マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

穿孔器は、強力な打撃を受けた掘削機能を有する集合体です。. 穿孔器には衝撃エンジンでも多くの類似した特徴がありますが、丈夫な材料(コンクリート、花崗岩、レンガ、セラミックタイル)を作業するための詳細設計. 電極は材料への衝撃の影響力のために穿孔器と競合することはできません. 現代の解体または捨てられた耐久性のある材料は、穿孔官のような道具なしでは実装できません. プロの穿孔士を生産する世界の最高の企業の1つはMAKITAです.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

特性

舞台は積み上げ太陽の国に登場し、プロのサークルで、それは電動工具の最高のメーカーの1つと考えられています. Makita彼の開始は前世紀15年からかかり、それは電動機を作り始めました. 会社を賛成した最初の人気のプロフェッショナルツール、電気リークになりました. 今日まで、マキタの品揃えは約400ポジションを持っています。 スクリュードライバと穿孔器は近年特に活発である企業が発展する方向です。. これらのデバイスは、たとえば、さらにコンパクトでエネルギー集約的になった改善された自律型の電源など、多くの革新的なイノベーションを導入しました。.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

当社の多くの生産設備は、労働がはるかに安いアジア諸国の国外にあります。. これにより、Makitaがより競争力がある、無料の資金を新しいモデルと開発に投資することができます。. 名刺幕田と誇りの主題は、航空宇宙株式会社NASA(米国)との長期協力です。.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

adv adv

特徴と利点 「マキタ」の電源ツール:

  • コンパクトな寸法。
  • 良い力
  • わずかな重み。
  • 二重分離の存在
  • ハイパフォーマンス;
  • ノードを迅速に変更する機能。
  • 汎用性と便利な機能.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

欠陥

早いや後でも任意の道具やデバイスが乱れやすくなります。.

Makitaからの製品の最も頻繁な内訳:

  • 骨材の樽の亀裂の外観。
  • 活発な損傷。
  • 摩耗カップリングとギア。
  • ベアリングの失敗
  • 巻き上げ勇気。
  • 潤滑.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

ビュー

マキタ穿孔士は専門家とアマチュアの間で需要があります. 総企業は4ダースの集計を生み出し、最も有名なモデルは以下のとおりです。. Makita HR2470は、3つの機能モードを持つ非常にコンパクトなワイヤレスツールです。

  • 12 mmまでの金属掘削。
  • 木 – 30 mm。
  • コンクリート – 25 mm.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

穿孔を妨害から保護する安全装置(カップリング)があります. これはすべて、故障なしにMakita HR2470を長い間働くことができます. 残念ながら、デバイスの弱点は粉砕モードで長時間機能することができないことです。.

マキタHR2800。 – すべての要件を満たすプロのユニットは、重い負荷に耐えることができます. それはさまざまなモードで機能しますが、欠点は見られません。.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

Makita HP4001C。 – 高出力の穴あけ(エンジン1,100ワット)、毎分267回転数2.8千ショット. 2つの操作モード、速度の自動表示があります. 解体、そして仕上げ作品に最適. 10 J、穴は最大400 mmの直径で作ることができます(冠を最大15 mmまでの作業時)。. 電子ブロックを使用した豊富な機能、効果的な操作調整があります.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

Makita HR2432。 ダスティングのための設置システムがあります. 装置はどのモードでも機能することができ、主な機能はMAKITA HR2470モデルから借用されています.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

充電式

電池で動作する電池はオフラインで機能する可能性があり、それはしばしば非常に必要です. 建設工事は、電線を伸ばすための硬い範囲の場所と共役しています。. 計算された専門家:自律的な要因による労働生産性は、3番目までに増加します. 現代の技術を使用すると、経済的なエンジンと強力な電池装置を作成することができます. この地域のマキタの開発は、世界の技術的進歩の企業が「エッジ」になることを可能にします.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

一例として、そのような革新に言及することは理にかなっています:エンジンが垂直に組み合わされる大型の電動工具.

そのような骨材は次のように区別されます。

  • パワー;
  • 経済;
  • 高いREVS
  • コンパクトバッテリー(18ボルト).

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

すべてのダイナミックノードは高強度炭素組成物で覆われており、これはチタン合金に劣らない。.

掃除機で

Makitaはダタライナシステムを作成する際に革新的なソリューションを提供しています. 穿孔器を備えた束内で作用する小さな掃除機は、微粒子を効果的に除去することを可能にする. 通常集塵機で製造されたMakitaからの鎮静剤、そのような組み込み装置は凝集体の耐用年数を大幅に延ばす. 集塵機または内蔵掃除機の内訳は骨材の過熱をもたらす.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

労働日の終わりに、穿孔孔は建設用粉から徹底的に清掃されなければなりません。. 1~4ヶ月ごとに平均してサービスセンターに放棄された集中的な操作を備えた電力ツール. 穿孔者の作品の間で休憩を取ることも推奨されており、最適モードは20分の仕事と15分の「休息」です。.

プロ

プロのツールの例として、Makita DHR 242穴あけを考えてみましょう.

モデルはさまざまな作業条件に適しています。

  • 壁の分解。
  • 通信のインストール
  • 仕上げ施設.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

穿孔器は掃除機に接続することができる。. ユニットはコンパクトに企業のプラスチックボックスにあります. 18 Vの2つのイオン充電器、各3 A / Hの容量が含まれています. また、電池には標準のエネルギー素子を装備することができます。. バッテリー機器の費用は根本的には通常は違うとは異なりますが、1時間ほんの1時間でそのようなブロックを請求することができます。.

穴あけ運転モード:

  • 掘削シンプル
  • 掘削とドラッグ
  • オランダの.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

“シャベル” – これはマキタの穿孔人が働くことができる特別なモードです。. この場合、モデルDHR242は、表面をタイルチップから効果的に清掃することができる。. 穴あけの長さ330 mm. 重量小さい、3 kg.

デバイスにデバイスがあります。

  • 標準SDS-Plusカートリッジ。
  • キーカートリッジも含まれています。
  • ほこりを除去するための関数(3つのモード).

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

掃除機は自律的に機能しているため、所有のエンジンがあります. 機能性は人間工学的に配置され、そのようなツールを快適に作用する.

主な要因:

  • 12ヶ月保証.;
  • 2速
  • 衝撃の強さ – 2 j。
  • 衝撃の数は毎分4700です。
  • 回転数は毎分955です。
  • ドリル径(最大) – 14 mm.;
  • ドライバーがあります。
  • 回転を調整する。
  • カップリング固定
  • 集約の価格は約30千です. こする.;
  • 掃除機の価格は約14千です. こする.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

ショック

Makitaネットワーク穴レーターの最高のモデルの1つはモデルHR 2641です。. 3つの重要な資質を組み合わせたものです。

  • パワー;
  • 優れた機能性
  • 民主的な価格.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

装置は3つのモードで動作していますが、プライベート家庭内でもプロのビルダーの仲介者の仕上げの仕上げの両方を使用することが可能です。. 穴あけ重量 – わずか3.2 kg、衝撃力 – 2.45 J. 便利な機能があります。さまざまな角度でチゼルをインストールする能力があります。.

衝撃頻度は4.5000を超えているため、トルクの周波数は電子ユニットによって調整されます. ドライバーとして穿孔器を使用する能力もあります(ピッチングリバース). 作業領域は特別なLED懐中電灯で強調表示されています。. ペンとボタンは思慮深く快適に配置されています、価格は1万ルーブル以上です. 否定的な側面の、あなたは言及することができます:

  • ショートコード
  • ボタンは建設粉塵で素早く詰まっているため、なぜそれらがかなり頻繁に掃除しなければならないのか.

選択方法?

穴あきマキタを選択するための基準は情報に頼っています。. これはすべて影響します。

  • 穿孔器の力について
  • 装置にはどのようなバッテリーが必要です。
  • 機能モードの量(トランク、デュアルモード)。
  • ノズルの形で追加の装置があるべきです.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

一例として、あなたはそのような事実をもたらすことができます:穿孔は敷地を解体するために購入されています. ユニットは何時間もほぼ毎日使用されることになっています。. この場合、リチウム充電器(Liイオン)が必要であり、それらはニッケル – カドミウム(Ni – Ca)よりも高価であるが、それらはより長い運転モード(50%)を提供する(50%)。. 集中的な操作で、リチウム要素は短時間で支払うことは明らかです。.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

ケースから機会までの穿孔器が使用されていない場合は、カドミウム電池を購入する必要があります. カドミウム – ニッケル(SA-NI)充電器ははるかに安いです。彼らはそのような大容量のエネルギーリターンを持っていませんが、彼らはより長いリチウムを提供しています、それはそのようなエネルギー要素を扱うことが有益です.

付属品

Makita Poriulorの標準コンポーネント そのようなノードと詳細の存在を確実にしてください。

  • ブラシ。
  • カートリッジ;
  • 交換可能な茶色で悩まされている。
  • ボラント。
  • アンカー;
  • ノズル。
  • チゼル;
  • ピークス;
  • ドリル;
  • スキームと取扱説明書.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

運用規則と記憶域

家庭用シリーズ穿孔器は通常20分以内に継続的に働くことができ、それから彼らは約5~6分の休憩を取る必要があります。. そのような装置は毎週20時間以上働くことができます. すべての指示ガイドラインは指示としてメモとして添付されています。これは作業を開始する前に慎重に読む必要があります.

これは抜粋です:

  • 職場はうまく点灯する必要があります。
  • 爆発的な可燃性の材料が存在する敷地内で働くことは不可能です。
  • 子供たちは作業部から取り外しているべきです。
  • 運転中は、他の事務に気を取られることは不可能です。
  • 操作のプロセスを開始する前に、電源コードとギアボックスの潤滑を確認してください。
  • 穿孔器が二重分離を有する場合、それは接地されている3番目のワイヤに接続することはできません。
  • ユニットが二重絶縁性がある場合は、それをロゼットの接地線と接続することが必須です。
  • 穿孔器の運転中に、パイプ、ラジエータ、冷蔵庫、およびTとの接触はありません。. n.;

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

  • 作業が高湿度の部屋で行われる場合は、ブレーカーが存在している必要があります。それは電気ネットワークから穿孔器の力を切断します。
  • 高湿度の施設内では、ゴム手袋と靴を使用する必要があります。
  • 湿気は穿孔者に落ちないでください。
  • 電気コードは油の液体や移動節から離れているはずです。
  • アルコール中毒の状態での作業は分類的に反乱軍です。
  • 長い髪、緩い衣服は怪我をする可能性がありますが、衣服や毛髪がユニットの移動アセンブリに入るのを防ぐ必要があります。
  • 作業を開始する前に、すべてのボタンがオフモード(無効)になっていることを確認する必要があります。
  • ドリルをデバッグする最後に、穴座自体の表面からすべての追加の装置を取り外します。

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

  • 穿孔器による運転中は、定常位置をとる必要がある。
  • メガネ、手袋、呼吸器を必ず使用してください。
  • 関連作業を実行するときには、特別な靴とヘルメットも適用されるべきです。
  • 作業クリップ、クランプ、副;副を申請する必要があるので、
  • 穿孔器は過負荷では機能しないでください – これは装置の内訳をもたらします。
  • ON / OFFキーが穿孔者上で壊れた場合は、それを使って作業することは禁止されています。
  • 動作モードをデバッグするときは、電源装置をオフにしてください。
  • 予防修復はタイムリーに実行する必要があります。

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

  • 集計を期待することを期待する必要があります。変形の主題やその他の内訳の対象について確認する必要があります。
  • 他の穴あきからのノードは、それらの矛盾のために外傷的であり得る。
  • 穴あけの修理作業は、特殊なサービスセンターでのみ実行されるべきです。
  • すべてのノズル、穿孔の消耗品は「親戚」でなければなりません。
  • 積極的な化学物質によるプラスチック表面の洗浄はそれらの腐食をもたらします。
  • ユニット内の潤滑の存在を定期的に確認してください。穿孔器ハウジングの蓋を開くことをお勧めします。
  • 茶色と仕事を始めて、それは常に彼の尾の端を逃さなければなりません。

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

  • Boraの代わりに王冠を使用することは不可能です。
  • 壁(コンクリート、レンガ)を運転する前に、ユニットはアイドル時に数分間働くべきです。
  • 作業時には、追加の物理的努力を行うことができない – これは穿孔器の電気エンジンの過熱につながる可能性がある。
  • 定期的に腫れとノズルを予防的検査をするべきです。
  • 空気交換が発生するすべての穴は定期的に清掃されるべきです.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

他のモデルとの比較

国内企業の「インターネットコール」とマキタでは、ロシアの動力工具の最大販売レベル. Makitaは著名な会社で、それは毎日8-10時間運営することができるプロの電源ツールを作り出します. そのような要件は、大きな機能リソースの存在を示唆しています。. 「Interskol」は家庭用器具の生産にもっと焦点を当てており、資源は日本の機器のそれよりも遅いですが、それは「インターソール」製品ですが、それははるかに安いものです。. 家庭のニーズにとって、穿孔や訓練が6ヶ月ごとに必要な場合は、機器を見つけないことが良いです。.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

範囲の幅によって、ロシアの企業は昇る太陽の国から著名な企業に劣らない. 日本の製品の利点は、各モデルが慎重に考え出して取り組み、そのようなツールを使って働いていることが便利で快適です。. 品質基準によって、Makitaは無条件のリーダーです.

「Interskol」の短所:

  • スナップでは、バックラッシュが表示されることがあります。これは作業の正確さに影響します。
  • ツールは騒々しいです。
  • サイズの周辺の周辺が大きく、重さが多い.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

結論として、あなたは言うことができます:あなたがプロの毎日の仕事のためのツールを必要とするならば、あなたはマキタを取るべきです. 国内での仕事のために、Interskolは完璧にフィットします.

Bosch and Makita – グローバルなパワーツール市場で2つの最大のプレーヤー.

ボッシュはまた地区を専門としています:

  • 車用部品の製造
  • タービンや家庭用機器の製造.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ「シャープ」パワーツールのリリースのみ, このセグメントのモデルの緯度によって、会社はボッシュに劣らず、そして何かがドイツ株式会社を超える. たとえば、Makitaは電気自動車を製造しています – 20個以上の商品 – ボッシュはわずか5. Boschの「グリーンルーラー」は、家庭のニーズに合わせて設計されたツールです。. “Blue Series”は専門家のためのツールです。. 「ブルー」「ボッシュ」のみをマキタと比較するのは理にかなっています. イノベーションの観点から、ドイツの巨人の科学的および技術的な拠点の観点から、ほとんどの場合Bosch Bypass Makitaは豊かです. SDS-PLUSカートリッジ(穴あき穿孔用デバイス)がドイツの会社によって発明され、実施されました.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

一般的に、ドイツと日本の穿孔官がほとんど変わらないと述べることができます。. 例えば、「ボッシュ」からの「ブルガリア人」はほこりからより隔離され、マキタはより実用的な機能を有する.

レビュー

ソーシャルネットワークで見つけることができる対応では、MCITAから大量の穿孔術の作業の多くの客観的推定値があります。. ユーザーはこのツールの低い体重、コンパクトさ、力と意図されていないマークを付ける. 「手で、ツールはブレードのようにあります」、「ツールはあたかも手の継続のようです」 – これらはユーザーの間でしばしば見つかることができる推定値です。. 「Makita」からの骨材の作品の信頼性と汎用性は町の到着となりました、誰もがそれについて知っています.

マキタ穴あけ:説明、選択と使用規則

Makitaのパンチャーの使用方法については、次のビデオを参照してください。.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する