タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

セラミックタイルは、民家の多くの所有者の間に非常に人気があります。. そのような材料は強度、耐久性によって区別されています、そしてそれが多くの人を選ぶ理由です.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

しかしながら、そのようなコーティングも適切に使用されなければならない:美しい表面を得るためには、要素を徹底的に整列させるべきです。. このタスクを溶かすと、ティールを敷設するためのくさびが役立ちます. この記事を読んで、あなたはそのような要素を使うという機能について、彼らの利点とマイナスについて学ぶでしょう。.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

基本概念

以前は、プラスチッククロスを使用して、隣接する元素の間に挿入されたタイルを置きました。. このシステムの不利な点は、交差が縫い目の距離だけに影響を与えるが、水平面内の製品を整列させることはできません。.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

今日、この作業はタイルアライメントシステムに含まれている特別なくさびの助けを借りて解決されています。. 技術的には、これらの要素自体が材料に影響を与えることはできないので、それらは特別なクランプで使用されます. Kliyushkiは、2つのガイドからなる独特のフォークを思い出させます.

これらの製品の表面には、クランプとセラミックタイルを確実かつ定性的にフィックスすることを可能にする小さなノッチがあります。.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

製造に使用される材料に応じて、これらの要素は2種類に分けられます。

  • プラスチック. このタイプのくさびは様々な種類のポリマーから作られています. これにより、それらを耐久性と耐久性にすることができます. 品質の製品は再利用可能に適しています.
  • 金属. それほど頻繁ではない、彼らはより高い価格を設定しているので. 絶えずタイルを敷設することに従事している彼らの専門家を使う. 金属は荷重に耐え、できるだけ役立つことができます.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

長所と短所

タイルアライメントは、特定の経験を必要とする時間のかかるプロセスです。. ウェッジとクランプのセットの助けを借りて、初心者でも設置することができます.

そのような要素は特定のプラスによって区別されます。

  • あなたはほとんどの水平バイアスで要素を使うことができます. ここでの主なことは、後であなたが後で設置作業の実装に向けられる最初の数のプレートを正確に整列させることです。.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

  • CLINSと一緒に使用されるクランプは十字として機能します. 彼らはまたシームを均等化します. 距離を増やす必要がある場合は、希望のサイズの補助プラスチッククロスとの間に追加的に挿入されます。.
  • タイルアライメントシステムを使用することで、糊感を製品表面の下に均等に分散させることができます。. この利点は、敷設タイルを敷設するために特に整列していない敷地内に顕著です。.
  • 最小限の播種要素. 材料は確実に固定されており、これは接着剤が所望の位置に凍結することを可能にする. このため、使用中は、タイルが表示されずに消えません.
  • ウェッジは要素を確実に固定し、それは接着剤の乾燥中のそれらの相殺を排除する.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

しかし、そのような製品の使用は必ずしも正当化されていません.

彼らのマイナスのいくつかによって行われた:

  • Klinievを配置すると時間がかかります. 同様に、私たちは表面からこれらの要素の除去について言うことができます.

そのような場合の経験豊富なスペシャリストは、レベルと従来の十字架を使用します.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

  • ウェッジは比較的多くの場所を占めているので、敷設中の縫い目の清掃は大幅に複雑です.
  • そのようなシステムのコストは通常​​の十字架の価格よりはるかに高いです. ウェッジがいくつかのインストール作品のためにのみ必要な場合は、それらを暗黙のうちに取得する.
  • そのようなレベリングシステムは、温度が+ 10度を超える部屋でのみ使用されます。.

別の欠点は、クランプを除去することが不可能と考えられます。. くさびを取り除いた後、彼らはそれらを破る、その時も.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

品種

アライメントシステムは非常に広く広く普及しています。.

市場はいくつかの種類のくさびを提示します。

  1. 巨大なくさび. これらは、レベリングプロセスを監視するための最も簡単なオプションです(最小限の努力で)。. 作業を簡単にするために、製造業者は特別な道具を補完することができます。.
  2. ネジテンショナーのくさび. アライメントは、タイルの下の上下のサポートを締め付ける特別なナットを使用して行われます。.
  3. くさびラッチ. 彼らの仕事の原則はかなり単純です. それらはクランプとくさびを組み合わせ、横方向のサポートが最後の要素として使用されます。. それらの組み合わせでは、設計は圧縮され、それはタイル表面の位置合わせをもたらす.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

そして、次のビデオでは、敷設タイルのためのSFPシステムの比較が考慮されています.

取り付け

アライメントシステムを使用したタイルレイリング技術は非常に簡単です.

特定の規則を考慮して、次の順次ステップを実行する必要があります。

  • 最初にタイルの下のベースを準備する必要があります. これを行うには、スクリード、プライマー、その他の標準オプションを使用します。.
  • その後、ギヤへの羽毛を有する壁または床の表面に接着剤組成物が塗布される. その厚さはタイル材料だけに依存します.
  • 次にソリューションにタイルを置き、水平面に揃えます. これは、後でインストール作業を実装するときにナビゲートするいくつかの最初の要素に適用されます。.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

  • その後、インストール時に使用するタイルのすべての側面の下にクランプをインストールする必要があります。. 彼らはそれぞれの角から約5cmの距離でそれらを持っています. 希望の効果を与えることはないため、コーナー自体に一部を取り付けないでください。. 最適オプション – サイドあたり2クランプ.
  • 2番目のタイルはクランプの上にやさしく置くべきです. 同時にそれは十字架とレベルと整列しています. すべての準備ができたら、くさびがクリップに挿入されます.

システムが両方の要素を確実に記録することが非常に重要です。. 最小限のギャップの存在を許可しないこと、または要素が刻み出されることを許可しない.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

他のすべての要素のインストールが同じ原則にあります. 接着剤が乾いたら、くさびを取り除く必要があります. 一部の専門家はこれにCyankaを使用することをお勧めします。. その後、固定要素自体を取得する方がはるかに簡単になります。.

タイルを敷設するためのくさび:使用の特徴

ワイヤーを敷設するときにウェッジを使用する技術は比較的簡単です、このプロセスでは精度だけでなく簡単な規則への準拠が必要です。.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する