ならびに面の厚さの選択に影響を与えるいくつかの重要なパラメータは、.

    パラメータによっては、タイミングオプションが選択されています.

    • 財団の下に敷設.
    • Dowelsによる添付ファイル.
    • 金属製サポートを使用する.
    • レンガのモンタージュ.
    • グルーブ内のバーの実装.

    木材は区画、梁、ドアボックス、および窓の取り付けだけでなく、取り付けられた家具の支援としても使用されているので、水平方向に垂直に固定します。. したがって、ファスナーはそれぞれの場合に厳密に一致する必要があります。.

    中古金属、木製、その他のクランプのリストはかなり広い. これらは金属製のネジ、ダボ、アンカー、留め具が最も頻繁に使用されています。. これらの目的のためにしばしば革のスパイス剤、括弧、角があります. 最近、専門のビルダーは、ブルセード備品のためのマウントフォームと特別な接着剤を購入することをお勧めします。.

    レンガを入れる方法?

    材木をレンガの壁に有能に固定するために、表面の品質を勉強し、それを十分に測定するべきです. レンガはある脆弱性によって区別されるので、木材を固定するときに壁割れの危険性が常にあります。. まず第一に、締め具のためのマーキング、および穴あけ穴を作る必要があります. ダイヤモンドコーティングを用いて固体合金の訓練のみを使用することができる。.

    3つの変数のためのレンガの根拠のためにそれはバーでドックされています.

    • P字型のフレームアンカーボルトの溝内の固定. Brusevの端が15 cmに近い溝の深さ. さらに、シーラント、断熱材、およびゴムドイバー.

    • 1階が煉瓦で、2番目の木が木から行われている場合、それはお勧めです メイソンに固定を使用してください – 垂木と王冠のためのサポートを取り付けました. ブックマークのための留め具としてアンカーを取ります.

    • 取り付け技術のサポートは、床材でフローリングフローリングや木製の天井を実行する必要がある場合に支えられています。. そのようなサポートはスクリューアンカーを使用して固定されています.

    バーをレンガに接続するときは、ニュアンスを考慮に入れることが重要です.

    • 材料は割れて崩れている可能性があります. バーの取り付けには注意が必要です. ドリルが側面から横に緩められないように、急いで壁を掘削する必要があります。.
    • ビームのサイズは木材固定場所の数によって異なります. 2~4 cmのバーのセクションで、それは60 cmのBRUの間で残されるべきです、そしてサイズが4 cmを超えるならば、間隔は少なくとも65~70 cmでなければなりません.
    • 光学構造のために、金属とプラスチックからのダボを使用しています. 重い材料のために長い留め具を選択してください. 接着剤でそれらを潤滑することをお勧めします。.

    固定の難しい方法により、化合物は長期運転に適した最も信頼性が高いと考えられ得る。.

    他の材料から壁への取り付け

    バーの備品のために家の壁が建てられたものに関係なく、高品質の締め具と継手を選ぶことが重要です. また、各建材の技術的および運用上の特性に注目して、表面を正しく組み合わせることが重要です。.

    忘れてはいけません スラグブロック、ドライウォールまたはセラミチットン、異なる厚さ、厚さ、厚さ50~620 mmの断熱材料および壁. さまざまな設計の規模とそれらの質量はまた、工具や建設のための留め具の選択で決定することができます.

    場合によっては、金属製のネジ、釘またはプラスチック製のダボが使用されていますが、留め具のためによく、ブラケット、木の棒や角を選ぶ必要があります。. この種のどのような製品がどのような製品に合っていてバーの端に合わせても考えることが重要です。. ベストオプション – P型アンカー.

    壁のさまざまな材料での固定過程には独自の機能があります。.

    石膏ボードに

    主に直面している建築材料であるこの材料に, あなたはプラスチック製のアンカーとネジのバーを固定することができます. これは、家具、設計要素、家電製品など、内部の態度が設置されている場合に重要です。. バリアントは蝶を使用してしばしば使用されます – 途中の中央部分を持つ製品、それが停止したときに固定木材の固体プレスを提供します.

    残念なことに、この方法は汗をかく浮遊構造には適していないので、梁はコンクリート基礎に取り付けられなければならない. この状況では、より長く強力なアンカーが適用されます。.

    具体的に

    コンクリートの壁には、バーは括弧、プラスチックダボ、またはアンカーを通して固定されていますが、上部のネジはベースに木を最大にするためにねじ山を持たないはずです。. それを使うのが最善です コンクリートがひび割れの影響を受けやすいので、壁に詰まったダボネール.

    具体的な職務の規則は、木やコンクリートの締め付けの下での穴の正確な深さと直径の徹底的な解決を必要とする.

    木へ

    ブラシの木は自己タッピングとダボで固定されていますが、それは釘になることができます. しかしながら、それらを正確に使用することが必要である – 最初に木材が取り付けられている溝の形で深くなる, そしてより良い – 2つの爪. フィットしてシル. クラックが起こらないように慎重に必要な関節を作り出す.

    ガスブロックに

    ガス – ブロック – プラスチック、柔らかく、多孔質構造材料に – ツリーはねじ付き締結具、くさび形のボルト、および自己タッピングねじを使用して表示できます。.

    天井の重なりや床の重なりを作る必要がある場合は、曝気コンクリートの敷設に強化されたベルトが作成され、スペーサー(ねじ)ダボは木の枠を取り付けるために使用されます。.

    留め具の選択を含むバーの固定方法は、その壁の特性および構造の構造によるものであり、その重要なパラメータの1つがその強さであることがわかる。.

      その他の微妙な階段について壁にバーを固定するについては、次のビデオを参照してください。.

      記事を評価する
      ( 評価はまだありません )
      コメントを追加する

      ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: