おがくずの特徴とその応用

木は原材料の最も人気のある種類のものです。. 貴重なものは、木材の処理中に形成されているホリスティックな木材材料(例えば、木材)と原料の両方です。. だから、例えば、要求された材料の1つは木のおがくずです.

ウッドのおがくずは、人間の活動のさまざまな分野でその応用を見つける材料です。. 今日私たちの記事では、主な特徴と既存の種類のおがくずを見ます.

おがくずの特徴とその応用

おがくずの特徴とその応用

それは何ですか?

始めるためには、どんな種のおがくずを判断する必要があります. 実際、それは木材の鋸引きの結果として形成されている小さなチップです。.

材料の特徴的な特徴には、それぞれのためのかなり低コスト、それぞれの高可用性が含まれます(社会の人の経済的および社会的地位にかかわらず)。.

おがくずの特徴とその応用

乾いたおがくずの特性を詳細に考えると、それらの小さな重量が注目されるべきです. 密度指標は立方メートル当たり220~580 kgのレベルである(この指標は原料の湿度のレベルによって異なる場合があります). そして熱伝導率係数は0.06W /(℃でm 2). サイズのおがくずは通常5 mmを超えません.

おがくずの特徴とその応用

おがくずの化学組成は特別な注意に値するが、通常この材料にはそのような成分が含まれています。

  • 蝶番
  • セルロース;
  • ヘミセルロース;
  • 窒素;
  • 水素;
  • 空気;
  • 炭素.

一般的に言えば、層に固有のものでなければならないすべての特性と特性は、公式GOST 23246-78の詳細に説明されています。.

購入前にこの文書を読んで使用する前に必ずお読みください。.

おがくずの特徴とその応用

おがくずの特徴とその応用

原材料の特性は、慎重に読む必要がある多数の特性と特性を含むと言われるべきです。. この責任あるアプローチのおかげで、その後あなたはあなたの購入を後悔しないでしょう.

重要. この建築材料のユニークな特徴は環境への親しみやすさです。. おがくんは環境や人間の健康のために安全であり、それらの使用は様々で予想外の分野で許容されます(例えば、子供のおもちゃや枕を埋めるために材料は使用されます).

おがくずの特徴とその応用

おがくずの特徴とその応用

なんて木の道?

今日まで、建設市場では、さまざまな木製品種から作られた多数のチップ種を見つけることができます(そしてあなたは貴重な素材と安い丘からの両方から原材料を購入することができます).

ユーザーや製造業者の利便性については、2つの主要なグループを含む材料の一般的な分類が採用されています:針葉樹と落葉.

おがくずの特徴とその応用

おがくずの特徴とその応用

針葉樹

針葉樹型は、Thuja、Pine、ならびにモミやシーダーの木のような岩から形成されています。. そのような材料は土壌の酸性度を高めるための特性を有するので、園芸において積極的に使用される。. それで、例えば、パインチップはトマト、きゅうり、そしてニンジンの栽培で使用されています.

おがくずの特徴とその応用

おがくずの特徴とその応用

落ち着いた

定義されたタイプは針葉樹よりも広くわかります. Datidualおがくずのさまざまなサブグループの特性と性質をより詳細に検討する.

  1. マッシュルーム農場を作るためには、白樺のチップが積極的に使用されています. 原材料はポリエチレンパッケージで眠りに落ちるときのこの紛争があります。. その後、穴はパッケージで行われます. 同時に、必須ではなく、金型の外観を避けるために湿度のレベルを監視する必要があります。.
  2. アスペン素材は園芸によく使われます. そのようなおがくずは、玉ねぎ、ニンニク、イチゴの成長に非常に適しています. そのような原材料が雑草草の成長と発達を中断し、それはサイトのケアを促進するという事実に注目することが重要です。.
  3. リンデンのおがくずの主成分はリンである. さらに、原料の組成は、ハニカムにとって魅力的な顕著な臭いを有する樹脂を含む。. 非常に頻繁には、ライムのおがくずがさまざまな開花作物のためのゴミやシェルターの材料として使用されています。.
  4. 原則として、OAKのおがくずは独立した材料としては使用されていません。 (特にそれが園芸における材料の使用に関する場合). そのようなタンデムでは、それらを他の材料と組み合わせる – そのようなタンデムでは、原料はそのすべての正の品質によって明らかにされます。.
  5. パインのおがくず 高レベルの有用性によって区別される油や酸などの物質で構成されています.
  6. おがくずの栗のようなものです, この原料は、大量の水分を吸収する能力を特徴とする。. このような特徴により、おがくずのデータは盛んに使用されて各種の断熱作業を行うことができることに留意されたい。.

おがくずの特徴とその応用

上記の落葉種に加えて、ラーチからの原料、ならびにフルーツ、ブナ、およびAlderの使用からのおがくず. そしてオオホビ材料は煙を調理するとき伝統的に人気があります.

そのようなさまざまなおがくずの種のおかげで、各人は自分のためにそのような材料を選択することができます。.

おがくずの特徴とその応用

おがくずの特徴とその応用

ビュー

今日まで、木のおがくずにはいくつかの種類があります. 重要な特徴をもっと考えてください。.

  • 最も一般的で広く使用されている原材料は、バッグで販売されているおがくずです。. それらは十分に安くて手頃な価格であり、それに応じてほとんど誰でもそれらを購入することができます。.

おがくずの特徴とその応用

  • 粒状木のおがくんはペットケアプロセスで使用されています, それらはトレイのための充填剤であるので、高レベルの実用性によって特徴付けられる. 顆粒の木のおがくずは、自家製の猫の所有者と猫、ならびに様々な種類のげっ歯類(ラットまたはハムスター)に人気があります.

おがくずの特徴とその応用

  • 押し出された木製のおがくびは積極的に暖房に使用されています. それらは正と負の両方の特性を持っています。. したがって、材料の利点には、使いやすさ、長い燃焼の適用可能性、およびボイラー内の貯蔵の容易さが含まれます。. 一方、大きな寸法は伝統的に欠点の間に割り当てられています。.

おがくずの特徴とその応用

  • おがくず – これは異なる目的に使用される他の素材です。.

おがくずの特徴とその応用

さらに、おがくずが異なります。. これらの種類のそれぞれは異なる目的に使用され、嵩密度のレベルが異なります。.

アプリケーションの範囲

上記のように、ウッドのおがくずはユーザーの間で大人気と需要を享受しています。. 彼らの使用は人間の生活のいくつかの球に及ぶ.

おがくずの特徴とその応用

建設中

おがくんは、木材チップと繊維状板などの製品の製造と製造に使用されている人気のある建材です(この場合は、おがくず、石膏と組み合わせて使用​​されている). NS。. そのほか, 原材料は、トイレ(または乾燥点)の配置の過程で、ならびに動物のためのトレイを充填するためのプロセスにおいてよく使用されます。.

このような種類の広範な使用については、まず、材料の利用可能な価格が説明されています。.

おがくずの特徴とその応用

おがくずの特徴とその応用

おがくずの特徴とその応用

マルチュッチのために

材料の使用の別の部門は農業と園芸です. おがくずの厚さは約5 cmになるはずである一方、鋸ダーはかなり貴重なマルチ材料です。.

マルチのためにあなたが生のものが生の場合にのみ手直しされたチップを使うことができるという事実を考えるべきです – それは事前準備されなければなりません.

同時に、マルチ手順自体は夏時間でのみ推奨されます。結局のところ、土壌が多数の貴重な水分を失うことです。.

おがくずの特徴とその応用

断熱材として

非常に頻繁には、おがくずが絶縁材料として使用されています。. これは材料の特徴的な特徴、すなわち高レベルの嵩密度があるためです。.

一方、原材料の負の特性、例えば、発火の可能性、ならびに可燃性の高い特性もある。.

これによると, おがくずをヒーターとして使用する前に(たとえば天井に)、前処理を生み出す必要があります。. それで、おがくずは石膏、セメント、粘土または石灰と混合され、そしてその後銅の溶液で水を水にした. そのような行動は薪の図を減らす.

おがくずの特徴とその応用

家具のために

原材料は家具を作るために非常によく使われます。. 最初の段階では、おがくずがチップボードと繊維板に押し込まれ、すでにこれらの建材からの将来製造された家具. おがくずの使用がさまざまなインテリアや装飾的な解決策の創造に貢献するという事実に注意するべきです。.

おがくずの特徴とその応用

さらに、例えばおがくずから様々な内部設計項目を作ることができます。たとえば、材料は土産のおもちゃを詰めるために使用されます。.

喫煙のために

喫煙のためには、いくつかの種類のチップだけが適しています。. これは不適切な場合には最終製品(例えば、魚や肉)が不快な臭いだけでなく、苦味の匂いだけではないという事実によるものです。. これによると ほとんどの場合、オーク、ブナ、フルーツ品種などの森のおがくずを使用する. この場合、異なる種類のおがくず、個別にも組み合わせて組み合わせて使用​​することが可能です。.

おがくずの特徴とその応用

Fireboxのために

原材料の使用の最も一般的な分野の1つが暖房です. 材料は炉やその他の暖房システムの燃料として機能します. 炉のおがくずがあまりないという事実を考える価値があることを考えると、それはすべてそのような指標に依存していますが、原材料の湿度と密度.

おがくずの特徴とその応用

選択方法?

それは正しく、慎重にそして責任を持っておがくずを選択するプロセスに非常に重要です. これはいくつかの重要なパラメータと要因を考慮に入れるべきです。.

  1. まず始めるには、あなたはどのような目的とあなたがおがくずを使うかを決めるべきです. これからのおがくずのタイプはあなたのケースで最適なものに依存するでしょう.
  2. 素材を購入するときは、販売者に適合性の証明書と高品質の製品を証明するその他の素材を提供するように売り手に依頼することが非常に重要です。.
  3. 購入資料は専門店や建築市場でのみ続きます. この場合、あなたはその高品質に自信を持っているでしょう. さらに、そのような店舗では、常にプロフェッショナルで経験豊富な売り手に相談することができます。.

有用なアドバイス. 木のチップを購入するには、木工企業に直接連絡することができます。. したがって、高品質の素材の直接供給を確立することが可能です.

おがくずの特徴とその応用

おがくずの特徴とその応用

一般的, 木材原料は、多くの産業の専門家が費用がかかる材料であると結論付けることができます。. しかし、おがくずのあらゆる種類を使用できるわけではないので、選択すると注意する価値があります。普遍的および専門品種の両方があります.

おがくずの特徴とその応用

おがくずの特徴とその応用

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する