ビッグドリルについてすべて

大きな訓練についてのすべてがアイドルの好奇心からではないことを知っています。. これは、自家製マスターの緊急事態の問題です。. 最大の直径の訓練は、それが不滅に見えるかもしれないよりもはるかに頻繁に適用されます. そして大きな穴のためのドリルの適切な選択はかなり適切です.

ビッグドリルについてすべて

特有の

大きなドリルが大口径の穴に使用されることを理解するのは難しくありません。. しかし同時にそれはモノリシックではなく、むしろツールのグループ全体ではありません. 木の掘削でさえさまざまな道具によって練習されることがよくあります.

ビッグドリルについてすべて

ビッグドリルについてすべて

そして金属、レンガ、天然石の加工について、それは話す必要はありません – それは一般的に明白です.

最大の穴はドリルされなければならないので、高強度材料の使用は非常に重要です – 他のすべてのものは単に付随する機械的努力を際立たないでしょう。.

ビッグドリルについてすべて

ビッグドリルについてすべて

大径の訓練、なぜそれらが組成物の詳細な特徴を含む理由です. マーキングでは、それらはかなり多くの情報を表示されます。.

重要. 特定のサイズの通過を折るためには、すでに数ミリメートルのためにデバイスを取る必要があります. チップがより良いのはシャープになっていますが、それほど重要ではありません. 特定の種類のカートリッジで計算される円筒形および円錐形のシャンクの違いを考慮に入れる必要がある。.

ビッグドリルについてすべて

品種

最大のドリルの中には、羽型のデザインによって区別されています. 彼らは他の人よりも一般的であり、経験の浅い人々にも適しています。. それらとのマスタリング操作は困難を引き起こさない. 最大のセクションは6 cmに達することができます. 比較的迅速に動作させることは可能です – しかし、この場合は開口部の高品質を数える必要はありません。.

ビッグドリルについてすべて

羽モデルのその他の機能:

  • チャネルの最大深さ15 cm。
  • 供給は、または個別に、または最も走っているサイズの5~6個です。
  • 難しい場合には、30 cmのドリル長を構築するクランプ拡張機能を購入できます。
  • 望ましいサイズが大きいほど、彼が完成したセットであなたに会う可能性が低い.

ビッグドリルについてすべて

調整を伴う羽毛掘削訓練のために別々に. それはあなたが2.2から7.6 cmの断面で穴を置くことを可能にします. 同様の備品は十分に強力な電動工具の使用を意味する. しかし、彼は小さな回転で働くことができなければなりません.

ビッグドリルについてすべて

もう一つのニュアンスは、調整可能な備品、彼らの使用のためにそれほど簡単ではないということです。.

ビッグドリルについてすべて

家具空白に大きな穴を開ける必要があるときは、通常Forstnerドリルを使用してください. それはあなたが完全に滑らかなチャンネルの輪郭を探すことを可能にします.

ビッグドリルについてすべて

それはきちんと使われるべきであるので、そのような他の設計はほとんどできません. 注目に値する価値があります。

  • Forstnerドリルの高強度と耐久性。
  • 最大のセクション6 cmの制限。
  • デフォルトで掘削の可能性は、必要に応じて10 cm、さらに30 cmです。
  • 聴覚障害者穴を発する能力(これはわずか2 mmのセンタリングスパイクの突起によって提供されます).

ビッグドリルについてすべて

ねじ訓練で最も便利な最も便利な深さまで木を打つ. 同様の解決策はよく値する人気を楽しんでいます. 必要なのは、ノットをドリルハードウェアに取り付けてボタンをクリックすることだけです。. スパイラルモデルは多種多様な寸法によって区別されています. それらの中で最長は60 cmの長さに達する.

ビッグドリルについてすべて

ビッグドリルについてすべて

長さ22と45 cm、45 cmの修正もあります。. しかし、それらは厚い材料を扱うのにはほとんど適していません。. 専門家は、スクリュードリルが約800回転の速度でドリルを使用する必要があることに注意してください。. それはまたかなり強力であるならば、掘削は非常に効果的になるでしょう. パンチ2-3ログ屋内でログインします短い60 cm.

ビッグドリルについてすべて

別の一般的なタイプ – 円形の調節可能な装置. 日常生活の中で、それはしばしば「木のベラリンカ」と呼ばれます. そのようなドリルは循環のように配置されている. センタリング要素は中央にもたらされます. 切断部品はクロスバー、柔軟に位置を変えます。.

ビッグドリルについてすべて

ビッグドリルについてすべて

そのような製品の重要な機能:

  • 処理シートおよびワンピース構造に対する適合性は、最大2cmの厚さを有する。
  • チップ、繊維状板、合板との成功した仕事。
  • 3から13 cmの部分の穴を貫通する能力(しかし必ずしも小さい深さで)。
  • 表面マークのための六角形とケーナーの供給セットへの入り口。
  • 小さな回転に関する作業の好み.

ビッグドリルについてすべて

児童ニュアンス

外観に使用される材料の品質を決定することはできません. しかし、あなたはいつでも証明書の提示を要求することができます。. これは完全な保証を与えませんが、証明書が不足しているため、機器の低品質および/または疑わしい起源を正確に示します。. 製品を慎重に検査することも求められています。.

定義のための良いハードウェアは視覚的な欠陥を持ち、それらを非常に慎重にドラッグする.

ビッグドリルについてすべて

平らな表面上のアイランニングドリルのすべてをチェックする必要はありません、あなたはすぐに偏差に気付くことができます。. 注目に値すると包装. 責任ある製造業者はそれを節約しません. 明らかにおそらく:

  • 低印刷品質
  • 凹凸
  • 故障の手紙
  • 書く言葉、特に製造業者とラベリングの名前の中の間違い。
  • 不十分な包装強度.

ビッグドリルについてすべて

それはまた考慮する価値があり、価格の考慮事項です. 最も予算ドリルは、長い耐用年数によって区別されることはめったにありません。. そして大ファスナーセグメントでは、この問題はさらに強く表現されています. 使用過程におけるそのような構造は非常に重要な機械的負荷を経験しています. もちろん、ドリルを購入することは理にかなっています:

  • ブランドショップメーカーの製造業者。
  • 大小売チェーンで。
  • 事前に証明された場所で.
料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する