マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

各家では定期的に何かを掘削する必要性がある. そしてこのタスクを解決するためには、信頼性の高いモダンな機器を使用する必要があります. マキタドリルなどのようなものです.

マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

それは何ですか?

みんなが知っているように、様々な材料の穴が穴を開けるにつれて、同様の装置。. Makitaドリルを使用して、ドライウォールシート、コンクリートの表面、金属構造などを取り扱うことができます。. 任意の電極で主な機能を実行するために、ドリルを固定するための穴があります. ドリルの大きさは、穴がどれだけピアスされなければならないかに従って選択されます.

特定のタスクを実行するには、ドリルは特別なタイプのドリルと互換性がある必要があります. しかし、場合によっては、このデバイスは壁紙の接着剤、石膏、建設塗料とパテを練ります.

マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

adv adv

Power Tools Makitaは、練習が示すように、他のブランドの多くの作品、アクセスできない製品を実行します。. そのような優位性の理由は、パワーの単純な増加ではありません(これはデッドエンドで、機器のサイズが増加するため).

Makita開発者は、現代の技術とオリジナルの設計ソリューションの使用により目標を達成することを好みます。. 彼らは高速の基本操作を達成することができました. エンジニアのトルクを上げることができた努力のおかげで、したがって生産性を大幅に向上させる.

日本の会社は、おなじみの誘導コイルで製品を装備しますが、希少金属からの磁石を強化し、ギアボックスの慎重に思ったデザインがその強さを増加させる. Makitaのブランドの下では幅広い掘削装置が生産されて以来、特定のタスクに必要なものが難しくない.

マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

欠陥

しかし、完璧なものは何もない. ここで日本の製造業者の訓練、時には消費者から多くの質問をすることがあります. 別々の修正は不快なケーブルが短すぎる場合があります。. いくつかのバージョンのデバイスは頻繁な内訳の影響を受けます。. 1つだけを終了します – 慎重に最も適切なデザインを選択してください.

マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

ビュー

家庭や専門家で共有することが受け入れられています. それらの間の違いは、次の特性に関連しています。

  • 電力レベル。
  • 操作期間。
  • ドリルツイストスピード。
  • 準備された穴の最大直径.

もちろん、楽器の特性が上昇するまでに支払わなければならないので、あなたは最初に訓練する頻度で、仕事の範囲となるものを見つける必要があります。.

    日常生活の中のデバイスは穴あきと呼ばれています – これはドリルでもあり、ただプロのクラスに関連しています.

    そのような装置は、次のような目的のために必要とされる。

    • 配線およびその他の通信の下のストローク壁。
    • パンチはコンクリートと煉瓦作業を通過します。
    • セラミックタイルと丈夫な仕上げ材料を刻んでください.

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    dr

    その特性における通常のショックドリルは、穿孔者よりも少し劣っています. それでもそれは間違いなくプロのビルダーの楽器です. このような技術は、レンガの壁を突破する必要があるときに安全に適用できます。.

    ショックドリルでは、作業と接触している一対のラチェット. コマンドによってそれらを切断する機会のおかげで インパクトドリルは不安定なモードに簡単に翻訳されています, 必要がある場合.

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    unw unw

    このデザインは、より硬い材料を掘削する能力を排除します. しかし、これは未知のドリルが間違いなく悪いという意味ではありません. それは家具、引き出しを集める必要があるときに良いことを助けます.

    家庭用掘削機は充電式と電気に分けられています. 電池の存在はモビリティを向上させることを意味しますが、ネットワークの修正ははるかに長く機能することができます、それ以外にも、通常は簡単です.

    ドライバーはドリルではありません 彼自身の言葉の感覚、そして別のタイプのツール. しかし、運用原理は同じです. すべてのドライバーは内蔵バッテリーからエネルギーを得る.

    同様のデバイスが木である必要があります. 彼らはそれから完全に互いに補完します.

    結論として、それはドリルの特別な修正について少し言う価値があります. だから、磁気訓練はどの産業機械でもそれほど多くの建設ではありません. 建設現場で使用されている場合は、非常に限られています. 車のクレーンを修理するか鉄道橋を建てる必要がない場合、そのような設計は必要とされない. したがって、国内目的では、それらはめったに使用されていません。.

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    ドリルミキサー – これはさまざまな液体を混合し、特別な一貫性を与えるために必要な装置の種類です。. 簡単な穿孔機や穴あき孔と比較して、そのような技術はより強力なベアリングを持っています。.

    ドリルミキサーが15リットル以下の作業混合物を処理する必要がある場合にのみ、ドリルミキサーが適していることに注目する価値があります。. 交換可能な必要性が高ければ、あなたは特殊なメカニズムを購入する必要があります. しかし、これは別の会話のトピックです。. 角柱は350 W以上の力を持っていません. より高度な手法と比較すると、回転数も減少します. しかし、家具を自宅で組み立てるとき、そのような掘削機は非常に価値があります。.

    彼らはあなたが最も届かない地域に「届く」ことを可能にします. しかし、コンクリートやその他の固体材料で作業するために角柱を使用することはお勧めできません – それは素早く壊れます.

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    選択方法?

    主な掘削機械の主な種類で理解したことは、適切なモデルを購入する方法を見つけなければなりません. この情報は注目に値します、それは製造Makitaブランドだけでなく適用されます. まず第一に、決断を行う必要があります。. 各オプションにはその強みと短所があります。. したがって、セカンダリマーケットで購入するとき(広告や知人)、特定のマシンに関する最大限の情報を学ぶことができますが、詐欺の危険性は素晴らしいです。. さらに、確実に保証はありません. それが長い間積極的に使われているか不適切な条件に保管されているならば、近い将来故障は避けられないでしょう.

    大規模な建物のスーパーマーケットとユニバーサルショップに連絡すると、すべての品質保証の最初に必要に応じて理にかなっています. しかし、特別な知識がない場合は、専門的なアドバイスを頼る必要はありません – 彼らは最新の「ワイドプロファイルアマチュア」のためにそこで働いています. 専門家は通常、個人的に有名な電動工具に行きます. 働く売り手は説明的な勧告をすることができます.

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    適切な販売場所で理解していた、今すぐデバイスパッケージを求める必要があります. ドリルと一緒に、ノズルはしばしば取得し、特定のタスクを解決することができます。.

    ほとんどの場合、次の項目をキットに含める必要があります。

    • 指定された穴あけ角度とドリル入力の深さを自動的にサポートするリミッタ。
    • ミニチュアドリルで作業できるコレットカートリッジ。
    • 飲酒装置.

    さまざまな材料から円を切り取る予定の場合は、いわゆる丸葉が使用されます。. 粉砕は花弁ノズルを用いて行われる. しかし、フェルトからノズルを獲得すると、様々な表面を同時に磨くことができます。. 様々な形でネジを包むのに役立つノズルさえあります。. 追加の付属品が多いほど、より良い.

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタブランドの下でのドリルのいくつかのモデルを考える価値があります.

    • バージョン6501 高いREVSを開発することができます(60秒で4500まで). ケースは比較的小さく、質量はわずか900 gです. 奪われた深さリミッター. 鉄骨構造は6.5 mm、木製 – ×9mm掘削することができます.
    • DA6301はコーナードリルから値する. さらに、この設計はまだミキサーの役割を果たすことができます. 小さな回転としっかりしたトルクでは、「難しい」材料を掘削するときに大胆にそれを使用することができます. そしてまた、厚い液体を混ぜたときに製品はそれ自体をよく現れます. 連続運転中に、1時間あたり0.81 kWが費やされます.

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    • 必要ならば ダイヤモンドクラウンでドリル、DBM131に注意を払うのが適切です. そのような装置はコンクリートと天然石の湿式加工のために最適化されています. 内蔵モーターは1700Wまでの力を開発します. この装置は、負荷速度の下でも変わらないような方法で考えられています. 調製した穴の直径は70から132mmまで変化し得る.
    • 多用途の装置は、ドリル6300-4であることが値していることに値する. それは4つの異なる速度で働くことができ、それはあなたが幅広い材料を処理することを可能にします。. 詳細切り替え回転速度はとてもよく考えられています. 木製構造は直径30 mmに掘削することができます. 鋼の場合、この指標は13 mmです.

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    運用規則と記憶域

    初めて電車からカートリッジを取り外す必要があるとき, 指示を読む必要があります。. この要件は自明であるようですが、あまりにも粗い努力のために多くの掘削機が破損していました、「あまりにも削除されないから」.

    カートリッジと掘削装置の変更に関係なく、カートリッジの交換はネットワークから切断した後にのみ行われます。. それが落ちないように、テーブルまたは他の滑らかな表面にドリルを置くことをお勧めします。. 操作中に、ドリルは2つの手で保管されるべきです。.

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    この規則の違反は、暗号化されたドリルのときに怪我をする. 穴あけ速度が速いほど、ドリルが埋め込まれている可能性が高くなるため、現時点で必要なモードのみを使用する必要があります。.

    電気コードはドリルやノズルに触れないでください. 仕事を始める前に、壁や仕切りに隠された配線がないことを確認してください。. 彼女がまだそこにいるならば、それはワイヤーのトラックを明確な考えを持つことが必要です.

    あなたが頻繁にそして長い間ドリルする必要があるとき、あなたは確かにearplugを使わなければなりません. 安全メガネを着用するのに必要な金属を掘削するとき. ダスティング材料の処理中は、呼吸器を使用すること、または少なくとも定期的に交換された山の包帯を使用する必要があります。.

    デリジャー、冷たい部屋、特に路上で、室内、冷たい部屋、客室には禁止されています。. あなたはそれを特別なケースでのみ適切な場所に転送することができます、他の包装は合いません.

    マキタドリルズ:品種、選択と使用規則

    レビュー

    消費者によるマキタドリルの評価は間違いなく有利です. したがって、このブランドの電池装置は簡単に充電され、高出力が異なります。. 正のフィードバックは、積極的にテクニックを悪用する人でさえ与えます. この場合、変形は長い間見えない. ハウジング上のパッドのほとんど安定性が乱れていることがあります。.

    次のビデオでは、ショックドリルマキタHP1640の概要を待っています.

    料金の記事
    ( 評価はまだありません )
    友人に共有する
    Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
    コメントを追加する