プラスチック製のスパスラについてのすべて

プラスチック製のスパトゥラについてのすべてが、プロのマネラリーやプラスターだけではなく、禁止されている. 装飾的な石膏、壁紙、縫い目のグラウトのためのアクセサリーの適切な選択は非常に重要です。. 他の作品でさまざまな大衆や物質を滑らかにするために壁紙のスパトゥラの使い方を理解するのは便利です.

特有の

“Spatula”という言葉がほとんどの人が金属製の道具を関連付けます. しかし、プラスチック製のスパチュラはその鋼仲間から大きく異なります. その作業リソースには悪くないが、それは非常に柔らかいです。. 重要なのか、プラスチックの切削特性の欠如は壁紙を滑らかにすることが許されている間、鋼は確かに放棄して変形するでしょう.

プラスチック製のスパスラについてのすべて

プラスチック製のスパスラについてのすべて

アプリケーションの範囲

もちろん、壁紙の1つのアプリケーションはに限定されない. そのようなツールは他の多くの作品に必要なものが必要であり得る。. 多くの場合、スパイラはロールや壁に植物の糊を塗るために使用されています. そしてその使用と同様に、認識されなければならない。. いずれにせよ、このタスクに対処する他のツールは明らかに大きな努力を絶えず悪化します。.

タイル、メトラスタイル、類似の材料を敷設するときの縫い目をグラウトするためにハンドルを備えたゴム工具がよく使用されます。. 彼は自信を持って過剰な取り付け混合物を取り除きます. 同時に、傷や壊れないものは何もない、必ずしも必要ではないスロットと穴の形成を除外します. スリットシームは必要とされています. この作品への不注意は、滑らかな紙や肌触りの模様の拒絶よりも有害ではありません。.

プラスチック製のスパスラについてのすべて

プラスチック製のスパスラについてのすべて

仕上げや修復作業でさえ適している表面上の高品質のタイヤ。. 実際の修復者の手にも同様のツールが見られます. 別々のカテゴリ – ストレッチスミアスのプラグル. 彼らは外国の用語で特別な名前を与えられています – Flexi-Strip. これはもはや建築ツールではなく医療機器ではありません.

それを得るためには、特別な基準で交渉された特別なブランドのプラスチックが必要です。. 血液ストロークはトライアルメガネの表面に誓うでしょう. 最初に、デバイスはワンタイムアプリケーション用に設計されています。. 急性必要性の場合は、化学消毒が許可されています. 高温消毒は禁止されています.

別途、PVCからの窓用のヘラについて言及する価値がある. 最終処理の過程で使用されます。. プラスチック製の製造にもかかわらず、それらはできるだけ正確に働くべきです。. 壁や斜面の寸法が異なるために問題に直面しないように、さまざまな値のスパスラを準備すると便利です。.

修理の過程で、装飾プラスターのためのツールが使用されています(すべてが異なり、その特定のタスクのためにそれぞれ).

プラスチック製のスパスラについてのすべて

プラスチック製のスパスラについてのすべて

プラスチック製のスパスラについてのすべて

選択方法?

良いホームマスター(そしてさらにプロの)のセットでは、さまざまなツールを含めるべきです. 作業ブレードのサイズは、特定のケースでスパチュラを適用する可能性または不可能性を決定する。. もちろん、デバイスが大きいほど、壁にサンプリングできる材料が多いほど、一度に機能するストリップが大きくなります。. しかし、狭い場所で、電池の後ろに、そして他の範囲の近い点で、すべてがむしろ不便を生み出すでしょう. 作業面がどれほど良くなるかを見る必要があります.

それのわずかな不規則性は、主な材料のけがを脅かします。. もう一つのニュアンス – ハンドルの利便性. ここで彼らはその好みと味に厳しく見え、個人的には手でデバイスを試してみてください. 幅に関しては、練習は明確な推奨事項をもたらしました。.

最適値は200から250 mmであり、それだけでなくてもっと少なくしておくべきことは、自分のニーズをしっかりと知っている人たちだけに購入されるべきです.

プラスチック製のスパスラについてのすべて

プラスチック製のスパスラについてのすべて

さらに見る価値:

  • 滑らかで平らな刃。

  • 耐久のハンドルが開催されます。

  • プラスチックベンドとして。

  • 他のユーザーはどんなレビューをしています.

プラスチック製のスパスラについてのすべて

プラスチック製のスパスラについてのすべて

使い方?

スロットと穴を埋めるために、厳密に定義された量の仕上げ混合物を取ります. 窪みも付属しています. 最後に余剰を取り除く必要が少ないほど、より良い. 最初から、それは精力的に働くために積極的に働いていますが、材料の整列によって計算された. 大まかな調整が生まれたとき、微細な精密化に行きます.

急いでは必要ありません. 表面の最大平滑化を努めるべきです. この目的に適した500~600 mmの幅の仕事部. それにパテを置くために、より小さなシャベル、100~150 mmを使用してください. パテの始まりには、器具は壁とほぼ平行に導く.

不均一なセクションの外観を排除することは、そうであるほど難しくありません. レベリング混合物は単にスパチュラの真ん中に少量に入る. 余分なものがまだ表示されている場合は、それらは清掃されてコンテナに戻されます.

ピストンが唾を吐くと、角度は20度であるべきです. 解決策が上から下に分散されているか水平方向に分布しているか.

プラスチック製のスパスラについてのすべて

プラスチック製のスパスラについてのすべて

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する