修理シーケンス:どこにスタートします?

家の修理作業で勉強した、多くの所有者が失われます. 初期段階では、特に内部仕上げの期間中、プロセス自体の間に多くの質問が発生します。. 労働を容易にし、すべての行動を合理化するために、各段階が明確に分布している計画を開発する必要があります。. 間違いをしないでください、時間、神経とお金を節約するのに役立ちます.

修理シーケンス:どこにスタートします?

仕上げの段階

したがって、敷地の装飾を開始するには、作業を生み出すためのシーケンスに精通しているはずです。. 以前に規定されているように、そのようなアプローチは修理を迅速に完了し、さまざまな欠点を回避することに貢献し、したがってそれらの修正.

修理シーケンス:どこにスタートします?

仕上げの主な段階:

  • 作業の主な方向は上にあります. 言い換えれば、それは天井仕上げの始まり、次に壁と床の終わりの標準です。. そのような異常な原理は、他の分野の処理と設置時の部屋の完成部分を損傷から保存するために使用されています.
  • きれいなフローリングを敷設する前に、床のスクリードが必要です、そして最初にそれを作る. スクリードは、フローリングのためのベースとして機能し、硬さを追加し、通信を隠す中間層です。. それがやってくるでしょう、より長いコーティングは続く. スクリードは、組成、接着および敷設方法が異なります。.
  • 壁を漆喰で揃えます. 壁の初期状態に応じて、1つ以上の層が必要となる場合があります. 壁を塗る前に、表面の状態を改善するために原始的に、そしてその後の塗料の中でより良い保持されていることが必要です.
  • 最後に、壁の準備の終わりに、彼らはそれらを置く. コミュニケーションのすべての不規則性と場所を慎重に閉じます. 壁は仕上げのために準備します.

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

  • ドアボックスの設置. ドアをすぐに取り付けることができ、汚れや機械的損傷から保護するために密なポリエチレンで閉じることができます.
  • 壁紙で壁を計算します。
  • ピストンフロアカバーの敷設(ラミネート、リノリウム、寄木細工).
  • 固定天井台上、装飾要素、スイッチ、ソケット、プラットバンド.

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

スタート修理作業は最も遠い部屋から続き、出口に移動します. 廊下のトリムと廊下は最後に行われます. これはすべて完成した汚れや塵の部屋に入ること、および新鮮なコーティングの損傷を避けます。.

1部屋を完成させ、それに至るドアは密集して密集したポリエチレンフィルムで閉じています。. それは汚れ、ほこり、塗料、石膏からきれいな仕上げ材を守ります.

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

よくある質問

内部仕上効に関する最も一般的な質問のいくつか.

その最初のドアや壁紙?

あなたは壁紙に固執する前後に、そしてそれらの後にインターナールドアを取り付けることができます。. 主なことは、これら2つの作品を組み合わせていて同時に行わないことではありません。. 壁紙が接着されたとき、湿気は部屋に組み立てられ、3日までの高レベルで節約されます.

キャンバス、ドアボックス、装飾的なバーは埋め、約5センチメートルを増加させます。. ドアの同時設置は、乾燥後の後続の中でウェブと箱の間に大きな隙間があるという事実につながります。. 可能な限りすぐにドアロック.

修理シーケンス:どこにスタートします?

インターコースドアの取り付け

前:

  • 良い: ドアの設置中に形成されたほこりは、壁紙の上に落ちません.
  • ひどく: あなたは時間を過ごしてきれいにトリミングされ、そしてその後装飾的なバーのためのキャンバスの端を埋める必要があります(プラプタバンド).

後:

  • 良い: ドアを取り付ける際には、石膏ワークスのすべてのエラーを隠すことができます.
  • ひどく: 戸口の寸法が耐震していない場合、給与の時点では、壁紙が心の上に切断された後、プラットバンドは形成されたギャップを閉じないかもしれません.

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

接着剤天井台座?

天井台頭は天井と壁の間の縫い目を区別し隠すのに役立つ装飾的な要素です。.

天井の台座を参照してください。

  1. バゲット
  2. ひさし;
  3. 国境
  4. ハートシップ.

彼らの仕事は、縫い目や壁と天井の間の遷移だけでなく、ひび割れの形成を防ぐためだけではありません。.

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

台座を固着の前後に糊付けすることができます. しかし、より適切な壁紙の前に彼らのマウントになるでしょう.

すべてのサーフェスをパテと整列させる必要があります. カーターが傷をつくる予定があると予定されていると、乾燥するまで天井を染色した直後に行われます. さもなければ、トレースはそれらの間に残るでしょう.

台座を染色せずに、天井の完全な乾燥を待っていない、あなたは接着剤から天井を保護するリボンとジョイントを閉じて、台座を取り付けるべきです。. その後、壁は塗られているか楔形で、キャンバスの端をカスタマイズします. あなたが片方の瞬間ではなく壁紙を変える必要があるならば、彼らは簡単に取り外すことができます. したがって、正確に天井の台座を固定するのは正しいです.

台座が壁紙の上に接着された場合、この場合、それはすべてを硬く、台座と一緒に完全に変わる必要があります。.

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

天井を引っ張るほうがよいとき?

ストレッチ天井特有の製品。これにより、仕上げ作業の最終段階に取り付けることが可能になります。. 引っ張って、実質的に汚れはありません、そして完成した壁カバーを損傷する可能性は非常に小さいです. しかし、専門家は迅速かつ定性的な結果を得るためにマスターを雇うことを助言します。.

この場合、上からの原理は機能しません. 主に標準的かつ通常の修理作業を目的としています。.

修理シーケンス:どこにスタートします?

最初の天井タイルまたは壁紙?

最初の中ですべての中で最高の天井のタイルを貼り付けます. 塗料、ホワイトウシ、接着剤、類似の物質がほとんど焦げ付きがほとんどないので、壁紙を汚染しないようにするために、壁紙を傷つけないようにするために.

修理シーケンス:どこにスタートします?

床や壁紙:何ら前に?

トレーニング. 床の後にのみ壁を準備する. ゴミは掃除され、仕上げ床材をスタイリングする準備ができているはずです. 修理作業の終わりに積み重ねた. これより前に、ベースはフィルムで閉じられているので、静かに微量の痕跡を除去する.

敷設. すべての壁紙はリノリウムが置かれる前に糊付けされ、サイクリッシュな木の床も続く. しかし、何人かのマスターズは床を敷設し、台紙を取り付ける後に壁紙が取り組んでいると信じています. これは、壁の壁をいつでも交換できないという事実に関連しています。.

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

先に、装飾的な石や壁紙があります?

それはまた最初のものを接着するべきことも関係ありません. 基本的に、それはすべて請負業者のプロ意識によります.

装飾的な石の始まりに固執するならば、壁紙は単に石の上のアレンの分野に合わされてカットされています. 追加の生のキャンバスが残っていても乾燥し、接合部の場所が目立たないでしょう. 壁紙は薄い刃と塗られた文房具のナイフでカットオフ. 彼らはスパチュラで石にしっかりと押し込まれ、その縁に沿ってナイフで切り取られています. スパチュラは濡れた壁紙を保持しており、彼らに壊れるように与えない.

あなたはまた壁紙の上に装飾的な石を固執することができます. しかし、それらを接着させないように慎重に働く必要があります. これを防ぐために、あなたは事前に将来の添付ファイルの境界を指定し、壁紙上でより大きなテープを貼り付けます. テープの端には取り除かれ、キャンバスはきれいなままです.

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

彼らがエアコンを入れるとき?

エアコンの取り付けを開始するのは壁や石膏ボードの貼り付けに正しいです. 2つのブロック(内部と外側)を接続する通信. 同時に、室外機が設置され、それによって仕事の最も汚れた部分が完成しています。.

内部仕上げの最後に、内部ブロックが取り付けられています. そのインストールは約1時間かかり、試行の開始後、エアコンの操作を確認して.

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

壁の壁画または壁紙?

当初、壁紙を貼り付けることをお勧めします。. ただし、図面が垂直方向をマークするためにどこにでも横たわっていないように. 垂直は壁が揃っている標準です。. それは不均一かつでこぼこの壁に役立ちます。. しかし、それは必要ではありませんが、図面を滑らかに保つのに役立ちます.

修理シーケンス:どこにスタートします?

内部の例

仕事の経過を正確に理解するのは、台所終了の例について考察する.

部屋や内部のレイアウトを判断する必要があります. インテリアは、インターネット上で利用可能なすでに既製の作品から発明または選択することができます。.

その後、いわゆる「ゾーン」は、必要な材料がすでに選択されているように設計されています。. キッチンには2つの「ゾーン」があるはずです – これは労働者であり、そこで食べ物や食事をするための準備. 通常は異なる面の材料でそれらを分割します. 作業地域はカフェエーターで区切られており、食事 – 壁紙がし、したがって居心地の良い雰囲気を作り出す. もちろん、これはおおよその標準化された解決策です。.

修理シーケンス:どこにスタートします?

作業計画

  1. 解体. 簡単な化粧品修理では、古いコーティングは簡単に取り除かれます. より複雑なオーバーホールがある場合は、すべてがここで解体されます.
  2. コミュニケーションの変更. 配線交換、必要に応じて水道管を配管します.
  3. 並びに. 床、壁プラスター、または石膏ボードの設置. 同じ段階で、マルチレベルの天井が構成されています.
  4. シパール. 最初に天井を入れ、それから壁.
  5. 最後の段階はきれいです インテリアを仕上げます 敷地内.

修復の段階は、次のビデオで見ることができます.

仕上げ室内装飾には以下が含まれます。

  • 私たちは壁や床をタイルで手を振っています. ラミネートとのリノリウムの敷設は天井を染色した後にのみ与えられます.
  • 緻密なポリエチレンフィルムと接着剤のバゲットの屋外コーティングカバー. 天井を色にし、2層で最小限にします. 洗濯のために塗料. ストレッチ天井が計画されている場合は、後でインストールします。.
  • 仕上げの床材を敷設する(リノリウムまたはラミネート).
  • 天井台座を取り付けます. 私たちは壁紙で壁を蓄積しています.
  • ソケット、スイッチ、ランプ、家具の取り付け.

修理シーケンス:どこにスタートします?

それで、それは台所で一連の修理作業のように見えます. 段階は厳密に厳密に観察されないことを覚えておく価値があります、それはすべて使用される材料に依存します.

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

修理シーケンス:どこにスタートします?

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する